【プロが解説】転職に迷う人が失敗しないためには?

「転職しようかな・・・」って考えるのですが、今一歩踏み出すことができず、躊躇してしまいます・・・。どうすれば良いですか?
転職は「今の職場を辞めて、新しい職場に移る」わけですから、躊躇してしまうのは当然ですよ。

キャリアコンサルタント

この記事では、そういった方に向けたアドバイスをご紹介しています。一つ一つ確認していきましょう。

キャリアコンサルタント

今働いている会社や自分が携わっている仕事に対して何らかの不満を抱えている人は多いと思います。しかし、何らかの不満を抱え転職したいと思いつつ、現状維持を保っている人もまた多いのではないでしょうか。

そんな中、本気で転職したいと思いながらも、あと一歩の踏ん切りがつかずに行動できないと苦悩している人はいませんか?

転職したいと思っているのに、なぜ転職に迷ってしまうのでしょうか。迷いのある状態で転職すべきかどうかについて様々な視点で考えてみましょう。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職するか迷う時にやるべきこと4つ

転職したいという気持ちは、ある日突然湧き上がってしまう場合と、もう何年も転職したいと思い続けている場合があると思います。

「転職したいという気持ちはあるものの、迷って今一歩踏み出せない」という場合は、以下のことを試してみましょう。

①転職後の「楽しみ」「希望」を書きだす

転職したいという今の思いを改めて整理してみましょう。

一時の感情で「転職したい!」という思いは、時期がくれば冷めてしまうものですし、いざとなった時に迷いが生じてしまいます。

転職したいという思いを整理すると、その思いは本当なのかどうかをある程度は客観視することができます

転職したい思いを整理し、転職後の自分を想像したときに、不安よりも楽しみや希望が広がるでしょうか?不安しかないという場合は転職はやめたほうが良いでしょう。

楽しみや希望など転職後の自分を想像するとワクワクするという場合は、転職を前向きに考えてみましょう。

②相談する|家族や友人への上手な相談方法は?

転職後の自分を考えると不安よりも楽しみが広がるという場合は、家族や友人など大切な人にぜひ相談してみてください

転職することに対して、どのような説明をすることができますか?そして相談を受けた人の反応はどうだったでしょうか?

転職したい気持ちを整理し、家族や友人など大切な人に相談するということは、

  • なぜ転職したいと思っているのかの具体的な理由がある
  • 今度はどのような仕事に就きたいと思っているのかの思いを具体的にできる
  • 転職した後の自分自身を想像し、今よりもより良い自分となっていることを話できる

という風に、転職することに関することをより具体的にそして理想だけではなく、現実的に話をすることが必要となってきます。

転職に対する思いを家族など身近な人に話をすると、賛成よりも反対の声を多く聞く可能性が高いです。

特に、年齢があがればあがるほど、本人だけの問題ではなく、収入の面など、家族の問題ともなりうるからです。

そのような状況に陥った時、家族の反対を押し切ってまでも転職したいと思えるでしょうか?

「家族などの反対があるなら転職は難しい」と思うなら、転職は思いとどまった方がいいでしょう。

家族の反対を受けても、説得をし転職したいという気持ちが湧き上がってきたなら、次に起こすべき行動はこれです!

③相談する|家族や友人よりもおすすめな相談相手とは

転職したいという思いを整理し、家族や友人などの身近な人へ相談し、それでも転職したいという思いがほんの少しでも残っていたら、次は転職の専門家である転職エージェントを利用してみましょう

転職エージェントはただ求人の紹介を行っているだけではなく、自分の担当となるエージェントが転職に関する様々な相談にも乗ってくれます

今自分自身で抱えている転職に対する思いを素直に話し、

  • 転職すべきかどうか
  • 自分にぴったりの転職先はあるか
  • 年収などの待遇はどうなるのか

などより具体的な転職に関わるリアルな現実を知ることができます。そのうえで、転職したいという気持ちが少しでも残っているなら、転職活動は迷いながらでも続けてみることをおすすめします。

そして、その転職活動の第一歩として転職エージェントを利用してみましょう。ただし、転職エージェントの選び方には注意が必要です。迷っている人の相談に乗るのではなく、「とにかく転職させてしまおう」という会社もあるからです。

転職するか迷っている人に、親身に相談に乗ってくれる転職エージェントは、後の章で詳しく紹介します。

なぜ転職エージェントを利用する?

転職に迷いがあってもなくても、転職エージェントの利用は、転職を効率良くスムーズに行うことができるようになります

特に転職に迷いがある人や、絶対失敗したくないと思っている人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

  • 転職エージェントは条件の良い求人をたくさん保有している
  • 転職に対する迷いを、適切なアドバイスと具体的な例をあげて払拭させてくれる
  • 働きながら転職活動ができるから余裕を持つことができる
  • 求人情報のみだけではなく、社内の雰囲気などリアルな情報を得ることができる
  • 自分の希望があれば、条件交渉も行ってくれる
  • 面接や書類選考で合格できるような添削、アドバイスをもらえる
  • 自分では気づくことのない適性や適職を紹介してくれる

自分ひとりで転職活動する場合、これだけのことを自分だけで行うのは不可能ですが、転職エージェントを利用することで可能となります

自分にとってより最適な転職先を見つけ、確実に採用・転職へとこぎつけるためには、転職エージェントをいかに有効活用できるかが重要となります。

④転職しないデメリットを考える

「転職したい。でも転職に迷いがある」という場合の多くは、転職したときのリスクで頭がいっぱいになってしまうことがほとんどです。

そんなとき時は、転職しない場合のデメリットをもう一度あげてみましょう

転職しないデメリットそして、転職したときのリスクの2つがあったときに、どちらが自分にとってダメージを受けるでしょうか。

もしも、転職したときのリスクの方が大きなダメージを受けると思ったら、今すぐ転職はやめた方がよいと思います。

一方、転職しないデメリットの方が自分にとって大きなダメージを今後も受け続けると感じたら、一歩、勇気を出して転職へと踏み切ってみることをおすすめします。

年代別・転職に迷う理由と対処法

転職に迷う理由は、年代によっても大きく異なります。20代・30代・40代それぞれの年代別に、迷う理由と適切な対処法を解説します。

20代の転職に迷う人に多い「そもそも自分に自信がない」

転職を希望する人の中でも特に20代にありがちなのが、自分に自信がないという点です。

まだ社会経験をはじめスキルも未熟な場合が多く、そのような自分を受け入れてくれるのだろうか、会社で戦力として働くことができるのだろうかという不安をつい抱えてしまいます。

この不安は、漠然としすぎているものが多いので、迷わずに一歩踏み込む勇気が必要です。

20代~30代前半の転職に迷う人に多い「他社で通用するかの不安」

20代後半から30代、40代手前の人に多いのが、これまでの経験を他社で活かすことができるだろうか自分のスキルは通用するのだろうかという不安です。

新しい転職先で自分が本当についていくことができるのだろうかという不安を抱えてしまうことで一歩、転職へと進む自信がありません。

これまでの経験を活かして通用できるかどうかは、担当エージェントに相談することで、不安を解消できる可能性が高いです。

ひとりで抱えこまずに相談するといいでしょう。

30代中盤から40代の転職に迷う人に多い「リスクに対する不安」

30代中盤から40代と言えば、家族がいて家族を養うという責任のある人も多い年齢です。

その場合、自分だけの問題ではなく、転職に失敗した場合、家族にも影響を与えてしまうことになるというリスクに対する不安を拭い去ることができません。

これは、家族を抱える人にとって転職の迷いの原因の一番ともなる思いですが、転職エージェントで条件交渉などを行うことで解消できるものです。

20代~40代で転職に迷う人に多い「転職によって環境改善ができるかの不安」

今働いている会社よりもより良い環境を求めて転職したいと思っているものの、果たして転職によって働く環境改善が本当にできるのだろうかという不安はありますよね。

もしかしたら今よりも過酷な状況に陥ってしまうのでは?と感じてしまうのは普通です。

今よりも働きやすくよい環境を求めての転職は、転職先となる企業の情報を少しでもたくさん手に入れることができる転職エージェントを利用すると不安を払拭させることが可能です。

転職しようか迷う・・・相談するのに最適な転職エージェント4選

転職したいという場合、迷いがあってもなくても転職エージェントを有効活用するのは、今よりもより良い職場へ転職するためには必須です。

まずは、実際に転職活動の際に利用し、「転職を決意して本当に良かった。」と思える転職を成功させることのできた転職エージェントをいくつか紹介していきます。

これから紹介する転職エージェントの中からさらに選ぶのではなく、いいかもと思える転職エージェントは、数を決めずに複数同時利用しながら転職活動していくことをおすすめします

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職の内定後に迷ってしまったら?

転職活動の末、内定が出ていよいよ転職が現実のものとなったにも関わらず、また転職してもよいのだろうかと悩む人がいます。

実は、このように悩むことはどんなに転職したいと願っていてもいざ、現実となるときには、誰しもが転職に対する迷いと不安を隠せなくなると言います。

そんな時は採用が決まった転職エージェントの担当エージェントに素直に打ち明けてみてはどうでしょう

採用先の職場に対する不安なら、エージェントがしっかりサポートし解決したうえで転職することができます。

そうではなく自分自身の中の問題ならば、もう一度自問自答する必要があります。

  • 転職を決意したのだから後悔しても進んでみよう!
  • やっぱり現状維持で転職するのはやめておこう。

この選択は、自分でしっかり考えて自分自身で結論を出す必要があります。

直観で動ける人、慎重に行動する人、考えすぎて結局行動できない人、どれが良くてどれがダメということは決してありません。

生きていく上でとても大切な選択となるものなので、迷いながらもじっくり考えて結論を出していきましょう。

転職すべき人と思い留まった方がよい人の境界線は?

大手の転職エージェントでエージェントをしている人は、日々多くの転職希望者と接する機会が多くあります。

その経験から、転職して成功する人・しない人や、転職すべき人と思い留まった方がよい人の境界線というものがあるようです。

転職に迷いがあるなら自分がどこに該当するのかをチェックしてみるのもいいかもしれません。

今すぐ転職した方がいい人

まず今すぐにでも転職した方がいい人から説明していきます。今すぐ転職した方がいい人は、

  • 生活が苦しく、収入が上がる見込みがない
  • 毎日会社に行くのが辛く、出社しようとすると体調が悪くなるなど心身的な症状が出ている
  • 会社の業績不振など、会社そのものの将来が不安だと感じた場合
  • パワハラやセクハラが横行するいわゆるブラック企業だった
  • 達成するのが困難な目標設定を課せられ、罰せられる

上記に当てはまる方です。

収入が少ない

転職する場合、一番気になるのは収入面ではないでしょうか。

20代での早い段階での転職や、30歳前半までの転職では、これまでの経験や能力などが考慮され転職によって給与が前職よりも高くなる可能性があります

しかし、年齢があがればあがるほど前職よりも給与は下がるものと思っておくと間違いありません。

転職しなくても現職で資格を取得したり、なにか昇給するような行動を起こしてみてはどうでしょう。

それでも昇給できる可能性がないとわかった場合は、転職に踏み切るのもひとつの方法です。

しかし、転職によって年収アップを望む場合は、本人のスキルとタイミングが合わなければ難しいものと思っておきましょう。

仕事が面白くない

今の仕事が面白くないから転職したいという人も多くいます。面白くないと思う理由をまずは考えてみましょう。仕事が面白いと感じない理由は、

  • 自分がやりたいと思っている仕事ではなかった
  • そもそも興味のある分野の仕事ではなかった

という場合があると思います。今行っている仕事の中で興味を感じるようなものはあるでしょうか。

少し勉強することで興味が湧いてくるかもしれません。

それでも興味や関心を持つことができなかった場合は、転職したら仕事は面白くなるのだろうかということも考えたうえで、本当に転職が必要なものかを考えてみるといいですね。

仕事が面白くないという理由だけで転職を考えた場合、転職することで解決する問題ではない場合が多いです。

評価されない

どんなに努力して仕事に打ち込んでも正当に評価してもらえないと思う人もいると思います。自分の頑張りや成果が評価されない本当の理由を考えてみましょう。

自分を評価する上司との関係からくるものなのか、それとも自分が思っているほど実は成果をあげられていないのかもしれません。

そのような場合は、目標達成のためにどうすればよいのか、そして評価されるような努力をし結果を出してみましょう。

それでも評価されないという場合は、転職を考えるべきだと思います。

人間関係が辛い

今会社での人間関係がうまくいっていない。辛くて仕方がないという場合もあると思います。

その人間関係は、社内で孤立してしまうようなものでしょうか。それとも、そりの合わない先輩や上司、同僚がいるのでしょうか。

良好な人間関係を築くことのできない理由はどこにあるのか、解決することはできないのかを考えてみましょう

人間関係を良好にするためには、こちらから意識して関わってみることも必要です。

人間関係は、どこに行っても一番の課題となる部分でもあるので、自分に落ち度があるのか、それとも周りの人たちが陰口や悪口の横行する環境なのかをしっかり見極めることが大切です。

業界の先行きが不安

30代、40代以降の転職希望者の理由として多いのが、今勤めている企業の業界の先行きが不安だったり、業績は低迷していくだろうということがわかってしまこともありますよね。

現実を知ったときに転職すべきなのか、それとも自分が現役でいる間は何とか現状維持していけるものかを考えてみるのもよいですね。

業績の先行きの不安は自分ではどうすることもできませんので、早い段階で見切りをつけていくことも大切です。

キャリアアップしたい

今とは違った新しい環境でキャリアアップしたいという風に感じたら、今の環境でのキャリアアップはできないのか、どんな風にキャリアアップしていきたいのかを考えてみてはどうでしょう

より具体的にイメージできると、転職すべきかどうか客観的に判断し、行動することができますね。

このような場合、転職せずに現状維持でいたために、転職の準備をしないままある日突然、退職しなくてはいけない状況に追い込まれる可能性が高いです。

特に20代でまだ社会に出て数年しか経過していないという場合は、第二新卒としてのニーズがあるため、できるだけ早い転職への決断をした方が良いかもしれません。

転職は思い留まった方がいい人

現職で改善できそうな部分に対して、不平不満ばかりで自分なりの努力をしていない人は、転職したとしてもまた同じようなことでつまづく可能性が高いです。

どんなに良いと評判の企業で働いたとしても不平不満が募りすぐに転職したいと思ってしまうのではないでしょうか。

会社の問題というよりは、自分自身の問題かもしれません。

転職しようか迷う人が、失敗しないために守るべき2つのこと

何かをキッカケに転職したい!と思ったけれど、いざ転職となると様々な思いから迷いが生じてしまいます。

今の自分自身の気持ちや会社での自分の位置、将来を考えたときなど立ち止まって考えたときにそれでも転職したいと思いますか?

今現在の心境を率直に考えてみてみましょう。

迷っているなら今は時期ではないと思うことも大切

色々なことを考えて、身近な人の気持ちを聞けば聞くほど、転職したいけれど迷ってしまうという場合、現時点での転職は思い留まった方が良いです。

転職は、精神的にも肉体的にもエネルギーが必要なものです。

新しい環境でまた頑張っていこう!という気持ちで取り組むことができなければ、どんなに良い環境が用意されていたとしてもまた同じことになり兼ねません。

転職は、現職で働きながら行うことで最悪な状況を回避

転職活動は、働きながら整然と行うことが重要となります。よほどの理由がない限り、今の仕事を先に辞めてしまうことはおすすめできません

転職先が決まる前に仕事を辞めてしまうと無職の状態となります。

その方が転職に対する本気度が高まるからいいのでは?と思うかもしれませんが、逆効果になってしまいます。転職して後悔することで多いのは、

  • 早く転職しなくてはという焦りから今よりも劣悪な環境になってしまった
  • 社内の雰囲気や仕事の内容がこれまでの会社と変わらない
  • 給料がかなり下がってしまった

など、しっかり選ぶ時間的・精神的余裕がないことから、転職しやすい会社を決め、その結果今までよりもよくない状況に陥ってしまうことは珍しいことではありません。

転職は、転職したいという気持ちだけではなく、少しでもよいところにという貪欲な気持ちで徹底的に望めるようにするのが大切です。

転職に迷う気持ちと向き合って自信を持って進もう!

色々なメリット・デメリットを理解し、転職することによるリスクもすべて理解した上で、それでも「転職したい!」と思ったら、やはり転職すべきだと思います。

転職に関して家族などの身近な人たちは、困惑して応援してくれないかもしれませんが、自分の今の気持ちを大切にしてぜひ新しい仕事や環境にチャレンジしてみましょう。

転職に関しては、専門家である転職エージェントを利用し、自分の適性をしっかり見極めたうえで転職先を見つけて転職することで、きっと今よりも環境・仕事内容・報酬などの待遇面のどれをとっても満足のいく転職になっていくと思います。

また数年後、あの時転職してよかったと思うのではないでしょうか。

転職しようかと迷うということは、今の仕事を含め自分の人生や将来について考えるキッカケになるのでとても大切なことです。

転職に迷うということは、優柔不断だからというのではありません。

転職はそのくらい社会人として生きている私たちにとってはとても重要なことなので、自分の人生に責任を持って生きている人ほど、衝動的に行動することはできませんし、迷いが生じるのはごくごく普通のことなのです。

転職したい。でもどうしようと迷ったら、その迷う気持ちと向き合って「よし!」と決意できたら、もう振り返らずに自信を持って進んでいきましょう。