知らずに登録すると後悔する。人材紹介トップ営業が語る転職エージェント裏事情

転職エージェントを利用したいのですが、信頼して良いのか不安です…。おすすめの転職エージェントなどはありますか?
初めて転職をする方や、初めてエージェントを利用する方にとっては、不安ですよね。

キャリアコンサルタント

ここではおすすめの転職エージェントの他に、転職エージェントの裏事情についても解説します。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職エージェントって一体どんなどんなところなの?本当に信用していいの?と一度も利用したことがない人は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか。

あまり良い噂も聞かない中、転職エージェントに勤めていた元キャリアコンサルタントが業界の裏事情から、上手な活用方法まで詳しく紹介します。

今から紹介する転職エージェントの裏事情を理解した上で利用すれば、あなたが主導権を持って有利に転職活動を進められます。更に転職成功率を高めてくれます。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職エージェントの対応が悪い…と感じたときの裏事情

転職エージェントと聞くと、あまり良い印象を持っていない人もいるかもしれません。確かに、求職者にとってあまり良くないキャリアコンサルタントがいるのは事実です。

但し、大事なのはあなたと転職エージェントとの相性です。あなたが会社に求めているレベルと、転職エージェントが求めているレベルが合致すれば何の問題もなく事が進んでいきます。

転職エージェントに勤めていた元キャリアコンサルタントが転職エージェントに関する気になる噂を徹底解剖していきます。

①連絡がこない

これはよくあるケースです。はっきり言うと登録した転職エージェントが求めるレベルにあなたのキャリアやスペックが足りていないということです。

または登録する際の情報を見て「やる気が感じられない」「今すぐ転職をしたいわけではない」という風にジャッジされたかどちらかです。例としては少ないですが、事務的な処理で忘れられていたということもあります。

転職エージェントの仕組みは後でお伝えしますが、あなたが転職エージェントを利用し就職決定してはじめて転職エージェント側に紹介手数料が支払われます。ですので、今すぐ売上に貢献してくれる人材かどうか見極められているのです。

よくあるケースなので、一つの転職エージェントに固執するのではなく複数の転職エージェントに登録した方が転職活動がスムーズに行きます。

②電話面談のみで直接会ってくれない

これもよくあるケースです。「連絡がこない」同様、あなたの登録した転職エージェントが求めるレベルにあなたのキャリアやスペックが足りていないとうことです。

「やる気が感じられない」「今すぐ転職をしたいわけではない」と登録した際の情報を見て判断され、電話面談のみで対応されます。また、電話している最中も、あなたという人柄を見ています。

コミュニケーション能力はどうか、社会人マナーはあるかなどプロのキャリアコンサルタントなら全てお見通しです。どうしても直接会って話したいということであれば、登録する際と電話面談の際に少しだけコツがいります。

後で登録する際のコツと電話面談の際のコツを紹介するので、参考にしてください。

③面談後、全然紹介してくれない

これもよくあるケースです。電話面談や直接会って面談をしてみて、現段階でお勧めきできる案件がないということが一つ言えます。それにはあなたのキャリアやスペックが足りなかったり、希望する業界や職種がニッチだったり、やる気が感じられなかったり、キャリアやスペックはあっても病気を患っていたり、コミュニケーションに問題があったり、理由はいろいろあります。

特に、大きい会社だと1日に何人もの求職者との面談を行っているところもあります。その中で、今ある案件でどの人が転職できそうか見極めています。

一向に紹介してくれない転職エージェントには見切りをつけ、市場価値をしっかり認めてくれる自分に見合った転職エージェントに登録することをお勧めします。

④急かされる

これは、キャリアコンサルタントにより様々です。キャリアコンサルタントには、月に〇〇万もしくは月に〇〇人というかたちで、売上目標が課されています。

それを達成するために、必死で転職するように勧めてくる人もいます。上手に口車にのせられて、自分があまり望んでいない転職先に決めてしまうこともまれにあります。

同時に他社のエージェントで選考が進んでいた場合、自分のエージェント経由で就職決定してもらいたいがために、急かされるケースもあります。

ただあなたのために必死で良い転職先をお勧めしてくれるキャリアコンサルタントもいますので、この人なら信用できるという人を見つけることも大切です。それには、複数の転職エージェントに登録するのが必須条件です。

⑤信用できない

これも、キャリアコンサルタントにより様々です。あなたのことよりも自分の売上目標のために動いていると感じた場合、信用を無くすのは当然です。

また連絡を怠る、フォローがあまりないなどあまりにも雑な対応をされた場合も、信用を無くしてしまいます。

信用できないと感じた場合、他のキャリアコンサルタントに変えてもらうか、違う転職エージェントに行くか自分で決める必要があります。転職エージェントを通じて転職活動を行う場合、キャリアコンサルタントと二人三脚で進めていくことが転職成功のカギなので、信用することは非常に大切だからです。

転職エージェントの「ノルマや報酬体系」の裏事情を知れば攻略法がわかる

一体どうやって儲かっているの?と多くの人は思っているのではないでしょうか。ハローワークとは違い、民間企業なので当然利益を出さなければいけません。

仕組みや報酬体系、実際に元キャリアコンサルタントが課されていたノルマなどを紹介します。

転職エージェントの種類

まずは転職エージェントの種類についてご紹介します。転職エージェントには大きく、2つの種類があります。

総合型転職エージェント

多くの業種や職種を取り扱っており、様々なバックグラウンドを持つ人を取り込むために圧倒的な求人数を誇っています。はじめての転職や、第二新卒、今までとは全く違う業種や職種にチャレンジしたい人はこちらに登録するのがお勧めです。

特化型転職エージェント

IT業界や金融業界、看護師などの特別なスキルを持った人たちやハイスペック向けの転職エージェントも存在します。同じ業界での転職を考えていたり、これまでの経験を活かしたい、以前よりも更に高い報酬を望んだりする場合は、その業界に精通しているキャリアコンサルタントに相談できるのでこちらに登録するのがお勧めです。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントを利用したことがある人は、利用するのにお金を払った経験はないでしょう。基本的に求職者(仕事を探している人)はお金を払うことはありません。(例外もあり)

では、どうやって収益を得ているのか。それは、求職者が転職エージェントを通じて就職決定すると、その求職者の年収の10~30%程度の報酬が転職エージェントに支払われるもしくは年収に関係なく一定の金額が支払われるように出来ています。

採用後にお金が発生するいわゆる「完全成功報酬型」のサービスです。

先ほど、例外もあるとお伝えしましたが、求職者がお金を出して会員登録する転職エージェントもあります。一定の年収を区切りに料金が別々に設定され、ヘッドハンターへの直接の相談やスカウトサービスを受けることができます。

ただ、あまりサービスに変わりはないのが事実です。

 

また、以下の記事では「転職エージェント」についてさらに詳しくご紹介しています。選び方はもちろん、基本的な仕組みや無料の理由、活用法まで解説しているので、こちらの記事と合わせて、目を通してみてください。

転職エージェントとは?転職を成功に導く完全マニュアル【2019年版】

転職エージェントには、企業を担当する人と求職者を管理する人が存在する

キャリアアドバイザー(企業を担当する人)

いわゆる営業です。新規の企業を電話で獲得したり、企業との交渉にあたる人です。

企業情報をヒアリングしたり、キャリアコンサルタントから吸い上げられた求職者のニーズ(年収アップや入社日の調整)を企業と打ち合わせをしながら進めていきます。

キャリアコンサルタント(求職者を管理する人)

求職者との面談を行う人です。この人が、求職者を見て決まりやすい人かどうか見極めます。

場合によっては、企業が求める人物像を熟知しているキャリアアドバイザーも面談に入って2対1で行うことがあります。

転職エージェントで働くキャリアコンサルタントの売上目標(ノルマ)

月に〇〇万円、または月に〇〇人というかたちで売上目標が課されています。大手ほど、その売上目標に対する達成率に厳しく、書類通過率や面接通過率など細かく見て評価をされるところもあります。

仕組みでもお伝えしましたが、いかに多くの人を効率よく転職させることができるかというのがキャリアコンサルタントの課題なのです。なので、今すぐに転職を希望する人や年収が高い人、採用企業から求められているレベルに合致する人などは、非常に喜ばれます。

キャリアコンサルタントのなかには、「転職を支援することによって社会貢献したい」というホスピタリティ精神を持った人もいますが、現実の売上目標とのギャップに悩む人も多いです。また、その売上目標により、求職者の転職したい企業よりも転職できそうな企業(受かりやすい)企業の方を優先的に紹介していかなければならないという矛盾に陥ります。

建前では「求職者のため」本音では「自分の売上目標のため」という事実は存在します。ただこの転職エージェントの仕組み上、そう思わざるを得ないことを理解しておいてください。

キャリアコンサルタントの経験値により、その建前と本音のバランスが上手な人もいれば、若手のまだ経験の浅いキャリアコンサルタントなら本音の部分が求職者に伝わり、不快に感じさせてしまうこともあります。

転職エージェントに騙されないために知っておきたい裏事情5つ

これから、元キャリアコンサルタントが現場で見てきた転職エージェントの裏事情5つを紹介します。この裏事情を知ることによって、転職エージェントで疑問に感じていたことや不安に思っていたことが解決できるでしょう。

また、キャリアコンサルタントからの言葉を冷静に受け止めることができ、落ち着いて対処できるようになります。

裏事情①決まりそうな人を優先的にフォローする

転職エージェントが言う“決まりそうな人”との必須条件は1~3か月以内の転職を希望しているということです。仕組みでもお伝えしましたが、就職決定してはじめて報酬を貰える仕組みなので、すぐに転職したい人を応援するのは当たり前のことなのです。

あとは、素直で柔軟性があり、コミュニケーション能力が高いと転職エージェントからのフォローは非常に手厚いでしょう。

登録の際と電話面談の際に”決まりそうな人”を演出できるコツがあるので、後で詳しく紹介していきます。

裏事情②年収の高い人を優先的にフォローする

これにはキャリアコンサルタントの売上目標と関係しています。月に〇〇万という売上目標を達成するためには、年収の3割程度を報酬として受け取る仕組み上、年収の高い人を優先的に支援するほうが、早く売上目標を達成できるので、効率よく仕事ができます。

またキャリアコンサルタント自身の売上目標の状況により、求職者の選別もあります。売上目標に達成している状況であれば、もしかしたら年収の低い人でも支援するかもしれません。

ただ、売上目標に達成するまでにまだ何人もの求職者を就職決定する必要がある状況なら、おそらく今すぐに転職を希望している年収の高い人を選び支援するようになるでしょう。

ただ、月に〇〇人という目標の転職エージェントもあるので、そこは年収の高い低いに関係なくあなたの転職意思に寄り添い、真摯な対応をしてくれるところもあります。

転職エージェントの良し悪しではなく、キャリアコンサルタントの持っている力量次第で求職者の転職成功率は変わってくるのはおわかりいただけたでしょう。ですので、複数の転職エージェントに登録することが必須なのです。

裏事情③入社後の数か月はフォローが手厚い

これは、返金規定が関係しています。ある会社だと、1か月以内に退職をすると報酬の約80%を返還しなければいけないという規定があります。細かいパーセンテージは転職エージェントにより様々ですが、ほとんどの転職エージェントはこういった返金規定を設けています。

なので入社後も、よく電話をくれて親切だとキャリアコンサルタントを評価する人も多いですが、これにはこういう裏事情がありあす。とにかく早期退職をしないように見張っているといっても過言ではありません。

こういった点を踏まえると、求職者の希望する転職先をどこまで希望に近づけているかということで、紹介された会社があなたの希望するものとは全く違うということはないでしょう。

裏事情④複数の選考が同時に進んでいた場合、説得(ごり押し)される

求職者は、転職サイトを通じて転職活動をしたり、複数の転職エージェントを介して選考が同時に進んでいるケースもよくあります。特に、良い人材であればあるほどそういったケースは多いです。

転職エージェントの場合、良い人材を取り逃がしてしまうのは非常にもったいないことなので、自分の転職エージェントで選考が進んでいる企業に就職決定してもらおうと、説得に入ります。

キャリコンサルタント次第では、ごり押しされたと思うほど強引に説得されることもあります。本当にその企業に転職したいかどうか、またはキャリコンサルタントを信用していいのか自分の気持ちを確認してから、答えを出しましょう。

裏事情⑤終了した求人をわざと掲載している

これは良い人材を確保するために、良い人材が集まりそうな求人票を出しておくことによって、登録を促すケースです。登録した後の電話面談の際に、「この求人は終了したが他にも似たような求人があるから面談をしたい」と言ってくるでしょう。

特に小規模の転職エージェントの場合、良い人材を確保することは重要課題だからです。

裏事情と合わせて確認!転職エージェントから大切に扱われるためのコツ

今まで、転職エージェントの裏事情を紹介してきて転職エージェントの印象を悪くした人も多いかもしれませんが、メリットもたくさんあります。上手に活用すれば、非常にスムーズに転職活動ができます。

企業側と求職者側のメリットをおさらいするとともに、上手な活用方法を紹介します。

企業が転職エージェントを使うメリット

  1. 良い人材を少ない労力で獲得できる
  2. 採用にかかる時間が減る・本業に集中できる
  3. キャリアコンサルタントに認められた人を書類審査するので、的外れがない

求職者側が転職エージェントを使うメリット

  1. 転職に関わることなら何でも相談できる
  2. 給与交渉など自分ではしにくいことを代わりにやってくれる
  3. 現職中で忙しい人でも、面接日程や入社日の調整など全て代わりにやってくれる
  4. 自分のキャリアプランを一緒になって考えてくれる
  5. 自分ではわからない良い点悪い点を教えてくれる
  6. 企業の裏情報を教えてくれる
  7. 書類通過率・面接通過率が格段に良くなる
  8. 応募書類の添削や面接対策をしてくれる
  9. 転職活動を一人で悩まなくて良い
  10. 無料で利用できる

上手な活用方法

基本的には、一つの転職エージェントのみに絞るのではなく、2~3社程度の転職エージェントに複数登録するのがお勧めです。理由は、キャリアコンサルタントの質が転職エージェントによってばらつきがあるということ、自分に合った転職エージェントを比較検討して見つけるためです。

ここの転職エージェントのキャリアコンサルタントは絶対良いということはなかなか言えません。それは求職者との相性もあるからです。

また、自分の市場価値を認めてくれるキャリアコンサルタントに出会うには、どうしても比較する対象が必要なので複数の転職エージェントに登録するのをお勧めします。

転職エージェントから優先的にサポートしてもらうには(コツを紹介)

サポートしやすい人・サポートしたくなる人はこんな人!

  • 素直で柔軟性がある人
  • 人の意見を良く聞く人
  • 転職に積極的な人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 約束や締め切りを守る人

~転職エージェントに登録する際~

入社時期を入力する場合は「すぐに」もしくは「1~3か月以内」を選ぶか明記しましょう。そんなに差し迫って転職を考えていなくても、これを選ぶことによって、直接会ってもらえる確率が高くなります。

また、登録する際の文言は、適当ではなくしっかり考えたものを書きましょう。「やる気」「熱意」が伝われば転職意思が本気であることをわかってもらえるからです。

~電話面談の際~

元気にハキハキと答えましょう。暗くて小さい声だと、コミュニケーション能力が低いと判断され、電話面談のみで終わってしまいます。

対面での面談を希望するなら、その旨を伝えるとともに、自分自身をアピールする気持ちで電話に応じましょう。

~対面での面談の際~

元気にハキハキと、転職に積極的であることを伝えましょう。この面談で、企業に紹介していい人材かどうか見極めています。

キャリアコンサルタントは、話を聞くのが仕事なのでついつい余計なこと(前職の愚痴や現職中の人なら不満)まで言ってしまうことがありますが、必要最低限に抑えておきましょう。

前向きな相談はOKですが、あまりにも不平不満が多かったり暗かったりすると、そもそもサポートしたいとは思えません。また服装は自由ですが何でも良いわけではありません。

清潔感を重視し、髪型も寝ぐせなど直してから挑みましょう。靴もきれいなものを選びましょう。

キャリアコンサルタントと話す際も「見られている」「見極められている」意識をしっかり持つことがとても重要です。

この段階で、もしキャリアコンサルタントから転職状況を聞かれたり、他の転職エージェントを利用しているか聞かれたりしたら、あなたはそこの転職エージェントにとって市場価値が高く、良い人材と判断されているでしょう。

もし、当たり障りのない話をしてきたり面談時間が早く終わってしまうことがあったら、あなたがそこの転職エージェントを利用しての転職は現段階では難しいかもしれません。

裏事情を知れば賢く活用できる!おすすめ転職エージェント3選

自分の市場価値を認めてくれる転職エージェントは一体どこだろう・・・今から紹介する転職エージェントは、それぞれ特徴がありどんな人が向いているかタイプ別に紹介していきます。

登録する際にはこの中から選ぶか、人によっては全て登録した方が転職活動がスムーズに行きます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

複数登録がおすすめな理由は?~転職成功者7人の口コミで検証してみよう~

転職成功者は、平均2~3社程度登録しているようです。実際に複数登録して転職に成功した人の口コミを見てみましょう。

2社登録した人

31歳男性・IT技術者

複数のエージェントに登録することで、違ったアドバイスを受けることができたので転職先の視野が広がったことが良かったです。

25歳女性・自動車ディーラー営業

毎日たくさんの情報が入るので、比較や業界研究に困らなかったです。自分の希望や、転職前の業界を踏まえたオススメの会社をたくさん紹介してもらえるので、在職中で時間が無くても空き時間に目を通せてよかったです。

38歳女性・IT

自分のスキル等を客観視できました。一社のみでは信憑性にかけます。エージェントによって得意不得意な業界があるので、比較できて良かったです。
3社登録した人

25歳女性・経理職

複数のエージェントを比較することで妥協せずに、自分に合った進め方ができる転職エージェントを見つけることができたことです。

24歳女性・事務

自分がどういったペースで転職したいかによってエージェントと合う、合わないはあると感じました。また、求人はおおよそ被っていなかったので、複数社登録すべきだと思います。
4社以上登録した人

28歳男性・営業職

それぞれ違うサービスがあり、複数登録してみないとその違いも分からないです。会社によりキャリアコンサルタントの対応も異なる、積極的な方もいればそうでない方もいました。

39歳女性・人材紹介会社

一社だけの登録ですと連絡がなかっただけでも不安になります。複数登録しておけば、ダメな場合でも少し余裕を持てたことが良かったです。

最後に

転職エージェントの裏事情は理解していただけましたか?知り過ぎて悪い印象になった人もいるかもしれませんが、上手に活用すれば、転職活動がより効率的にできますし、何よりも一人で悩まず相談できる人がいるというのは転職活動をする上で非常に大きな支えになります。

今現在、日本は人手不足が深刻化しています。日本銀行が4月3日に発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、主要28業種のうち約4割にあたる11業種で人手不足の指標が過去最悪となっています。

転職エージェント業界の最大手リクルートキャリアによると、3月の転職求人倍率は1.77倍です。職種別の求人数は前月比で34職種中11職種が増加しています。

これは転職支援サービスの「リクルートエージェント」の求人であり、転職エージェントに高い手数料を支払ってでも良い人材が欲しいという結果が如実に出ています。今が転職する最高のチャンスかもしれません。

転職エージェントの裏事情を知ったあなたなら、有利に転職活動が進められ転職成功率もアップするでしょう!