ベネッセMCMの評判は?口コミやサービス内容を紹介!

ベネッセ

医療・介護業界専門の転職サービスとして話題なのが、ベネッセMCMです。主に看護師や介護士、リハビリ職の方をターゲットにしたサービスですが、実際の評判は良いのでしょうか。

この記事ではベネッセMCMのリアルな口コミと評判、詳しいサービス内容を紹介し、ベネッセMCMを使うメリットとデメリットを徹底解説していきます。

ベネッセMCM以外におすすめの転職エージェントも看護師、介護士、リハビリ職それぞれに向けてご紹介するので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ

目次

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

ベネッセMCMの特徴・サービス内容

ベネッセMCMは、看護師や介護士、保健師、理学療法士など医療や介護業界の求人に特化した人材派遣会社です。

ベネッセMCMは医療・介護業界に精通したコンサルタントによる徹底したサポートが評判です。具体的にどのようなサービスを受けられるのでしょうか。

ここではベネッセMCMのサービス内容や特徴を解説します。転職サービスをお探しの方はぜひ参考にしてください。

ベネッセMCMとは?

ベネッセMCMは医療・介護業界に特化した人材紹介・人材派遣会社です。

ベネッセMCMでは、「ベネッセの看護師・介護士・PTOTSTお仕事サポート」で経験豊富なコンサルタントが転職希望者の相談を受け付けています。

ベネッセMCMで探せる求人は、介護士、看護師、PT・OT・ST、看護助手です。在宅医療・在宅介護などの仕事もあり、患者や利用者一人ひとりに合わせて仕事をしたい方におすすめです

ベネッセMCMのサイトには、介護職約9,000件、看護職約4,000件、リハビリ職約500件、看護助手約300件の求人が掲載され、派遣やアルバイト、パートなど雇用形態も幅広いです。

自分のライフスタイルに合わせて仕事を選べるので、子育てや家事に忙しい女性の方も気軽に仕事を探せます。

ベネッセMCMの運営会社・社長

ベネッセMCMの運営会社は株式会社ベネッセMCMで、通信教育事業などを展開するベネッセグループの一員です。

ベネッセMCMの社長は2020年4月現在、伊藤耕二氏が務めています。

ベネッセMCMの拠点は東京の本社に加え、

  • 横浜サテライト事業所(神奈川県横浜市/TEL :045-328-1201)
  • 西日本事業所(大阪府大阪市/TEL :06-4797-5200)
  • 東海事業所(愛知県名古屋市/TEL :052-533-0156)

の3つです。それぞれの事業所でも相談を受け付けているので、首都圏、東海地方、関西圏でお仕事を探している介護士・看護師の方に向いています。

ベネッセMCMの特徴①看護師・介護士関係の多様な求人がある

ベネッセMCM最大の特徴は、看護師・介護士関係の求人が豊富で、自分のキャリアを活かした職場を見つけられる点です。

ベネッセMCMには、介護職で約9,000件、看護職で約4,000件、リハビリ職で約500件、看護助手で約300件の計約13,500件の求人が掲載されています。

さらに非公開求人もあるため、自分の希望に沿った求人を見つけられる可能性は高いでしょう。

ベネッセMCMは未経験可の求人も用意しているので、資格取得をしたものの実務は未経験の方でも仕事を探しやすいです。

介護職、看護助手を目指す方に向けては、資格取得を応援しながら転職を目指せる求人もあります。

求人のエリアは東京都、大阪府、京都府、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県の1都2府8県に限られています。

このエリアで正社員を含むいろいろな雇用形態を考えている方は、ベネッセMCMの求人サイトをチェックしてみると良いでしょう。

ベネッセMCMの特徴②ベネッセグループの介護求人を多数保有

ベネッセMCMは、ベネッセグループの優良な介護求人を保有しており、ベネッセグループへの転職を狙いやすいです。

ベネッセは通信教育のイメージが強い一方、ベネッセグループに所属する株式会社ベネッセスタイルケアでは有料老人ホーム・高齢者住宅の運営を行っています。

ベネッセスタイルケアが運営する有料老人ホームなどのシリーズ名は、以下の通りです。

  • アリア
  • グラニー&グランダ
  • ボンセジュール
  • くらら
  • まどか
  • ここち
  • リレ

このためベネッセMCMでは、全国各地にあるベネッセ関連の介護施設への転職を狙いやすいです。

ベネッセMCMのサイトにベネッセ関連施設の求人を特集するコーナーはありませんが、施設名で検索したところ、以下の通り複数の求人が見つかりました。

  • アリア・・・約90件
  • グラニー&グランダ・・・約400件
  • ボンセジュール・・・約200件
  • くらら・・・約200件
  • まどか・・・約250件
  • ここち・・・約60件
  • リレ・・・3件

これは介護関連職に限った求人で、看護職を含めれば求人数はさらに多いでしょう。

倒産の心配が少ない大手企業のグループ会社で働きたい方にとっては、ベネッセMCMを利用するメリットは大きいです。

ベネッセMCMの特徴③「ナースをつなぐ会」に入れる

ベネッセMCMで入会手続きを済ませれば、「ナースをつなぐ会」に入会できます。「ナースをつなぐ会」はベネッセMCMが主催する組織です。

ナースをつなぐ会の年会費・入会費は無料で、入会すれば看護職賠償責任保険に割安で加入できるうえ、フィットネスクラブを会員限定の割引価格で利用できる特典が付いています。

ナースをつなぐ会に入るには、ベネッセMCMの登録スタッフとなる必要があります。

ベネッセMCMの特徴④友達紹介で3000円分の商品券がもらえる

ベネッセMCMを友達に紹介すれば、紹介者も友達も全国百貨店共通商品券3,000円分がもらえます。

商品券をもらえる条件は、以下の通りです。

  • 紹介者がベネッセMCMに登録している
  • 紹介したい友達に「名前・スタッフコード」を教える
  • 友達がベネッセMCMに登録する

友達がベネッセMCMに登録すれば、登録から1ヶ月程度で紹介者と友達にそれぞれ3,000円分の商品券が送られます。

ただし、平成29年施行の改正職業安定法による指針では、転職サービスでお祝い金などの金品を渡すことは望ましくないとされています

友達紹介サービスが法律に違反している訳ではありませんが、推奨されていない行為のため、商品券がもらえるベネッセMCMのキャンペーン利用は慎重にしたほうが良いでしょう。

ベネッセMCMのメリット・デメリットは?利用者の口コミ・評判から検証!

ベネッセMCMには、良い評判もあれば悪い評判もあります。そのため口コミを検索しても「ベネッセMCMを利用すべきかどうかよく分からない」という方が多いのではないでしょうか。

ここからは、ベネッセMCMの良い評判と悪い評判を紹介しつつ、ベネッセMCMのメリットとデメリットをまとめます

どの転職サービスを使えば良いか迷っている看護師・介護士の方はぜひ参考にしてください。

ベネッセMCMの良い評判①高時給の派遣求人が多い

ベネッセMCMの良い評判で代表的なのは、高時給の派遣求人が多数あることです。

派遣求人の時給に関して、以下の口コミがありました。

  • 仕事にはブランクがあったが、時給の高い派遣社員の求人に多数出会えた
  • 時給も高く、採用もすぐにしてもらえたので良かった
  • ベネッセMCMで高時給の派遣求人を見つけて転職に成功した

ベネッセMCMで派遣求人を調べると、日勤のみで高時給の求人が複数見つかりました。以下はその一例です。

特別養護老人ホームの求人(看護職)

  • 勤務時間:7:30~16:00 (休憩1時間・日勤のみ)
  • 時給:2,050円

その他、公開求人で時給2,000円を超える派遣求人が200件以上ありました。

ただし、時給2,000円超の派遣求人は他の求人サイトでも複数見つかったため、ベネッセMCMの高時給求人は必ずしも多いとは言い切れません。

例えば看護師以外の求人も掲載している「エン派遣」では、時給2,000円を超える看護師・准看護師求人が約250件あります。

ベネッセMCMでなくても高時給派遣求人は見つかります。

また、高時給と言っても派遣の仕事はいつ無くなるか分からず不安定であるため、可能であれば正社員を目指すことをおすすめします。

ベネッセMCMの悪い評判①コンサルタントに当たり外れがある

ベネッセMCMに所属するコンサルタントは数が非常に多く、コンサルタントに当たり外れがあると言われています。

多くの利用者がコンサルタントの丁寧な対応を評価する一方で、以下の口コミもありました。

  • たくさんの求人を紹介してくれましたが、あくまで表面上の対応をしただけという感じがした
  • 言い方が少し高圧的で、なかなか自分の意見を言い出しにくい雰囲気
  • 質問に対する受け答えがしっかりしていないように感じた

ベネッセMCMのコンサルタントとの相性が不安な方は、後にご紹介する他のおすすめ転職サービスの利用を考えてください。

ベネッセMCMの悪い評判②対応する地域が限られ、求人も少ない

ベネッセMCMは東京都、大阪府、京都府、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県の1都2府8県でしかサービスを展開していません

ベネッセMCMの対応エリアに関する口コミは以下の通り、不満を覚える利用者は少なくありません。

  • 地方での案件が少なく感じた
  • 登録会の会場が都市部にしか無かったので、行くのに時間がかかってしまった

1都2府8県以外のエリアで看護師や介護士の求人を探している方は、別のサービスを利用するしかありません。

また、ベネッセMCMでは対応エリアが限られているため全国対応の転職サービスと比較すると求人数が少なくなっています。

さらに、直接コンサルタントと相談できるお仕事相談会を開催しているのは東京、横浜、名古屋、大阪のみです。

ベネッセMCMのサイトでは、お仕事相談会に参加できない方はどうすべきか明記されていないので、事業所へ行くのが難しい方は電話やWEBで問い合わせをしなければいけません。

ベネッセMCMの悪い評判③個人情報管理に不安がある

ベネッセMCMを含むベネッセ関連のサービスでは、個人情報管理に不安を抱く方が少なくありません。

その大きな原因は、2014年にベネッセコーポレーションで起こった大規模な情報漏えい事件です。

ベネッセは事故発覚後、会社のデータベースから顧客の個人情報が不正に持ち出されたと発表し、今後同様の事件が起きないよう管理を徹底するとしています。

しかし、情報漏えいの被害を受けた顧客に対し500円分の金券しか補償が無かったことで、ベネッセMCMを含むベネッセグループ全体の情報管理意識に多くの方が疑問を抱きました。

現在は情報漏えいが再び起きないよう、関連グループも含め対応が行われてはいますが、個人情報管理への不安が完全に払拭できたわけではありません。

ベネッセMCMは事業者の個人情報の取り扱いが適切であることを証明する「プライバシーマーク」を取得していません

さらにベネッセMCM内で情報共有が上手くできていないという口コミもありました。

  • 必要書類を送ったが書類の共有がされていなかった
  • 職務履歴に合わない仕事を紹介された

不安を感じる方は、別のサービスを利用したほうが良いでしょう。

【結論】ベネッセMCMは利用すべき?

ベネッセMCMは正社員や派遣、単発の仕事などさまざまな形の求人を提供する転職サービスですが、求人数が少なく、対応地域も狭いデメリットがあります。

ベネッセMCMは大手企業ベネッセのグループで、看護師、介護士の間でも知名度が高いものの、都市部以外で仕事を探すには不便な点が多いです。

今後対応エリアが増えればベネッセMCMの求人数も増えていくと考えられますが、現時点では1都2府8県以外の居住者には利用価値はありません。

医療・介護業界で自分に合った求人を探すなら、次に紹介するベネッセMCM以外のおすすめ転職エージェントの利用を検討してみましょう

ベネッセMCM以外のおすすめ転職エージェント

ここからは看護師、介護士、リハビリ職に分けてベネッセMCM以外でおすすめの転職エージェントをご紹介します。

ベネッセMCMを含む転職エージェントでは、他の転職サービスとの併用が可能です。

「すでにベネッセMCMに登録だけしてしまった」「もう別のサイトに登録している」という方もぜひ参考にしてください。

看護師の転職におすすめ①看護roo!

看護ルー

看護師の転職には、看護師専門の求人サイト「看護roo!(看護ルー)」がおすすめです。看護roo!は日本各地の看護師求人を網羅し、サポートサービスの対応も全国です。

看護roo!で扱う看護師求人は約5万件もあり、ベネッセMCMの約4,000件と比べて10倍以上あります。

さらに看護roo!はプライバシーマークを取得しており、個人情報の管理も安心です。

看護roo!は登録者限定の非公開求人も多数扱っているので、より条件の良い求人を探すためにもぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

看護師の転職におすすめ②看護のお仕事

看護のお仕事

とにかくたくさんの求人をチェックしたい方におすすめなのが、「看護のお仕事」です。

看護のお仕事に掲載されている公開求人数は12万件以上で、ベネッセMCMを含む他の看護師向け転職サイトとは一線を画しています

看護のお仕事はベネッセMCMと同様、正社員に加えパートや紹介予定派遣などさまざまな雇用形態で求人を探すことが可能です。

看護のお仕事なら、日本各地の求人からエリアと条件を絞って気軽に自分に合った仕事を探せます。

登録する(無料)

看護師の転職におすすめ③マイナビ看護師

マイナビ看護師

コンサルタントによる徹底したサポートを受けたいならマイナビ看護師がおすすめです。

マイナビ看護師は、厚生労働省が認定する「職業紹介優良事業者」を取得した数少ない人材紹介サービスです。

大手人材派遣会社であるマイナビが運営していることもあり、マイナビ看護師は約4万件もの求人数と充実したサポートで高い評価を受けています。

マイナビ看護師は、特定エリアの求人にしか対応していないベネッセMCMとは異なり、全国22カ所にオフィスを設置しています。

全国各地の相談会場で直接キャリアアドバイザーと面談が可能です。

登録する(無料)

介護士の転職におすすめ①かいご畑

かいご畑

無資格・未経験から介護士を目指すならかいご畑がおすすめです。

かいご畑は約1万件の介護士求人を保有しているだけでなく、働きながら無料で介護資格を取得できる「キャリアアップ応援制度」を設けています

「キャリアアップ応援制度」では、無資格・未経験で勤務できる仕事を紹介した後、かいご畑が運営する教室で資格勉強をすることが可能です。

かいご畑はベネッセMCMと異なり、介護専門の求人サイトなのでアドバイザーは専門性が高いプロ揃いです。

これから資格取得に向けて勉強をしたい方も、既存のキャリアを活かして自分に合った仕事を見つけたい方も、かいご畑で仕事を探してみてください。

介護士の転職におすすめ②きらケア

職場の人間関係や雰囲気など、働く環境を重視して仕事選びをするなら約5,000件の求人をチェックできる「きらケア」に登録しましょう。

きらケアは、給与やボーナスなど条件面だけでなく、職場との相性を重視してアドバイザーが転職のサポートを行います

実際に働いてからギャップを感じないよう、有給消化率や職場のリアルな雰囲気など良い情報以外もアドバイザーが率直に伝えてくれるので安心です。

きらケアは、ベネッセMCMと同じく派遣社員の求人も豊富に取り扱っています。多様な雇用形態の求人を探している方は、きらケアがおすすめです。

介護士の転職におすすめ③カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェント

介護士・介護福祉士の求人を少しでもたくさんチェックしたい方におすすめなのが、カイゴジョブエージェントです。

カイゴジョブエージェントは、介護業界専門の転職エージェントでは最大規模の5万件以上の求人を掲載しています。

カイゴジョブエージェントでは、介護業界に詳しいコンサルタントが経験者・未経験者問わず就職サポートを積極的に行っています

カイゴジョブエージェントは介護士・介護福祉士、ケアマネジャーに特化したサービスなので、医療・介護業界全般を扱うベネッセMCMよりきめ細やかなサービスが実現できます。

リハビリ職の転職におすすめ①マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などリハビリ職の転職エージェントとして数多くの実績を持っているのが、マイナビコメディカルです。

マイナビコメディカルは多くの転職サービスを展開するマイナビが運営するサイトで、ベネッセMCMとは異なり職業紹介優良事業者認定、プライバシーマークを取得済みです。

マイナビの豊富なネットワークを活かし、全国各地から約2万5千件もの質の高いリハビリ職の求人を、エリア担当のキャリアアドバイザーが収集しています。

対応地域はベネッセMCMと異なり日本全国です。相談も可能な限り対面で行ってくれるので、自分の率直な希望を伝えやすいです。

リハビリ職の転職におすすめ②PTOT人材バンク

PTOT人材バンク

PTOT人材バンクは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士専門の転職エージェントで、PTの求人は約1万件あり、OT・STの求人も含めればさらに多数の求人をチェックできます。

リハビリ職の転職に絞ったサービスを展開しているので、専門性の高いコンサルタントのアドバイスを受けられます。

求人内容は、病院をはじめ訪問看護ステーションやデイサービス施設、老健や有料老人ホームなどさまざまです。

会員限定で最新の求人情報を随時入手できるので、「自分に合う仕事が今の段階で見つからない」という方も登録しておくと良いでしょう。

PTOT人材バンクは、ベネッセMCMが取得していないプライバシーマークを取得しています。個人情報管理の面でも安心できると言えるでしょう。

リハビリ職の転職におすすめ③パソナキャリア

パソナキャリア

リハビリ職の転職を含め幅広い求人をチェックしたいならパソナキャリアがおすすめです。特に、女性の転職サポートに特化したアドバイザーが在籍している点に強みがあります。

担当者の当たり外れがあるベネッセMCMと比較し、パソナキャリアは丁寧なサポートが評判で、きめ細かやなサービスが受けられると話題になっています。

パソナキャリアはリハビリ職専門の求人サイトではないものの、公開求人だけで作業療法士の求人が3件、理学療法士の求人が5件、言語聴覚士の求人が1件あります。

「リハビリ」というワードで検索すると約40件の求人が見つかりました。

女性ならではの事情や希望を聞いてもらいたい方、丁寧なサポートを受けながらリハビリ職の求人を探したい方におすすめです。

登録する(無料)

ベネッセMCMに関するよくある質問

ベネッセMCMに関して「ベネッセMCMの拠点は?」「ベネッセMCMはどう使えば良い?」などサービスを巡る質問が多く寄せられます

「給料はどうなの?」「ベネッセMCMに勤めることもできる?」などベネッセMCM自体に関する質問もありました。

ここからは以上の質問に分かりやすく答えていくので、利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

ベネッセMCMは人材紹介業?人材派遣業?

ベネッセMCMは、人材紹介業も人材派遣業も行っています。

人材紹介業は、紹介先企業に求職者(人材)を紹介し、企業から対価をもらう事業者です。

人材派遣業は、自社の社員や登録スタッフを、顧客企業に派遣する事業者です。

人材紹介は採用してもらえそうな人材を紹介するのに対し、人材派遣業は業務に合った人材を一時的に派遣するという違いがあります。

ベネッセMCMは、正社員の仕事紹介も派遣も行っているので、人材紹介業、人材派遣業両方を手掛けていると言えるでしょう。

ベネッセMCMの利用方法は?

ベネッセMCMを利用するには、電話かWEBで会員登録する必要があります。ベネッセMCM利用の基本的な流れは以下の通りです。

  • ベネッセMCMのサイトまたは電話で無料エントリーする
  • お仕事相談会に参加する
  • お仕事紹介サービスの説明を受ける
  • 必要書類に情報を記入する
  • 詳細ヒアリング(面談)及び求人の紹介
  • 転職面接に向けたサポートなど

ベネッセMCMで仕事を見つけるまでの基本的な流れは、「無料エントリー」→「お仕事相談会への参加」が主です。

お仕事相談会では、転職サービスの利用方法についても説明を受けられるので、仕事の探し方が分からない方もまずは相談会への参加が必須です。

ベネッセMCMのお仕事相談会は、東京・新宿にある本社に加え、横浜市と大阪市、名古屋市の事業所のみです。

これ以外では対面説明会は行われていないので、遠方でベネッセMCMを利用する方はスケジュールを空けておく必要があります。

お仕事相談会に参加するのが難しい場合は、他に相談ができる機会がないか、問い合わせなどでベネッセMCMに聞いてみましょう。

ベネッセMCMの拠点はどこ?

ベネッセMCMは本社を含め全国4箇所に拠点があります。ベネッセMCMの拠点は以下の通りです。

本社

住所〒163-0926

東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル26階

電話番号03-6836-1155
受付時間9:30 ~ 18:30(土・日・祝日除く)

横浜サテライト事業所

住所〒220-0004

神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 横浜天理ビル9階

電話番号045-328-1201
受付時間9:30 ~ 18:30(土・日・祝日除く)

西日本事業所

住所〒530-0001

大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル5階

電話番号06-4797-5200
受付時間9:30 ~ 18:30(土・日・祝日除く)

東海事業所

住所〒450-0003

愛知県名古屋市中村区名駅南1-16-25第3森ビル5階

電話番号052-533-0156
受付時間9:30 ~ 18:30(土・日・祝日除く)

ベネッセMCMの時給アップキャンペーンって何?

ベネッセMCMの時給アップキャンペーンとは、ベネッセMCMが指定する施設で働くと通常の時給に加え平均300円ほど加算され、夜勤手当も3,000円ほど上乗せされるキャンペーンです。

2020年現在は行われていませんが、時給アップのチャンスが手に入るキャンペーンなので、定期的にサイトをチェックすると良いでしょう。

ベネッセMCMの給料日はいつ?派遣でボーナスはでる?

ベネッセMCMの登録スタッフの給料日は派遣先によって違います。また、ボーナスの支給があるかどうかも派遣先によって異なるので事前の確認が必要です。

ボーナスや手当の支給に関しては、全く無い求人もあれば年末年始手当など追加で給与が出るところもあります。

給料日やボーナスについてこだわりのある方は、ベネッセMCMの担当者に聞いてみましょう。

ベネッセMCMの退会・メール停止方法、問い合わせ先は?

ベネッセMCMの退会方法は、公式サイトで明言されておらず、電話かメールで問い合わせる必要があるでしょう。

ベネッセMCM側がなかなか退会させてくれないとの口コミもあります。どうしても退会したい場合でなければ、登録したまま放置しても問題ありません。

なんとしても退会したい場合、電話やメールで退会したいと伝えましょう。求人メールの停止をする際も、退会と同じく問い合わせが必要です。

登録済の方の問い合わせ先は以下の通りです。

  • 電話番号:0120-089-303
  • 受付時間:9:30~18:30(土日祝除く)
  • メール:[email protected]

不安な点があれば直接問い合わせてみましょう。

ベネッセMCM自体も採用している?

株式会社ベネッセMCMは、先程紹介した転職エージェントなどでスタッフの募集を行っています。パソナキャリアではベネッセMCMWEBマーケティング部の求人が掲載されていました。

ベネッセMCMの業種は人材派遣・人材紹介業なので、中途採用を目指すなら同業他社での経験や、人事としての経歴があると良いでしょう。

ベネッセMCMは新卒でも中途でも入社が可能な会社です。ベネッセグループで働きたい方、医療や介護に興味のある方は就職を検討してください。

ベネッセMCMのメリット・デメリットまとめ

ベネッセMCMは正社員だけでなく派遣やアルバイト、単発の仕事など多様な求人を扱い、高時給の派遣求人案件が多数あるため、単発や1ヶ月〜半年など短期間だけ働きたい方に向いています

ただ、ベネッセMCMが対応しているのは東京都、大阪府、京都府、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県の1都2府8県のみで、求人数も多くはありません。

このエリア以外の方は満足に求人紹介を受けられない可能性がある上、お仕事相談会は全国4カ所でしか開催されておらず、地方在住者は対面で相談をするのが難しいデメリットがあります

ベネッセMCMは情報管理の面でも不安があり、コンサルタントの質もまちまちです。

エリア、求人数、サービスの質ともに特筆すべきところがなく、ベネッセMCMより、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。