外資系に強い転職エージェントおすすめ11選|評判から20社以上を比較して厳選!

外資系企業は高年収を得られることが多く、転職したいと考える人は多いです。とはいえ、どの転職エージェントを利用すれば外資系企業に有利に転職できるのでしょうか。

外資系企業に転職するには、転職エージェントを使った人のリアルな口コミを見るのが大いに参考になります。

この記事では、外資系企業に転職を目指す人のために、利用者の口コミを元に転職エージェント20社以上を比較して、外資系に強いおすすめの転職エージェント11選を紹介します

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

外資系転職で本当におすすめの転職エージェントは?業界別・キャリア別一覧

外資系に転職したい人におすすめ転職エージェントを業界別・キャリア別に紹介します。

外資系企業といっても、業界や業種、職種は様々です。当然、どの業界を目指すかで最適な転職エージェントも異なります。

ここでは、「全ての人」「ハイクラス・金融」「未経験」「経理職」の4分野に分けておすすめの転職エージェントを紹介します。

外資系転職を目指す全ての人におすすめな転職エージェント3選

まず、外資系転職を目指す全ての人におすすめな転職エージェント3選を紹介します。

いずれも幅広い業界に対応し、外資系求人にも強いため、外資系転職を目指す人はまず目を通しておいた方が良いでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは求人数5万件以上(非公開求人含む)と豊富な総合型転職エージェントで、登録すれば希望する求人を見つけやすくなるでしょう。

外資系に絞った求人検索はできないものの、フリーワードで「外資」と検索すると620件の公開求人がヒットします。

パソナキャリアには手厚いサポートやフォロー体制があり、転職が初めてで不安な方にもおすすめの転職エージェントで、以下の実績があります。

  • 16000社を超える取引実績
  • 25万人の転職を支援
  • オリコン顧客満足度評価「転職エージェント」ランキングで、2019年と2020年に総合第1位

丁寧なサポートは利用者の満足度の高さにも現れています。信頼できる転職エージェントと言えるでしょう。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは日本ではそこまで有名ではありませんが、世界最大級の人材サービス業で、39ヵ国と地域で展開しています。世界で年間約20万人の転職サポートを行っています。

ランスタッド自身が外資系であり、外資系企業との太いパイプがあるため、外資系転職にも強いです。「外資」で検索すると1137件もの求人がヒットします。

ランスタッドが保有する求人の約80%は非公開求人で、ランスタッドならではの独占求人もあります。登録者の経歴や能力に応じて最適な求人を紹介してくれます。

ランスタッドが他のエージェントと比較して優れている点に「専任コンサルタント制度」があります。

専任のコンサルタントがカウンセリングや面接対策などを一貫して担当し、登録者の転職を強力にサポートします。落ち着いて転職活動に専念できるでしょう。

登録する(無料)

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、高収入の外資系企業の求人が多いことで人気があります。外資系では年収600万円以上の求人しか扱わず、612件がヒットします。

ほかの特徴は、以下の通りです。

  • 1988年からの累計支援実績は43万人
  • コンサルタント総数は約1,200名の手厚い体制
  • 2017年度のアンケート結果で、知⼈・友⼈にJACを勧めたい人の割合は94.5%

公式ホームページでは「30~50代で後悔しない転職を」とうたい、エグゼクティブ層の転職に強みがあります。

その一方で、サポート体制は充実しており、英文履歴書や英文職務経歴書の書き方を丁寧に指導してくれるなど、安心して外資系転職に臨めます。

高収入の外資系企業を目指す人にもおすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

外資系でハイクラス・金融系を目指す人におすすめの転職エージェント・転職サービス3選

ここでは、外資系でハイクラス・金融系転職を目指す人におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

外資系は国内企業に比べて高収入と言われ、ハイクラスになると年収1000万円を超えることは珍しくありません。

その分、転職成功も難しくなるので、ここで紹介する転職エージェントをぜひ利用してください。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス転職・求人サービスで、登録すると優秀なヘッドハンターから求人をあっせんされます。

キャリアカーバーを選ぶメリットは、以下の3つです。

  • 高年収の求人が多い(年収800万〜2000万円など)
  • ヘッドハンターが求人を紹介してくれるため、スカウトを待つだけでいい
  • 登録情報は全て匿名で、公開先はヘッドハンターに限られるため、個人情報が企業の採用担当者などに見られることがない

ただし、公式サイトで「ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け」とうたう通り、登録者には高い能力とスキル、経歴が求められます。

経歴やスキルが不十分だと、満足のいく求人紹介が受けられない恐れがあるので、他の転職エージェントとの併用が必要です。

キャリアカーバーは、自分の学歴や経歴、スキルに自信がある人は登録しておきたい転職エージェントです。

クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは、30代のハイクラス人材の転職サポートを得意とする転職エージェントで、外資系の求人にも強みがあります。

クライスアンドカンパニーを選ぶメリットは以下の3つです。

  • 2級キャリアコンサルティング技能士などの国家資格を取得した質の高いコンサルタントが支援
  • 創業から27年の実績があり、企業との太いパイプを生かした非公開求人が多い
  • 中長期的な転職サポートも行っている

クライスアンドカンパニーは「コンサルティング力の向上」を事業の最優先事項に挙げ、コンサルタントは年間100時間超の研修を受けています。

入社するまでの転職サポートに加えて入社後のフォローまであるのは、クライスアンドカンパニーが登録者との中長期的な関係性を重視しているためです。

このため、「今すぐに転職するわけではない」と明言する登録者にも、将来のキャリアプランを見据えた助言をしてくれます。

30代でマネージャークラス以上のキャリアの人、中長期的にキャリアを構築したい人に、クライスアンドカンパニーはおすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ

テレビCMで有名なビズリーチは、管理職や経営幹部、専門職などのハイクラス向け転職サービスです。

高収入の求人が多く、転職成功者も多いと評判です。外資系で金融系の求人も多くあります

職務経歴書を作成すると、優良企業や有能なヘッドハンターから、直接スカウトが届くサービスで、登録するメリットは以下の3つです。

  • 求人の3分の1以上が、年収1,000万円以上と高収入
  • スカウトからの転職に成功した人が8割以上もいる
  • 公開求人が87,000件と多数

ビズリーチには無料と、有料の会員制度があります。無料会員はスカウトを待つ仕組みで、有料会員は利用者自身が企業やヘッドハンターと交渉できます。

ビズリーチは年収1,000万以上を目指したい人におすすめです。気になる人は、まずは無料会員に登録してみましょう。

登録する(無料)

外資系転職が未経験の人におすすめの転職エージェント2選

外資系企業は国内企業と採用手順が異なることがあり、未経験だと戸惑うことがあります。ここでは、未経験から外資系転職をしたい人に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

「未経験から外資系に転職できるか不安」「未経験なので丁寧に対応してくれる転職エージェントがいい」

などと考える人は、以下の転職エージェントに登録してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手で国内トップの求人数を誇るリクルートエージェントは、未経験からの外資系転職におすすめです。理由は以下の3つです。

  • 転職支援実績は累計45万名以上で業界1位(2018年3月期)
  • 取り扱い求人数も国内トップクラス
  • 履歴書の作成、履歴書の書き方、面接の準備や対策など、未経験でも安心のサポート体制

未経験の人は特に、幅広く業界を見て、自分に合った外資系求人を見つける必要があります。求人選び、転職活動ともに不安は尽きません。

その点、求人数が多く、面談などで不安をうち明けられ、転職サポートが充実しているリクルートエージェントを選ぶ価値は十分あります。

キャリアアドバイザーが丁寧にヒアリングしてくれると定評があるので、外資系転職が未経験の人は、リクルートエージェントに相談してみるのはいかがでしょうか。

登録する(無料)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職回数別や年代別サポートを行っており、初めて転職する人へのサポートも整っているので、外資系転職が未経験の人におすすめです。

特に20代からの支持されている転職エージェントです。実際に「20代に信頼されている転職エージェント」で第1位とった実績があります。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、業界ごとに専任制をとっており、それぞれの職種の転職の情報に精通しています。

企業の人事担当者とコミュニケーションをとるアドバイザーが、キャリアアドバイザーとは別に在籍しており、実際の職場の雰囲気や求人票には載っていない生の情報を知ることができます。

外資系未経験の人は、採用手順だけでなく、企業文化や雰囲気、人事制度の違いなど国内企業との違いに戸惑うことばかりです。

職場の内情に詳しいアドバイザーがいるマイナビエージェントは、外資系転職が初めての人でも安心して転職活動に臨めるでしょう。

登録する(無料)

外資系企業の経理業務に就きたい人におすすめの転職エージェント3選

経理は経理でも、外資系企業の経理をしたいとお考えの人に、おすすめの転職エージェント3選を紹介します。

経理職に強い転職エージェントはいくつかありますが、ここではその中でも外資系企業の経理に強い転職を紹介するので参考にしてください。

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士は、公認会計士や試験合格者の人などに転職支援サービスを行う転職エージェントです。

マイナビ会計士の特徴は、以下の3つです。

  • 求人の80%は非公開求人
  • 一般の転職サイトに掲載されていない企業の雰囲気や特徴を知ることができる
  • キャリアアドバイザーが、企業への応募や面接の日程調整を代行してくれる

会計士は多忙なことが多いので、応募や日程調整の手続きを代行してくれるのは心強いサービスです。

マイナビ会計士は監査法人や会計事務所、コンサルティングファームなどの求人を保有し、「語学力を活かした求人」で検索すると40件がヒットします。

転職サイトのマイナビで培った幅広いネットワークを生かし、多様な求人を保有している点が強みの1つです。

公認会計士資格保有者で、外資系企業の経理業務に就きたい人におすすめのエージェントです。

マイナビ税理士

マイナビ税理士は、税理士や科目合格者の人などに転職支援サービスを行う転職エージェントです。

マイナビ税理士を利用して転職した人の60%は会計事務所や税理士法人などで、経理の知識・スキルを活かして転職したい税理士の方におすすめの転職エージェントです。

マイナビ税理士の特徴は以下の3つです。

  • 取引先の数は15,000社以上で業界トップクラス
  • 面談の満足度は95%
  • 平日が忙しい人のために、休日相談会がある

マイナビのネットワークを駆使した、取引先数の多さに最大の特徴があります。事業会社への転職にも強く、経理職を目指す税理士の方にも最適です。

面談の満足度はとても高く、転職活動に不慣れな方でも安心です。休日相談会は、平日に多忙な税理士にはありがたいサービスです。

「語学力を活かした求人」は公開求人で39件ヒットします。このほかに非公開求人も多く保有しているので、外資系を目指す税理の方はぜひ登録しておきましょう。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは1996年に公認会計士が創業した会社で、会計・経理職の転職に特化した転職エージェントです。

ジャスネットキャリアの特徴は、以下の3つです。

  • 公認会計士や税理士、経理職などの求人が豊富
  • 登録者数、転職実績ともに業界トップクラス
  • 経理会計などに特化した転職サービスのため、専門的な相談ができる

ジャスネットキャリアの転職支援は経理会計などに特化しており、キャリアコンサルタントは専門用語などを使って詳細な相談に乗ってくれます。

求職者の細かい意図を組んで求人を紹介してくれるため、雇用のミスマッチが起こりにくく、望んでいる経理業務に就ける可能性が高いです。

外資系企業の求人は公開求人で80件ヒットします。専門的な相談をしながら、自分に適した外資系企業を見つけたい人に、ジャスネットキャリアはおすすめです。

外資系転職エージェントには当たり外れも多い?あの有名エージェントの口コミもチェック

外資系転職エージェントには当たり外れがあると口コミで見たり聞いたりする人もいるのではないでしょうか。

転職エージェントは複数に登録して、その中から自分に合ったものを中心に活用していくのが基本です。ただ、「ハズレ」と事前にわかるのなら、登録するのは避けたいところです。

ここでは、主な外資系転職エージェントを利用した人の口コミを参考に、外資系転職エージェントが転職活動に有効なのかを明らかにします。

Robert Walters(ロバートウォルターズ)がひどいって本当?

Robert Walters(ロバートウォルターズ)は、世界28か国で人材紹介サービスを展開している外資系転職エージェントです。

外資系企業のハイクラス案件を多数持っていますが、ネイティブレベルの英語力を求められるので、実際に活用できる人は限られます。

「モノ扱い」「しつこい連絡」など、ロバートウォルターズが「ひどい」という口コミはかなりあります。

「礼儀がない」と感じるのは、外資系ならではのフランクさに起因するのかもしれませんが、いずれにしても丁寧なサポートを望む人にはおすすめできません。

なにより、相当高いレベルの英語力が求められるので、満足に活用できる人はごくわずかです。

英語力に関わらず、ハイクラスの外資系求人を探すなら、ここで紹介した別の転職エージェントをおすすめします。

RGFエグゼクティブサーチジャパンはメールがしつこい?

RGFエグゼクティブサーチジャパンは、管理職を中心に外資系企業やバイリンガル案件を多数持っているリクルートグループの外資系転職エージェントです。

キャリアアドバイザーのサポートは手厚く質が高いので転職者のリピート率が高いことで評価を得ています。

ただし、アドバイザーには当たり外れがあるようです。

この方の口コミによると、希望していない求人を勧められ、検討したいから求人票をメールで送るよう伝えたにも関わらず、許可なく勝手に応募を進めていて困ったようです。

メールがしつこいというより、メール連絡が苦手な担当者がいる外資系転職エージェントのようです。

マイケルペイジでは採用されにくい?

マイケルペイジは、世界34か国で人材紹介サービスを展開する外資系転職エージェントです。登録から内定までがとても早く、外資系転職の知識や求人数が豊富だと評判です。

ハイクラス向け転職エージェントで、条件に合わなかったり市場価値が低いと判断されると、登録や応募をしても返信さえもらえないとの口コミが多く見受けられます。

登録をしても連絡がなく、求人を紹介されないのでは、転職エージェントを利用する意味がありません。これでは「採用されにくい」と思われても仕方ありません

アドバイザーから求人を紹介されて応募したのにも関わらず、そのまま連絡がないこともあるようです。

外資系転職エージェントについてよくある質問

外資系転職エージェントを利用するにあたって、気になる点や疑問点が少なからず出てくるでしょう。

ここでは、外資系転職エージェントにまつわる、よくある疑問にお答えします。登録する前に疑問点は解消しておきましょう。

外資系転職エージェントは手数料が高いから採用されにくい?

転職エージェントは利用者は基本的に無料で利用できます。それは、求人を出す企業からの手数料収入で転職エージェントは成り立っているからです。

企業が支払う手数料は、求職者に提示する年収の2~4割が相場です。外資系企業は高収入のため、企業が支払う手数料も高額になる傾向があります。

ただし、「手数料が高いから採用されにくい」ことはありません。

確かに高い年収を提示すれば手数料負担は重くなりますが、企業にとっては転職エージェントを通さずに独自に採用活動をする方が余計にコストがかかります。

手数料が高くなるかもしれないのは、企業にとって織り込み済みで、手数料が採用のされやすさに影響することはないのです。

外資系転職エージェントは地方(大阪・名古屋・福岡など)でも利用できる?

外資系転職エージェントは基本的にはどこに住んでいても利用できます。

直接会っての面談だけではなく、電話やウェブで面談をしている転職エージェントがほとんどです。電話だけで全部完結する転職エージェントも少なくありません。

特に最近は、新型コロナウイルスの流行により、対面よりウェブ面談、ウェブ面接が好まれる傾向にあります。東京に居ながら、大阪の企業の面接を受けることも可能なわけです。

とはいえ、転職エージェントが地方に拠点を構えるのは、面談のためだけではありません。企業を訪問し、求人を探してくるのに地方拠点がある方が有利なためです。

中には、大阪や名古屋、福岡など地域の求人に特化した転職エージェントがあるほどです。

この記事で紹介したランスタッドは、地方にも数多くの拠点を持っています。ただし、地方拠点を多く持っている外資系転職エージェントは、あまりありません。

外資系転職エージェントは、地方にいても使えるものの、地方拠点がない場合は地方の求人が少ない可能性がある点に注意しましょう。

外資系転職エージェントのおすすめまとめ

この記事では、実際の利用者の口コミを基に、外資系企業への転職に使える転職エージェント11選を紹介してきました。

外資系に強いと謳う転職エージェントは多くあり、自分に合う転職エージェントを見極めるのは至難の業です。

年収などで好条件を提示する外資系企業には、多くの応募者が殺到し、転職難易度は高くなる傾向にあります。

外資系企業への転職に成功するには、この記事で紹介した転職エージェントを複数利用してください。その中から自分に合うものを軸に転職活動を展開すると良いでしょう。

キャリアコンサルタントとの相性も重要です。合わないと感じたら遠慮せずに変更を申し出ましょう。

自分に一番最適な転職エージェントを見つけてうまく活用し、転職を成功させてください。