転職エージェントを使う5つのデメリットとは?プロが教える裏事情

転職エージェントとは人材紹介サービスの一つで、求人を紹介するのに加え、求職者の悩みや不安を解決し、希望に合った転職ができるよう総合的にサポートしてくれるサービスです。

本来、転職をスムーズに進めるための転職エージェントですが、「転職エージェントを使って転職に失敗した」なんて話もよく聞きます。

転職エージェントは使わないほうがいいのでしょうか。この記事では、転職エージェントの利用を検討している方に、転職エージェントを使うデメリットと、それを回避する方法を解説していきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職エージェントのデメリットは?転職を失敗に導く要因5つ

転職エージェントを使って転職に失敗する事例は確かにあります。

ここでは、転職エージェントのデメリットを挙げ、転職で失敗する要因を5つ紹介します。

転職エージェントのデメリット①急かすので判断を誤ることがある

転職エージェントから決断や行動を急かされることがあります。希望企業の採用枠が埋まりそうなど、求職者のために本当に急ぐ必要があり、急かすことはあるでしょう。

一方、「上司に言われているから」「ノルマ達成のため」など転職エージェント側の都合で急かされることもあります。

慌てて決断して失敗はしたくありません。急かされても落ち着いて判断し、自分の納得いく決断をしましょう。

転職エージェントのデメリット②信用できない・むかつくキャリアアドバイザーもいる

キャリアアドバイザーには当たり外れがあります。対応が遅い、希望とは違う求人ばかり勧めてくる、自分の都合を押し付けてくるなど、求職者のことを考えていない信用できないキャリアアドバイザーです。

また、キャリアアドバイザーも人間なので相性が合わない場合もあるでしょう。

そんな人と一緒に転職活動すると、ささいなことでむかついてストレスがたまるだけなので、すぐに担当を替えてもらいましょう。

転職エージェントのデメリット③対応がゆっくり過ぎるケースもある

メールを送っても全然返信が来ない、電話がつながらなかったときに折り返しの電話が来ない、という転職エージェントは要注意です。

対応がゆっくり過ぎる転職エージェントだと、何か相談・確認したくても連絡が取れずに待たされ、イライラさせられることもあります。

最悪の場合、待たされている間に希望する会社の採用枠が埋まってしまうこともあります。

遅くとも24時間以内に返信が無いことが何度もある場合は、すぐに担当を替えてもらいましょう。

転職エージェントのデメリット④連絡が頻繁過ぎてうざいことも

連絡が頻繁に来すぎても困ります。大事な要件や、良い求人情報ならいいですが、ノルマのために全然興味のない企業の求人情報を頻繁にメールで送られることもあります。

電話で営業されることもあるでしょう。中には仕事中にもかかわらず、何度も連絡してくるうざいキャリアアドバイザーもいます。

だからといって連絡を無視していると、本当に大事な連絡を見逃してしまいます。興味のない求人情報を送ってこないように、はっきり伝えましょう。

転職エージェントのデメリット⑤案件を何も紹介してもらえない場合も

自分のキャリアやスペックによっては求人を紹介してもらえないこともあるでしょう。

転職エージェントにはノルマがあります。ノルマ達成のためにも、優秀な人から順に条件の良い求人を紹介します

自分の経歴や能力が劣っていたり、実力とかけ離れた希望を出していると、後回しにされ、何も紹介してくれない事態に陥ります。

転職エージェントは1人で何人もの求職者を担当するので、単に連絡を忘れていることもあります。

良い転職エージェントならメリットもある!見分け方とメリット8つ

すべての転職エージェントが悪いわけではありません。ちゃんと見分ければ良い転職エージェントに出会えます。

ここでは、良い転職エージェントの見極め方と、良い転職エージェントのメリットを8つ紹介します。

良い転職エージェントの見分け方

自分が転職したい業界の専門知識を持っているかを確認しましょう。転職エージェントに業界の知識が無ければ的確なアドバイスをもらえませんし、条件に合う企業も見つけられません。

具体的なアドバイスをしてくれず、当たり障りのないことしか言わない転職エージェントもいます。

面談でじっくりカウンセリングしてくれる転職エージェントも良いでしょう。求職者のことを十分理解してくれるので、自分に合った求人を紹介してくれます。

強引に話を進めて、採用されやすい求人ばかり紹介する重視する転職エージェントには気を付けましょう。

常に対応が早いことも、良い転職エージェントの条件です。こちらから連絡を取らないと何もアクションがない転職エージェントは要注意です。

転職エージェントのメリット①企業の内情がわかる

転職前の企業の内情は、転職エージェントを利用しないと分かりません。キャリアアドバイザーは直接企業へ出向いて企業担当者にヒアリングしています。

人事担当者とやり取りをすることが多く、面接で重視するポイントなども知っているので、面接の対策もできるでしょう。

現場の社員や経営陣と直接話すこともあるので、リアルな職場の雰囲気なども聞くことができます。このため、転職後に「思ってたのと違う」と落胆する転職のミスマッチも減ります。

業界に特化した転職エージェントであれば、業界出身のキャリアアドバイザーも多くいるので、より詳しく内情を聞くことができるでしょう。

事前に詳しい情報を知ることで、企業選びがはかどり、面接の準備も万端にできます。

転職エージェントのメリット②書類通過率が上がる

転職エージェントは、書類選考を通過しやすい応募書類の書き方を知っています。

応募書類を書くときは、応募先の企業に合わせて書かなければなりません。

「その企業で自分は何ができるのか?」「自分を採用するメリットは何か?」など、企業が求める答えを分かりやすく書く必要があります。

転職エージェントは求人を提案するとき、求職者の特性を活かせる企業を探して提案します。

つまり、求職者が応募する企業で活かせる強みを転職エージェントは知っているので、応募書類の書き方を的確に助言して通過率を高められます。

採用担当者のこともよく知っているので、その担当者に良い印象を与える書き方も教えてもらえるでしょう。

転職エージェントのメリット③面接通過率が上がる

転職エージェントは面接の対策をしてくれます。企業に直接ヒアリングしているので、企業が求める人材像を把握しています

面接時の自己PRのポイントも的確に押さえられるでしょう。人事担当者とのパイプもあるので、人事担当者が重視している点も踏まえて対策してくれます。

過去のデータから、想定質問も教えてもらえるので、事前に準備を整えられます。

優秀なキャリアアドバイザーであれば企業側からの信頼も厚く、「この人が勧めるなら期待できる」と、初めから好印象を持ってもらうこともできるでしょう。

実際の面接でうまくアピールしきれなかった場合も、面接後に企業側へフォローを入れてくれることもあります。

転職エージェントのメリット④条件交渉をしてもらえる

自分で企業と年収交渉するのは、とても難しいものです。タイミングや交渉の進め方を間違うと、内定から一転、不採用になってしまうこともあります。

条件交渉が必要な際は、転職エージェントに相談しましょう。代わりに企業と年収交渉をしてくれます。

転職エージェントは、過去のデータから各企業の年収提示可能額を把握しています。

求職者のスキルやキャリアを客観的に判断し、企業が提示可能な範囲を見極めて交渉をしてくれるので、企業に悪い印象は与えません

最初に希望年収を伝えておけば、希望年収範囲内で交渉可能な企業の求人も紹介してもらえます。

転職エージェント側からしても、年収が上がれば、企業から得られる報酬も上がるので、交渉は転職エージェントの力の見せ所なのです。

転職エージェントのメリット⑤円満退職へのアドバイスももらえる

トラブルなく円満退職したいときは、転職エージェントに相談してアドバイスをもらいましょう。退職日の設定や、報告する相手の順番、良い退職理由、引継ぎのコツなどを教えてもらえます

これまでお世話になった会社には、できるだけ迷惑をかけずに、気持ちよく退職したいと誰もが考えます。

退職後も、いつどこで同僚や上司に出会うか分かりません。同じ業種に転職するのであれば遭遇する可能性は高く、取引相手になる可能性もあります。

この事情からも、退職はスムーズに手続きし、円満に済ませるべきです。上手くできる自信が無かったり、良い退職方法が分からないのであれば、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントのメリット⑥自分でも気づいていなかった強みがわかる

転職エージェントは、求職者の強みや特性を客観的に判断します。

良い転職エージェントであれば、最初の面談でじっくりカウンセリングし、スキルやキャリア、悩みや不安などを聞き出して求職者を評価します。

優れた転職エージェントは、各業界の知識を豊富に持っており、業界内で求職者のスキルやキャリアがどう活きるのか、転職希望先にどう貢献できるのかも的確に教えてくれます。

自分でも気づかなかった強みを教えてくれるかもしれず、その強みは応募書類や面接での自己PRに活用できます。転職エージェントが客観的に判断した強みなので、採用する企業も重視するでしょう。

転職エージェントのメリット⑦自分では見つけられない求人案件を見られる

転職エージェントは多くの非公開求人情報を持っています。非公開求人情報とは、転職サイトや企業のホームページでは公開されていない求人情報のことです。

一般公開されていないので、転職エージェントを通じてしか目にすることはありません。

企業が求人を非公開にするのは、人気・有名企業なので公開すると応募が殺到する、事業戦略に直結するので他社に見られたくない、などの事情があります。

非公開求人は、求めるスキルやキャリアが明確で、即戦力として期待できる人材を求めている場合がほとんどです。

非公開求人にアクセスできれば、自分のスキルを活かせる企業の求人を探しやすくなるでしょう

転職エージェントのメリット⑧転職のプロセスにおける手続きを代行してくれる

転職エージェントは、ほとんどすべての面倒な手続きを代行してくれます。転職エージェントに任せれば、面接以外に自分で企業と直接やり取りすることはありません

転職エージェントが代行してくれることは、スケジュール管理と企業とのマッチングです。スケジュール管理では、応募書類提出日や面接日、内定後の入社時期、前職の退職日などの調整をしてくれます。

企業とのマッチングでは、エージェントが見極めた求職者のスキルやキャリアに応じて、それを活かせる求人を紹介してくれます。

各業界に精通した転職エージェントが探してくれるので、自分で探すよりも好条件で採用確率の高い企業と出会うことができるでしょう。

転職エージェントに転職プロセスを代行してもらうことで、仕事を続けながらでも無理なく転職活動を進められます。

転職エージェントのデメリットを回避する方法

デメリットを避けることは、良い転職エージェントに出会う可能性を高めます。良い転職エージェントに出会えば、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

ここでは、転職エージェントのデメリットを回避する方法を紹介します。

転職エージェントの評判を吟味する

転職エージェントに登録する前に、口コミや評価を調べましょう。何も調べずに登録すると評判の悪い信用できない転職エージェントに当たってしまうかもしれません。

ただし、SNSや2chなどの評判に惑わされないように気を付けてください。SNSや2chにある評判は真偽不明で、必要以上に批判していたり、評価が偏っている可能性もあります。

口コミや評判を調べるときは、信頼できる評判を検証することが重要です。例えば口コミサイトでは、口コミの総合点が星の数などで表示されますが、口コミの件数自体が少なくとも100件以上あるものを見ましょう

口コミの数が少ないと一部の極端な評価に偏っている可能性があります。当サイトでも『転職エージェントの評判を5000人以上に調査!年代・業種別まとめ』という記事でまとめているので参考にしてください。

おすすめ転職エージェントに複数登録する

転職エージェントに複数登録することで、デメリットを回避できます。複数登録して、それぞれのキャリアアドバイザーの中から自分に合った良いキャリアアドバイザーを選びましょう

複数登録すれば、各転職エージェントの特色を使い分けることができます。転職エージェントによって、求人数、面接・履歴書対策の手厚さ、業界知識が豊富さなどが異なります。

転職エージェントは、それぞれ独占案件を持っています。独占案件は、早急に人材が欲しい企業や、専門性の高い企業が多いので、条件も仕事の内容も良いものが多いです。

複数の転職エージェントを使い、より多くの独占案件を紹介してもらいましょう。思いもよらない好条件の求人に出会えるかもしれません。

おすすめ転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、オリコンが行った顧客満足度調査の転職エージェント部門にて、2年連続(2019年・2020年)総合1位を獲得している、利用者の評価がとても高い転職エージェントです。

最も評価された点は、1人1人に対して親身になってサポートしてくれる点です。キャリア相談では丁寧にじっくり相談に乗ってもらえます。

求職者のことを良く理解した上で、応募書類の書き方や、面接の対策をしてくれるので、企業に良い印象を与える受け答えを身につけられます。

このため、書類審査や面接の通過率は高く、これまでに25万人以上の転職を成功させています。退職交渉や内定後のフォローなど最後までしっかりとサポートしてくれます。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大の転職実績数を誇る転職エージェントです。

あらゆるジャンルの求人情報を持っており、未経験からハイキャリアまで、自分の希望にマッチする企業が見つかります。

豊富な経験やノウハウ、転職データを豊富に持っているので、各業種や企業に合った面接対策ができます。

各業界に精通した専門部署を設置し、専門性の高いキャリアアドバイザーからアドバイスをもらうこともできます。

業界最大手ということもあり企業からの信頼も厚いです。キャリアアドバイザーの交渉力も強く、内定率が高まり、年収交渉も安心して任せられるでしょう。

これまでに30万人以上を転職成功に導いた実績があり、信頼できる転職エージェントです。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント③ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、オランダに本社を置く外資系の転職エージェントです。世界39か国で人材サービスを展開し、業界で世界最大規模の会社です。

特に外資系企業への転職実績が多く、高年収の求人情報を多数持っています。外資系の特性を生かして、金融・保険系、経理財務関連、英語を使う仕事、などの求人があります。

キャリアアップやハイクラス転職を目指す方は、ランスタッドを利用すると良いでしょう。非公開求人は全体の80%で、ここでしか出会えない求人が大量にあります。

世界的に有名な会社の一方、日本ではまだあまり知られていません。まだ登録者数が少ないので、良い仕事が紹介されやすいところも魅力の1つです。

登録する(無料)

「転職エージェントを使うな」は言い過ぎ!しっかり見分ければデメリットは回避可能

「転職エージェントは使うな」と豪語する人がいますが、良い転職エージェントを見極めて上手く活用すれば、転職をかなり有利に進めることができます。

転職エージェントは多く存在し、中には質の悪い転職エージェントも存在します。何も知らずに利用すれば、質の悪いものに当たり、転職に失敗してしまうこともあるでしょう。

ここで紹介してきたように、良い転職エージェントを見分けてデメリットを回避すれば、1人で転職活動に挑むよりも、はるかに有利に楽に転職活動を進められるでしょう。

仕事を続けながら一人で転職活動をするのはとても大変です。途中で心が折れて、妥協してしまうこともあるでしょう。

是非、自分に合った良い転職エージェントを見つけて、良い転職を成功させてください。