P&Gジャパンへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

P&G
P&Gに転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
キャリアコンサルタント
もちろん簡単ではありません。転職難易度はかなり高いと言って良いでしょう。転職エージェントを活用することをおすすめします。
転職エージェントを利用すれば、転職できるのですか?
キャリアコンサルタント
100%ではないですが、確実に転職率を上げることができます。どのエージェントを利用すれば良いかについては、この記事でご紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

プロクター・アンド・ギャンブル ジャパン(以下P&Gジャパン)への転職をお考えの方は多いのではないでしょうか。世界で約180の国々にサービスを提供する日用消費財メーカーです。

今回はP&Gジャパンへの転職を考えている方に同社への転職活動を行ううえで注意するべきポイントのご紹介をいたします。

さらには気になるP&Gジャパンの待遇や転職の難易度についてもご紹介いたします。P&Gジャパンへの転職を進めるうえで利用したい転職エージェントのご案内もしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

P&Gジャパンへの転職は難しい?データから難易度を検証

まずはP&Gジャパンへの転職について難易度はどうなのかなどを見ていきましょう。

P&Gジャパンの公開求人はある?

公開求人とは、企業が自社の公式ホームページで募集している求人のことです。公開求人があると誰にでも自力で応募することができますので応募がしやすいのが特徴といえます。

公開求人の有無によっても、その企業への転職難易度が分かります。そこで早速P&Gジャパンに公開求人があるのかを調べてみました。

P&Gジャパンで検索してみると公式ホームページ上に採用情報が掲載されていることが分かりました。世界的に有名なP&Gジャパンへの応募はご自身でも行うことが可能のようです。

しかし、公開求人の選考は書類審査が最大の難関といえます。なぜなら応募のしやすさのあまりに応募総数の分母が多くなりやすいため、面接を行う人の選考をしっかりと選ぶ必要があるためです。

そのためP&Gジャパンではこの書類審査で振り落とされることは少なくありません。自力での応募の場合は自由に企業にアプローチできる反面このような部分が難しいところといえます。

実はここで利用していただきたいサービスがあります。それが転職エージェントサービスです。

転職エージェントを利用することは一見、自力応募と真逆のように感じるかもしれませんが、ほとんどの転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削といういサポートを用意しています。

個人的な応募を行ううえでもこの添削サービスを受けながらP&Gジャパンへ応募をするのは大きなアドバンテージとなることでしょう。さらには企業の欲しい人材や職場の雰囲気なども教えてくれるためホームページの採用情報だけでは分からなかった情報を教えてくれることも考えられます。

したがって個人で転職活動を進めるつもりの方でも転職エージェントを利用することで転職への第一歩をスムーズに踏み出すことが可能といえるでしょう。

P&Gジャパンの採用大学の実績はどう?

P&Gジャパンといえば就活生に人気の企業で東大など高偏差値大学から新卒入社する方が多いようです。新卒の応募では募集職種によって文系・理系それぞれの学生を募集しているようです。

現在の社員や過去に所属していた社員の卒業大学を調べてみると、東京大学、京都大学、早稲田、慶應、MARCH、関関同立などが多く採用されているようです。他にも、神戸大、大妻女子大、福岡大などがいました。

また、P&Gジャパンは職種別で採用を行っていますので、東工大や東京理科大、筑波などの理系人材に強い大学も積極的に採用しているようです。

P&Gジャパンの募集中途採用者数はどのくらい?

残念ながら、P&Gジャパンでは募集中途採用者の数は記載されていませんでしたが、中途採用を行っている職種が総合職が12、専門職が3つありますので、1職種1名と考えて、最低でも15名は募集しているのではないかと思われます。これからも採用情報は増えていくのではないかと考えられますので、定期的に確認しておくと良いでしょう。

また、P&Gジャパンの新卒採用人数の募集は51名〜100名となっているようですので、募集人数は幅があることがわかります。

P&Gジャパンが求める人物像とは

P&Gジャパンの経理理念には「世界中で最も優秀な人材を引きつけ採用します」との記載がされています。しかし優秀な人材と言っても、どんな人材のことを指すのか疑問が浮かんでくるのではないでしょうか?

P&Gジャパンでは社員の卒業大学も高学歴が多く、理系の専門職もあります。さらにビジネスレベルの英語もできることが採用条件として上がっていますので、学歴も語学力も必要です。

さらに、リーダーシップの重要性も高まりつつあり、さまざまな人が集まる組織の中で第一に成果を考え行動できる人材を必要としているようです。また、考えることをやめず、柔軟に考え主体的に対処できる方を求めています。

P&Gジャパンに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

次に、P&Gジャパンの事業内容や職場の環境はどのようになっているのか見ていきましょう。また、気になる平均年収や年齢、仕事内容、給与体制から採用情報などもご紹介します。

P&Gジャパンの基本情報

P&Gジャパンは1837年にローソク業者のウィリアム・プロクターと石鹸業者のジェームス・ギャンブルの共同出資により設立されたアメリカに本社を置く世界最大の一般消費財メーカー「P&G」の子会社です。

P&Gジャパンの前身は1969年にミツワ石鹸、第一工業製薬、旭電化工業の3社の合同出資により設立した日本サンホームという企業です。

1972年に米P&Gが日本サンホームを買収し、米P&G・日本サンホーム・伊藤忠商事の3社合同でプロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム株式会社を大阪府大阪市に設立しました。

その後、製造する商品によってさまざまな関連会社を設立しますが、2006年に新設のプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(現在のP&Gジャパン)に移管し正式な設立は2006年となっています。

企業概要

会社名P&Gジャパン株式会社
設立2006年(平成18年)3月3日
資本金232億
本社兵庫県神戸市中央区小野柄通7-1-18
TEL078-336-6000(大代表)
代表取締役社長スタニスラブ・ベセラ
主な営業所仙台、東京、名古屋、大阪/神戸、福岡
主な事業日本における洗濯洗浄関連製品・紙製品・医薬部外品・化粧品・小型家電製品などの販売、輸出入
従業員数3,500人

P&Gジャパンではアリエールやボールド、レノアなどの洗濯用洗剤や食器用洗剤ジョイ、消臭剤のファブリーズなど耳にするだけでなく実際に利用されている方も多いであろう有名商品を多数輩出しています。

また、P&Gジャパンの事業展開は幅広くオムツ製品も手がけていたりヘアケア・スキンケア製品なども数多く手がけています。かつては医薬品も扱っており現在ではその事業は譲渡されていますが今でもドラックストアで見かける人気商品です。

同社の製品はあまりにも多く、P&Gジャパンの製品だと知らずに使っている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

P&Gジャパンの公開求人

P&Gジャパンの公式ホームページ内には採用情報が用意されています。そのサービスの中でスカウト・ポジション案内メール登録が用意されていますのでP&Gジャパンへの転職を希望している方はまずはメール登録を行うだけでも良いでしょう。

それぞれの登録をするメリットは以下の通りですのでご自身の希望に合わせて利用すると良いでしょう。

  1. スカウト登録(P&Gジャパンがあなたの経験を拝見し、適切なポジションへのスカウトを行う制度)
  2. ポジション案内メール登録(あなたが興味があるポジションの募集を開始した際にP&Gがお知らせする制度)

しかし、ご自身のスキルをよりP&Gジャパンに伝えるためには転職エージェントに力を貸してもらうのがオススメです。各転職エージェントでしか抱えていない非公開求人があるかもしれませんので相談してみると良いでしょう。

P&Gジャパンの採用情報

P&Gジャパンの公式ホームページでは「新卒」「既卒」「障害者」「プラントテクニシャン(工場職)」「高専生」「SK-Ⅱビューティカウンセラー」の6つの採用情報がありました。

「プラントテクニシャン(工場職)」は滋賀工場、明石工場、高崎工場それぞれの工場で勤務する社員の募集です。学科や専攻は問わず、工場での製品作りを目指している方が応募できます。

滋賀工場では主にSK-Ⅱの製造業務を行っており、明石工場では主に紙オムツの製造を行っています。高崎工場では洗剤やファブリーズなどの日用品の製造を行っています。

「高専」とは高等専門学校の省略です。高専では主に高度な専門技術や学問を教え、優秀な技術者を育てている特別な学校です。

「SK-Ⅱビューティカウンセラー」はSK-Ⅱの店舗で接客し販売する仕事です。中途採用は現在行っていませんが、高卒以上の方が応募可能ですので、SK-Ⅱを愛用し、たくさんの方に使ってもらいたいという意志がある方は、採用情報を定期的に確認してみてはいかがでしょうか。

参考までにP&Gジャパンの既卒採用で現在募集している職種をご紹介します。

総合職セールス(営業統括)
PS(生産統括)
アソシエートITマネジャー
3Dデザイナー
広報
専門職セールス(営業統括)
 PS(生産統括)

セールス、マーケティング、広報、では大学卒以上、英語ビジネスレベル(TOEIC600〜750点以上)の方が応募可能です。PSでは大学以上で理系の学位を取得し、英語でコミュニケーションが取れる方は応募できます。さらに機械系・工業化学系の知識があればなお良いでしょう。

ITや3Dデザイナーも専門の知識と勤務経験があれば応募できます。ほとんどの募集項目で英語が必要ですので、P&Gジャパンへ転職をお考えの方は英語のスキルを身につけておく必要があります。

P&Gジャパンの主な事業内容

  • ファブリックケア
  • ホームケア
  • ベビーケア
  • フェミニンケア
  • ファミリーケア
  • グルーミングケア
  • オーラルケア
  • パーソナルヘルスケア
  • ヘアケア
  • スキン&パーソナルケア

P&Gジャパンでは主に洗剤、紙オムツ、ヘアケア製品、化粧品、小型家電製品など、私たちの暮らしを豊かにしてくれ、必需品とも言える製品を製造・販売しています。

1973年から、日本の事業を展開し、育児を支える紙オムツの「パンパース」は、産婦人科でもよく使われている商品です。さらに新たな生活習慣を生んだ「ファブリーズ」は、ほとんどの家庭で使われているのではないでしょうか。

平均年収

キャリコネで調べた結果、P&Gジャパンの平均年収は約749万円だということがわかりました。同業界の資生堂や花王と比べると、かなりの高水準であることがわかります。

20代30代40代の世代別でも最高年収が非常に高く、高収入を手に入れることができる企業ということに間違いはないでしょう。

福利厚生

  • 産前産後休暇
  • 出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 短期看護休暇
  • 病気休暇
  • 病気見舞金
  • 永年勤続表彰
  • 財形貯蓄

など他にもさまざまな待遇がありますので、P&Gジャパンの福利厚生は充実していると言えるでしょう。特に女性にとっては出産手当金や育児休暇などもしっかり取れますので、働きやすい職場ではないでしょうか。

さらにキャリコネでは、住宅手当は家賃の8割でるとの口コミもありました。お昼は食堂があり、安く昼食を取れることから節約につながるとの声もあり、社員からの福利厚生の評価も高いことがわかりました。

P&Gジャパンの職場環境は?

P&Gジャパンの公式サイトやキャリコネの社員のリアルな口コミを元に社風や給与体制、やりがいなどを調べてみました。キャリコネで約60件の口コミを分析しましたので、参考にしていただければ幸いです。

社風・評価

  • 福利厚生がしっかりしている
  • プライドが高い社員が多い
  • 完全成果主義
  • 社員の仲は良いが協調性がない

などの口コミが多く見られました。

先ほども記載していますが、大きな企業ですので福利厚生は充実しています。P&Gジャパンは外資系の企業でドライな部分があったり、部署によっては体育会系で軍隊的という声もありました。

仕事量が多く、成果を出せないとリストラ対象にもなるようです。事務などもオフィス勤務では自己主張が強い社員が多いため、気の弱い方には向いていない職場かもしれません。

その場合は、工場勤務で黙々と商品の製造を行う作業の方が活躍できるのではないでしょうか。

給与体制

給与の口コミをみると、32歳男性の場合、中途採用10年以上の勤務で年収610万円との情報がありました。

中途採用の場合、基本的には新卒者と同等の扱いになるため、はじめは年収が下がることが多いようです。しかし、外資系の企業であるため成績次第では賃金の急上昇もあり得るようです。実力主義な傾向があるので、年収1000万円以上を目指すこともできるようです。

昇進や昇給は勤続年数や年齢などで自動的に上がるわけではなく、上司の評価や目標の達成度をベースに決定されます。昇進や昇給も成果次第ですので、モチベーションを高く持つことが必要不可欠でしょう。

向上心と強い意志を保つことが難しそうで、転職ができても続けていく自信がないと思う方も少なくはないでしょう。

そこで、工場職の給与体系をご紹介します。

基本給182,460〜(高卒)

195,970〜(短大・高専卒)

200,570〜(大学卒)

賞与年2回 6.1カ月分
有給休暇入社時11日付与

翌年度より年14日(毎月1月に付与)

退職金制度有(3年勤務後から)
応募条件① 高卒以上、35歳以下(キャリア形成の為)

② 過去1年以内に弊社への応募経験がない

工場勤務の場合は上記のような給与体制となっています。

営業などと違い、工場での勤務では正確さが重視され売上などに直接の影響がない分、もまれずに仕事ができるのではないでしょうか。給料は大幅に減りますが、バリバリの実力主義には向いていない方にとっては働きやすい環境であると言えるでしょう。

やりがい

  • 実務を学び身につけるスピードが速い
  • 上司がアメリカ人の部署もあるため英語が鍛えられる
  • 実力主義のため、努力し向上しようとしている人は報われる
  • 早いうちから責任のある仕事を任される
  • 世界の人間と仕事で触れ合うことが多いため、新しい刺激を得ることが多い

などのやりがいを感じている口コミが多くありました。

P&Gジャパンは基本的に外資系の企業ですので、海外での勤務もあり、さまざまな文化や考え方に触れることができます。また、成績によって評価されるので、努力し実績を残すことができれば自身の成長につながり、次の仕事への意欲も湧いてくるでしょう。

自己成長がわかりやすく見えるため、P&Gジャパンで働くことでやりがいは十分に感じることができるのではないでしょうか

P&Gジャパンへの転職を成功させる方法

P&Gジャパンは世界的にも有名な企業ですし給与も高いため同社に勤めたいと考えている人は多くいます。事実、学生にも新卒入社したい企業として毎年名前が挙がる企業です。

そのため中途採用の場においても人気が高く自分一人で転職活動を行うにはハードルが高い企業の一つといえるでしょう。書類審査を通ることも難しいかもしれません。

ではP&Gジャパンへの転職を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか。でもそれほど難しいP&Gジャパンへの転職も転職エージェントを利用することで大きく変えられるかもしれません。

英語のスキルを身につける

P&Gジャパンでは外国人も多く所属しています。さらに海外への転勤や出張などもあるので、ビジネスレベルの英語は必要不可欠です。P&Gジャパンへ転職したいのであれば英語のスキルアップをしてから転職を行いましょう。

P&Gジャパンの仕事内容を理解し、自分ができることを考える

面接の対策として、P&Gジャパンへ転職したら自分は何をしたいのか、何ができるのかを考えることで、企業へのアピールポイントを明確にできるでしょう。同業界の中でもなぜP&Gジャパンを選んだのか、はっきりさせることで、採用者の印象に強く残ることができます。

自分の経験をもとに、学生時代や前職での自分の立ち位置や役職なども大きなアピールポイントとなるので、紙に書き出し、自分はどういう人物なのかしっかりと言えるようにしておきましょう。

転職エージェントを活用する理由とポイント

転職エージェントとは、転職についてさまざまな知見を持つプロ集団のキャリアアドバイザーが転職に関するアドバイスをしてくれるサービスです。無料で利用できるサービスがたくさんあり、利用する顧客の理想の転職ができるようにさまざまな手助けを用意しています。

履歴書や職務経歴書の添削を受ける

まず最初に利用したいのが履歴書や職務経歴書の添削サービスです。転職エージェントに無料登録するだけで利用できるところが多く、自力で応募することをメインで考えている人にもぜひオススメしたいサービスです。

プロの視点から書き直される履歴書や職務経歴書は要点がまとめられるだけでなく、その企業の求める人材にアピールするべき内容を重点的に作ることができます。

非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録を行うことにより、各エージェントのみが保有する非公開の求人情報を紹介してもらうことができます。P&Gジャパンでいくら調べても出てこないような優良な求人が見つかる可能性もありますのでぜひ活用しましょう。

また、ハローワークや他の転職サイトにも載っていない求人ですと当然求人倍率も低くなります。採用の可否にも大きく関わりますので、必ず利用したいところです。

複数の転職エージェントに登録

さらに転職エージェントを上手に利用する方法として、複数の転職エージェントに登録することが挙げられます。

非公開求人もさまざまな転職エージェントにより扱っているものが異なることもあるため、いくつかの転職エージェントに登録することのメリットは多く、こちらもぜひ活用するようにしたいところです。

転職エージェントは何社登録しても全く問題ありませんので安心して利用できます。それぞれの転職エージェントによって特徴がありますので、自分にあったエージェントを探すという意味でも複数の登録をオススメします。

P&Gジャパンの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト5選

P&Gジャパンへ転職するために登録しておきたい転職エージェントのご紹介をしていきます。当社が独自に収集した各エージェントの口コミ・評判も合わせてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

社員の口コミを見たいならキャリコネ

キャリコネ

キャリコネは実際に勤めていた人が投稿した企業の口コミをチェックできる転職サイトです。実際に勤務していた方の口コミはやはり重要な情報源ですのでぜひ登録してみると良いでしょう。

実際に利用してみると、企業の評価がしっかりと出ています。面白いことに企業によってカラーがしっかり出ており五段階評価で比較することも可能です。給与面の評価や同業界の中での評価、会社内の不満などさまざまな角度からP&Gジャパンについて知ることができるのは大きな魅力といえるでしょう。

また、P&Gジャパンに限らずさまざまな企業の情報が得られますので転職活動を行い始めたばかりの方でも重宝するようです。新卒とは違って、大学の先輩が企業の特徴を話してくれる機会がない中途採用者こそミスマッチを防ぐ意味でも活用しましょう。

P&Gジャパンや他に気になる企業があれば、ぜひキャリコネの口コミを参考にしてみてください。

求人情報を多く得たい方におすすめ!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

28歳・男性
「求人の数も多いのと企業との交渉、履歴書添削や面接対策などの相談も親身に乗ってくれます。」
33歳・女性
アプリをダウンロードして使用していましたが、大変便利でした。求人も自分に合ったもの、やりたいものの検索もかけやすかったです。

など、特に求人量に対して評価する声が多数ありました。

たくさんの求人情報を得たい方は登録しておくとよいでしょう。しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

手厚いサポートを希望するならパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

29歳・男性
基本は、メールでのやり取りになるので時間がない中でしっかりサポートを受けられると思います。
37歳・女性
合格後、既存社員の方に話ききたいという要望をだしたところ、いったんは断られたが、根気強く調整してくれました。電話で悩んでいることはないか丁寧にヒアリングしてくれます。

など、特にサポートに対して評価する声が多数ありました。書類の添削や面接対策などのサポートを丁寧に行ってくれたり、企業との交渉もしっかりと行ってくれるのでサポーットを重視したい方は登録しておくとよいでしょう。

転職サイトと転職エージェントの2つを利用できるdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

26歳・女性
担当のコンサルタントの方が丁寧に担当してくれました。連絡もこまめにとってくれたので相談しやすかったと思います。
30歳・男性
企業参加数が多いと感じる事と希望にあったものを極力紹介してくれる点、またサイト自体もどの求人サイトに比べても利便性が良いと感じました。

など、特に対応の早さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスが早く、調整をしっかりと行ってくれます。また、求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

アフターフォローに強いのはマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

21歳・女性
転職エージェントの方からも私の強みを伝えてくださり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。
42歳・男性
メディアで取り上げられているので、求人数もコンサルタントの人数も多いです。面接対策も良かったと思います。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

複数の転職エージェントに登録して、P&Gジャパンの転職成功率を高めよう!

今回はP&Gジャパンへの転職についてご紹介してきました。普段の生活で何気なく使っている有名商品を手がける世界的メーカー「P&Gジャパン」への転職のためには何より情報を集めることが重要となるでしょう。

転職の成功のためにぜひ利用したいのが「転職エージェント」サービスです。さまざまな転職エージェント達からご自身のキャリアを踏まえたうえでのサポートを受けるのは最適な方法だといえます。

また、複数の転職エージェントを登録することで自分に合うエージェントやP&Gジャパンの他にも今まで知らなかった優良企業に出会える機会もあるかもしれません。面接対策や、書類の添削などのサポートも活用しP&Gジャパンへの転職を成功させるための充実した転職活動をスタートしましょう。