転職するなら優良ホワイト企業が良い!一般企業との見分け方をご紹介

会社_1151328491
前の会社が少しブラックでした。なので、次転職するときは絶対にホワイト企業が良いです!
キャリアコンサルタント
過労による問題が起きていることもあり、多くの人は「ホワイト企業が良い」と考えていますが、一概にホワイト企業が優良な企業とは限りませんよ
え!そうなんですか?
キャリアコンサルタント
まずは「ホワイト企業とはどういった会社なのか」というのをしっかりと理解しましょう。

「ホワイト企業で働きたい。」「ホワイト企業に転職したい!」という風に思っている人は多いと思います。

しかし、どこがホワイト企業なのか、ホワイト企業の求人ってどうやって見つけるの?と漠然としすぎてしまい、ホワイト企業への転職は、宝くじを当てるようなものと思っている人も多いかもしれませんね。

そこでホワイト企業とはどういう企業のことを言うのか、そしてホワイト企業への転職を実現させるためにできることをお伝えしていきたいと思います。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

転職する前に確認しておきたい!そもそもホワイト企業ってどういう会社?

ブラック企業という言葉をよく耳にするようになってから、その対義語として生まれたホワイト企業。

ホワイト企業ってどういう会社のことを言うのかという明確な定義というものは実は存在しません。

残業やノルマが多く働きづらいブラック企業とは違うという意味から「働きやすい会社」がホワイト企業という風に捉えられています。

ホワイト企業の判断基準「3年後定着率」とは

その企業が働きやすいホワイト企業かどうかの判断基準のひとつとして「3年後定着率」というものがあります。

この「3年後定着率」は東洋経済新報社が調査し「CSR抑率企業総覧」に掲載している情報で、同社の「就職四季報」には「3年後離職率」を掲載しており求職者にも人気があります。

3年後定着率は入社した人が3年後も変わらずに在籍している割合のことを言い、逆に3年後離職率は、入社した人が3年後に離職している割合のことを言います。

離職率が低い、定着率の高い会社こそホワイト企業?

離職率の低い会社そして3年後定着率の高い会社はホワイト企業と言われ求職者にとって人気のある企業となっています。

しかし厚生労働省のここ数年の調査によると、大卒者の3年後離職率は約3割を超えており、ホワイト企業にさえ入社できれば離職率が減少するのかと言ったらそうではない側面もあるようです。

ホワイト企業だから働きやすいとは言えない現実

ホワイト企業と言われている会社に入社することができたから、これでもう一生その会社で不満を持つことなく働くことができると言ったら、残念ながら必ずしもそうとは限りません。

ホワイト企業かどうかを感じる価値観や働きやすさという感覚は、実際に働く人の感覚によって違いがあるからです。

せっかくホワイト企業に入社できたのに、不満を抱えてしまったり、辞めたいと思ってしまう人には、何か物足りなさを感じてしまう傾向があるようです。例えば、

  • 仕事は楽だけどキャリアアップしたいと強く感じるようになってしまった
  • もっとバリバリと緊張感を持って働きたい
  • 仕事内容自体が自分に向いていない

というように、環境自体は申し分ないけれど実際自分がその環境の中に入ったときに感じる物足りなさなどは、実際に働いてみなければわかりません。

また、同僚や上司などとの人間関係がうまくいかないという理由からホワイト企業のはずなのにと思ってしまう人もいます。

人間関係は、相性がありますのでホワイト企業だから絶対に大丈夫ということは言えないのが現実です。

ホワイト企業とブラック企業、一般的な企業の違いは?

ホワイト企業、ブラック企業そしてどちらでもない一般的な企業の一番わかりやすい違いは、労働基準法をどのように守っているのかという点です。

労働基準法は、労働者として働く私たちが労働時間や残業時間、休日など最低限な部分で守られている法律で企業側は守らなくてはいけない法令のひとつです。

ブラック企業はこの法令を守られていることはありません。例えば、残業時間ひとつをとっても守られていることはまずありません。

一方、一般的な企業は労働基準法で定められている法令は守っているものの、それ以上でもそれ以下でもありません。

ブラック企業、一般的な企業と比べてホワイト企業は、労働基準法を守ることは当たり前で、それにプラスアルファして労働者が安心して働ける環境を整えているのです。

ホワイト企業と言われる企業は実は多い

企業の規模が大きくて知名度があればホワイト企業というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、企業の規模や知名度に限らず、中小企業や地方にある地元企業などホワイト企業と言われる企業は実は多くあるのです。

ブラック企業が問題視される中、各企業では社員の働きやすさや、一人ひとりの個人を尊重する取り組みを実践している企業も多くあるので、企業の規模だけではなく様々な視点でホワイト企業を探してみると案外とても身近なところにあるかもしれません。

要注意!「優良企業=ホワイト企業」とは限らない!?

求人票を見ていると、「優良企業」というのを目にすることもあると思います。優良企業だからホワイト企業だろうというのはちょっと違います。

優良企業とは、企業としての業績が良いという経営状態のことを指して言われるもので、そこで働く社員が働きやすいかどうかというのとは全く別物です。

ホワイト企業の多さは業種による?

ホワイト企業と言われる企業には業種によって違いがあるのか気になりますよね。

そこでホワイト企業が多い業種や、先ほど紹介したホワイト企業の基準となるものに該当する業種を紹介していきます。まず、ホワイト企業が多いと言われている企業を業種別に見てみると、

  • 公務員
  • インフラ業種
  • 元国営企業
  • 航空・海運業界
  • 輸送機器業界

となっており、公務員、公務員に準ずる業種にホワイト企業が多い傾向にあります。ホワイト企業の基準となるものを元にホワイト企業の業種も見ていきましょう。

残業の少ない業種は?

残業時間が少ない企業は、ホワイト企業と言われることが多いので、ホワイト企業を探すうえではとても重要となります。業種的に残業時間が少ないところは、

  • スポーツ、ヘルス関連施設
  • 薬局
  • 信販系、クレジット会社
  • 医療機関
  • 専門店または小売店

などがあります。医療系などの業種は、シフト制の場合が多いからか残業時間は少ない傾向にあります。

休日が多い業種は?

休日の多さもホワイト企業かどうかを判断するためには重要なものです。休日をしっかりとることのできる業種としては、

  • 自動車、輸送機器メーカー
  • 電子、半導体、電気部品メーカー
  • 医療機器メーカー
  • 機械、電気機器メーカー
  • 設備関連、ブランドメーカー

などがあります。どの業種も下請ではなくメーカーに休日が多い傾向があります。

意外とベンチャー企業も狙い目

ベンチャー企業は、発展途上中の企業ということもあり、仕事内容が過酷で残業なども多くあるようなイメージを持つかもしれません。

しかし実際のところはそうでもない企業も多くあります。大きな企業とは違い、規模が小さいからこそ個人の意見が反映されやすいという側面も持っています。

仕事はしっかりと、プライベートも楽しむ余裕を持つなど、オンとオフをしっかりしている働きやすいホワイト企業も多くあります。

ホワイト企業に転職したい!高卒や未経験では無理?

ホワイト企業に転職したい!と思ってはいるけれど、高卒で学歴がないからきっと無理だろう。働きたい業種が未経験だからきっと無理だろうと思って挑戦せずに諦めてしまってはいませんか?

高卒だったり、未経験だったらホワイト企業への転職は難しいのでしょうか?

高卒でもホワイト企業へ転職できる?

高卒だけどホワイト企業への転職はできるだろうか。やっぱり大卒など学歴がないとホワイト企業への転職はできないのかなと思う人も多いかもしれません。しかし、高卒でもホワイト企業への転職は可能です。

もちろん、ホワイト企業と言われるだけの企業の場合、とても評判が良いため人気があります。そもそも欠員があまりでないこともあるので、絶対的に求人数が少なく、求人が出てもすぐに決まってしまうため高卒に限らず、転職を成功させるのは難しいでしょう。

高卒の場合、誰もが知っている大企業のホワイト企業への転職は厳しいかもしれませんが、中小企業のホワイト企業なら大丈夫です!

ホワイト企業は大企業というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはなく中小企業でも業績を上げ、安定しているところも多くあります。

そのような企業への転職を目指してみるといいですね。

未経験の職種でもホワイト企業へ転職できる?

ホワイト企業と評判の良い企業へ就職したいけれど、職種的に未経験だから転職は難しいと思って応募するのに躊躇してしまうという人もいるかもしれません。

どのような職種かにもよります。企業によっては経験の有無を問われることがあったり、学歴や資格、年齢などを設けているところもありますが、自分自身が挑戦したい職種である場合は、未経験だからと諦めずにダメもとでどんどん応募してみましょう。

ホワイト企業と言われているところは、社員の教育にも時間をかけて力を入れているところも多いので、まったく不可能ということはありません。

転職におすすめなホワイト企業の見分け方

ここからは、実際にホワイト企業の見つけ方について具体的にお伝えしていきたいと思います。

それと同時に、ホワイト企業とはどういう企業のことをいうのかなど、ホワイト企業に関する気になることにも触れていきますね。

ホワイト企業の特徴は?

ホワイト企業で働きたい!という人はとても多いですが、ホワイト企業って一体どういう企業のことを言うのでしょうか?

「働く人が働きやすい環境が整っている企業」「社員を大切にしてくれる企業」などホワイト企業と言われる企業にはいくつかの特徴があります。

①残業時間が少ない

今現在、毎日夜遅くまで残業に追われているという人にとって、残業時間が少ないだけでもホワイト企業と感じると思うかもしれません。

厚生労働省の調査によると一般的な残業時間の平均は10.2時間と言われています。しかし、多くの口コミサイトによると、残業時間の平均は47時間で、厚生労働省との調査には開きがあるのが気になります。

この平均残業時間の違いは、雇用主が算出しているのか、または実際の労働者が算出しているのかによるからです。

残業時間のみでホワイト企業かどうかを判断するのは難しいですが、判断基準のひとつとして把握しておくことは大切です。

②休みが多く代休もしっかり取れる

残業時間以上にどのくらい休日があるのかというのは、働く私たちにとってはとても重要です。

厚生労働省の調査によると年間休日数の平均は、113.7日と言われていますが、ホワイト企業と言われている休日数は、

  • 完全週休二日制による年間104日
  • 1年間にある祝日15日
  • お盆休み、お正月休みとして6日

の年間休日数は125日と言われています。一般的な年間休日日数と比べると、12日も多く休日がある計算となります。

休日がしっかりある企業は、仕事だけではなく働く人のプライベートも大切にしている証拠ともなります。

③福利厚生が充実している

福利厚生は、どの企業も導入する必要のある、健康保険や介護保険、雇用保険といった保障の部分として「法定福利厚生」があります。

ホワイト企業は、この「法定福利厚生」ではなく「法定外福利厚生」が充実しています。「法定外福利厚生」は、

  • 慶弔
  • 共済会
  • 住宅、医療
  • レクリエーション
  • ライフサポート

などがあり、どれだけ充実しているのかによってホワイト企業かどうかの判断基準となります。

④女性が働きやすい環境が整っている

女性が働きやすい環境が整っているかどうかは、ホワイト企業かどうかを判断する上ではとても重要です。

女性にとって最大のライフイベントとなる妊娠・出産は、女性の人生はもちろん、働くうえでも大きな影響を与えてしまうものですが、そのような時期に適切に産休や育児休暇をとり、復帰できる環境を用意されているかどうかも重要となります。

⑤社員教育が充実している

社員を育てていくためには、それなりの費用と時間が必要となります。

企業にとって社員教育をしっかり行うということは、時間とお金をかけてでも、社員にキャリアアップしてほしいという思いがあり、社員を大切にしていることにも繋がります。

社員教育に力を入れている企業はホワイト企業と言っても過言ではありません。

ホワイト企業の見分け方は?

転職活動をしていくと、数多くの求人に触れることとなりますが、その中からホワイト企業を見つけ出すのは至難の業のように感じてしまいます。

しかし、実際はいくつかのポイントをおさえることでホワイト企業に出会う可能性が高まりますので、ぜひそのポイントを踏まえたうえで、求人を見てみましょう。

離職率の低い企業かどうかで見分ける

離職率は、その企業が働きやすい職場かどうかを図る判断材料となりますので、ホワイト企業かどうかを知ることができます。

離職率の高い企業は、残業が多すぎたり、人間関係が良くないなど何か働きづらい要素があることで、長く働き続ける人が少ないことが想像できますので、ホワイト企業かどうかを判断するのに役立ちます。

求人を出す頻度が少ないかどうかで見分ける

求人を定期的に見ていくと、いつ見ても求人が出ている企業というものが存在します。そのような企業の場合、何かが原因となり常に人材不足の状態が続いていることがわかります。

その人材不足となっている原因は、社員が定着しない要素があるかもしれませんので、注意が必要です。

お金の管理を徹底しているかどうかで見分ける

企業がお金の管理を徹底しているかどうかは、求人票を見ることである程度判断することができます。求人票にある給与や賞与を見てみましょう。

概算の金額ではなく、1円単位で記載されている企業は、お金の管理が厳しく徹底しているため、残業に関する意識も高いのです。

残業がある場合は、1円単位で残業代は支払われるでしょうし、残業についてもシビアに管理している場合が多いです。

気になる企業には実際に足を運んで雰囲気で見分ける

求人票や口コミなどから気になる企業情報を得たら、実際にその企業に足を運んでみると、企業で働く人たちの雰囲気を知ることができます。

ホワイト企業の場合、働いている社員はみんないきいきと働いている場合が多いですし、上司と部下の関係性も職場の雰囲気から読み取ることができます。

女性・若手社員のサポート体制が万全かどうかで見分ける

ホワイト企業と言われる会社は、社員の育成に力を入れていて、特に新入社員をはじめとする若手社員や女性社員のサポート体制が万全です。

特に新入社員が入社すると新人社員研修をしっかり時間をとって行う企業は、新人育成に力を入れていることがわかります。

メンター制度と言う先輩社員が新人社員へきめ細やかな指導、育成を行うものや、従業員同士の交流を図ることを目的とした社員交流セミナーなどを積極的に行っている企業は職場の人間関係が良好な場合が多くホワイト企業と言えます。

また、出産や育児の時期にあたり女性社員には、産休やフレックスタイム制などを導入し、働きやすい環境を整えているような企業も安心して働く環境を整えているホワイト企業と思って良いですね。

月収よりも年収が高いかで見分ける

ホワイト企業かブラック企業かを見分けるひとつの方法として月収と年収の数値の違いがあります。どういうことかというと、ブラック企業場合は、月収の高さを強調する傾向にあるのです。

確かに月収は高いけれど、ボーナスなどの手当が少ないため、トータルの年収は月収の割には少ない金額となる場合が多いです。

一方、ホワイト企業の場合は、月収自体はそれほど高いわけではありませんが、ボーナスなどの手当が充実していることが多く、トータルの年収は高いのが特徴となります。

年間休日数は120日以上あるかで見分ける

土日祝日と年末年始、お盆のお休みがきっちりある企業の場合、確実に年間休日数が120日を超えてあるはずです。

休日の取り方は、その企業の業務内容によっても違いが出てくるかもしれませんが、どのような取り方でも年間休日数が120日以上ある企業の場合、社員のプライベートな時間も大切に考えている場合が多いです。

業務内容や繁忙期などの情報も隠さずに教えてくれるかで見分ける

ホワイト企業の場合、業務内容についての詳細はもちろん、それに伴って繁忙期にはどのような状態になるのかというような、一見ブラック企業では?と思わせる業務内容に関しても包み隠さずに企業の方から情報提供してくれる場合が多いです。

とにかく入社してほしいという姿勢よりは、色々な情報を知りえたうえで当社を選んでほしいという思いが受け取れる企業がホワイトとも言えます。

福利厚生がとにかく手厚いかどうかで見分ける

ホワイト企業と言われる企業の多くは、福利厚生がとにかく充実していて手厚いです。企業の規模によっては、社員食堂が充実していることもありますが、それ以外にも

  • 住宅補助の充実
  • 家族手当などの手当が充実
  • 保養施設などが充実

という風に、毎月のお給料だけではなく、それ以外の部分でのサポートが充実していると、仕事だけではなくプライベートにも良い影響を与える結果となるのでホワイト企業かどうかの判断基準のひとつとして重要視したい部分です。

自分にとってのホワイト企業を考えてみよう!

ホワイト企業とは、自分自身が働きやすい環境で働くことのできる企業のことを言います。そのためもしかしたら、一般的に言われているホワイト企業とは少し違うかもしれません。

このギャップを少しでも埋めるためにできることは「自分にとってのホワイト企業とは?」を考えてみることです。

自分自身が働くうえで、また生きていく上で何を重要視するのかを考えてみましょう。例えば、

  • 自分に興味関心のある仕事内容か
  • 年収はどのくらい欲しいか
  • 休日や休暇をしっかりもらい、プライベートも大切にしたいか
  • 自分のスキルにマッチし、向上したいと思っているか
  • 残業はあってもよいか、許容範囲はどのくらいか

などを考え、それにマッチする企業を選ぶようにすると、自分にとってのホワイト企業への転職は成功するでしょう。

自分にとってのホワイト企業への転職は転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用する最大のメリットは、大きく2つあります。

まず1つ目は、膨大な求人情報を手に入れるということです。この求人の中には、自分では絶対出会うことのない非公開求人も含まれていて、ホワイト企業が出す本当に良い条件の求人ほど非公開となっている場合が多いのです。

2つ目は、ミスマッチを防ぐことができます。一般的にホワイト企業と言われている働きやすい会社でも、自分にとっては合わないかもしれません。この点は、プロである専任のエージェントが冷静な目で判断し、ミスマッチのない求人提供を行ってくれるので安心です。

転職エージェントを利用して転職した人のほとんどは満足している

実際にホワイト企業への転職を希望し、転職エージェントを利用して転職した人のほとんどは、今の職場にこだわらず、思い切って転職したことを後悔するどころか満足しています。

転職に関しては、新しい環境へと飛び込むことになるので、想像以上の不安を抱えてしまうものですが、その不安をひとりで抱え込む心配がなく、逆に不安を解消しながらの転職活動となるため、転職して本当に良かったという人がとても多いのです。

ホワイト企業に転職したいなら転職エージェントを活用しよう

ホワイト企業と言われる企業で、自分を大切にしながらしっかりと仕事にも打ち込んで働いていきたいという人はとても多いです。

そのような求人が出されると応募が殺到してしまうため、いかに情報を素早く得て行動していくかがホワイト企業への転職成功へのカギとなります。

そして転職を成功させるために必要不可欠なのが、転職エージェントの利用です。ホワイト企業への転職を成功に導くことのできる転職エージェントを厳選して紹介していきます。

※「転職エージェント」についてしっかり理解したい方は、こちらの記事をまずは参照してください。

doda

doda

数ある転職エージェントの中でも最大手のdodaは、なんといっても求人保有数が10万件以上あり、非公開求人も8万件以上と、dodaでならホワイト企業への転職が夢ではなくなるのでは?というくらいの求人数を誇っています。

ホワイト企業への転職を考えているなら、登録しておきたい転職エージェントのひとつとして利用しておくことをおすすめします。

求人の数が膨大ですが、条件にマッチしたホワイト企業への求人を公開・非公開を含めて紹介してくれるので心強いのと、転職が成功するようにと、履歴書対策や面接対策などのサポートも充実しています。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の約8割が利用していると言われているリクナビNEXTは、転職に関するあらゆる情報収集をしっかり行うことができます。

また、希望する転職先はもちろん、転職するにあたっての適性を見極めるための診断テストなども充実しているので、思わぬ業種への転職も可能となります。

ホワイト企業への求人も多く保有しており、非公開求人もありますが、こだわり条件検索として「離職率5%以下」の求人も検索することができます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

学歴や社会人としての経験年数を問われることのない、既卒者や第二新卒の人に特化した転職エージェントです。

未経験の職種への転職に強く、ハタラクティブを利用して転職活動した人の約8割以上の人が無事に内定を手にし、新しい職場で活躍しています。

ホワイト企業への求人ももちろん保有していますが、求人の多くは関東圏なので、関東圏でホワイト企業への転職を求めている人におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職希望者の約8割以上が利用しているという大手の転職エージェントです。リクルートエージェントを利用すると、紹介を受ける求人数がかなり多いので選択肢が広がります。

ホワイト企業と出会うキッカケとなる非公開求人は10万件以上も保有しており、転職成功実績は、どの転職エージェントにも負けないというくらいの高さです。

ホワイト企業かどうかのリアルな情報も保有しているので必ず利用しておきたい転職エージェントです。

自分にとってホワイトな企業へ転職しよう!

「転職するなら次こそはホワイト企業へ転職したい。」そう願って転職しようと決断したら、自分にとってのホワイト企業とはどういうところなのかをまずはしっかり明確にしてみましょう。

そのうえで、自分の理想とする企業像に近い企業を見つけるべく転職エージェントを有効活用することで、夢だった自分にとってのホワイト企業への転職が現実のものとなる日は近づくはずです。

会社なんてこんなものという風に思わず、人生の大半を過ごす会社だからこそ「自分にとってのホワイト企業」探しは妥協することなく探し、転職を現実のものとしてみましょう。