転職2chスレから成功・失敗談とエージェント評判を徹底まとめ

今の仕事内容が合わない、待遇が悪い、人間関係に悩んでいる、もっとスキルアップできる場に行きたい…。そういった理由で、転職を一度でも検討したことのある人は多いのではないでしょうか。

ここでは、転職にまつわる成功・失敗談と、転職に役立つ「転職エージェント」サービスの評判について、ネット上の書き込みをまとめました。

転職が思うように進まず落ち込んでいる人や、転職したいけれど迷って行動に移せていない人は、ぜひ一度目を通してみてください!

人の成功談を読んでモチベーションを上げたり、逆に失敗談を反面教師として心に留めたりと、転職の先輩から学べることはたくさんあります。みなさんの転職活動の一助になれば幸いです。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職2ch(5ch)スレまとめ・20代の転職体験談

学生時代が終わり、不安半分、期待半分で社会人になったものの、入社後すぐに「働くことがこんなに辛いとは思わなかった」と絶望するのは、新社会人にはよくあります。

仕事に慣れる見込みもなく心を病みそう、もっとマシな待遇の所へ行きたいなど、様々な理由で20代のうちに転職した人々の体験談をまとめました。

20代の転職成功談①勢いで転職して大成功

新卒で大手の子会社入ったんだけど仕事全然できなくて社内ニートしててさ、さすがにやばいと思い経歴書盛りまくってITの人材営業受けて入社して3年経過したところ。営業は天職だったわ。

ある程度の「経歴の盛り」はテクニックのうち、とも言えます。この方は就職後問題なく勤続できているので良かったですが、全くの嘘は書かないように気をつけましょう。

社内外問わずに飲み会に参加しまくって、そこで親しくなった人に転職の相談したら、上場企業に口利いてくれて、面接一回で合格。今でも人脈作りという名の飲み仕事に勤しんでます。

職場の飲み会に行きたくない人は増えていますが、「飲みニケーション」が役立つ場面は今でも多々あるようです。この方は、飲み会を人脈づくりに生かして転職を成功させました。

20代の転職成功談②高卒でも転職に成功

大学落ち。フリーター24まで。ブラック営業からホワイト中小技術営業へ。現在一部上場メーカー営業部。技術営業課。年収880。世の中スキルアップと人脈の構築によって渡って行ければ光が見える。あと、TOEICのスコアなんてどうでもいいから、外人とコミュニケーション力大事。語学力じゃないぞ、コミュニケーション力だ。低スペでも実務で高スペになり、のしあがって行け!

立派な学歴は無くても、技術や人脈を自分で積み上げていけば、より良い仕事を得られる例です。簡単なことではありませんが、自分の努力次第で結果は付いてきます。

底辺高卒で職歴三年約一年無職の女だけど、倍率15倍以上の二社面接受けてダブル内定頂きました。若さと自分の強みを面接官の印象に残るようにアピールすることと結婚願望は低いことを伝えることを意識しました。

企業が望む人材像をよく分析し、適切なアピールができればチャンスはある、ということがよくわかります。

20代の転職失敗談①業務内容が苦手、または危険だった

念願の事務職に就けたけど、いつまでたっても保険に入れてくれないし社長に色々問題ありそうだったし、自分は電話対応が思ってた以上に苦手だったしで、結局1年経たずに辞めちゃった。電話対応下手となると、やっぱもう事務はやめといた方がいいかなぁ。

多分自分にもできるだろうと始めた仕事でも、実際にやってみると難しかったり合わなかったりで、ストレスが重なって続けられないケースも多いようです。

底辺公立高校の中でもかなり馬鹿な方で卒業と同時に陸上自衛隊に入隊して四年間勤務し除隊。金属加工工場で働き始めたけどもう辞めたい。人間関係は良いんだがいつ指を飛ばすか分からない恐怖と低賃金。俺に未来はあるのか。

転職前に細かい業務内容を全て把握することは困難です。特に危険がつきまとう仕事は、入社してから実情を知って後悔することも多々あります。

20代の転職失敗談②入ってみて初めて知った、人間関係の悪さ…

現在の幹部がパワハラ・陰口助長。評価基準身びいきで可愛げないワテは孤立させられ、将来を悲観して逃げることを決意した。前職の方が大手で人間関係リセットできる環境は多かったと後悔もある。

人間関係の悪い職場に転職してしまうのは、転職で良くある失敗例です。

特に、いびられたり孤立させられるような環境は耐え難いですよね。特別仲良くなくてもいい、ごく普通にやれる人間関係でいいから、安定した日々を過ごしたい…そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

上司が糞みたいな上から人間で、教え方が下手なくせに「教わる気がない」とこっちのせいにされる。他の人たちは良さげだが皆各自でそれぞれ別の仕事をしてるし日中は現場に出てしまって関わりもないので教わることも時間もない。どうやら人の入れ替わりが激しいらしくて1人辞めたら次が定着するまで他の人の仕事が増える環境らしい。当然辞めれば辞めるほど負担ましまし。不安でしかない。

教え方が下手なうえに人のせいにする上司はどこにでもいるので、運の要素が大きいですが、できるだけ事前に情報収集をして、内部の人間関係を把握しておきたいものです。

転職2ch(5ch)スレまとめ・30代の転職体験談

30代の転職は、20代と比べて年齢面で難易度やリスクが高い一方、職歴やスキルをある程度積んでいる人には、より良い環境へ転じるチャンスでもあります。

長く耐えて勤続してきてブラック企業に心身ともに限界を迎え、思い切って転職する人も30代に多く見られました。

下記、悲喜こもごもの体験談です。

30代の転職成功談①収入は増えなくとも無理なく働ける環境をゲット

39歳で倒産により転職。前職は年収700で残業ほぼ無し。現職は年収600で残業月20位。収入は減ったがワークライフバランスの面から満足。高卒で転職活動時には100社以上に履歴書送った。苦しかったけど妥協しないで良かった。

勤めている会社が倒産し、転職を余儀なくされたケースです。年収は下がっても、内容に満足できる仕事につければ、ひとまず安心ですね。

30代半ば、前職は年収450万。仕事はストレス多い、仕事時間外の勉強が必要、病んで退職。現職は年収460万。仕事はストレス少ない。残業増えたけど年収下がらずストレスも減ったので、個人的には転職成功だった。

心を病んで働けなくなってしまっては、以後のケアも含めて大変です。ストレスをどれだけ軽減できるかも、転職において重要な観点です。

30代の転職成功談②ブラック企業からの大脱出

関東在中30代半ば中卒、年収360万の超超絶ブラック個人経営工務店から、年収600万の1500人程の企業(卸し系)へ。仕事クソ楽。こんなんでいいの状態。暇疲れするレベル。ホント運が良かった。ブラック時代があったからこそ鍛えられたし今が幸せと感じられる。

30代半ばでも思い切って転職すれば、拍子抜けしてしまうほど恵まれた環境に移れることもあるようです。

当方35、元々年収200万台のブラック派遣でうつ持ち。Facebookでエージェントの知人から知った求人から採用が決まり、今は超大手の子会社勤務で年収460。仕事は難しいが周りは暖かい。やっと普通と思える暮らしができている気がする。体調もずっと安定。

この方には、うつ病がありましたが、転職して心身ともに安定した暮らしを得ることができました。うつは転職しにくくなる要因になりますから、この方は幸運です。

仕事内容が難しくても、周りからの暖かいサポートがあればチャレンジする気持ちも湧いてきますね。

30代の転職失敗談①めんどくさいと先延ばし。取り返しがつかないことに

前職の将来性皆無さに意を決して転職したけど絵に描いたような失敗の転職で人生詰んだんだがどうすっかなw田舎でロクな就職先もないしマジやべーわ

急は要さないけれど今の職場はなんとなく不安だからと、なんとなく転職したせいで失敗する事例があります。

このまま放置すれば、さらに年を重ねて後がない状況に追い込まれます。30代で転職に失敗したら、すぐ行動に移すべきです。

今は35歳、最後の転職のつもりで4社目に転職したが、あまりの仕事の合わなさに辞めたくて仕方ないけれど、年齢的なものと転職回数の多さから、まずこの先の転職は不可…マジで人生詰んだ…。完全に転職に失敗しやり直しがきかない状況にいるという現実に、本当にこの先どうすれば良いか悩みまくっています…

年齢に加え、転職回数が多くなると、企業はその職歴に悪い意味で引っかかりを覚える可能性が高くなります。

いたずらに転職を繰り返さないで済むように、自分が本当にその転職先で落ち着けるか、30代にもなったら多角的に検討しましょう。

30代の転職失敗談②こんなはずではなかった!確認不足が招いた不一致

3社目なんだけど、営業スタイルや受注方法が今までとあまりにも違い、それだけでストレスになってる。今回は失敗したなあと痛感しており、次の転職に向かう決心をした。本当に入ってみないと分からない事が多い。次は面接の時に業務の進め方など細かなことを聞かなくては。

事前に聞いていた仕事内容とギャップを感じ、転職に失敗したと感じる例もあります。

事前にどこまで確認できるかは場合によりけりですが、気になる点は詳細に確認して把握しておきたいところです。入ってから後悔して再転職する労力に比べれば、確認に要する労力は大したことありません。

転職で年収倍増したけど、それまで完全定時マンだったのが、60時間くらいに増えた。 職場でのスキルアップは無理。今まで出来てた趣味や勉強の時間がゼロになってしまったことを考えると、冷静さが足りなかったわ。

転職で重要視するのはやはり年収についてですが、高給につられて喜んでばかりいると、後で痛い目をみることもあります。待遇や評判などもしっかりチェックしておきましょう。

転職2ch(5ch)でおすすめされている転職エージェント・転職サイトまとめ

ここからは、登録しておくと転職を手助けしてくれる「転職エージェント・転職サイト」についての書き込みと、各サービスの特徴をまとめて紹介します。

求人数が多かったり、きめ細やかなアドバイスやフォローが評判だったり、サービスによってそれぞれに特徴があります。

①パソナキャリア

パソナキャリア

個人的にはパソナもおすすめ。フォローは一番手厚いと思う。あと、他エージェントはマッチングしてない企業も案内してくるが、ここはそういったことはない。

面接が苦手だったが担当のアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれ、模擬面接もしてもらって、実際の面接でも緊張せずに済んだ。アピールポイントを的確に指摘してもらって、その部分を徹底してアピールした結果、希望していた企業に転職できた。

パソナキャリアの担当の人がいつも笑顔で対応してくれて、ちょっとしたことでもすぐに話を聞いてもらった。大人になってから進路相談する相手がなかなかいないので、自分自身のキャリアプランを考える手助けをしてもらって助かった。

パソナキャリアは、豊富な求人から個人に合った企業を紹介する提案力、履歴書の書き方や面接に関するアドバイスなどフォローの手厚さに定評があり、転職が初めての人おすすめです。

②リクルートエージェント

求人の質がよく、数も多い。どんな応募でも担当エージェントで一本化できるから管理が楽だった。マッチングも上手くて内定導いてくれたのはリクエー。エージェントが、こういうこと言ったら落ちますとか、こういうこと言うといいです、とかも教えてくれた。

ここのエージェント使って良かったと思えるのは、自分の考えていないような業界紹介してもらえたことだな。自分一人だけなら、絶対選ばなかったような業界を理由をもって紹介してくれたことは参考になった。あと、企業との調整とかやってくれるのも有り難かったし、面接合格率や他のライバルの情報も貰えたのがありがたかったな。

リクルートエージェントは、求人数が業界トップクラスで、ブランド力も高く、必要なことをズバリ言ってくれる優秀な人材が多い転職エージェントのようです。

③ランスタッド

キャリアを積んでハイクラスの社員になりたい人向けだなと感じた。担当者が、企業の情報について一般で公開されていないような入社後の業務についても細かく知っていてとても頼りになった。

他社エージェントからは、上から目線でもうちょっとハードルを下げて求人を選んでいきましょうと言われたが、ここは自分のハードルを下げることなくコンサルも丁寧なサポートをしてくれた。チャレンジすることもなく初めから決めつけられるのは嫌だったので、自分には合っていた。

ランスタッドは、ハイクラス転職に向いており、業界に造詣が深いコンサルタントによる丁寧なサポートが受けられると評判です。

外資系やグローバル企業への転職支援にも定評があります。志が高く妥協したくない人に向いているようです。

④マイナビエージェント

直接企業側には聞きづらいことも、エージェントが企業への確認はもちろん過去の成約実績などからも情報提供してくれた。最も嬉しかったのはその点を自分が気にしているということを企業側には伝えず情報収集してくれた点。とても親切な担当だった。

マイナビのコンサルタントは転職に対しての本質的な軸を「給与にするか」、「将来の安定なのか」、「キャリアアップを目的とするか」、「自分へのチャレンジ(ベンチャーなどの激務企業)」などのどこに置くかをちゃんと決める手伝いをしてくれた。

20代前半の私に上からになることは一切なく視点を同じくして、まるで学校の先生のような感じで接してくれたので助かった。

マイナビエージェントは20~30代向けで、転職経験が少ない人でも安心な丁寧なサポートが受けられるといった声が多数あります。

大手と比べると登録者数が少ない一方、登録者一人ひとりにかける時間を多く設けており、利用者満足度が高いサービスです。

⑤【20代におすすめ】DYM就職

長い間フリーターをやってたが真面目に転職したくなり、フリーターに特化した転職サイトということで選んだ。学歴やスキルがなく他のエージェントではなかなか面接までたどり着けなかったが、DYMなら書類選考なしで面接まで進められるのでその分チャンスも広がった。

担当者が冷静に話を聞いてくれて、アドバイスもいくつかしてもらった。

二十代のバリバリ稼ぎたい!キャリアを積みたい!といった若くて貪欲な層をターゲットにしているとはっきり言ってたが、アラフォーの自分にも、こちらの要望を聞いたうえで複数求人を紹介してくれた。

DYM就職は、社会経験が少ない人向けの転職サイトで、書類選考なしで面接まで進めるスピード感が強みです。フリーターから正社員になれたとの評判が多いです。

⑥【20代におすすめ】ハタラクティブ

アルバイトや派遣ばかりしてて諦めかけてたが、しっかりサポートしてくれた。たぶん他の転職エージェントでは経歴的に足切りにあっていると思う。

勤務経験ありの場合の面接の心得などレクチャーしてもらってなんとか転職できた。質の高いサービスが全て無料で教授できるのは大きい。

新卒で就職しなかった私に向いていると思い、利用しました。良いと思う点は、求人の数が多いことです。正社員の仕事を中心に、契約社員、紹介予定派遣の求人もありました。

ニートだったので履歴書の書き方からサポートしてもらって助かったし、ここで決まった仕事で職歴つけて次もっと上目指すつもり。

ハタラクティブは経歴を問わない求人が多く、未経験者やスキルに自信のない人に向いている、20代限定の転職エージェントです。

ニートの人でも丁寧なサポートを受けて就職する意欲がわくと好評を得ています。

転職2chスレの成功談はモチベが上がる!諦めずに転職活動を続けて

転職に関する成功談・失敗談などの書き込みを見ていると、現状を嘆いたり、将来を悲観したりして転職を決意する人が多く見受けられました。

転職して「年収は下がったがストレスが減って幸せ」「キャリアアップできて満足している」といった喜びの声の一方、何となく転職してブラック企業に当たってしまったなどの声もあります。

転職を成功させた人たちに共通していたのは、諦めずに行動し続けた点でした。

失敗する恐れを考えると、転職への一歩を踏み出す決意が鈍ります。

そんなときは転職を成功させた人の成功談を読み、「自分もいつかこうなるぞ!」とモチベーションを向上させ、諦めずにチャレンジし続けることが重要です。

転職の失敗を防ぐには、転職エージェントへの登録が不可欠です。何となく転職をしようと考えていても、担当のキャリアコンサルタントが丁寧に面談して志望動機や将来のキャリアを一緒に考えてくれます。

転職エージェントを利用する際は3社以上に登録し、求人や担当からのアドバイスを比較しながら活動すると成功率が上がります。気になるエージェントがあったら複数に登録をして、チャンスを広げていきましょう。