転職して半年で仕事を辞めても大丈夫?退職前に考えたいことと再就職を成功に導くポイント

転職先選びに失敗して、転職から半年で退職したいと思う人は確かにいます。

転職活動では、企業側は会社の良いところを見せようとするものです。

実際に入社したら「サービス残業が当たり前だった」「パワハラが常態化していた」「休みが取れない」と、ギャップに驚くことは珍しくありません。

この記事では、転職から半年で辞める人の辞職理由や、転職半年で再転職する際のコツなどを紹介します。

転職して半年で辞めたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職して半年で辞めること自体は悪くない!まずは半年で退職したい理由を考えよう

半年でまた転職したくなる理由は何でしょうか?理由をはっきりさせないと、再転職に成功してもまた辞めたくなると思ってしまうかもしれません。

転職して半年も経たないうちに、また転職したいと考えている人はまず、その理由を自分の中で整理しておきましょう。

ここでは半年で転職したいよくある理由と、今後の対策を紹介します。

半年で転職したい理由①:仕事ができない・ミスばかりしてしまう

転職先の業務が想定していたものと異なり、ミスばかりしてしまうと「こんなはずじゃなかった」と落ち込んでしまいます。周囲からは「あの転職組、仕事できないな」と白い目で見られます。

ミスばかりするときは、すぐに辞める決断をする前に、前職のやり方や入社前の幻想を捨てて仕事のやり方を変えてみましょう。新卒の頃に戻った気持ちになり、上司や周りの人に相談してみるとよいでしょう。

ただ、特殊な知識が必要なのに周りのフォローが得られないブラック的な企業の場合もあります。その際は転職して環境を変えるのも一つの選択肢です。

同じ業種でも、仕事のやり方を教えてくれる温かい職場に転職すれば、モチベーションが高まって活躍できるようになるでしょう。

半年ですぐに転職する際は、今度こそ転職先選びを失敗しないよう、転職エージェントへ相談してみるのがおすすめです。

転職エージェントは各企業と太いパイプを構築し、各職場の雰囲気をよく知っています。

半年で辞めるのは我慢が足りないと、無理に居続けるのは危険です。心身共に疲弊し、気づいた時には精神的に追い詰められ、転職活動どころではなくなってしまうかもしれません。

「石の上にも三年」と言いますが、同時に「生理的に受け付けない」という言い方もあります。転職先の職場が自分に合っておらず、努力だけでは改善できないと見込まれる場合は、早いうちに見切りを付けましょう。

半年で転職したい理由②:職場に馴染めない

前職の経験が長ければ、新たな職場に慣れるのはそれだけ時間がかかるものです。

「社風」という言葉があるように、会社ごとには人と集団のカラーがあります。入ったばかりで前職の色がまだ残っている転職者は特に、最初のうちは馴染めなくて当然です。

ここでも、前職で染み付いたやり方を一新し、コミュニケーションの取り方を変えてみることをおすすめします。

あいさつが重視される職場もあれば、メールより電話連絡を好む職場もあります。あるいは、古い雰囲気が残る職場なら、飲み会が重視されることもあります。

半年で転職する前に、今いる職場の雰囲気・作法をよく観察し、自分もそのやり方に馴染めるかじっくり考えましょう。

職場に馴染めないと思うのは、まだ人間関係が構築できていない証拠です。馴染めないから半年で辞めたいと思ったら、人間関係を改善できないか検討してみてください。

一方、職場の人と話していて、会話が弾まない・嫌気がさしてくる・会話内容が下品など、改善が不可能と判断できるケースでは、半年でも転職を検討した方がいいでしょう。

転職入社組に厳しく、仕事を妨害するなどの嫌がらせをしてくることもあります。このような場合は、転職エージェントへ相談し、新しい職場で活躍できる機会を作り直すべきです。

半年で転職したい理由③:妊娠や親の介護などのライフイベントが発生した

転職して半年で妊娠や親の介護が必要になり、せっかく憧れの職場に入ったのに辞めざるを得ない事態になることも想定されます。

日本には産休制度や「育児・介護休業法」が整備され、労働者は産休・育休・介護休暇を取得する権利があります。当然、企業は社員の休暇制度を整えているはずです。

妊娠や介護など、どうしても休まなければならない事情が発生したら、「休暇を取得できるか」「休職できるか」を上司や人事部門に相談しましょう。

しかし、転職先がベンチャーやブラック企業だったら、休暇制度は形だけで実際には取得できない事態もあります。

中には「転職してきて半年も経たないのに休むのか」と、堂々とハラスメント的な言い掛かりを付けてくる職場も存在します。

法で規定された休みを取るのに嫌みを言われる職場だったら、「むしろ転職半年で気付いてよかった」とプラスに捉えましょう。早晩、同じような問題に遭遇していたはずです。

この場合も、転職エージェントへ相談し、転職をおすすめします。転職エージェントはそれぞれの労働環境もよく把握しているため、あなたが必要としているサポートを受けられる職場を紹介してくれるでしょう。

半年で転職したい理由④:うつ状態になってしまった

新しい職場に慣れるのは気を使い、精神的に疲弊します。雰囲気の良い職場なら、少しずつ本音も話せるようになり、居心地が良くなるものですが、転職先がそのような環境とは限りません。

あるいは、転職して環境が変わったことで、プライベートにも変化が訪れ、精神的に重荷になることもあります。

特に新しい職場が、パワハラ・長時間労働が常態化しているケースでは、誰にも相談できず自分の中に鬱屈したものだけが溜まっていきます。

転職して半年で、うつ状態になることは珍しくありません。むしろ、環境が激変したからこそ、うつ状態になりやすいともいえます。

うつの治療には医師や周りのサポートがです。うつ病と診断されたら、すぐに休職手続きを取り、うつの原因が転職先の環境にあるなら、再転職を検討すべきです。

休職してゆっくり心身を休め、その間は焦らず情報収集だけ行えば良いです。焦って心を病んだまま次の職場を見つけても、ちょっとしたことですぐ出社できなくなってしまいます。

医師の助言のもと、転職活動に心身共に耐えられるまで回復したら、転職活動を始めましょう。その際は、二度と職場選びに失敗しないよう転職エージェントの活用を強くおすすめします。

転職活動では、面接でうつ病であることを説明すべきか迷います。あえて言う必要はありませんが、転職先に精神疾患を抱えた社員のサポート制度があるのかは確認しておきましょう。

面接で虚偽の説明をしてはいけないので、面接官から既往歴を仮に問われたら、うつ病のことを明かせば良いです。

うつ病のことを話した上で採用してくれる会社なら、手厚いサポートも期待してくれ、勤務においても配慮してくれるかもしれません。

半年で転職したい理由⑤:自分のやりたい仕事と違う・キャリアアップが見込めない

転職先の業務内容について、入社前後でギャップを感じることは確かにあります。あこがれて入った職場なのに、実際はまったく違い業務だったと失望するケースです。

スキルやキャリアをアップしたくて転職したのに、実際にはスキルが全く求められない職場だったと失望することもあります。

ただし、転職して半年なら、もう少し状況を見極めてみる努力はしてみてください。「しばらくはお試し雇用」と言って、会社側が簡単な業務や、あえてつまらない業務を任せているかもしれません。

この場合、もう少し会社にいれば自分のやりたい仕事や大きなプロジェクト、高度なスキルを求められる業務を任されるかもしれません。

意見の言いやすい職場なら「もっと自分のやりたいことをやらせてください」と直訴するのも1つの手です。

一方、職場の雰囲気を見定めても「ここでは自分の望む仕事はできない」と判断したら、早めに見切りを付けましょう。

見切りを付けたら、次こそは自分のやりたい仕事に就けるように、情報収集や入念にやってください。自分だけでは限界があるので、転職エージェントへの登録をおすすめします。

半年で転職したい理由⑥:なんとなく転職したい

転職して半年なのに、何となく転職したいと考えているなら、そもそも今選んだ転職先も何となく決めていると思われます。

何となく今の職場を選んだのなら、仕事もおもしろくなく、やりがいも感じられないのではないでしょうか。

転職を短期間で何回も繰り返すと、本当に就きたい仕事を見つけた際に転職活動で不利になります。何となく転職を繰り返すのは得策ではありません。

自分が本当は何を望んでいるのか、自己分析が不十分なのかもしれません。自分だけで思考を突き詰めるのが難しいなら、転職エージェントにまずは登録しましょう。

いまは「何となく転職したい」と思っていても、転職エージェントと話す中で自分が望む、自分の将来像が見えてきます。

自分の将来像が見えてきたら、そのビジョンに適合した職場に転職を狙ってみましょう。

転職して半年で辞める3つのリスクと対処法

転職して半年でまた転職すると、いくつかのリスク要因が発生します。

「飽きっぽい人」「すぐに辞める人」などネガティブなレッテルを貼られることがほとんどです。ここでは転職して半年で辞める際に発生する3つのリスクと対処法を紹介します。

この項目を読んで、転職して半年で辞める前にリスクに備えておきましょう。

半年で転職するリスク①:再就職が不利になる

一般的に、転職して半年でまた転職活動すると「またすぐ辞めるのでは」と面接官に悪い印象を与えます。

会社もコストをかけて人材育成するので、すぐ辞める人は採用したくありません。採用で不利になるのは、覚悟しておいた方がいいでしょう。

面接では「退職理由」を必ず聞かれます。不利な状況を少しでも緩和させるには、面接官が納得する退職理由を言えるか勝負です。

特にあなたが若いなら、「半年」という期間よりも熱意を買ってくれる場合もあります。年齢を重ねているなら、理路整然と先を見据えた事情を示し「だから半年で辞め、御社に入りたい」と前向きな理由を示せば、マイナスにはなりません。

この時、転職の理由がネガティブなものであっても、ポジティブな言い方に変えてください。例えば前職がサービス残業だらけだったら、「御社なら前職よりも生き生き働ける」などと言い換えるのです。

言い換えが不可能なほどネガティブな理由で転職するなら、改善の努力を尽くしたが報われなかったと冷静に説明しましょう。

半年で転職するリスク②:転職先が決まらず、通常の転職よりも期間が長くなる

先ほど述べたように、転職して半年でまた転職する際は、ある程度不利に働くのは覚悟しなければなりません。

特に30代など、ポテンシャルを見込んで採用される年齢を超過しているなら、転職活動はより長期化します。

書類選考や面接は第一印象が重要です。採用担当者がまず目にするのは、「30代で半年で退職」という表面的な部分です。印象が良くないのは明らかです。

悪印象を払拭し、書類選考を突破するには履歴書と職務経歴書の書き方に工夫が必要です。嘘を書いてはいけませんが、できるだけポジティブな印象になるよう書かなければなりません。

運良く面接までこぎ着けても、履歴書・職務経歴書を見ながら質問してくる面接官は、「なぜ前職を半年で辞めるのか」と聞いてくるでしょう。

この時も、面接官を納得させる自己PR力やプレゼン力が求められます。通常より転職活動のハードルがグッと上がるのです。

転職活動が長期化すれば、生活資金が不足する事態も起こり得ます。精神的に追い詰められ、また不本意な転職をするリスクもあります。

半年で転職する際のハンデを克服するためには、履歴書や面接などに特別な対策が必要です。自力では限界があるので、転職エージェントの履歴書添削や面接指導サービスを利用しましょう。

転職エージェントは、あなたの転職活動のサポートする転職のプロです。もちろん、半年や1年などの短期間で転職を繰り返してしまう人の支援にも長けています。

半年で転職したい自らの事情を説明し、履歴書や面接でどのようにアピールすれば不利にならないか、転職エージェントと入念に打ち合わせしましょう。

半年で転職するリスク③:金銭面での負担が大きくなる

前述の通り、半年で転職するのは、転職活動に不利に働く覚悟が必要で、長期化する恐れもあります。長引けば生活資金が足りなくなる事態も想定されます。

このため、転職活動は在職中に行うことをおすすめします。在職中であれば、今まで通り収入を得られるので、気持ちに余裕が生まれます。

一方で「今の仕事が忙しすぎる、残業だらけだから半年で転職したいんだ」など、転職活動に時間を割けず、辞めてスッキリしたい人もいるでしょう。

しかし、多忙でも現職を辞めて転職活動だけに集中するのはおすすめできません。忙しい人こそ、転職活動は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは、求人紹介や履歴書の書き方、面接の日程調整など、転職活動で手間がかかる部分を無料でサポートしてくれます。

転職して半年以内に退職しても転職成功できる!ポイント4つ

転職から半年以内で退職した場合、転職活動である程度は不利に働きます。採用担当者から見れば、短期間で転職を繰り返す人は「またすぐ辞めるのでは」「忍耐強くない人かな」と不審がられるためです。

ただし、転職して半年以内に退職しても、転職が不可能なわけではありません。ここでは、転職して半年で再転職する際のポイントを4つ紹介します。

転職を成功させるポイント①:自己分析をしっかり行う

転職して半年で退職する場合、その仕事が自分に合っていないか、自分の望む仕事ではなかった可能性があります。

つまり、何となく転職した結果、間違った転職先を選んでしまったのです。

次の転職先選びで失敗を避けるためには、「自分が何をしたいのか」「自分の求める将来像は何か」を明らかにする自己分析が不可欠です。

求めるのは、給料や休日などの待遇改善なのか、やりがいなのか、社会的地位なのか。自分が「仕事に求めること」を列挙し、優先順位を付けてください。

次に、自分の持つ能力やスキルの棚卸しをします。仕事に求める条件に対して、自分の能力が適合しているのか、マッチングさせます。

求める条件に対して、自分の能力・スキルが足りないなら、まずはスキルアップできる職場に転職するのも1つの選択肢です。もちろん、最初からいきなり求める条件の職場にエントリーするのも悪くはありません。

「仕事に求めるもの」と「自分の持つスキル」の整理をしないまま転職活動をすれば、また想定と違う職場に就職し、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうでしょう。

転職を成功させるポイント②:半年で退職した理由は前向きに伝える

転職時は面接で、転職理由を必ず聞かれます。特に半年で退職して面接に来た人には、入念に退職理由を質問される可能性があります。

この際、ネガティブな退職理由であっても、前向きに言い換えて答えよう務めてください。例えば、職場の人間関係に馴染めず転職するなら、「チームワークを活かして働きたい」と説明する方法が一案です。

前向きに説明できれば、面接官に好印象を与えられ、意欲的だと思われるでしょう。

仮に「ネガティブな理由を言い換えているな」と気付かれても、言い換える努力をする=気を使える、ことは伝わるので悪い印象は与えません。

転職を成功させるポイント③:在職中に転職活動を始める

転職活動は、在職中に行うことをおすすめします。退職後に転職活動すると、収入が途絶えるため、焦って転職活動をする羽目になります。

焦って転職活動すれば、転職にまた失敗するリスクが増大します。半年で転職する主因は、転職先選びの失敗です。同じ過ちを繰り返さないためにも、焦って転職しないよう努めましょう。

転職活動は、面接へ行く交通費や勉強のための書籍代など出費がかさみます。金銭的に安定した生活を継続し、精神的に余裕を持った状態で転職活動に臨んでください。

転職を成功させるポイント④:転職エージェントを利用する

転職活動は、求人の情報収集、履歴書・職務経歴書の作成、応募、面接の日程調整、内定後の条件交渉など、自力では難しい対策がいくつもあります。

特に在職中の転職活動は時間に制約があるので、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは、上記に挙げた転職の手続きをサポート・代行してくれる転職のプロです。無料で転職活動を助けてくれる心強い存在で、自己分析やキャリアの棚卸しも手伝ってくれます。

半年で転職したいなど、短期間に転職するのは、自己分析が不十分な場合がほとんどです。自己分析は自分を客観的に見る力が必須であるものの、一朝一夕に身につくものではありません。

それでも転職活動は容赦なく訪れるので、転職エージェントの力を借りて「自分が望む将来像」「自分の強み・弱み」を整理してもらいましょう。

その上で、履歴書や職務経歴書の添削、面接突破のコツなどを教えてもらえれば、対策はばっちりです。半年で転職するハンデも克服できるでしょう。

転職エージェントの中には、特定の業種に特化したものもあります。複数のサイトに登録し、自分の希望をかなえてくれる求人があるか見極めてください。

転職して半年後に再転職!年代別に注意点をまとめ

転職して半年で再転職するのも、年代によって事情が異なります。ポテンシャルを重視される20代と、即戦力を求められる40代では、半年で転職する事情の深刻さが異なります。

ここでは、転職から半年で再転職する際の注意点を年代別にまとめています。

20代が気を付けたいポイント

20代は「第二新卒」と呼ばれるレンジがあるように、転職活動ではポテンシャルを重視されます。

確かに転職して半年で再転職するのは、「飽きやすい性格」「辛抱が足りない」と思われるリスクがあります。

ただし、「育て方によっては活躍してくれそう」「他の会社を知っているなら経験も豊富だろう」とプラスに捉えられることもあります。

面接でネガティブ・ポジティブのいずれに捉えられるかは、面接官によって異なります。このため、面接はニュートラルな気持ちで臨むことが大切です。

若い転職者にありがちですが、前職の愚痴は決して言わないようにしてください。新卒時の就職活動と同様に、希望とやる気を伝えましょう。

前職の退職理由も前向きな言い回しに変えて伝えてください。

30代が気を付けたいポイント

30代は、ポテンシャルとスキル・キャリアの両方を期待される年代です。

30代の転職希望者を面接する会社は、若い人材の柔軟性と、スキルを見込んだ即戦力の両方を基準に採用選考します。あるいは、幹部候補を採用したいと考えているケースもあります。

この時、半年で退職して面接に来た人候補者について、会社の見方は二分されます。

会社が柔軟性や幹部候補を求めているなら、30代で半年で退職してきた人は不利になります。一方、切迫した事情で即戦力を求めている会社なら、不利にならない可能性があります。

ただし、後者の場合は、そもそも人材を使い捨てにするブラック企業かもしれません。

半年で退職し、再転職する30代は、転職活動ではある程度不利になることは覚悟しつつ、入念な対策を練ってから臨みましょう。

退職理由を理路整然と説明し、面接官を納得させることが大切です。その際も、20代と同様、前職の愚痴は言わない方が無難です。

40代が気を付けたいポイント

40代で転職から半年で再転職する際、スキルを十分に発揮できる職場を探すことが重要です。

企業が40代に求めるのは、チームをまとめる力と即戦力です。会社は転職希望者がすぐに活躍してくれるのか、かなりドライな目で見ています。

この際、半年で退職はあまり重視されません。会社側も「40代にして半年で転職するのは、深い事情があるのだろう」と考えるためです。

ただし、会社はもはや、40代を丁寧に育てようとは思いません。能力を厳しく査定され、入社後に即座に活躍できないと判断されれば、容赦なく不採用にされます。

40代の転職なら、面接を受ける先の企業がどんな人材を求めているのか、転職エージェントを活用するなどして入念に調べてから挑んでください。

その情報を基に「私は御社が求める能力を備え、チームをまとめる力があります」と自信を持ってアピールしましょう。

女性が気を付けたいポイント

女性が半年で退職し再就職するのは、キャリアアップを望むほかに、育児などの家庭の事情が背景にあるケースもあります。

育児などの家庭の事情で、半年で別の仕事を選ばなければならなくなった際は、転職希望先の従業員の女性比率をチェックしてください。

女性社員の比率や女性幹部の比率が極端に低い企業なら、そこが望む業務内容でも入社しない方が無難です。女性への配慮に欠け、育児と仕事を両立できない危険性があります。

反対に、女性の割合が高い企業は女性の労働環境も整っている可能性が高いです。入社後、仕事と家庭を両立しながら、キャリアアップを望めるでしょう。

育児など家庭の事情で、半年で半年で退職した場合は、再就職で特にネガティブに捉えられることはありません。

転職後半年で辞めたい人におすすめの転職エージェント

転職後半年で退職し、再転職する際は、入念な準備と対策が不可欠です。

思うままに丸腰で転職活動に臨むと、「なぜ半年で辞めたの」といった質問に対し、面接官に納得のいく答えを提示できません。

その点、転職エージェントに相談すれば、半年で転職する際のデメリットを緩和・克服し、次こそは良い仕事に就けるよう全力でサポートしてくれるでしょう。

ここでは、代表的な転職エージェントを4つ紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、16,000件以上の取引実績をもつサポート経験が豊富な転職エージェントです。非公開求人が全体の80%なので、登録しないと見られない求人がほとんどです。

登録後はキャリアアドバイザーと面談し、求職者の経歴・スキルを整理します。その上で、転職先に望むポイントを詰めていきます。

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーの懇切丁寧なサポートに定評があります。

転職して半年の再転職は、先ほど述べたように丸腰では必ず不利になります。キャリアアドバイザーの助言を得て、履歴書・職務経歴書・面接対策を万全にしましょう。

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職エージェント業界で最大級の求人数を誇ります。公開・非公開求人は合わせて20万件以上です。

全国16か所の拠点もあり、日曜日もキャリアアドバイザーとの面談できるので、在職中の転職活動に最適です。

また、「面接力向上セミナー」を全国各地で開催するなど、サポートに力を入れています。

キャリアアドバイザーが企業側の視点から面接のシミュレーションをする無料のセミナーで、半年で転職活動をする際の面接対策に適しています。同社公表のデータによると、面接力向上セミナー受講者の満足度は97%、面接通過率は17%も向上しています。

セミナーやキャリアアドバイザーとの面談を通して、半年で転職する理由や自己PRを整理できるので、転職して半年で再転職するマイナスイメージを克服できるでしょう。

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは1960年にオランダで創業し、現在は世界中で人材派遣サービスを展開しています。ランスタッドの特徴は2種類の転職プランを用意していることです。

一つ目は5年後、10年後を見据えた「キャリアアップ転職」、もう一つは管理職クラスの転職を助ける「プロフェッショナル転職」です。あなたの転職目的に合った選択をしましょう。

転職して半年で再転職する際は、自らのキャリアプランを明確にすることが必須です。ランスタッドの2種類の転職プランは、キャリアプランを熟考する契機になります。

外資系企業の求人にも強いので、国内企業の文化が嫌で半年で転職する場合は、外資系や海外転職の相談をしてみるのも1つの選択肢です。

ランスタッドの公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはイギリスで創業した外資系転職エージェントです。イギリス、ドイツ、アジア8か国に独自のネットワークを築き、海外企業への転職を考えている方に特におすすめです。

英文のレジュメ作成などのアドバイスもしてくれるので、海外転職に初挑戦する方におすすmです。

求人は、国内の大手企業はもちろん、外資系・海外進出企業などが豊富で、ほかの転職エージェントにはない求人もそろえています。

コンサルタントは600名以上おり、全員が高い専門性を持っているスペシャリストです。専門業界に籍を置いていたコンサルタントも多く、業界の専門知識を持っています。

半年で退職し、別の会社に転職する人で、海外・外資系企業への転職を目指す人におすすめです。

登録する(無料)

転職後半年での転職はエージェントを活用しよう

希望を持って転職したのに、入社した先が想定と違う事態は良くあります。「石の上にも三年」とは言いますが、どうしても自分に合わないなら、半年でも再転職を検討すべきです。

ただし、丸腰で転職活動に臨めば「半年しか経験していないのに、もう転職するのか」「うちも半年で辞めるのでは」と採用担当者に不審がられ、転職活動が不利になります。

転職活動が長引くと気分は落ち込み、精神的に追い詰められる懸念もあります。

転職後半年で再転職するなら、こうしたリスクを避けるために転職エージェントの活用は不可欠です。転職エージェントは、半年で辞める理由を整理し、キャリアプランも一緒に考えてくれます。

転職エージェントを活用して、半年で辞める負の印象を克服し、次こそは最高の仕事に就きましょう。