薬剤師の転職におすすめの時期は?7つの目的別に転職時期を徹底解説

薬剤師です。転職を考えているのですが、どのタイミングで転職しようか、悩んでいます…。いつがベストなのでしょうか?
薬剤師転職自体は、いつでも可能ですが、時期を間違えてしまうと、損をしかねないですよね。

キャリアコンサルタント

この記事では、薬剤師が転職すべき時期について詳しくご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ベストな時期を逃さないために知っておきたいポイント円満退職のコツなどをご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えている薬剤師の皆さんの中には、転職したいと考えていても、どの時期に転職するのがベストなのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

薬剤師の転職そのものは、求人が一年中出ているので、いつでも行うことが可能です。しかし、時期を誤ってしまうと、周囲に迷惑をかけたり、自分が不利益を被ったりすることになりかねません

実は、薬剤師の転職は、時期とタイミングをきちんと見計らえば、自分や元同僚にも不利益になることなく行えるのです。

この記事では、薬剤師の皆さんにおすすめの転職時期やタイミングから、今の職場を円満に退社して転職を成功させるためのテクニックまでご紹介します。ぜひ参考にしてください。

※薬剤師転職の全体像については、こちらの記事でご紹介しています。

薬剤師が転職に迷ったら必ず確認すべきアドバイス
薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

薬剤師が転職すべき時期を目的別に解説

近年では、ドラッグストアなどの求人が一年中出ていることもあり、薬剤師の転職は一年中行えます。そんな中で、おすすめの時期は存在するのでしょうか。

結論から言うと、1年の中での時期はもちろん、ライフステージなど人によって異なる時期など、失敗しないために選びたい時期が存在します

目的ごとに時期を解説していますので、あなたに合った時期を選んでください。

①「年収を減らしたくない人」のおすすめ時期

年に2回支給されるボーナスは、支給日以前の6カ月間の労働に対して支払われるものです。労働の対価ですから、働いた分はしっかりと受け取って退職したいものです。

そのため、ボーナスをもらった後が、薬剤師の転職時期としておすすめです。

しかしながら、職場によっては、ボーナスをもらえなかったり、減額されたりする例もあります。注意点を挙げますので、参考にしてください。

注意点① 就業規則を確認する

就業規則には、普段の勤務に関する規則はもちろんのこと、退職に関する規則もあります。確認しないと不利益を被ることにもなりかねないので、必ず確認しましょう。

特に、ボーナスの支給についての規則は、職場によってさまざまです

ボーナス支給日前に退職した労働者にはボーナスを支給しない企業や、支給日前に退職届を出した労働者には、支給日に在籍していてもボーナスを減額する企業もあります。

「支給日にはまだ勤務しているから、ボーナスを満額もらえるだろう」などと軽く考えずに、就業規則をしっかりと確認することが必要です。

注意点② 職場と交渉する

ボーナス支給後の時期は、薬剤師だけでなく、多くの労働者が退職する時期です。そのため、労働者を逃したくない企業が引き留めたり、労働者に不利な条件を提示してくることがあります。

その中の一つとして、ボーナスが引き合いに出されることがあります。不利益を被らないためにも、ボーナスをもらって退職できるよう、あらかじめ交渉しておくことがおすすめです。

特に、個人経営の薬局などの場合は、就業規則がしっかりと決まっておらず、薬局長の独断でボーナスの支給・不支給が決まってしまうことも考えられます。

就業規則の確認はもちろんのこと、ボーナスについてしっかりと交渉することも忘れないようにしましょう。

②「たくさんの案件から最良のものを選びたい人」のおすすめ時期

転職をする際には、元の勤務先との調整はもちろんのこと、新たな就職先を探すことが欠かせません。そのためには、中途採用の求人が多い時期を狙って転職するのがおすすめです。

薬剤師に限った話ではありませんが、中途採用の求人が最も多くなる時期は、1月から3月です。この時期は、4月入社に向けた中途採用の動きが活発になります。

この時期に中途採用の求人が増えるのは、年度初めに薬剤師を入社させたい企業と、ボーナスをもらってから退社した薬剤師の双方が多く存在しているからと言えます。

さらに、12月末に退職者が出た企業が薬剤師を探すため、普段求人が出ないような病院や企業からも求人が出る可能性があります。

同様の理由で、10月入社に向けた7月から9月の時期も、中途採用の求人が多くなります。しかし、1月から3月の求人数に比べると、それほど多くありません。

求人数の多いこれらの時期ですが、ライバルが多いというデメリットも存在します。求人が多いからと言って、すぐに内定が出るわけではありませんので注意してください。

③「結婚・出産・育児・介護のために職場を変えたい人」におすすめの時期

結婚や育児、家族の介護など、ライフステージが移り変わる時期に転職を考える人は多いでしょう。実際に、これらのタイミングは転職におすすめです。

なぜなら、ライフステージが変わっても無理に同じ仕事を続けていては、忙しすぎて体を崩したり、逆に収入を得るチャンスを失ってしまったりと、不利益を被るおそれがあるからです。

では、具体的に、どの時期にはどのタイミングで転職すればいいのでしょうか。それぞれの特徴もあわせて説明します。

結婚

結婚後、残業の少ない職場に転職する例は多く見られます。それとは逆に、家族を養うために給与の高い職場やキャリアアップの望める職場に転職する例もあります。

女性の場合、将来の出産や育児を念頭に置き、子育てをしながら働きやすい職場に、この時期のうちに転職することも考えられます。

結婚を機に転職をする場合、それ以外の理由と比較して、転職の緊急性は低いです。そのため、前述の1年の中のおすすめ時期を狙って、じっくり転職を進めることができます。

その他の緊急の事情がない限りは、ボーナスをもらった後や求人の多い時期の転職がおすすめです。

育児が一段落した時期

出産を機に退職した薬剤師の場合、育児が一段落した時期で再就職を目指すことはよくあります。子どもが保育園に入園した時期や、小学校に入学した時期が一般的です。

とはいえ、そこまで手がかからなくなったと言えども、出産前のようにフルタイムで働くことに不安を抱えている薬剤師もいるのではないでしょうか。

そんな場合は、短時間の勤務から始められる職場や、休暇の取りやすい職場を探すのがおすすめです。

この場合も、結婚のときと同じく緊急性が低いので、ボーナスをもらった後や求人の多い時期を狙って転職活動を進めるのがいいでしょう。

家族の都合

家族の誰かが介護が必要になったり、転勤による転居が必要になったりした場合も、転職を考える必要があります。

家族の介護が必要になった場合、介護のために仕事を辞める人もいますが、勤務時間の短い職場に転職して各種制度を利用すれば、仕事をしながら介護を続けることができます。

介護離職をする人もいますが、介護に専念すると金銭的・精神的にも苦しくなることが多いので、離職よりも転職をおすすめします。

転居する場合、通勤時間がそこまで長くならなければ転職の必要はありませんが、大抵の場合は転職が必要となるでしょう。

これらの場合、前述のタイミングと異なり、緊急性が高いことが多いです。求人の多い時期を狙うよりも、必要なタイミングに間に合うように転職することがおすすめです

④「薬剤師経験が浅く、転職を悩んでいる人」におすすめの時期

ライフステージの移り変わりの時期だけでなく、年齢でも転職におすすめの時期があります。薬剤師の場合、それは20代後半から30代前半です。

この時期は、薬剤師以外の一般的な労働者にとっても、転職におすすめの時期ではあります。しかし、薬剤師の場合、20代後半から30代前半は特に転職に向いている時期と言えます。

理由の一つとして、実務経験を積んでいることが挙げられます。

薬剤師の場合、浪人や留年をせずに新卒で就職すると、入社時には24歳です。そこから経験を積んだ20代後半から30代前半は、実務経験もあり研修の手間が省けるので、企業から人気があります。

もう一つの理由に、将来性があり、未経験の職場にも挑戦できることがあります。

30代後半から40代を過ぎてしまうと、社会人として成長できる期間が相対的に短くなるため、相応のスキルがないと企業から敬遠されてしまうことが多くなります。

しかしながら、30代前半までの若い人であれば、薬剤師として成長する期間が残されていることから、将来性を見越した企業から内定をもらえる可能性が上がります。

特に、未経験の職場に転職したいと考えている人は、できれば30歳になる前に転職活動を始めることをおすすめします

⑤「心身ともにもう限界!」という人におすすめの時期

実は、「辞めたい」と思ったときが、一番の辞めどきという考え方もあります

本気で今の職場を辞めたいと思っているということは、それほどまでに追い詰められているということです。そのまま無理をして働き続けては、心身に悪影響を及ぼします。

転職したいと本気で思っていれば、求人探しなどの転職活動にも自然と熱が入ります。結果として、やる気が企業に伝わるので、内定が出やすいというメリットもあります。

「今すぐにでも辞めたいけれど、良い時期じゃないから…」と先送りにすると、かえって後悔することもあるかもしれません。

今の職場を本気で辞めたいと感じたら、時期を待つよりも先に、次の職場を探すことをおすすめします。

⑥「今の職場と関係を悪くしたくない」という人におすすめの時期

どの職場にも、さほど忙しくない閑散期、通常の忙しさの時期、特に忙しい繁忙期が存在するはずです。この3つの時期の中で、繁忙期に転職するのはなるべく避けましょう

繁忙期にあなたが退職すると、同僚は多忙な中であなたの穴を埋めなければなりませんし、後任の薬剤師は周囲の人に気軽に質問することができないので、全員に迷惑がかかります。

そのようになることが目に見えているので、上司もあなたの退職を認めてくれず、「せめて繁忙期が終わるまで」と引き留められてしまうおそれがあります。

緊急の場合なら仕方がありませんが、計画的に転職活動を進める場合、繁忙期に退職するスケジュールにするのはやめましょう。

では、具体的には、どのタイミングで転職をするのが、職場に迷惑をかけられずに退職できるのでしょうか。

最も望ましいのは、閑散期に退職することです。さほど忙しくない時期に退職すれば、後任の薬剤師も余裕を持って育てることができます。

それが難しい場合は、遅くとも繁忙期の1~3カ月前に退職するようにしましょう。

後任者が同僚の薬剤師の場合、ある程度職場についての知識を持っているので、1カ月前でも問題ありません。しかし、新任の薬剤師が後任の場合、3カ月前には引き継ぎたいところです。

うっかり繁忙期に転職するスケジュールになってしまった、ということにならないよう、繁忙期から逆算して計画的に転職を進めるようにしましょう

⑦「キャリアアップしたい」という人におすすめの時期

人によっては、社内のプロジェクトに関わっていることもあるでしょう。そのような場合は、抱えているプロジェクトが終わってから転職することがおすすめです。

複数人で行うプロジェクトの場合、担当している部分によっては、あなた一人しか知らないこともあるでしょう。もし突然あなたがいなくなったら、残された人は困惑してしまいます。

「後は野となれ山となれ」という言葉がありますが、転職の場合はそうはいきません。プロジェクトを途中で投げ出すようにして退職しては、あなたの印象が悪くなります。

元の職場での悪評だけならまだしも、薬剤師のコミュニティはそれほど大きくありませんから、巡り巡って新しい職場に悪評が伝わり、あなたのキャリアに悪影響を及ぼすことも考えられます。

職場に迷惑をかけないためだけでなく、自分自身のためにも、職場の同僚に迷惑をかけずに退職することを心がけましょう。

薬剤師が転職時期を逃さないために必ず利用したい転職エージェント

望んだ通りに転職活動が進むとは限りません。いい条件の求人を探していたら時期を逃してしまった、なんてことがあっては困ってしまいます。

そんな失敗を防ぐためにも、狙った時期での転職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめです

転職エージェントを利用すれば、自分一人で転職活動を進めるよりもスピーディーに転職できるため、時期を逃さずに転職することが可能です。

ここでは、独自に集めた利用者の口コミを元に、薬剤師におすすめのエージェントを紹介します。

より良いタイミングで転職できるようにするためにも、複数のエージェントを利用することをおすすめします

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントを薬剤師の転職におすすめする理由は、以下の通りです。

  • レスポンスが速く、スピーディーに転職を進められる
  • 希望に合った求人を紹介してもらえる

それぞれのポイントについて、詳しく紹介します。

レスポンスが速い

薬キャリエージェントの担当者は、他のエージェントと比較してもレスポンスが速いと評判です。時期に合わせた転職をするためには、レスポンスの速さはとても重要です。

実際に利用した薬剤師からも、スピード感を評価する声が上がっています。

28歳女性・病院薬剤師

連絡をこまめに取ってくださりました。初めての転職活動だったので、疑問を解消しやすかったです。面接時の注意点など教えていただけたのも良かったです。

44歳女性・主任薬剤師

希望条件に合致した求人をスピーディーに案内していただけました。添削、面接時の同席はありませんでしたが、初めての転職活動の不安な気持ちに寄り添う担当者の存在がありがたかったです。

33歳女性・薬剤師

どんどん話を進めてくれるので後押ししてもらった。現職と迷っていたら比較表を作成するなど相談にも乗ってくれた。

頻繁に連絡が来るため、人によっては煩雑に感じられることもあるかもしれませんが、時期を逃さず転職をするためには、このスピード感はありがたいものです。

希望に合った求人が見つかる

薬キャリエージェントを利用した薬剤師からは、希望に合った求人が見つかったと評価する声も上がっています。これは、希望に合った求人を紹介してもらえることが理由だと考えられます。

実際の利用者も、紹介してもらった求人が希望に合っていたことを良かった点として挙げています。

33歳女性・調剤薬局薬剤師

場所は関東圏内であればどこでも問わないという条件だったとはいえ、エージェントに交渉してもらった結果、給与の額面・家賃のサポート・働く期間ほぼすべて希望通りになった。

せっかく良い時期に転職できても、希望に合わない職場を選んでしまうと、転職を繰り返してしまうおそれがあります。希望に合った求人を見つけるのは、成功する転職への近道と言えるでしょう。

総評

薬キャリエージェントは、豊富な求人数と提案力から、スピーディーに転職活動を進めることのできるエージェントです。

幅広く求人を扱う中でも特に病院や企業に強く、それらへの転職を目指す人にはもちろんのこと、全ての薬剤師に利用をおすすめします。

時期を逃さず、スピーディーに転職活動を進めたい薬剤師に、特におすすめの転職エージェントです。

ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフを薬剤師の転職におすすめする理由は、以下の通りです。

  • 求人数が豊富で、特に調剤薬局の求人が多い
  • 面接が不安な人には、面接に同席してくれる

それぞれのポイントについて、詳しく紹介します。

求人数が多い

ファルマスタッフの大きな魅力は、業界最大級の求人数です。また、もともとは調剤薬局の求人を専門に扱っていたこともあり、特に調剤薬局の求人が多いという特長があります。

実際にファルマスタッフを利用した人の口コミでも、求人数を評価する声が多く挙がっています。

31歳女性・薬剤師

調剤薬局の転職に関しては、求人の量とコネクションは強いかと思います。コネクションがあることによって交渉も融通がきくかと思います。

52歳女性・勤務薬剤師

求人の数が多いのが一番のメリットだと思います。近くにあっても知ることができない薬局の存在もあるので、求人の案件をたくさん持っているということが最大のメリットだと思います。

44歳女性・アルバイト薬剤師

担当者の営業力で他社にない独自の求人を開拓しているためか、製薬会社、食品会社などの企業求人の扱いもあります。

求人数が多いということは、それだけ希望の求人に早く巡り合える可能性が高いということです。求人数の多さは、ファルマスタッフの大きなメリットだと言えるでしょう。

面接に同席してくれる

ファルマスタッフでは、希望者に対して、面接に同行してくれることがあります。面接が不安な人や、初めての転職で不安な人にはありがたいサービスです。

実際に利用した人の口コミでも、面接同行サービスを評価する声が見られました。

32歳女性・薬剤師

全国に支店があるので、主人の転勤等により転職する場合も安心だと思います。現地まで来ていただけて、店舗との面接にも同伴してくれるので頼もしいです。

きちんと準備をしていても、面接は緊張するものです。転職におすすめの時期を逃さずに内定を得るためにも、面接に同行してくれるサービスはとても心強いものだと言えるでしょう。

総評

求人数が多く、面接同行サービスなどのフォローも充実しているファルマスタッフは、全国に15拠点を有しているので、地方在住の薬剤師でも利用しやすいエージェントです。

ライフイベントに合わせた転職の無料相談会も開催しているので、結婚や出産を機に転職を考えている人は、こちらを利用してみるのもいいでしょう。

調剤薬局での勤務を希望する薬剤師には、ぜひおすすめしたい転職エージェントです。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師を薬剤師の転職におすすめする理由は、以下の通りです。

  • レスポンスが速く、スピーディーに転職を進められる

上記のポイントについて、詳しく紹介します。

レスポンスが速い

前述の薬キャリエージェントと同じく、リクナビ薬剤師もレスポンスの速さに定評があります。実際に利用した薬剤師からも、レスポンスの速さを評価する声が聞かれます。

「まず第一のメリットとして、とても対応が早いということ、そしてこちらの求めていることを即座に理解してくださった所に大変感謝しております。」(38歳男性・病院薬局長)

このレスポンスの速さは、薬剤師以外にも多くの転職希望者の支援をしてきたリクルートだからこそ実現できるものだと言えるでしょう。

総評

リクナビ薬剤師は、業界大手のリクルートが運営しているだけあって、豊富なノウハウを生かした転職支援が魅力です。

しかしながら、薬剤師の転職に特化したサービスを立ち上げたのが2011年と日が浅いことから、求人数が特別多いわけでもないので、他のエージェントとの併用がおすすめです。

大手ならではのサポートを受けながら、スピーディーに転職したい薬剤師におすすめの転職エージェントです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師を薬剤師の転職におすすめする理由は、以下の通りです。

  • 面談でのサポートが手厚く、親身に相談に乗ってくれる

上記のポイントについて、詳しく紹介します。

面談でのサポートが手厚い

マイナビ薬剤師は、面談でのサポートに定評があります。実際に利用した人の口コミでも、サポートの手厚さを評価する声が見られました。

27歳女性・調剤薬剤師

仕事をしながらの転職活動だったので、休日に相談に乗ってもらったり、電話でのやりとりで希望を聞いて頂いたり、面接時間は平日仕事終わりの夜からにしてもらったりと、サポートは手厚かったです。

また、マイナビ薬剤師では、転職後に相談に乗ってくれるなどのアフターサポートも充実しています。初めての転職で不安を抱えている人にはぜひおすすめです。

総評

マイナビ薬剤師は、他の薬剤師向け転職エージェントと比較すると、求人の量などで見劣りする部分があるのは事実です。

しかしながら、サポートには定評がありますので、他のエージェントと併用して求人数を補いながら利用するのがおすすめです。

手厚いサポートを受けたい薬剤師に、特におすすめの転職エージェントです。

自分も職場も満足して転職できる!円満退職のためのテクニック

転職を考えている薬剤師の中には、「自分が退職したら、今の同僚に迷惑がかかるかも」、「上司から引き留められたらどうしよう」などの不安を抱えている人もいることでしょう。

確かに、あなたが職場を離れることによって、迷惑を被る人がいるかもしれません。しかし、職業を選ぶ権利は、憲法でも保証されている当然の権利です。

むしろ、大切なのは、職場にかける迷惑をどれだけ最小限に抑え、気持ちよく次の職場へ送り出してもらえるかではないでしょうか。

また、もしあなたの退職の伝え方に問題があり、上司から引き留められてしまったら、せっかくの時期とタイミングを逃してしまうことにもなりかねません。

ここでは、円満退社のために必要な事柄を紹介します。時期をおさえることはもちろんのこと、これらも参考にして、気持ちよく転職できる環境を作ってください。

①転職のスケジュールを立てる

職場に迷惑をかけずに転職するには、何度も述べているとおり、時期をおさえることが欠かせません。そのためにも、転職のスケジュールは必ず立てましょう。

スケジュールを立てずに転職を進めると、退職時期が繁忙期に重なってしまうことも考えられます。まずはいつ退職するのかを決め、スケジュールを立てて転職活動を行いましょう。

②転職の意思を早めに伝える

民法では、労働者は退職の旨を2週間前に伝えればいいことになっています。しかし、企業が新しい薬剤師を探して雇用する時間を考えると、それでは短すぎるのが現実です。

転職することに決めたら、まずは就業規則を確認し、規則で定められた時期に退職する旨を伝えるようにしましょう。

おすすめは、規則で定められたよりも早めに転職の意思を伝えておくことです。規則の定めに関わらず、退職の2~3カ月前に申し出ることをおすすめします

③前向きな退職理由を伝える

上司に退職理由を伝える際に、「給与が低い」、「仕事が大変」などの後ろ向きな理由を告げると、「改善するから残ってほしい」などと引き留められてしまう可能性があります。

退職理由は、聞いた人が応援したくなるような、前向きなものを伝えるようにしましょう。薬剤師として成長したい旨の理由なら、上司も納得してくれることでしょう。

④余裕を持って引き継ぎをする

退社が決まり、後任者が決まったら、引き継ぎを行う必要があります。引き継ぎが終わらないまま退職してしまった、ということのないよう、余裕を持って引き継ぎをしましょう。

引継ぎの際には、仕事内容だけでなく、明文化されていないルールや注意点などの業務で得た知識も伝えた方が親切です。後任者の気持ちになって、丁寧に引き継ぎを行いましょう。

⑤退職のあいさつをする

退職が決まったら、お世話になった人にあいさつをしましょう。同僚や上司はもちろん、部署が違う人や取引先の人など、関わりのあった人にはあいさつするようにしましょう。

このとき、特にお世話になった人には、お菓子などのお礼のギフトを用意しておくといいでしょう。最後まで職場といい関係を保って退社するのが、転職を成功させるコツです。

最後に

転職を成功させるためには、それぞれの状況に合わせた時期を選ぶことが大切だということを、ご理解いただけたのではないでしょうか。

転職エージェントを上手に活用して、時期を逃さずに転職を成功させてください。