医師の転職に役立つブログまとめ|副業やバイトで稼ぐ体験談も

医師が転職を考えた時、ブログがとても役立ちます。

医師の転職にブログが役立つ理由は、ブログには執筆者の体験談が赤裸々に書かれており、体験談を共有することで、医師が転職をする際の参考になるからです。

ブログだとちょっとした空き時間で気軽に読むことができ、多忙な医師でも転職に役立つ情報を手軽に入手できます。

この記事では医師の転職に役立つブログを厳選して紹介します。転職にお役立てください。

  1. エムスリーキャリアエージェント ロゴ
  2. リクルートドクターズキャリア ロゴ
  3. マイナビDOCTOR ロゴ
医師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

医師転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
医師転職サイトを徹底比較!本当に使える7サイトをランキングで紹介

医師の転職に役立つブログ5選!副業・フリーランス…ケース別に紹介

医師の転職に役立つブログにはいろいろなジャンルがあり、医師の転職に役立つブログをジャンル別に厳選してご紹介します。

以下で紹介するブログの中から、転職や副業などに役立ちそうなものをお選びください。

医師の転職に役立つブログ①医局を辞めたい人におすすめ

医局を辞めて転職をしたい医師は、以下のブログがおすすめです。

医局を辞めてQOL大幅アップに成功した医師のブログ

医局を5年で退局して常勤医に転職した30代後半の医師が書いているブログで、「医師の転職と医局の辞め方」などの記事が自身の体験に基づいてわかりやすく書かれています。

この医師は副業として投資も行っており、投資や資産運用の記事も読めますので、副業で投資を考えている医師にもおすすめです。

医師の転職と医局の辞め方

QOL追求派の医師のブログ。転職とバイトで効率良く生きる。 – 僕が医師を辞めるまで

医局を辞めてフリーランスの医師になった人のブログで、医局を辞めた経緯などが赤裸々に書かれており、医局を辞めたい医師の本音がわかります。

執筆者の医師は医局を辞めてから、健診バイトや献血バイト、老健施設バイトなどのいろいろなアルバイトを経験しており、アルバイトの仕事の具体的な内容を知りたい方にも役立ちます。

QOL追求派の医師のブログ。転職とバイトで効率良く生きる。 – 僕が医師を辞めるまで

医師の転職に役立つブログ②夫婦で医師をしている人におすすめ

夫婦で医師をしている人が転職をする場合は、次のブログがおすすめです。

医局を辞めてQOL大幅アップに成功した医師のブログ

先に紹介したブログですが、執筆者の医師はご夫婦で医師をしており、2人の娘さんの子育て中です。

「医師同士の夫婦の結婚と子育ての体験談と注意点」「子育て中の医師が本業以外に副業での収入確保にこだわる理由」「自分の子供にさせている習い事は?」などの記事は、ご夫婦で医師をしている方の参考になるでしょう。

医師が子供の頃にしていた+自分の子供にさせている習い事は?

医者夫婦の共働き生活

旦那様は内科医、奥様は小児科医で共稼ぎをしている方のブログで、「夫婦円満の2つの秘訣」「共働き医者夫婦が思う医者同士で結婚して良かった2つの点」などの記事が参考になります。

ブログはあまり更新されませんが、Twitterで頻繁に情報を配信しており、興味のある方は「たぬきや@共働き医者夫婦 @doctor_couple」をフォローすると良いでしょう。

医者同士で結婚して良かった2つの点を共働き医者夫婦が紹介します

医師の転職に役立つブログ③楽なバイトをしたい・フリーター医師になりたい人におすすめ

楽なバイトをして人生の質や生活の質を向上させたい方には、次のブログがおすすめです。

QOL追求派の医師のブログ。転職とバイトで効率良く生きる。 – 僕が医師を辞めるまで

先に紹介したこのブログは「頑張らない気楽な人生を謳歌中」のフリーター医師が書いており、フリーター医師になりたい医師に役立つ記事が満載です。

「疲れた医師に…暇な寝当直バイトのすすめ」「ゴールデンウィークや、年末年始…医師は休まずバイトをして別の日に休暇を」「キツい、ツラい…しんどい当直を快適に過ごすテクニック」など、実体験に基づくアドバイスが大変役立ちます。

疲れた医師に…暇な寝当直バイトのすすめ

フリーランス医師で生きていく!

麻酔科のフリーランス医師が書いているブログで、医師がアルバイトをする際の具体的な方法や、フリーランス医師のサバイバル方法などの記事が楽しく読めます。

フリーランス医師の本音がわかりますので、勤務医を辞めてフリーター医師になりたい方の参考になるでしょう。

フリーランス医師で生きていく!

医師の転職に役立つブログ④株などの財テク・資産形成に興味がある人におすすめ

株などの財テク・資産形成に興味がある医師は次のブログがおすすめです。

医局を辞めてQOL大幅アップに成功した医師のブログ

3度目の紹介になりますが、このブログを執筆している医師は、仕事の合間に財テク・資産形成をしており、資産運用に関する記事も数多く書かれています。

執筆者の医師は文章を書くのが得意なようで、とても読みやすくわかりやすいです。

Twitter(はぴえすた @ishitenshoku777)もやっており、ブログを読んでためになった方はフォローしておくと良いでしょう。

医師にお勧めの資産形成の方法まとめ

若手眼科医Dr.Koalaによる、ライフハック・資産形成・財テクの軌跡

アラサーの若手眼科医が執筆しているブログで、執筆者の医師は金融や経済、節税対策などに詳しく、収支状況を公開しながら記事を更新しています。

資産形成のプロセスがわかるので、これから財テクを始めたい医師はとても参考になるでしょう。

若手眼科医Dr.Koalaによる、ライフハック・資産形成・財テクの軌跡

医師の転職に役立つブログ⑤副業をしたい人におすすめ

副業を考えている医師は、次のブログがおすすめです。

医師の資産形成ブログ – 総資産1億円にむけた転職・副業・投資運用

地方の病院で働いているアラフィフの勤務医が執筆しているブログで、医師の副業に関する記事が多く掲載されています。

執筆者の医師は貯金ゼロにまでなった苦い経験があり、一念発起して総資産1億円にむけて奮闘中です。

「【現役ドクター推薦】医師の収入を2倍にする副業10選」「【保存版2020】医師の資産形成まとめ:転職、アルバイト、副業、節税、運用(投資)」などの記事は、副業を考えている医師は参考になるでしょう。

【保存版2020】医師の資産形成まとめ:転職、アルバイト、副業、節税、運用(投資)

医師の副業、サイドビジネスとしてのブログ – お金の外来

副業で会社経営(インターネット広告、不動産賃貸業)をしているアラサー医師が執筆しており、副業でマンション経営やアパート経営などを検討している医師におすすめです。

ブログを執筆している医師は、オンラインコミュニティ「医師大家ラウンジ」を運営しており、不動産投資をしている医師が集まって盛り上がっています。

医師の副業、サイドビジネスとしてのブログ – お金の外来

医師が転職に失敗しないための方法

医師の転職にブログは役立ちますが、医師が転職に失敗しないようにするには、転職エージェントの利用が欠かせません。

ここでは、医師の転職の失敗を防ぐのに役立つ転職エージェントを紹介します。

医師専門の転職エージェントに複数登録する

転職エージェントは転職先の紹介などの転職支援サービスを行っており、登録すると無料で転職支援が受けられます。

転職エージェントの中には医師の転職だけに特化した医師専門の転職エージェントがあり、医師の転職に精通したキャリアアドバイザーが医師の転職をサポートします。

医師専門の転職エージェントはいろいろありますが、医師が転職に失敗しないためには、実績が豊富で、キャリアアドバイザーの質が高い転職エージェントを選ぶことが大切です。

転職エージェントは無料で利用できるので、1社だけではなく、複数の医師専門の転職エージェントに登録することが医師の転職を成功に導きます。

医師の転職におすすめの転職エージェントは次の5社です。

医師の転職におすすめ①エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは東証一部上場企業のエムスリーキャリア株式会社が運営する医師専門の転職エージェントで、キャリアコンサルタントの質が高いと評判です。

エムスリーキャリアエージェントに登録すると、医療経営士の資格を有するキャリアコンサルタントの支援が受けられ、医師の希望に合致する転職先を紹介してもらえます。

当直なしで休日はしっかり休める病院や週4日でゆったり勤務できる病院、年収1,800万円可能な病院など、医師のあらゆる希望に対応できる求人が多数あり、希望通りの転職をすることが可能です。

エムスリーキャリアエージェントは非常勤求人よりも常勤求人が求人数が多いため、アルバイトを探しているフリーター医師は他の転職エージェントにも必ず登録しておきましょう。

医師の転職におすすめ②リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、30年を超える実績がある医師専用の転職エージェントで、リクルートグループが誇るキャリアアドバイザーが医師の転職をサポートし、転職を成功へと導きます。

あらゆる診療科目と日本全国のエリアに対応しており、いかなる条件であっても、キャリアアドバイザーが条件に合致する転職先を紹介してくれます。

リクルートドクターズキャリアの公式サイトには、勤務医のためのキャリアデザイン情報誌「RECRUIT DOCTOR'S CAREER」の特集記事を掲載しており、転職を検討している医師はブログと一緒に読むと良いでしょう。

リクルートドクターズキャリアは医療機関からの信頼が厚いリクルートグループの転職エージェントですので、必ず登録しておきましょう。

医師の転職におすすめ③マイナビDOCTOR

マイナビDOCTOR(マイナビドクター)は、人材サービス大手の株式会社マイナビが運営している医師専門の転職エージェントで、業界トップクラスの実績を誇ります。

年収2,000万円が可能な常勤求人・当直が少なめの常勤求人・日給12万円の非常勤求人など、常勤と非常勤を問わず、優良な非公開求人・独占求人を多数保有しています。

産業医などの希少求人も多く、登録すると専任のキャリアパートナーが医師の希望に合致する求人を紹介してくれます。

マイナビDOCTORはプライバシーマーク取得企業であるため、医局に知られずに転職をしたい医師は誰にも知られずに内密で転職活動ができます。

医局を辞める際には、医局を円満退局する方法を専任のキャリアパートナーがアドバイスしてくれるので安心です。

医師の転職におすすめ④民間医局

民間医局は医師紹介サービス大手の株式会社メディカル・プリンシプル社が運営する医師専門の転職エージェントで、担当のエージェントが転職先や研修先の病院を紹介してくれます。

しっかりと打ち合わせを行ったうえで最適な求人を紹介するため、雇用のミスマッチが発生するリスクが少なく、転職が成功する可能性が高いです。

条件交渉も担当のエージェントに一任でき、給与や勤務時間などの希望が実現します。

民間医局はアフターフォローも徹底し、勤務開始後も専任のエージェントによるサポートが受けられ、アルバイトの契約期間が満了すると、次のアルバイト先を紹介してもらえます。

手厚いサポートが受けられることが民間医局の強みであり、専任のエージェントに全てを一任して転職活動をしたい医師は、民間医局に必ず登録することをおすすめします。

医師の転職におすすめ⑤DOCTOR VISION

ドクタービジョン

DOCTOR VISION(ドクタービジョン)は日本調剤株式会社(東証一部)が母体の医師専門の転職エージェントで、日本全国の病院の中から希望する転職先を探せます。

高額3,000万円検討可能な求人や最大時給15,000円の高額アルバイトの求人もあり、年収アップを目指す医師は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

年齢不問・ベテラン歓迎の医師求人も多く、老若男女を問わず、あらゆる医師におすすめできます。

DOCTOR VISIONの公式サイトにはドクターズコラムを掲載しており、ブログと合わせて読んでおくと医師の転職に役立ちます。

ドクターズコラムや医師向けのブログを読んで転職を検討した時には、DOCTOR VISIONに登録すると良いでしょう。

【FAQ】転職・副業したい医師のよくある疑問を解決!

医師が副業を始める際や医局を辞める際は、いくつかの注意点があります。

では最後に、医師が副業する際や医局を辞める際の注意点を解説し、医師におすすめのアルバイトについても併せて紹介します。

医師におすすめのアルバイトは?

フリーター医師におすすめのアルバイトは健診や人間ドックで、時給が高くスキマ時間を利用して働けることがおすすめの理由です。

半日間の勤務で1回あたり5~8万円程度の収入が見込めるため、割の良い楽なバイトをしたいフリーター医師には最適でしょう。

健診のアルバイトの体験談は、先に紹介した「QOL追求派の医師のブログ。転職とバイトで効率良く生きる。 – 僕が医師を辞めるまで」の中に具体的な仕事内容が書かれています。

一般病院の日当直もフリーター医師におすすめで、転職エージェントに登録すると、3日間で数十万円の報酬が得られる日当直のアルバイトを紹介してもらえる可能性があります。

医師が副業する際の注意点は?

医師は基本的に自由に副業ができますが、常勤医の場合、勤務先の病院が副業の禁止・制限規定を設けていれば勤務先に無断で副業はできません。

常勤医ではないフリーランスの医師は自由に副業ができます。この記事で紹介したブログの記事を参考に副業をすると副収入が得られます。

マンション経営やアパート経営などの不動産投資は忙しい医師に最適な副業ですが、節税目的だけで不動産投資をするのは避けた方が良いでしょう。

不動産投資で利益を出すのは想像以上に難しいため、この記事で紹介したブログの体験談などをよく読んだうえで、不動産投資に精通している専門家のアドバイスを受けられることをおすすめします。

医局を辞める際の注意点は?

医局を辞めるのは本人の自由ですので、本人の意志でいつでも辞められますが、円満に辞めないと面倒なことになるので、円満に辞めることが何よりも大切です。

医局を辞めると教授推薦で転職することが不可能になるため、医局を辞める前に転職先を見つけなければなりません。

医局を辞めたいと思った時は、すぐに転職エージェントに登録し、転職先を紹介してもらいましょう。

転職エージェントに登録すると専任のキャリアアドバイザーから、医局を円満退局するためのアドバイスが受けられます。

医局を辞めて転職をしたい医師は、この記事で紹介したおすすめ転職エージェント5社に登録することを強くおすすめします。

医師の転職にはブログが参考になる!体験談を読んで失敗のない転職を

医師の転職には同じ医師が書いているブログが役に立ちます。この記事で紹介したブログの中から興味のあるものを選んでお読みください。

医師の体験談が赤裸々に綴られたブログは、書籍からは入手できない貴重な情報を入手でき、転職の際にとても役立ちます。

転職エージェントの公式サイトにも転職に役立つ記事が満載ですので、ブログと併せて読むと良いでしょう。

転職エージェントは無料で登録でき、相談だけでも歓迎してくれるため、転職を思い立ったらすぐに複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントを利用することで、大勢のキャリアアドバイザーからの支援が受けられるようになり、転職が成功する可能性が一段と高まります。