稼げる資格なんてある?年代・ケース別におすすめの稼げる資格をご紹介

「転職のために資格を取りたい」と考えている人の中には、「どうせ取るなら稼げる資格を取りたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、どんな資格が稼げるのかが分からなかったり、いざ稼げる資格が見つかっても難易度が高すぎて取れなかったりと、実際に稼げる資格を取得するのは難しいものです。

この記事では、年代やケース別に、おすすめの稼げる資格を一挙紹介します

また、年収アップの方法も紹介していますので、資格を取得して年収アップを狙っている人は、ぜひ参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

【2019年】稼げる資格はある?年代やケース別に稼げる資格を紹介!

資格を取得する際には、ただやみくもに勉強を始めればいいというわけではありません。

年代や個人の特技や希望など、ケースに応じて取りやすい資格を選ぶことが重要です

ここでは、年代をはじめとして、主婦や理系、IT関連や副業にできるもの、将来独立につながる資格まで、さまざまなケース別におすすめの稼げる資格を紹介します。

20代におすすめの稼げる資格

20代が資格を取得する際には、その資格が稼げるかどうかという点だけでなく、「自分の将来の働き方を考えたとき、今取得するべきかどうか」という点に注意する必要があります。

具体的には、ファイナンシャルプランナー、日商簿記検定2級などがおすすめです

ファイナンシャルプランナーは、税制や保険など、お金に関する幅広い知識を有していることを証明する資格です。

3級であれば、200時間ほどの勉強で取得できるとされています。

保険会社や不動産会社への転職に有利になるだけでなく、独立して年間1,000万円を稼いでいる人もいるなど、稼げる資格だと言えます。

日商簿記検定は、経理に必要となる簿記の知識を証明する資格です。

2級であれば、働きながら勉強して取得することも可能です。

経理事務は簿記2級以上が求めることも多く、資格がある分一般事務よりも給料が高いことが多いので、取っておいて損はない資格だと言えるでしょう。

また、多くの職場で求められるため、普通自動車運転免許は20代のうちに取っておいた方がいいでしょう。

30代におすすめの稼げる資格

30代になると、20代よりも即戦力が求められる傾向にあるため、資格を選ぶ際にも、即戦力となるかどうかを基準に選ぶ必要があります。

30代におすすめの稼げる資格は、中小企業診断士や宅地建物取引士のような国家資格です

国家資格なので、いずれも難易度は高いものの、実用性が高いうえに即戦力として活躍できるだけでなく、活躍の場が数多く用意されているという点も魅力です。

中小企業診断士は、中小企業の経営の診断や助言を行うのが仕事です。中小企業の数は多いため、顧客も多く、安定して稼げる資格だと言えます。

宅地建物取引士は、不動産の説明を行うのが仕事です。不動産会社への就職にも有利ですが、独立すれば年収を億単位で稼ぐこともできるます。

40代におすすめの稼げる資格

40代になると、新しい資格を取得して未経験の職業に就くのが難しくなるため、自分がこれまで積んできたスキルや経験を生かせる資格を取得することをおすすめします。

たとえば、総務や法務の部署で働いている人であれば、官公庁への書類提出などを行う行政書士の資格を狙えば、契約の知識などを生かすことができます。

もし、「新しいことにチャレンジしたい」と思うのであれば、ビル設備管理技能士や管理業務主任者など、比較的取得しやすい資格を狙うことをおすすめします

これらの資格は、取得のハードルが低いだけでなく、一定の需要があるうえに、加齢により体力に自信がなくなってからも仕事を続けやすいため、40代には特におすすめと言えます。

主婦におすすめの稼げる資格

家事や育児をしなければならない主婦の場合、資格の取得だけでなく、それを生かした仕事まで自宅で好きな時間に行える資格がおすすめです。

主婦におすすめの資格は、ファイナンシャルプランナーやセラピストです

ファイナンシャルプランナーは、税制や保険など、お金に関する幅広い知識を有していることを証明する資格です。

家計の管理にも役立つので、取得して損はありません。

不動産会社や保険会社で働くのはもちろん、独立して稼ぐこともできるので、社会復帰を目指す主婦にはおすすめの資格です。

セラピストにはさまざまな種類がありますが、アロマセラピーやリフレクソロジーが力仕事も必要ないのでおすすめです。

それぞれに民間の資格があります。

自宅でサロンを開業することができるので、自分の好きな時間に自宅で稼ぐことができます。

一人で稼げる資格

「人間関係に疲れたので、人と関わらない仕事がしたい」と考えている人には、一人でもできる仕事に就くための資格がおすすめです。

一人で稼ぎたい人におすすめなのは、システムエンジニアやプログラマー向けの国家資格を取得することです

エンジニアの登竜門と呼ばれる基本情報技術者試験は、未経験者も多く受験しており、合格率もおよそ25%とそれほど難しくありません。

また、応用情報技術者試験やシステムアーキテクト試験といった難易度の高い試験もあるため、合格していれば高い実力を有していることをアピールできます。

システムエンジニアやプログラマーは、リモートワークだけでなくフリーランスとして働くこともできるので、一人で稼ぎたい人に特におすすめと言えます。

地方で稼げる資格

都市部を離れると、職種が限定されてしまうため、資格を持っていても生かせないこともあります。

そのため、地方で稼ぐ場合は、地方でも稼げる資格を取得することをおすすめします。

地方で稼げる資格としておすすめなのは、医療や介護の資格と調理師です

地方では高齢化が進んでいるため、医師や看護師、ケアマネージャーといった、医療や介護の専門家が不足しています。

大学に通う必要があるなど、未経験から挑戦するには難易度が高い資格も多くありますが、医療事務や介護福祉士は民間の通信講座もあり、比較的難易度が低いためおすすめです。

また、調理師は病院や老人ホームでの食事提供という需要があるため、地方でも求人が比較的多くあります。

観光地の場合は、ホテルや旅館での勤務も可能です。

IT関連の稼げる資格

IT関連の資格は数多くありますが、稼げる資格としておすすめなのは、IT関連の知識を生かして現場をまとめるマネジメント系の資格です。

IT関連の稼げる資格の中でも特におすすめなのは、ITストラテジストです

ITストラテジストとは、ITに関する高度な知識を持ち、それを生かしたビジネスの基本戦略を立案・推進できる能力があることを証明する試験です。

高度情報処理技術者試験の1つであり、合格率は約15%と難関ではありますが、今後も需要が高まると予測できるため、取得して損はない資格だと言えます。

IT関連の資格でありながら、ITに直接関係のない企業でも役立てるうえに、対策をすれば未経験者でも資格取得が目指せるのも魅力です。

高卒におすすめの稼げる資格

資格の取得を検討している人の中には、「高卒だから稼げる資格は難しそう」と思っている人もいるかもしれませんが、高卒でも取得できる稼げる資格は存在します。

資格の中には、学歴を受験資格としないものも多くあるため、そのような資格であれば高卒の人であっても取得が可能です。

高卒の人におすすめの稼げる資格は、社会保険労務士と建築施工管理技士です

これらは国家資格ですが、高卒でも受験できます。

社会保険労務士は、社会保険や人事労務の専門家の資格で、取得していると人事のエキスパートとして評価されます。

建築施工管理技士は、建築現場の取りまとめを行う資格で、現場の管理職となり建築が安全かつ円滑に進むように導くのが仕事です。

いずれも合格率の低い難関の資格ではありますが、取得できれば大きな武器になります。

理系におすすめの稼げる資格

理系は、さまざまな資格が充実しているため、文系よりもスキルをアピールしやすいと言われています。

そのような中でも、理系に特におすすめの稼げる資格は、アクチュアリーです

アクチュアリーとは、確率や統計を用いて保険料を算出する仕事で、試験に合格することでアクチュアリーを名乗ることができます。

生命保険や損害保険のような保険制度だけでなく、年金制度の運用でも、将来のリスクという不確定要素を可視化するスペシャリストとして活躍しています。

数学の知識を存分に生かすことができるので、理系の中でも特に数学好きの人におすすめです。

試験の難易度は高く、独学での資格取得を目指す人はほとんどいないようですが、取得できれば希少価値が高まるため年収アップが期待できます。

独学で学べる稼げる資格

資格の中には、大学や専門学校に通わないと取得できないものも多くありますが、テキストなどを使った独学で取得できる稼げる資格もあります。

独学の場合、受験者が多い資格の方がテキストや参考書が充実しているため、人気の高い資格を選ぶことをおすすめします。

独学で学べる稼げる資格の中でも、特におすすめなのは、日商簿記検定です

簿記はさまざまな企業で需要があり、受験者も多いことから、一般書店でも容易にテキストや参考書を入手できます。

そのうえ、1級から3級まで難易度が区分されているため、自分のスキルや実力、勉強にかけれられる時間などに応じて受験する級を選べるのもメリットです。

転職に生かして給料アップを狙うのであれば、2級以上を取得しておくことをおすすめします。

副業にできる稼げる資格

稼げる資格の取得を検討している人の中には、「副業で稼ぐために資格を取得したい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、せっかく資格を取得するのであれば、副業だけでなく本業にも生かせる資格を選ぶことをおすすめします。

副業にできるうえに本業にも生かせるおすすめの稼げる資格は、社会保険労務士です

社会保険労務士は、社会保険や人事労務の専門家であることを証明する資格で、合格率は高くないものの、働きながらでも取得を目指せます。

サラリーマンの副業として始めて、ゆくゆくは独立することも可能ですし、定年退職後の収入源にもなります。

また、人事のスペシャリストであることを証明する資格として、本業でも役立つ可能性が高いのもメリットです。

将来独立につながる稼げる資格

将来的な独立を目指して資格を取得するのであれば、自分が開業したい地域の需要を見極め、顧客が獲得できそうな資格を選ぶことをおすすめします。

将来独立につながる資格の中でも、地域を問わずに稼げるおすすめの資格は、行政書士です

行政書士は、公官庁に提出する書類の提出・作成を代理で行うのが主な仕事で、国家資格の1つでもあります。

基本的な法律知識があることの証明にもなるので、一般企業でも役に立ちますが、資格を生かして独立するのが一般的です。

どの地域であっても一定の需要があるので、需要の地域差が少なく、都会・地方問わず稼げる資格です。

事務所を借りなくても、パソコンやプリンター、FAXなどがあれば自宅でも開業できるので、独立のハードルがそれほど高くないのもメリットです。

今より年収を上げるには?

資格を取得したいと思っている人の中には、「資格を取得して年収を上げたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

実は、年収を上げるには、資格の取得以外にも方法があります

ここでは、年収を今より上げる方法を紹介します。

副業する

近年では、正社員の副業を容認する企業が増えています。

そのような企業に勤めている場合は、副業をすることで年収を上げることができます。

おすすめは、クラウドソーシングのサイトを利用して、ライティングやデータ入力などの案件を受注することです

自分の好きな時間に自宅でできるので、休日を利用して手軽に稼ぐことができます。

また、副業が禁止されている職業に就いている人には、投資がおすすめです。

投資はあくまで資産運用なので、副業にあたらないと認識している企業が多いからです。

資格やスキルを上げて、自分の市場価値を高める

年収を上げるためには、企業から「高い年収を払ってでも来てほしい」と思ってもらえる人材になる必要があります。

そのため、資格だけでなく、スキルを磨いて市場価値を高めることで、年収アップが期待できます。

企業が評価するスキルには、専門性やリーダーシップ、コミュニケーションスキルなど、さまざまなものがあるため、自分に合ったスキルを伸ばすことをおすすめします

もちろん、そのスキルを証明する手段として資格を取得するのも効果的です。

転職する

「今の会社では年収が上がらない」と感じたら、思い切って転職をすることで、年収が上がる可能性があります。

とはいえ、ただやみくもに求人を探すのでは、効率が悪いうえに、結果として以前よりも年収が低い仕事に就いてしまう可能性もあります。

そのため、年収を上げるために転職をするのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします

なぜ転職エージェントを利用すべきなのかという理由と、おすすめの転職エージェントを次章で紹介しますので、参考にしてください。

転職するなら、必ず利用したい転職エージェント3選

「転職して年収を上げたい」と思うのであれば、一人で転職するのではなく、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、プロのサポートを受けられるだけではなく、年収などの条件交渉も行ってもらえるため、年収アップの確率が格段に上がります

年収アップを狙った転職におすすめのエージェントを、当サイトが独自に収集した口コミと共に紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業などを手掛ける株式会社パソナが運営する転職エージェントです。

パソナキャリアをおすすめする理由は、転職後の年収アップ率が67.1%という実績がある年収アップに強い転職エージェントだからです

年収アップが実現しやすい理由の1つとして、パソナが企業と良好な関係を築いているため、質の高い求人が集まりやすいという点が挙げられます。

パソナでは、売り手良し、買い手良し、世間良しの「三方良し」という考えを重視しており、この考えが転職エージェントにも反映されています。

求職者と企業だけでなく、世の中全体の利益になるような人材紹介を目指しているため、求職者だけでなく企業からの評判も高いのです。

利用者の口コミでも、年収が上がったことを評価する声が聞かれました。

25歳女性・ITエンジニア

担当者が交渉してくれたので、年収が最初に提示された金額よりも上がったのが良かったです。
登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材紹介業大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントをおすすめする理由は、担当者の交渉能力が高く、交渉による年収アップが期待できるからです

転職エージェントを利用すると、内定を得た後に、年収などの勤務条件について企業と交渉してもらうことができます。

リクルートエージェントは、豊富なノウハウを保有していることから、質の高い担当者も多いため、年収アップの交渉が成功する確率も高いのです。

もちろん、交渉材料として求職者自身のスキルも重要になるので、どのような資格が交渉材料になり得るかを担当者に相談してみるのもおすすめです。

利用者の口コミでも、担当者の交渉能力を高く評価する声が聞かれました。

46歳男性・システムエンジニア

企業との交渉能力のおかげか、大幅に年収をアップしてもらえました。何社か紹介をしてもらいましたが、どの会社も転職前より年収が高く、休日も多かったです。
登録する(無料)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の就活支援などで知られるマイナビグループが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントをおすすめする理由は、面談に力を入れており、自分の市場価値を高めるためのキャリアカウンセリングが充実しているからです

マイナビエージェントは、「会って話す」という姿勢を重要視しており、全国各地の拠点で求職者と面談を行っています。

担当者と顔を合わせて話し合うことで、質の高いスキルの棚卸ができ、それを武器に転職活動を行うことで年収アップが期待できます。

マイナビエージェントは特に20代や30代の若手から評価が高いエージェントなので、30代以下の人に特におすすめです。

利用者の口コミでも、20代・30代を中心に、面談によるサポートを評価する声が聞かれました。

28歳男性・報道記者

担当者が個人の技量や経験をしっかり聞き取ることで、本人の能力を分析し、その能力に見合った就職先を紹介できることがメリットだと感じました。

経験者として転職することが多いため、転職前よりも年収が増えることもメリットだと思います。

登録する(無料)

まとめ

「稼げる資格」は世の中に数多くありますが、難易度の高い資格も多くあるうえに、資格さえ取ればすぐに稼げるというわけでもありません。

資格が取れれば安心というわけではなく、その資格に関する実務経験や知識を身に着けてこそ、その資格が生きてくると言えます

資格の取得は、稼ぐためのゴールではなく、年収を上げるための第一歩です。

取得した資格を最大限に生かすためにも、転職エージェントを利用して、プロの助言を得ながらキャリアプランを組み立てていきましょう。