成功者の「転職の決め手」とは?転職活動前に知っておくべきポイント3つ

転職の決め手となったのは、以下の3つです。

  1. 業界の将来性
  2. 企業のブログやTwitterの発信内容
  3. 面接時の社員の服装や雰囲気

この3つは、転職に成功した人の転職の決め手なので、転職しようか迷ったときに考えたいものになるでしょう。

この記事では、転職に成功した人が、どんな決め手で成功させることができたのかについて、詳しく解説しています

記事の最後には、転職を成功させる上で活用したい転職エージェントについて紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職したい動機は大きく分けて2つ!それぞれで異なる「決め手」とは?

転職したい理由は、細かく分ければたくさんありますが、大きく分ければ2つしかありません。「ステップアップしたい」前向きな転職なのか、「今の職場から逃れたい」後ろ向きの転職なのか、です。

転職の決め手はいくつかありますが、まずこの動機別に、見るべきポイントをお伝えします。

ステップアップしたい転職の「決め手」とは?

転職をしたいと思っている人の中には、「スキルアップのために新たな職場にチャレンジしたい」「新しい環境で自分を試してみたい」といったように前向きな理由の人も多いでしょう。ずっと憧れていた業界へのチャレンジを考えている人もいるはずです。

こういった前向きな理由は、後々後悔する可能性は低い傾向にあります。前向きな理由ということは、今までにも「チャレンジしたい」という思いを抱えてきたでしょうし、それを叶えるための準備をしてきているのではないでしょうか。一時の気持ちで「転職をしよう」と考えているわけではないでしょう。これは、転職の決め手となるはずです。

そして、この前向きな転職を叶えるためには、それを叶えてくれる環境を望む必要があります。どんなにスキルや知識を持っていても、それを発揮できない環境であればせっかくの転職も意味がありません。

転職でステップアップしたい方は、転職先が「実力主義」なのか、「年功序列」なのかを必ずチェックしましょう。それが一番の「決め手」になります。

「実力主義」か「年功序列」かを知るには、2つの方法があります。1つは企業の口コミサイト「キャリコネ」をチェックする方法です。無料で登録でき、さまざまな会社の口コミが掲載されています。転職前には必ずチェックすべきサイトです。

もう1つの方法は、転職エージェントに話を聞くことです。転職エージェントは、営業担当者のネットワークで企業と繋がっており、さまざまな企業の内情を知っている場合があります。

ただし、持っている情報量については、転職エージェントによって差があるので注意しましょう。登録すべきおすすめの転職エージェントは、記事の後半で紹介します。

今の職場から逃れたい転職の「決め手」とは?

転職を考えている人の中には、一時的な気持ち、勢いで考えている人もいるはず。こういったマイナス理由は、転職理由の決め手としては欠けるでしょう。

例えば、「職場の人間関係が悪く、この職場から逃げ出したい」「休日が少ないから、辞めたい」といった理由の人もいるのではないでしょうか。実は、こういった「この場から逃げたい」といった理由で活動をしてしまう人の中には、後々後悔してしまう人が少なくありません。

一時的な気持ち、勢いで活動をしてしまう人の多くは安易な行動をしてしまい、その結果希望する職場を見つけることができない、もしくは現職よりも悪い環境、悪い待遇の企業しか見つからず、「前の職場にずっといれば良かった」と後悔してしまいます。

では、転職で後悔しないようにするためには何を決め手にすればよいのでしょうか?それは、「人間関係」や「労働環境」についての在職者の口コミを徹底的に収集することです。おすすめは上でも触れた「キャリコネ」という口コミサイトです。後ろ向きな転職の方ほど、慎重に情報収集することが必要です。

後ろ向きな転職の場合も、転職エージェントに相談することは有効です。後ろ向きな理由の場合、応募企業に「退職理由をどう説明しようかな…」と悩んでしまうと思いますが、そこも上手な説明の方法を教えてもらえます。

後ろ向きな退職で、面接が不安…という方は、次の記事も参考になります。

非公開: 転職の面接でよく聞かれる21種類の質問と回答集

全ての人が見るべき、転職成功者が「決め手」と挙げたポイント3つ

前向きの転職でも、後ろ向きの転職でも、どちらの場合でも見るべきポイントは存在します。多くの転職成功者が「これが決め手になった」と挙げているポイントを紹介します。

①業界の将来性

新たな職場探しの決め手として、企業の将来性をチェックすることも大切。活動をしていると、ついつい目先のことしか考えられなくなりますが、仕事はこれから先何年も続きます。それを考えると、数年後この企業はどうなっているのか、自分はどんな状況になっているのかも考えてみましょう。

数年後、ITの波に飲まれ仕事がなくならないか、この業界は将来性があるのか、などを具体的に考えていくことで、数年後の自分自身もよりリアルに想像できるはずです。

企業の将来性は、あなたの生活にも大きく影響してきます。万が一、企業が倒産なんてことになれば、「あの時、転職なんてしなければ良かった」と後悔することになりますから、企業の将来性は転職の大きな決め手。数十年後も、成り立つ業界、業種であれば、あなたの数年後の生活も安泰です。

また、あなた自身の将来性も考えておく必要があります。その企業に入り、仕事を進め3年後、5年後、あなたが希望するポジションで仕事ができるのか、収入を得られるのかなども考えた上で判断することで、数十年後も満足できる転職が叶えられるはずです。

企業情報を集めることで、収入アップが望める企業なのか、スキルアップできる企業なのかも確認することで、自分にとって相応しい場所なのか、決め手が見つかるでしょう。

②企業のブログやTwitterの発信内容

現在では、企業ブログやTwitterをやっているところが増えてきています。実は、このSNSの情報も転職の決め手の判断材料となります。

これらのSNSでは、企業がどんな理念をもっているのか、どんな社風なのかも知ることができます。中には、社員のブログなどもあり、これらの情報から職場の雰囲気なども判断することができるでしょう。

中には、社長がブログをやっているところもありますから、社長ワンマン企業なのかも判断することができます。社長の権力が強すぎる企業は、どんなに実力があっても、良いアイディアがあっても、通らないこともあるため、あなたの思うような仕事ができないかもしれません。

企業のSNSからは、思っている以上の情報を集めることができますから、これらをチェックすることで新しい職場としての決め手が見つかる可能性が高いでしょう。

③面接時の社員の服装や雰囲気

活動中には、面接で企業に足を運ぶことになります。実は、この面接はあなたが企業から見られ判断されるだけでなく、あなたにとっても企業を判断することができる大切な時間です。

面接というと、ついつい「採用を勝ち取ろう」と気がいってしまいますし、緊張で余裕がなくなるでしょう。しかし、あなたも職場を選ぶ権利があるわけですから、ここでもたくさんの情報をつかみましょう。

まず、面接では実際に働いている社員と接することができます。そのため、社員がどんな服装をしているのかをチェックしてみることがおすすめ。当然ですが、清潔感がなく、だらしない服装の社員ばかりの企業であれば、先行き不安です。清潔感ある服装で、きちんとした身だしなみの社員が多ければ、安心して働ける環境といえるでしょう。

また、面接会場に向かう際に社内を通る場合には、社内の雰囲気をチェックしてみましょう。社内の雰囲気というのは、意外と様々な情報を得ることができます。

シーンとしていて、張り詰めたような雰囲気であれば、社員同士のコミュニケーションがなく、働きにくい環境といえますし、和気あいあいと楽しそうに仕事をしているようであれば、あなたにとっても楽しく働ける環境となるはずです。

上司と部下の会話を確認すれば、どんな上下関係を築いている企業なのかを知ることができるでしょう。部下が常に上司にペコペコと謝っていたり、上司が怒鳴りつけているような職場であれば、「こんな環境で働きたくない」とすぐに判断できるはずです。

面接に行く際には、あなたにとっても企業を選ぶ時間と考え、様々な情報をつかみましょう。そうすれば、あなたにとってその職場が相応しいかどうか、決め手を見つけることができるはずです。

転職先の内定が複数出た時、選ぶ決め手は?

活動をしていると、気になる求人が数社同時に見つかることがあります。もちろん、応募する企業は1社に絞る必要はありません。効率的に活動するためには、同時に複数社応募しておいた方が採用を早く勝ち取ることができるでしょう。

しかし、同時に内定が数社出た時には迷う人が多いでしょう。「どちらも希望していた企業だから、選べない」と思う人が多いのではないでしょうか。

そんな時には、まずあなたにとって仕事をする上で何を重視するのかを考えてみましょう。例えば、同じ業界であっても、仕事内容を重視する人もいれば、収入重視の人もいるはず。待遇よりも、憧れの業界への仕事を選びたいという人もいるでしょう。憧れの業界は捨てがたいけれど、「やっぱり、収入アップを叶えたい」と収入重視する人もいるはずです。

あなたにとって何が譲れないものなのかを考えることで、どちらの企業があなたに相応しいのか見えてくるでしょう。

何を重視するのか、優先順位をつけておけば、迷った時にも判断しやすいはず。転職の決め手は、人によって異なるものですから、あなたにとっての決め手をしっかりと決めておくことも大切です。

転職の決め手となるポイントをチェックするには「転職エージェント利用」が必須

一人で活動をするというのは心細いものですし、自信がない人も多いでしょう。「自分で希望通りの企業を見つけられるだろうか?」「何を決め手とすればよいのか、自分では判断できない」と不安を感じる人もいるでしょう。

そんな時には、転職エージェントを利用することがおすすめ。エージェントには、経験豊富な転職のプロがいますから、あなたの強みや決め手を見つけ、あなたに相応しい求人を紹介してくれるでしょう。そして、スムーズに活動ができるようにバックアップしてくれます。

何よりも、困った時にプロに相談できるというのは心強いはずです。的確なアドバイスを受けることができれば、自信をもって活動をすることができるでしょう。

では、おすすめのエージェントをご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

転職をする上で、充実した転職サポートを受けたい人は、パソナキャリアがおすすめです。

40,823件の公開求人を扱っており、国内でもトップレベルの求人数ですが、それ以上にサポート力の高さに強みを持っています。

2019・2020年と、オリコン顧客満足度調査において、1位を獲得しています

実際に利用した人も、

45歳 男性 製造業

履歴書や職務経歴書の添削を、大変丁寧に行っていただきました。面接対策も、非常にためになるアドバイスばかりで、本当に良かったです。

40歳 女性 アウトソーシング会社スタッフ

パソナキャリアは、転職活動におけるサポートがかなりしっかりしていると感じました。アドバイザーの対応も非常に良く、次もまた利用したいと思いました。

など、パソナキャリアのサポート力の高さを評価していました。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職活動において、十分な情報収集を行いたい人におすすめです。

まず、扱っている公開求人が17万件以上、非公開求人が16万件以上と、国内最大の求人数です。

また、あらゆる企業の情報(内部情報や、転職者情報など)についても非常に詳しく、専任のアドバイザーがサポートしてくれます

実際に利用した人も、

35歳 男性 通信会社営業

リクルートエージェントは、求人の量などの情報量の多さがメリットだと思います。転職を考えている業界の市場や、企業の情報についても豊富に扱っているので、情報収集におすすめです。

31歳 女性 介護

リクルートエージェントが扱っている求人数は、非常に多いので、比べながら自分にぴったりの職場を探すことができます

など、扱っている情報量について評価していました。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラス転職など、レベルの高い転職サポートやアドバイスをもらいたい人におすすめです

オランダに本社を置き、世界中で人材紹介を行っているため、外資系などのグローバル企業への転職に強みを持っています。

日本国内にも60以上の拠点があり、それぞれで高レベルな転職サポートを受けることができます。

実際に利用した人も、

29歳 女性 マスコミ関係派遣社員

ランスタッドが扱っている求人の質は、非常に高かったです。自分にぴったりなものばかりでした。

47歳 女性 トマトの選別

企業との交渉が非常にスムーズで、すぐに転職することができました。交渉力は非常に高かったです。

など、ランスタッドのサポート・交渉力の高さを評価していました。

登録する(無料)

転職には必ず「決め手」がある。入念な情報収集で後悔のない転職を

希望通りの新しい職場を見つけるためには、どんな理由で今の職場を離れたいと思っているのかを客観的に判断すること。そして、企業に何を望んでいるのかを、はっきりとさせることで、決め手を見つけることができ、後悔のない職場を見つけることができるでしょう。

一時の気持ちだけで行動したり、単に「今の職場から離れたい」といった思いで活動してしまえば、後々「前の職場は、恵まれていたんだ」と後悔してしまう可能性があります。それを防ぐためには、しっかりと理由を見つめ直すことが必要です。

失敗しないためには、何よりも事前準備が欠かせません。勢いで行動してしまえば準備不足で失敗してしまう可能性が高いですから、なぜ今の職場を辞めたいのか、何を新しい職場に求めるのかを判断しましょう。それができたら情報収集などの事前準備を行い、活動を進めましょう。そうすることで、理想通りの転職を叶えることができるはずです。

くれぐれも、現状から逃げる様な活動だけは避けましょう。逃げる様な活動では、きっと新しい職場でも同じ不満を抱え、また新たな職場を探すことになります。そうなれば、転職癖がつき、何度も何度も新たな職場を探すことになりますから注意が必要です。