転職で内定をもらったけれど、保留したい!こんな時どうする?注意点は?

転職で内定をもらったけれど、保留したくて悩んでいる人はいませんか?

内定保留は、数日〜1週間ほどは可能です。ですが、伝え方など注意しなければいけないことがあります。

この記事では、内定保留について詳しく解説しています。

一人で解決できない場合のときの転職エージェントも紹介しているので、合わせて確認してみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職の内定保留は、どのくらいであれば可能?

一般的には、転職の内定保留は数日から1週間ほどであるとされています。

けれど、もともと転職の場合は内定から入社までの期間が短いものです。そのため企業側は、できるだけ内定を保留する期間を縮めたいと考えます。

特に急募の場合は、この考えが強い傾向がありますので、転職の内定保留を伝える際は、あくまでも「お願い」という姿勢で伝えることが重要です。

そして、転職の内定保留を伝える際も、保留後の返事を伝える際も、できるだけ早めに企業側に連絡するようにしましょう。

転職の内定保留はどのように伝えるべき?

転職の内定保留を伝える場合は、保留の理由、保留の期間、入社の意思があることに変わりがないことを伝える必要があります。

そして、内定の保留に納得してもらわなくてはいけません。それぞれ、どのようなことに気をつけながら、どのように伝えればいいのでしょうか。

転職の内定保留を申し出る理由について

他社の選考結果を待って転職活動を終えたいという状況であっても、このままを伝えれば印象が悪くなると考えて、他の理由で内定保留を申し出る人は少なくありません。

けれど、これは多くのリスクを伴うことを理解しておくべきです。

本来の理由ではない理由を伝えるので、相手に対する説得力に欠ける場合があります。また、後から嘘であったということがわかれば、信頼を失うことにもなりかねません。

ただし、だからといって「第一志望である企業の選考を待ちたい」といったような、「相手企業を滑り止めだと考えている」と誤解されかねない言い方は避けるべきです。

転職の内定保留期間について

転職の内定保留を申し出る際には、いつまで待ってもらいたいのかという希望の期限はこちらから伝えるようにしましょう。

ただ保留をお願いしたいと伝えても、いずれはいつまでなのかといったことを聞かれることは推測できます。

すぐに返答できなければ、今後、仕事のコミュニケーションを円滑に進めることはできるのかという疑問を抱かせてしまいかねません。

また、何度も保留の延長をお願いするくらいであれば、他社の選考の日程が決まっている際は、その期日をありのまま話す方が、誠意が伝わります。

もちろん他社に対しても、内定の保留を申し出ていることは伝えておきましょう。

ただし、実際に選考の日程が早まるかどうかは採用担当者の考え方次第です。

入社の意思について

転職の内定保留をこちらから申し出た時点で、申し出を受けた企業側は、内定辞退の可能性が高いというように受け取ります。そして同時に、あなたの入社意欲も低いと判断するでしょう。

そのため、転職の内定保留を伝える際は、入社意欲があることを伝えることが重要です。

内定先には今も変わらずに魅力を感じていることは必ず伝えるようにしてください。

また、他の会社も見極め、一切後悔することなく、すっきりとした気持ちで入社をしたいのだという強い気持ちも併せて伝えるようにしましょう。

転職の内定保留を申し出る際は、電話で?メールで?

転職の内定保留を伝える際は、電話で話をした方がいいです。

ただし、それまでの連絡がすべてメールであるような場合や、採用人数が多く電話をかけると相手の業務の妨げになると思われるような場合は、メールでの連絡でもいいしょう。

ただし、メールはやや一方的な印象を与えてしまいやすいですし、細かなニュアンスが伝わりにくいので、メールの文章はよく推敲するようにしてください。

メールでの連絡であることを詫びるとともに、一方的な都合で申し訳ないという一言は添えておくべきでしょう。

転職の内定保留にはリスクが伴うことを知っておく!

就職は結婚に例えられることがあります。内定の保留を申し出るとは、この例で言えば、プロポーズの返事を先延ばしにする行為と同じことであるといえるのです。

結婚をしたいと考えている相手に「他の女性(または男性)が気になるんだよね」「ちょっと結婚に踏み切れないんだ」と言われれば、相手に対する印象は変わるでしょう。

このように企業側からのあなたの評価を下げてしまう可能性が非常に高いです。

そのため、内定取り消しを言い渡されることも考慮し、そのうえで内定保留を決断する必要があります。

転職の内定保留期間が短い場合はどうする?

転職の内定保留を申し出たものの、他社の選考結果の期日には間に合わないといった状況になることもあります。

けれど、このような場合でも、定められた期限内に内定を受諾するのか、それとも辞退するのかを決断しなければなりません。

まずは、内定をもらった企業の採用通知書を熟読し、労働条件、業務内容などをよく確認しましょう。

そして、自分が希望する転職先として、どの程度、希望の条件を満たしているのかを客観的に判断しましょう。

もしも疑問点があれば、きちんと確認をとることも必要です。

焦って内定を受け入れてしまう、または断ってしまうと、自分のキャリアにとってマイナスになる事態を招いてしまいます。決まった期間の中で納得がいくまで考え尽くしましょう。

転職の内定保留後も誠意のある対応を!

転職の内定保留期間が終了すれば、承諾か辞退か、内定に関する返答をすることとなります。この際、きちんと誠意をもった対応ができるかどうかで、あなたの印象は決まります。

なかには「どうせ内定は辞退するのだから、適当に伝えておけばいい」と考えてしまう人がいるかもしれませんが、これは印象が悪くなるばかりではなく、社会人としてマナー違反です。

また将来、内定を辞退した企業と取引をすることもあるかもしれません。

直前になっての内定辞退は賠償請求に発展する恐れもあるということをよく理解し、内定を保留してもらった感謝の気持ちを伝え、誠意ある対応をとりましょう。

内定を辞退する場合

転職の内定保留を申し出て、そのまま辞退をすることを決めたのであれば、1日も早くその意思を伝えるようにしましょう。企業側は一刻も早く、あなたの代わりの人を探さなくてはいけないからです。

また、すでに入社準備を進めてくれていたり、あなたの保留の申し出のせいで、他の人の選考が遅れていたりする可能性もあります。

周囲にかけた迷惑に対して謝罪をしたうえで、「慎重に検討したが、このような結果になった」というように、といいでしょう。

電話連絡は慌ただしい時間帯は避け、できるだけ端的に伝えられるよう、考えをまとめておきましょう。

内定を承諾する場合

転職の内定保留を申し出た後に内定を承諾する場合も、1日も早く連絡をするようにしましょう。

先ほど、結婚に例えましたが、企業側としてはプロポーズの返事を待たされている状態です。

まずは、内定保留に対して理解をしてくれたことに対して感謝を丁寧に述べます。そして「1日も早く貢献できるように、一生懸命努力をしていきたい」といった決意を伝えましょう。

あなたがうまく熱意を伝えることができれば、お互い良好な関係を築きやすくなります。

転職の内定保留を断られた際の正しい対応は?

転職の内定保留を申し出た場合、必ずしもこれを了承しなくてはならないというような法律はありません。どのような返答をするのかは、企業側の採用担当者の考えによります。

そのため、「入社手続きを既に進めているので、迷惑だ」や「他社の選考がうまくいかなかった場合は、必ず我が社に入社するという誓約書を書いてほしい」などと無茶な要求をする企業もあります。

もちろん内定保留後の対応に関する法律もありませんので、これは企業側の勝手な言い分です。

このような脅迫とも受け取れるような対応をする企業の内定は、辞退されることをおすすめします。

転職コンサルタントを通して内定保留の交渉ができる!

転職すると決意したのであれば、まず転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントに登録すれば、転職コンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。

例えば、求人の紹介や、企業の情報収集、履歴書や職務経歴書の作成指導、模擬面接といったかたちで、あなたの転職が成功するように導いてもらえるのです。

また、これだけではなく、収入や労働条件の交渉や、内定辞退の申し出まで、あなたに代わって進めてくれるという大きなメリットもあります。

転職コンサルタントが企業の仲介に入ってくれるのであれば、内定保留の正直な理由も、内定辞退の意思も伝えやすいですよね。

転職エージェントは複数に登録をし、実際にサポートを受けたうえで、自分に合ったところを選ぶようにするといいですよ。

人気の転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ登録してみてください。

内定の保留や辞退の相談ができる!心強い転職エージェント

転職コンサルタントの評判がいい転職エージェントをご紹介します。

丁寧なサポートを受けながら転職を進めたいという方は、こちらを参考に転職エージェントを選んでくださいね。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職に関するサポートが手厚い転職エージェントです。

2019年・2020年と、オリコン顧客満足度No.1を獲得しており、内定の保留や、辞退の相談なども安心してお願いすることができます

その他、書類添削や、面接対策も充実しており、交渉力も高いため、年収アップも見込めます。

パソナキャリアを実際に利用した人は、

25歳 女性 ITエンジニア

履歴書や、面接対策などの転職サポートはもちろん、年収アップまで実現してくれたのには驚きました。本当に利用してよかったです。

29歳 女性 事務員

一人で不安だったのですが、アドバイザーの方が親切に対応してくれたおかげで、安心して転職活動を行うことができました

など、サポート力の高さ、アドバイザーの親切さについて評価していました。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職に関する情報量を、どこよりも豊富に扱っている転職エージェントです。

認知度が高く、転職実績も豊富ということもあり、親しい友人に紹介したい転職エージェントNo.1に選ばれています

求人数はもちろんですが、転職サポートも充実していて、書類添削や面接対策なども行ってくれます。

リクルートエージェントを実際に利用した人は、

35歳 男性 通信会社営業

求人の豊富さが良かったです。求人数以外にも、業界の転職市場に関する情報について知ることができ、有効活用することができました

31歳 女性 介護

求人数が多いので、いくつか選んで、その中からじっくり選ぶことができました。すべて希望にかなった求人でした。

など、情報量の多さや、求人数の多さについて評価していました。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界を相手に人材紹介を行っている転職エージェントで、転職実績が非常に豊富です。

ハイクラス向けの転職にも対応しているため、転職アドバイス・サポートの質が非常に高いです。

また、国内に何箇所も拠点があるので、内定の保留や、辞退などの相談も気軽に行うことができます

ランスタッドを実際に利用した人は、

22歳 女性 販売 薬局

ランスタッドの担当の方は、対応が非常に早く、転職までのスピードが早かったです。

38歳 女性 主婦

求人の量も多く、対応も非常に良かったです。また利用する機会があれば、利用します。

など、対応の良さ・早さについて評価していました。

登録する(無料)

転職エージェントの利用でうまく転職を成功させよう!

転職の内定保留の対応については、1人で考えるよりもノウハウを知り尽くしている転職コンサルタントのアドバイスを受けた方が、うまく対応することができます。

また、転職コンサルタントに交渉を代わりに行なってもらうことも可能です。

正しい対応方法を知らなかったばかりに後になって後悔することがないよう、利用できるサポートは大いに活用しましょう。

まずは複数の転職エージェントに登録をして、自分に合ったところを探してみてはいかがでしょうか。