Amazon Web Service(AWS)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

Amazon Web Service(AWS)に転職したい人はいませんか?

AWSに転職するためには、企業について理解を深め、どういったスキルや自分の強みを武器にして転職活動を進めていくべきかを理解する必要があります

この記事では、AWSの基本情報から、企業の評判、転職を成功させる方法について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

AWSの採用情報

公式での情報だと、AWSの本社へ転職したい場合は、AWSの公式ページから応募、AWSを利用している会社へ転職する場合には、転職エージェントを利用しての転職になります。

AWSへの転職では、まず

  • AWSの本社に転職したいのか(直接的)
  • AWSを利用している会社に転職し、そのサービス等に携わりたいのか(間接的)

を考えましょう。

言うまでもありませんが、後者のほうが、圧倒的に転職難易度は下がります。

ですが、転職エージェントは「非公開求人」というのも扱っており、その中にAWS本社の求人があるかもしれません。

気になる方は、記事の最後に紹介する転職エージェントに登録して、話を聞いてみてください。

AWSへの転職は可能?データから難易度を検証

AWSへの転職難易度はどのくらいなのでしょうか?

転職難易度を様々な角度から検証します。

ライバルが多く倍率が高い

AWSは新進気鋭の企業であり、Amazonが運営しているネットワークサービスです。

最先端のクラウド技術に触れながら良い待遇で働くことができる可能性が高いため、やりがいを感じながら高い給与を得たい転職者から人気が高くなっています。

また、AWSが求めているシステムエンジニアやプログラマーは、大学や短大に通わなくてもなることができる職業であるため、業種の人数が多くなっています。

こういった理由から、AWSに応募を出す転職者が多く、AWSの求人倍率は高くなりがちであると言われています。

AWSに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

転職難易度の高いAWSへ転職できる確率を高めるためには、AWSがどういった企業なのかを知っておくことが大きな対策の1つとなります。

そこでこの項ではAWSがどういった企業なのかを説明したいと思います。

AWS詳細
事業内容クラウドを用いた様々なネットワークサービスの提供
売上高510億ドル(日本円にして約5兆582,2億円)
平均年齢35.7歳
平均年収600万円〜1000万円
労働時間基本9時〜18時の勤務
評判給料が高い / 働きがいのある企業

AWSの事業内容

AWSは、クラウドを用いて様々なネットワークサービスを提供するのが主な事業となっています。

主に大量のデータを効率的に計算処理する計算資源サービスや、企業が抱える膨大なデータを格納するストレージやデータベースサービス、企業向けのアプリケーションを開発するアプリケーションサービスなどの提供や開発が主な業務となるでしょう。

このように、パソコンを使ったプログラミングの知識が必要になるほか、海外の企業とも交流する可能性が高い企業であるため、システムエンジニアやプログラマーとしての知識がある方や、英語など外国語のスキルがある方は有利に転職活動を進められるのではないのでしょうか。

AWSの売上高

AWSを抱えているAmazon日本事業の売上高は2018年で約1,382億ドルとなっています。

前年の同期が357億ドルであり比較すると49%も売上高が増加していると言われています。

この売上高の増加はAWSの貢献が大きいとされていて、AWSの売上高も同じ時期で比較すると49%も増加しています。

このことからAWSはこれから売上高が増加する期待ができる企業となっており、これから安定して働き続けたいという方にはおすすめの企業となっています。

AWSの平均年齢

AWSの平均年齢は35.7歳と言われています。

平均年齢は比較的若いため、若いうちから活躍したりキャリアをしっかり積み重ねたいという方は働きやすい企業と言えるでしょう。

AWSの平均年収

AWSの平均年収は600万円〜1000万円程度とされています。

年収が600万円だったとしても月収は約33万円ほどとなり、AWSに転職することで安定した生活を送ることが可能と言えます。

そのため、多くの給与を得て趣味と仕事を両立させて楽しみたいという方はAWSへの転職を目指してみるのが良いでしょう。

AWSの労働時間

AWSの労働時間は9時から18時のオーソドックスな労働時間となっています。

ただAWSのお仕事は家からのリモート対応も可能であるため、様々な理由で家から出ることができなかったり、企業から遠い地方に住んでいる方でも働ける可能性が高い企業となっています。

AWSは激務?実際に働いている人の評判を調査

AWSは、上層部と社員のコミュニケーションがとりやすい企業となっており、働き甲斐がある企業として評価されていました。

社員の考え方や行動をしっかりと評価してくれる企業であるため、自分の考え方で事業を進めたり企画に参加したいという方にはぴったりの企業と言えるでしょう。

ただ、社員には行動力を求められる場面も多いため、自分で考えて物事を進めていくスキルが求められます。

指示を受けて求められた仕事を、完璧に行うタイプの方にはAWSはあまり向いていない可能性があるので、適性を考えた上で、AWSに転職するかどうかを決めると良いでしょう。

AWSへの転職までの流れ

ここでは、AWSに転職するまでの流れを確認します。

STEP.1
応募
AWSのHPまたは、転職エージェントを通して応募する形になります。
STEP.2
書類選考
履歴書・職務経歴書の一式をPDFまたはWordファイルで送ります

書類選考後、合格の場合は登録したメールアドレスに連絡が入ります。

STEP.3
一次選考
基本的には1回、場合によって複数回の面接が行われます

技術職の選考の場合は、技術テストを実施することがあり、遠方にいてオフィスに来れない場合は、電話面接・ビデオ面接となるようです。

STEP.4
最終選考

基本的に、複数回の面接が行われます

最終選考は、東京にある本社で行うようです。

日本にいない場合については、電話面接・ビデオ面接で行うようです。

STEP.5
オファー

ここまでの選考を無事通ったら、晴れて内定・入社となります。

AWSへの転職を成功させる方法

転職難易度の高いAWSへの転職を成功させるためには何を意識して転職活動を進めるのが良いのでしょうか。

ここでは、AWSへの転職を成功させる方法やコツなどをご紹介します。

ただ応募するだけでは転職するのは難しい

AWSは成長を続けている企業であり、なおかつ高給与でもあるため、かなり安定して働き続けることができると言えるでしょう。

不況で就職氷河期と言われている現代社会において、ここまで好待遇である企業は少なく、転職者からの人気も高い企業となっています。

そんな転職難易度の高いAWSに、何の対策もなしに応募しても、転職を成功させることはできないでしょう。

AWSへ転職するためにはある程度対策を立てたうえで求人に応募することが重要となります。

対策① AWSがどういう企業なのか理解を深める

AWSのような転職難易度が高い企業に転職するためには、その企業がどういった企業なのかをしっかりリサーチして理解を深める必要があります。

AWSがどういう企業でどんな事業を行っているかを知っていれば、自分のキャリアやスキルの中から何を武器にして転職活動を進めていくのかが明確になっていき、転職活動を円滑に進めていくことができます。

スムーズな転職活動を行えるばかりか、実際に入社したあとで、理想と現実の間でギャップが生まれる可能性が低くなり、すぐにやめて転職活動をするという状況を避けることができます。

対策② 転職エージェントを利用する

冒頭の採用情報で、AWSを利用している会社への転職ならば、転職エージェントを利用するのがおすすめという話をしましたが、AWS本社の求人を扱っていないわけではありません。

時期にもよりますが、基本的に人気企業は、求人情報を公開したがりません。

理由として、「応募が殺到してしまう」「より優秀な人材を集めたい」などがあるからです。

ですが、転職エージェントでは、そのような「非公開求人」も扱っています。なので、転職エージェントを利用することで、AWS本社の求人を見つけられる可能性があります。

応募書類の添削や面接対策も「無料で」行ってくれる

また、AWS本社への転職を公式HPから行う場合、履歴書作成や面接対策などは、自分で行う必要があります。

ですが、転職エージェントを利用すると、応募書類の添削や、面接対策などを「無料で」行ってくれます。

一般には見ることができない非公開求人を扱っているばかりでなく、応募書類の添削・面接対策まで含めて、無料で利用できるというのは、かなりお得なサービスなのではないでしょうか?

初めて転職をする方や、人気企業への転職が不安な方は、ぜひこの記事で紹介する転職エージェントに登録してみてください。

AWSへの転職を目指す人におすすめの転職エージェント

以下では、転職のプロが厳選したAWSへの転職に最適な転職エージェントを4つご紹介しています。

転職成功の鍵を握るのは「担当者との相性」です。相性が悪ければ、転職に成功することはありえないでしょう。

なので、すべて登録して、最初の面談で最も相性が良かった転職エージェントをメインに利用するのが良いでしょう

もちろん、すべて完全無料で利用できるので、安心してください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、サポート力に定評がある総合型転職エージェントです。

AWSのような、IT・Webエンジニアの求人は、8,581件扱っています

これに非公開求人が加わるので、転職先としてかなり豊富な量から選ぶことができるでしょう。

パソナキャリアの最大の魅力は、なんと言っても「キャリアアドバイザーの質の高さ」です。

2020年のオリコン顧客満足度調査では、1位を獲得しており、実績も確かです。

実際に利用した人は、

45歳 男性 製造業

履歴書や職務経歴書の対策を、しっかり行ってくれたのはありがたかったです。面接対策も非常に充実しており、利用してよかったと思っています。

40歳 女性 アウトソーシング会社スタッフ

全体的に、転職サポートが充実していると感じました。私の都合に合わせて対応してくれ、非常にありがたかったです。

などと評価しています。

手厚い転職サポートを受けたいという方は、パソナキャリアに登録すると良いでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

AWSを始めとしたSE・ITエンジニアの転職者向けの求人を、公開求人で43,465件、非公開求人で46,150件扱っています

リクルートエージェントの最大の特徴は、国内のどの転職エージェントよりも豊富な求人数です。

非公開求人の割合も90%のため、AWSなどの人気企業の求人も期待することができます。

リクルートエージェントを実際に利用した人は、

31歳 男性 ソフトウェアエンジニア

リクルートエージェントは、とにかく豊富な情報量を持っている上に、自分に合った求人案件を厳選して提案してくれるため、WEBで探すよりも効率がよいです。

24歳 女性 販売員

リクルートエージェントは、求人の数も多いのと企業との交渉、履歴書添削や面接対策などの相談も親身に乗ってくれます。特に現職で働きながら転職したいという方はぜひ利用した方がいいと思います。

など、情報量の多さ、そしてキャリアアドバイザーの質の高さについて評価していました

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系や海外の企業などの、ハイクラス転職を得意としているエージェントです。

AWSのようなITエンジニア系の求人は、1,262件扱っています

もちろん、非公開求人も扱っているので、かなり豊富な求人数が期待できます。

ランスタッドは、国内だけでも62の拠点があるので、地方転職に強く、相談もしやすいのが特徴です

世界も合わせると、4,400以上の拠点を持っているので、“世界最大級の人材紹介会社”とも呼ばれています。

実際に利用した人は、

22歳 女性 販売 薬局

ランスタッドの対応が早かったのが良かったです。連絡をするとすぐに返信してくれ、非常に便利でした。

29歳 女性 出版業界

企業として大きいので信頼度は高いと思います。またこまめに連絡があるため、就職活動時も安心していられます。

など、企業の信頼性、レスポンスの早さを評価していました。

登録する(無料)

AWSへ転職するなら複数の転職エージェントを活用しよう

AWSは多くの転職者から人気が高い企業でした。

そのため、何の対策もなしに転職活動を進めるのは難しいと言えるでしょう。

そんなAWSへの転職活動を進めるなら転職エージェントを複数利用するのが最も効率よく、成功率の高い方法と考えることができます。

自分の考え方や転職活動の進め方に合った転職エージェントを利用し、AWSに転職して充実したワークライフを送れるように頑張りましょう。