Amazon Web Service(AWS)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

AWS
Amazon Web Service(AWS)に転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
キャリアコンサルタント
もちろん簡単ではありませんが、転職自体は可能ですよ
キャリアコンサルタント
AWSは、新進気鋭で成長中の企業であり、多くの転職者から高い人気があります。転職難易度も高い企業なので、転職エージェントを活用したほうが良いでしょう。
そうなんですね。どの転職エージェントを利用すれば良いですか?
キャリアコンサルタント
この記事でご紹介しています。他にも、AWSの企業情報や、転職を成功させるためのポイントなどについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

通販サイトとして有名なAmazonから派生したクラウドサービスを専門に取り扱っているウェブサービス会社がAWS(Amazon Web Service)です。

そんなAWSはどういった企業であり、転職するためにはどういったスキルや自分の強みを武器にして転職活動を進めていくのが良いのでしょうか?

今回はそんなAWSという企業についてや、AWSへ転職するための方法をご紹介したいと思います。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

AWSへの転職は可能?データから難易度を検証

AWSへの転職難易度はどのくらいなのでしょうか?まずはAWSへの転職難易度を様々な角度から検証します。

転職サイトには求人が掲載されている

様々な転職サイトで検索してみたところ、AWSの求人は転職サイトにも掲載されておりどんな転職者でも応募することが可能となっています。

従って求人の掲載数が少なく転職することが難しいわけではないことが分かりました。

ライバルが多く倍率が高い

AWSは新進気鋭の企業であり、現在勢いに乗っているAmazonが運営しているネットワークサービスです。

最先端のクラウド技術に触れながら良い待遇で働くことができる可能性が高いため、やりがいを感じながら高い給与を得たい転職者から人気が高くなっています。

またAWSが求めているシステムエンジニアやプログラマーは大学や短大で学んだ方が有利とはいえ、国家試験とは違って大学や短大に通わなくてもなることができる職業であるため、業種の人数が多くなっています。

こういった理由からAWSに応募を出す転職者が多く、AWSの求人倍率は高くなりがちであると言われています。

AWSへの転職難易度は高い

AWSは転職サイトにも求人が掲載されているため、求人を見つけることができなくて応募できないということはありません。

しかしAWSが転職者から人気の高い企業であることに加えて業界で働いている人数が単純に多く、それによってAWSの求人倍率が高くなっているため、転職難易度が高い企業であることが分かりました。

AWSに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

転職難易度の高いAWSへ転職できる確率を高めるためには、AWSがどういった企業なのかを知っておくことが大きな対策の1つとなります。

そこでこの項ではAWSがどういった企業なのかを説明したいと思います。

AWSの事業内容

AWSはクラウドを用いて様々なネットワークサービスを提供するのが主な事業となっています。

主に大量のデータを効率的に計算処理する計算資源サービスや、企業が抱える膨大なデータを格納するストレージやデータベースサービス、企業向けのアプリケーションを開発するアプリケーションサービスなどの提供や開発が主な業務となるでしょう。

このようにパソコンを使ったプログラミングの知識が必要になるほか、海外の企業とも交流する可能性が高い企業であるため、システムエンジニアやプログラマーとしての知識がある方や、英語など外国語のスキルがある方は有利に転職活動を進められるのではないのでしょうか。

AWSの売上高

AWSを抱えているAmazonの売上高は2018年の第1四半期の時点で510億ドルとなっています。前年の同期が357億ドルであり比較すると49%も売上高が増加していると言われています。

この売上高の増加はAWSの貢献が大きいとされていて、AWSの売上高も同じ時期で比較すると49%も増加しています。

このことからAWSはこれから売上高が増加する期待ができる企業となっており、これから安定して働き続けたいという方にはおすすめの企業となっています。

AWSの平均年齢

AWSの平均年齢は35.7歳と言われています。平均年齢は比較的若いため、若いうちから活躍したりキャリアをしっかり積み重ねたいという方は働きやすい企業と言えるでしょう。

AWSの平均年収

AWSの平均年収は600万円から1000万円程度とされています。年収が600万円だったとしても月収は約33万円ほどとなり、AWSに転職することで安定した生活を送ることが可能と言えます。

そのため多くの給与を得て趣味と仕事を両立させて楽しみたいという方はAWSへの転職を目指してみるのが良いでしょう。

AWSの労働時間

AWSの労働時間は9時から18時ののオーソドックスな労働時間となっています。

ただAWSのお仕事は家からのリモート対応も応相談ですることが可能であるため、様々な理由で家から出ることができなかったり、企業から遠い地方に住んでいる方でも働ける可能性が高い企業となっています。

AWSの評判

AWSは上層部と社員のコミュニケーションがとりやすい企業となっており、現在成長し続けている企業であることもあって働きやすく給与も高くて働き甲斐がある企業である点が評判となっていました。

社員の考え方や行動をしっかりと評価してくれる企業であるため、自分の考え方で事業を進めたり企画に参加したいという方にはぴったりの企業と言えるでしょう。

ただ社員には行動力を求められる場面も多いため、自分で考えて物事を進めていくスキルが求められます。

指示を受けて求められた仕事を完璧に行うタイプの方にはAWSはあまり向いていない可能性があるので、自分の仕事の仕方や得意なやり方を鑑みたうえでAWSに転職するかどうかを決めると良いでしょう。

AWSへの転職を成功させる方法

転職難易度の高いAWSへの転職を成功させるためには何を意識して転職活動を進めるのが良いのでしょうか。次はそんなAWSへの転職を成功させる方法やコツなどをご紹介します。

ただ応募するだけでは転職するのは難しい

AWSは成長を続けている企業であり、非常に高給与で倒産する可能性も少なく安定して働き続けることができる企業と言えるでしょう。

不況で就職氷河期と言われている現代社会においてここまで好待遇である企業は少なく、それ故に転職者からの人気も高い企業となっています。そのため他の転職者もAWSへの転職を狙っているため、求人倍率が高くなって転職難易度も高くなってしまうのです。

そんな転職難易度の高いAWSの求人に何の対策もなく応募をするだけでは転職を成功させるのは難しいものです。AWSへ転職するためにはある程度対策を立てたうえで求人に応募することが重要となります。

AWSがどういう企業なのか理解を深める

AWSのように転職難易度が高い企業に転職するためには、その企業がどういった企業なのかをしっかりリサーチして理解を深める必要があります。

AWSがどういう企業でどんな事業を行っているかを知っていれば、自分のキャリアやスキルの中から何を武器にして転職活動を進めていくのかが明確になっていき、転職活動を円滑に進めていくことが可能となります。

何も対策を立てずに転職活動を進めていくよりも転職できる可能性が高まりますし、転職後どんな仕事をするか知っていれば実際に入社してから理想と現実の間でギャップが生まれる可能性が低くなり、すぐにやめてまた転職活動をしなくてはならないという状況を避けることができます。

ですので転職難易度の高い企業はもちろん、転職できそうと思う企業であっても転職後の状況を考えて、転職を希望している企業について徹底的にリサーチしておくのが無難です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは転職サイトに登録することによって転職者につき、転職に関して様々なサポートを行ってくれる人のことを指します。

転職エージェントを利用することによって転職難易度の高い企業でも転職できる可能性を大きく高めることが可能です。では転職エージェントを利用することで得られるメリットとはどういったものなのでしょうか。

カウンセリングによって転職の方向性を決める

転職エージェントが転職者に最初に行うサポートがカウンセリングです。カウンセリングでは転職者のキャリアやスキルを聞き出し、その情報を基に今後の転職活動の進め方を転職者と一緒に考えていきます。

この時重要なのがカウンセリングでは自分の情報は正確に、より具体的に伝えることです。

情報伝達が不十分だと今後の求人紹介や転職活動を進めていく中で転職エージェントと転職者の間で情報のすれ違いが起きてしまい、転職エージェントとの間に溝ができたり転職活動がスムーズに進まなくなる可能性が高くなります。

転職エージェントを利用した転職活動を行うのであれば、転職エージェントとの人間関係に気を遣うのが最も簡単で素早く転職活動を成功させるコツです。

そのためにもカウンセリングでは自分の情報をしっかり伝え、スムーズに転職が進むように意識するのが良いでしょう。

転職者に求人を紹介する

カウンセリングが終了したら、通常転職エージェントは次に転職者に求人を紹介します。基本的には多くても10件ほど、早くて即日、遅くても1週間以内には求人を紹介されます。

転職エージェントから紹介された求人の中から気になる求人や応募してみたい求人があれば、その求人を軸に転職活動を進めていくこととなります。

もし転職エージェントが紹介した求人の中に気になる求人が無い場合は、新たに転職エージェントが転職者とカウンセリングを行い、より転職者の希望に近い求人を転職者に紹介します。

転職者がどうしても転職したい企業がある場合でも同じです。

転職者が希望している企業への転職活動に進むか、転職エージェントからもたらされた求人で転職活動を進めていくかを考えてから次の転職活動へ進むこととなります。

自分がどうしたいのかをしっかりと考えて判断したうえで次の転職活動の方針などを決めていくようにしましょう。

転職先の企業について情報収集する

転職エージェントは転職者がどの求人に応募するか決まったら、その企業について情報収集を依頼することが多くの転職エージェントの場合可能となっています。

転職先の企業に対して太いパイプを持っている転職エージェントであればあるほどより詳しい企業の内部事情を知ることができるため、自分が転職したい業種の企業を専門に扱っている転職エージェントがあるのであれば、その転職エージェントを利用して企業の内部情報を集めるのも良いでしょう。

AWSへの転職を希望している場合はシステムエンジニアやプログラマー向けの転職エージェントを利用するのがおすすめです。

システムエンジニアやプログラマー向けの転職エージェントについては後の項目でおすすめの転職エージェントをご紹介しますのでそちらを参考にしてみてください。

履歴書のレクチャーと添削

転職活動において必ずと言っていいほど作成しなくてはならないのが履歴書です。履歴書は学校名や企業名、取得している資格名などを正式名称で書かなくてはならないなど書き方のマナーが存在しています。

このようなマナーや書き損じがあるまま企業に履歴書を提出してしまうと採用率が落ちてしまう可能性が高くなります。しかし手書きで書く以上、書き終えた後にチェックしてもミスを見落としてしまい、そのマッマ企業に履歴書を提出してしまうことも珍しくありません。

転職エージェントは履歴書をどう書けば採用率を高めることができるのかなど、採用率が高くなる履歴書の書き方に精通しているので、転職エージェントのレクチャーを受けながら履歴書を作成すれば完成度の高い履歴書を作成することができるでしょう。

また転職エージェントに完成した履歴書をチェックしてもらうことで第三者の視点から履歴書を確認してもらうことができ、書き損じを残したまま企業に履歴書を提出する可能性を大きく減らすことができます。

ですので履歴書の作成には自信があるという方も、1度は転職エージェントに完成した履歴書をチェックしてもらうのが無難です。

面接のチェック

面接も履歴書と並んで大きな意味を持つ転職活動の1つと言えるでしょう。

面接の難しい点は企業によって受け答えを変えなくてはならない点で、同じ質問をされたとしても企業や面接官によって感じる印象や採用したいと思う受け答えが変わってきます。

よくある質問に対して1つの答えしか持っていない状態だとその受け答えで悪印象を持つ企業があるかもしれませんし、不意に対策していない内容の質問をされたときにとっさに答えを出せず、面接官に悪印象を与えてしまう可能性があります。

しかし転職エージェントに企業の内部情報に関する情報収集を行ってもらえば、面接時にどういった傾向の質問をされるのか、質問に対してどのような受け答えをすれば好印象を与えられるのかなどの情報を集めてもらえる場合もあります。

そのようにして情報収集をすることで転職難易度の高い企業でも転職を成功させる確率を上げることができるため、転職エージェントを利用するのであれば面接に関する情報も集めてもらうようにしましょう。

内定後に交渉を行うことで年収アップ

履歴書による書類選考あ面接を乗り越えて企業から内定を貰った後でも転職活動が終わったわけではありません。入社前に企業と交渉を行うことで給与を上げて年収をアップさせるといったことが可能です。

しかし企業との交渉は転職者には難易度が高く、下手をすると入社前に企業に悪印象を与えてしまう恐れがあります。

ですが転職エージェントは常日頃から企業との交渉スキルを磨いているため、内定後の交渉で転職者よりも高確率で給与などをアップさせてくれるといったメリットがあります。

少しでも給与を上げておくことはその後の働き方にも大きく関わってくる大事なポイントです。だからこそ転職エージェントに依頼してより確実にアップできるように最善を尽くすようにしましょう。

複数の転職エージェントを利用するメリット

数ある転職エージェントの中からどの転職エージェントを利用しようか迷っている方も居るかと思います。しかし転職エージェントは1つよりも複数の転職エージェントを利用した方が様々なメリットが得られて、よりスムーズに転職活動を進めやすくなります。

では転職エージェントを複数利用するメリットとは何なのでしょうか。

間違った転職活動をするリスクを減らせる

転職エージェントも人間ですので、転職者の情報を誤解したまま転職者に求人を紹介したり、転職活動を進めてしまうことがあります。

それを鵜呑みにして転職活動を進めてしまうと、結果的に転職後すぐに企業をやめてまた転職活動を行わなくてはならない状況に陥ってしまう可能性が高くなります。これでは転職活動に成功したとは言えません。

ですが複数の転職エージェントを利用すれば、様々な転職エージェントからもたらされる情報を取捨選択して自分に合った転職活動の進め方や企業を見つけられる可能性が高まります。

こうすることで本当の意味で転職活動を成功させられるので、もう転職活動をしたくない、企業に定着して働き続けたいという方は複数の転職エージェントを利用して自分にとって有益な情報は何かを考えながら転職活動を進めていくのが重要となります。

利用料が基本的に無料なので費用面で負担にならない

転職エージェントは基本的に利用料が無料となっているため、複数利用しても金銭的に問題が無いのが大きなメリットと言えるでしょう。

ハローワークなどでの転職活動は交通費などがかかりますし、現地に赴いて求人を確認しなくてはならないので時間も取られてしまいます。

しかし転職エージェントは基本無料でパソコンやスマホがあれば手軽に転職活動を行うことができるためお金も時間もかからず、企業をやめて転職活動を行っている方、働きながら転職先を探している方双方にメリットがあるサービスとなっています。

AWSへの転職を目指す人におすすめの転職エージェント

ここからはおすすめの転職エージェントをご紹介します。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性
人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。
24歳女性
転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性
面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。
21歳女性
転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

キャリア形成が行えるビズリーチ

ビズリーチ

一般的な転職エージェントとは少し形式が違い、主にヘッドハンターやスカウト方式によって求人情報を転職希望社に提供しています。

求人数は約6万件以上あり、この転職エージェントの利用者の約半数以上が、30代~40代のキャリアを持っている人です。

これまでの経歴から、管理職や専門職を経験していたり、マネジメント力のある人、語学力の堪能な人など、これまで以上にキャリアアップしたいという人にピッタリの職種をピックアップし紹介してくれます。

ビズリーチを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

40歳男性
不動産営業有料会員になることで、他の転職サイトに載っていない企業へのアクションがおこせます。企業側もある程度的を絞ったアプローチをしてくれるので、ミスマッチが少ないです。
41歳男性
食品製造販売業とにかくその求人量の多さに驚かされます。中には決して自分では知ることのできない求人もあります。さらにはハローワークにすら掲載されていないものだってあります。

など、特に有料会員サービスの質の高さやそもそもの求人の多さに対して評価する声が多数ありました。本気で良い転職がしたいと考えている方は登録しておくとよいでしょう。

日本全国での転職活動に対応しており、料金はほかの転職エージェントと同様で無料ですが、有料プランも用意していてより手厚いサポートを受けたいという人に人気があります。

今までのスキルを活かした転職をしたいという場合は、まずは無料プランでの登録をした後で、自分に合っているなと思った場合は有料プランも検討してみてはどうでしょう。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性
履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。
25歳女性
履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

ITやWeb系専門の転職エージェント・レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Webに特化した転職エージェントです。専門型の転職エージェントなので一般的な知名度は低いです。

レバテックキャリア最大の特徴は、普通の転職エージェントが保有していない求人を多く持っていることです。

これは、年間を通じて3000回以上にわたって企業訪問を行なっている実績から得られたものと考えられます。特に非公開やハイクラスの求人が多数そろっているのは求職者にとって大きなメリットですね。

レバテックキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、IT業界の求人の質、サービス内容共に満足したという転職者の声が多い印象でした。AWSを目指すエンジニアやプログラマーの方に特におすすめの転職エージェントとなっています。

AWSへの転職を目指す転職者はレバテックキャリアを利用して、効率よく転職活動を進めていくのがおすすめです。

ITに強い転職エージェントならワークポートもおすすめ

 

WORKPORT

ワークポートは、2003年に設立された人材紹介サービス企業・株式会社ワークポートが運営する転職エージェントです。

15年にわたり総合型の転職エージェントとして事業を展開しており、中でもIT、ゲーム業界に強く業界内での知名度は高い方です。

具体的にはワークポートが保有する求人のおよそ半分がIT、ゲーム業界の求人となっています。検索する際の職種もかなり細かく分類されているため希望にあった仕事が見つけやすいという声も寄せられています。

ワークポートを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、IT業界の求人の質の良さやレスポンスが早いことによる転職活動の円滑さが評価されていました。

また未経験者向けの無料エンジニアスクールを開講しています。「開発エンジニアコース」と「インフラエンジニアコース」の2つのコースから自分に合ったコースを選択して無料で利用することができます。

専門性の強い業界ですので、入ってみてやはり自分にはできそうにない…などとなっては困ります。そのためにも転職をする前にまず自分にITが向いているのか、本当についていけるのかを確認するためにも無料スクールは利用する価値があるでしょう。

キャリアを活かしてAWSに転職したい方はもちろん、1からスキルを学びつつAWSに転職したい方にもワークポートはぴったりの転職エージェントと言えるでしょう。

AWSへ転職するなら複数の転職エージェントを活用しよう

AWSは多くの転職者から人気が高い企業となっていました。そのため何の対策もなしに転職活動を進めるのは難しいと言えるでしょう。

そんなAWSへの転職活動を進めるなら転職エージェントを複数利用するのが最も効率よく、成功率の高い方法と考えることができます。

自分の考え方や転職活動の進め方に合った転職エージェントを利用し、AWSに転職して充実したワークライフを送れるように頑張りましょう。