日清食品へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

日清食品への転職を考えているのですが、転職して大丈夫な企業なのか、面接などではどんなことが聞かれるのか、心配です…。
日清食品は、日本を代表する食品メーカーです。でも、初めての転職だといろいろなことで不安になりますよね。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな日清食品への転職について詳しくまとめています。

キャリアコンサルタント

実際に転職したい人の口コミや、面接の対策についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

大手食品加工会社である日清食品に転職したいという人はいるでしょうけれど、実際にどのような面接対策をすれば良いかというのはあまり知られていません。

今回の記事では日清食品に転職したい人のために面接対策や転職後にすぐに退職しないために必要なことを紹介いたします。

無策で日清食品の面接を行っても採用はされませんのでしっかりと確認して後悔をしないような転職活動をしましょう。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

日清食品に転職するために必要な要素とは?

日清食品に転職するために必要な要素はいくつかありますがどれも大切な要素ですのでしっかりとチェックしてください。

日清食品への転職後にやりたいことを明確に

日清食品へ転職すること自体がゴールではいけません。転職した後にどのような仕事をしたいかやキャリア形成をどうしたいかをしっかりと考えることで有意義な転職活動ができるでしょう。

まずは何のために日清食品へ転職したいのかから考えてください。日清食品の商品が好きだからとか、社風に惚れ込んだというものでも構いませんが入社した後に何をするかは決めなくてはいけないでしょう。

日清食品からキャリアアップを目指すというのでも良いでしょうし、世界の最先端のインスタントラーメンを作りたいという人もいるかもしれません。

志望動機にも直結してきますので面接で採用されたいのはどの部分かをしっかりと考える必要があります。

日清食品にどうやって貢献するのか

やりたいことを決めたとしてもあなたのスキルが日清食品に適合しなければ採用されることはありません。

あなたが日清食品に対してどのようなスキルを貢献できるか、じっくりと考え直してください。食品加工に関する専門知識があるのであれば製品開発に役立つかもしれませんし、営業スキルがあるのであれば日清食品の営業職として働くことは可能でしょう。

転職するのであれば今までの経験を活かした面接でのアピールが必要ですのであなたの強みと弱みをしっかりと把握して提供できるようにして下さい。

日清食品の面接対策

日清食品の面接対策としていくつかの質問例を集めました。面接に完璧な対応をするというのは難しいですが過去の質問例から事前に備えておくことは可能でしょう。

日清食品の面接で聞かれる要素の1つに「CMやキャンペーンを見て日清食品がどうやって消費者の購買意欲を掻き立てるか」というものがあります。

日清食品にどのように貢献できるとかというものを測る質問でしょうから、あなたがユーザーの購買意欲をどうやって掻き立てられるかを答えられるようにしましょう。

この他にも「いま世界中で自分しか考えていないこととは」といった質問もされるようです。クリエイティブな思想や独自性などが求められていますのであなた独自の考え方をアピールしましょう。

また日清食品の面接では人間性を評価する部分が大きかったり、好きな商品やその改善点について尋ねられることも多いようです。特に商品知識や改善点などについては日清食品の食品を食べることが必須条件となりますので、様々な商品を購入して好きな食べ物を決めておくと良いでしょう。

これ以外には実際に働いたときの仕事内容についてや職種について詳しく問われることもあります。事前にどれだけ企業調査をしているかを問われていますので職種や仕事内容についてはしっかりと把握しておきましょう。

現在の人格形成に最も影響を与えたと思われるエピソードについても聞かれることがあります。これは過去の自分の経験から導き出される回答ですので具体的にわかりやすく説明できる練習をしておいてください。

日清食品に転職するために求められる特性

日清食品に転職するために求められる特性としては以下のようなものが求められます。

  • 独創性
  • クリエイティブ性
  • 課題を見つけて改善する能力
  • 人間性
  • グローバル性
  • 専門性

専門性や人間性は転職する以上は大前提となりますが、日清食品は海外展開もしているため英語などのグローバル性もあると良いでしょう。

日清食品が求めている人材とは?

日清食品が求めている人材というのは以下のような人です。

  • 負けず嫌いな骨太人材
  • 根気があり他人に勝つという意欲
  • クリエイティブ
  • グローバルな人材

日清食品は負けず嫌いな骨太人材を求めていると公開しています。根気があり他人に勝つという欲が強い人であれば採用で有利になれるかもしれません。

この他にも独自性やクリエイティブ性が求められる上に、英語などができるグローバルな人材である必要があります。

日清食品の面接における基準はあるのか?

日清食品の面接においては以下のような基準があると考えられます。

  • 人柄
  • クリエイティブ
  • 海外に強い人材
  • 専門性
  • 商品に詳しい人

面接の質問内容から考えると人柄が基準の1つになっているのは間違いないでしょう。その他の要素としては独自性や海外でも働けるかどうか、転職希望の職種に対する専門性や商品に対する詳しさなどが評価の基準となっているように推測されます。

日清食品に転職をするのなら会社情報は把握しておこう

日清食品に転職を希望するのであれば会社情報の把握は必須条件です。面接では商品の好みや改善点についての質問をされることがありますので、日清食品の主要商品などについては欠かせないものとなるでしょう。

日清食品の創業年や企業理念

日清食品は1948年9月4日に創立された「中交総社」という会社が原点となっています。その後の1958年に日清食品となりました。

創業者の安藤百福が日本にインスタントラーメンを普及させた大元となるチキンラーメンを開発しました。そこからインスタント麺業界ではパイオニア的な存在となっています。

日清食品の企業理念は以下の4つです。

  1. 食足世平(しょくそくせへい)-「食が足りてこそ世の中が平和になる」
  2. 食創為世(しょくそういせい)-「世の中のために食を創造する」
  3. 美健賢食(びけんけんしょく)-「美しく健康な身体は賢い食生活から」
  4. 食為聖職(しょくいせいしょく)-「食の仕事は聖職である」

これらの企業理念は求める人材にも影響してきます。面接で聞かれる可能性もありますので事前に暗記しておくことをお勧めします。

日清食品の規模や業界シェア

日清食品は即席麺の業界でトップを誇っています。即席麺の業界を作り出した会社であり現在でも最前線を走り続けています。

日清食品の連結財務データによると従業員数はグループ全体で12,000人以上で、売上高は5,000円億円以上もあります。

日清食品が提供している主要なサービス

日清食品が提供している主な主要商品は以下のようなものです。

  • 即席麺
  • チルド食品
  • 冷凍食品
  • 菓子、シリアル食品
  • 乳製品、清涼飲料、チルドデザート等

特に即席麺に強い会社で有名なインスタントラーメンには以下のようなものもあります。

  1. チキンラーメン
  2. カップヌードル
  3. ラ王
  4. スープヌードル
  5. どん兵衛

最低でもこの程度の知識は把握しておかなければ面接で聞かれたときに答えに詰まるでしょう。

日清食品での仕事内容

日清食品で募集している職種としては様々なものがありますが時期によって何を募集しているかは変わってきます。以下では日清食品が募集している転職求人の一部を紹介いたします。

マーケティング部門

即席麺や冷凍食品などのマーケティングを行う部門です。主な仕事としては既にあるブランドや新商品の企画・開発を行います。データによる分析や消費者の購買意欲などを理解した上で需要を考えるという仕事です。

生産管理システム・開発運用部門

生産管理システムの構築や導入、開発、運用などを行います。工場のIoT化も大きな課題となっていて食品生産管理システムなどに革命を起こすことを目標としています。

業務管理部

出荷業務の管理やシステム管理など業務全般に関する管理部門です。グループ会社に出向するなどということも多く仕事内容は多岐にわたります。

主に事務職のためイノベーションを起こすという業種ではありませんが、他企業でも存在する部署のため転職したとしてもスキルが転用しやすいでしょう。

品質保証部

日清食品の製品の品質保証を行う部署です。業務によってはメーカーの研究開発施設での仕事になり、データの分析などだけではなく問題解決まで求められます。これにより分析スキルや問題解決スキルを鍛えることができるようです。積極的にチャレンジを行える環境が整っている上に海外施設もあるため、希望するなら上海などで勤務することができます。

健康科学研究部

主に健康食品素材に関する研究などを行う部署です。健康食品を企画したり実際の商品開発を行うために分析や開発を行います。

今後のグローバル展開に合わせてインスタント麺以外の事業を行いたいと考えている日清食品にとって、健康食品事業は会社の今後を担う部署のひとつです。

チャレンジ精神旺盛な人や健康に興味ある人、健康食品の専門性が高い人に向いています。

技術開発部

日清食品グループ内の土木建築プロジェクトにおける業務を行います。計画に対する助言から費用やスケジュールなどの検証、安全管理・品質管理・工程管理の助言、仕様書の作成など業務は多岐にわたります。

日清食品の本社勤務というわけではありませんが日清食品グループで建築業界での専門技術や知識を活かしたいという人に向いているでしょう。

CRT部

グローバルな資材の調達業務を主に行う業種です。日清食品に限らず他企業とのやり取りも多く海外で交渉できる能力が求められます。

主な業務内容としては海外現地法人を中心とした食品の製造コスト削減、品質や供給などの調査分析改善などを行っていきます。

情報企画部

日清食品のサービスをさらに改善して効率的にしたり、イノベーションを起こす方法を考えるなど情報や企画に関する部署です。ITに関する知識が必要となる部署で挑戦的な企画や現実的なプロジェクトの提案が求められるでしょう。

最新の情報を収集することが好きな人、アイデアやマーケティングに関する仕事を積極的にこなしてきた人などには適しているでしょう。

法務コンプライアンス部

大手企業には必須となる法務コンプライアンスに関する業務です。主な仕事内容としてはコンプライアンス委員会の運営や内部通報制度の報告、コンプライアンス管理や企画・研修の実施などが期待されています。

法律遵守はもちろんのこと日清食品グループ全体のコンプライアンスを推進するために仕組みづくりや現実的な実行案を考えることが求められます。

食品開発部

食品に関するあらゆる商品を開発します。食品自体のみならず調味料や食品を包装する材料の開発など様々な業務があります。このため食品に関する知識のみならず、包装容器などに関するプラスチックや段ボールなどの知識を活かす分野もあるでしょう。

ものづくりが大好きという場合や開発や分析が好きという人に向いているかもしれません。

生産部

お菓子や食品などの生産部門におけるコスト削減や仕組み作りなどを行う業務です。業務内容としてはグループ会社の工場の視察や技術指導、品質指導なども行います。

効率的に生産ができるかどうかや致命的な社会問題を引き起こさないために品質管理をするなど地道でありながら重要な部署でもあります。

業種によっては特別なスキルが必要なことが多く、菓子業界などの場合には菓子業界の勤務経験、工場などにおける原価計算の経験、コンサルティング経験などが求められます。

税務担当

海外法人や国内グループ会社のエリア担当として税務処理を行います。日清食品グループでは海外現地法人はアメリカ、中国、アジアなど数多く存在しますので現地担当者との連携や税務相談に対応できなくてはいけません。

当然日本語だけではダメという場合もありますので英語能力、会計税務知識、最低限のPCスキルなどが求められます。条件としては英語のみではなく中国語などが求められることもあるでしょう。

非常に専門性が高く将来的には財務経理部門や他部門への異動も考慮される場合があります。

電気技術者

国内や海外工場における食品を生産するための設備などの補修や点検、改善などを含むメンテナンス業務が中心です。この他にも機械の設置作業など電気技術に関する全般を仕事として行います。

電気技術職ですので専門的な知識や技術が必要となります。日清食品の食べ物に関する直接的な関係はないようにも感じますが機械が止まってしまえば食品生産に大きな影響を与えますので意外と重要な職種です。

日清食品の転職求人はどうやって見つけるのか

日清食品の転職求人はどのように探せば良いのかと言うと主に3つの方法があります。

  1. 直接応募
  2. 転職支援サイトを利用する
  3. 転職エージェントを利用する

直接応募

日清食品のホームページから直接応募する方法です。この方法のメリットは自分で直接応募するため時間がかからないという点ですが、面接対策などは自力で行うことになるため採用率は落ちるでしょう。

また日清食品のホームページでは転職求人は公開されていないことも多いです。このため転職支援サイトは転職エージェントを利用しなくては転職できないという場合があります。

日清食品のホームページに希望職種の転職求人が出ている時でなおかつ自分が必ず受かるという自信がある場合なら直接応募が良いでしょう。

転職支援サイトを利用する

リクナビNEXTのような転職支援サイトを利用して応募する方法です。メリットとしては非常に多くの求人情報が出ているために日清食品の情報も見つけやすいことでしょう。デメリットは直接応募と同じく面接対策などが我流となるため採用率があまり高くないことです。

ただし直接応募に比べて求人情報が豊富に見つかりますので面接対策が不要という場合には基本的にこの方法で良いでしょう。転職支援サイトには非公開求人というものがあります。

これは一般には公開されていない特定のサイト独自の求人ですのでもし転職支援サイトを利用するのであれば複数を登録しておくことをお勧めします。

複数登録しておけば特定サイトにしか存在しない求人情報でも見つけやすくなるでしょう。

特に日清食品の場合はホームページに直接求人が掲載されることがほとんどないため転職支援サイトや転職エージェントを利用しなくてはいけません。

転職エージェントを利用する

パソナキャリアリクルートエージェントのような転職エージェントを利用して応募する方法です。

メリットとしては多くの求人があることと転職エージェントにサポートしてもらえるという点です。

デメリットとしては転職エージェントを通すため手続きや応募までに時間や手間がかかるという点です。

基本的に日清食品の転職求人情報はあまりホームページに掲載されませんので転職エージェントなどを利用する必要があります。転職エージェントであれば過去に転職した人の情報も得られますので日清食品の社内情報を知ることも可能でしょう。

また転職エージェントを利用することで面接対策も万全になりますし一般には公開されていないような求人情報を探してくれることもあります。

場合によっては日清食品に不採用となったとしても再度選考を受けられる可能性さえあるでしょう。給与交渉や待遇交渉なども転職エージェントが行なってくれますので基本的に日清食品に転職するのであればこの方法が向いています。

こちらの記事では、さらに詳しく転職エージェントについて紹介しているので、参考にしてみてください。

あなたが登録すべき転職エージェントが一目でわかる。目的別の転職エージェントの選び方をキャリアコンサルタントが解説

日清食品に転職した人の口コミ

日清食品に転職した人の口コミを知ることであなたが転職した際に失敗する可能性を抑えることができます。

転職してみたのはいいものの社内の状況が希望していたものと全然違うというミスマッチを防ぐためにも、口コミで社員の情報を得ておくことは必要です。

日清食品の良い口コミ

「業界を作った会社だけあって新しい挑戦が多い」

「結果よりも挑戦すること自体に重きをおいている」

「会社が停滞しないよう一定の割合で外部人材を積極的に採用している」

日清食品はインスタント麺業界を作り出しただけあって新しいことに対する挑戦にためらいがありません。このため新しいチャレンジ的な仕事をしたい人には向いているでしょう。

またチャレンジ精神が旺盛な企業のため結果よりも挑戦すること自体に評価を置いていることもあります。

とはいえ日清食品はもう50年以上も経過している大手企業ですので会社が停滞するという流れから逃れられないのでしょう。そのため外部の専門家を積極的に採用することでチャレンジ精神を失わないようにしているようです。

日清食品の悪い口コミ

「過去の成功に対する自信が強い面も」

「工場オペレーターは生活が不規則」

「海外展開が成功しにくい」

日清食品は挑戦しやすい企業ではあるのですが最新情報を追うと言う部分では不利な面もあります。過去の成功に対する自信が強すぎて先見性を持った新しい挑戦がしにくいという声もあるようです。

また工場の現場オペレーターなど不規則な生活環境となる人もいるためワークライフバランスが崩れやすいという人もいるようです。

日清食品はインスタント麺業界ではトップのシェアを誇っていますが国内市場には限界を感じていて海外展開しています。しかし国内ではトップの企業であっても海外では国内ほどのシェアは獲得できていないようです。

日清食品に転職した場合の労働条件

日清食品に転職した時にどのような働きかたをするのかというのは事前に知っておくべきでしょう。給料や勤務時間などが想定したものより全然違うという場合にすぐ退職してしまうという人がいます。こういったミスマッチを防ぐためには事前に仕事の内容を把握しておく必要があります。

日清食品の勤務時間

日清食品の勤務時間としては以下のようなものが公開されています。

  • 事務部門/9:00〜17:40(休憩時間:60分)
  • 生産部門/8:00〜16:40(休憩時間:60分)

部署によってはフレックスタイム制もあるようです。ただし工場勤務などの場合にはこの限りではなく勤務が不規則だったり残業や休日出勤が多い場合もあると言われています。

日清食品の給料

日清食品平均年収は有価証券報告書によると796万円です。基本的には事務職の給料が低く、営業、研究、開発の年収が高めだという声もありました。

トップシェアの大手企業だけあって食品加工会社としては比較的給料は高めではないでしょうか。

日清食品の休日のとりやすさ

日清食品は非常に休日が取りやすいと言われています。完全週休二日制で祝日や年末年始も休みのほかレクリエーション休暇や育児休暇などもあります。

2017年度の休日日数は125日で年次休暇は最高で20日ありました。

実際に働いている女性の声によると育児休暇などが非常に取りやすいといったイメージが強いようです。

日清食品の社内環境

日清食品の社内環境としては年功序列制度が残る日本的な企業と考えられます。基本的に転職組は専門性のある即戦力が求められているようで、中途採用だからと奇異の目で見られる可能性は低いでしょう。

日清食品での仕事の進めかた

日清食品での仕事の進め方としては日々のルーティンワークが多いという意見がありました。

またスピードが非常に重視される社風で時間をかけて仕事をするのが難しいとも言われています。スピード感のある仕事を求める人にとっては適した環境と考えられます。

日清食品への転職は安定した人生を送れるのか?

日清食品はインスタント麺業界でトップシェアを誇る大手企業ですが転職した場合に安定した人生を送れるのかという不安はあるでしょう。

日清食品はよくある日本的な企業です。業界首位を走り続けている大手企業ですので非常に安定性は高いと考えられます。

基本的には年功序列を重視していますので外資系企業のような実力主義ではなく一度転職できれば安定した生活を送りやすくなるでしょう。

しかし日清食品を途中で辞めたという人がいます。こういった人たちの退職理由を知ることであなたが同じ道を辿る可能性を低下させることができるでしょう。

日清食品を辞めた人の転職理由

日清食品を辞めた人の理由としては以下のようなものがあります。

「次へのステップアップをしたい」

大手企業によくある退職理由ですがすでに日清食品で得たいキャリア形成やスキルを手に入れたために次の段階に進みたいという人です。

日清食品に限らず大手企業は一定のところまで行くとキャリアに限界を感じる人がいます。どんどんと新しいことに挑戦したい人によくある退職理由です。

「年功序列が嫌になった」

年功序列の意識が強い社風のため若手が動きにくいと考える人もいました。一方でチャレンジに対して寛容な社風ということで挑戦的な人にとっては動きやすいという評価もあります。

チャレンジに対して寛容な社風と年功序列制度は本来相容れない要素で、その矛盾に嫌気がさして辞める人がいるのでしょう。若い企業が成長し、成熟してくると陥りやすい現象です。

「基本給がもっと欲しくて」

基本給がもっと欲しくて退職したという人もいます。基本的に日清食品は平均年収は大手企業だけあって高いですが一部の職種では他の職種に比べて低いと感じる可能性もあるのでしょう。

「待っていてもなかなか出世しにくいため」

日清食品は年功序列の日本的組織ですが何もしていないと出世するのは難しいでしょう。チャレンジ精神旺盛な人は出世しやすいかもしれませんが年功序列の柵にはばまれて幻滅するのかもしれません。

「スピードが重視されるためじっくりと腰を落ち着けたかった」

日清食品は仕事をこなすスピードが非常に早く落ち着いて作業できる環境があまりありません。スピード重視の企業というのはPDCAを早く回せるため有利なのですが社員にとっては早すぎて疲弊してしまうという一面もあるようです。

じっくりと腰を落ち着けて仕事をしたいという人にとっては日清食品の社風があわなかったということでしょう。

「人材不足で経験豊富な人がいなかったため」

人材不足の世の中ですから、大手企業の日清食品といえどは部署によっては人材が不足しており経験豊富な人がいないということがあり得るようです。

そういった場合には逆には若手でも出世するチャンスかとは考えられますが必要な教育を受けにくいという面もあるかもしれません。

豊富な人材と教育を求める人にとっては日清食品は部署によっては適していないかもしれません。

「敏感肌なので粉などを扱うのが体質的に難しい」

工場勤務の場合は粉などを取り扱うため敏感肌など体質的に難しい人もいるようです。そういった場合には工場勤務ではなく敏感肌でも問題のないような部署を希望しましょう。

基本的に工場などでなければ体質的に問題が出る可能性は低いのでさほど気にすることではないでしょう。

「安定はしているが成長を感じられなくなったため」

日清食品は会社としては非常に安定した年功序列の企業です。しかし安定しているがために成長性が不足していると感じている人もいるようです。

海外展開も日本ほどのシェアは獲得できておらず会社の成長性に不安をもって退職したという人がいました。

「他業種より残業、休日出勤が多いと感じた」

工場勤務などに一部の部署に限られるかもしれませんが残業や休日出勤が多いという声もありました。特に工場勤務に関しては勤務時間帯が不安定になることも多くワークライフバランスの管理が難しいという場合があるようです。

日清食品への転職は安定しやすい傾向がある

日清食品は典型的な年功序列の日本企業だという意見が見受けられますがチャレンジする人はしっかりと評価する一面もあるようです。このため非常に安定しやすい企業の1つでしょう。

もしあなたが安定的な大企業求めるのであれば日清食品は適している可能性があります。新卒ですぐに出世したいようなタイプには向かないかもしれませんが、転職先としては魅力的な企業だと言えるでしょう。