転職エージェントは使い方を知らないと危険!プロが教える活用方法

転職エージェントの利用を検討している人の中には、「転職にはとりあえず転職エージェントを使っておけば間違いない」と考えている人もいるのではないでしょうか。

実は、転職者の大きな味方である転職エージェントも、活用方法を知っておかないと、思わぬ落とし穴に落ちてしまう危険があります

この記事では、転職を成功に導くための転職エージェントの賢い使い方と、利用者のタイプ別におすすめの転職エージェントを紹介します。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職エージェントの賢い使い方は?付き合う方法を知らないと危険な理由

求人紹介や書類添削、面接練習などを無料で利用できる転職エージェントは、転職を希望する人であればぜひ使いたいサービスです。

実は、転職エージェントには活用方法があり、上手な付き合い方を知らないとかえって転職が失敗する危険があります

転職エージェントの活用方法を知らないと危険な理由と、賢い使い方を紹介します。

転職エージェントの活用方法を知らないと危険な理由

転職エージェントの活用方法を知らないと、担当者の営業トークに乗せられて、希望していない企業へ転職してしまう危険があります。

転職エージェントは無料でさまざまなサービスを受けられますが、慈善事業ではなく、企業からの成功報酬で成り立っています。

利用者を企業に入社させれば、利用者の年収の30%前後の高額な報酬が手に入るため、担当者は言葉巧みに利用者を誘導し、転職を促します。

中には良心的な担当者もいますが、自分の利益しか考えていなかったり、厳しいノルマに追われていたりして、転職を急かしてくる担当者がいるのも事実です。

担当者の口車に乗せられて後悔しないためにも、転職エージェントの賢い使い方を理解し、上手に付き合う方法を身につけましょう。

転職エージェントの賢い使い方①まずは面談~内定の流れを知る

転職エージェントを初めて使う人は、まずは面談から内定までの流れを知っておきましょう。

Webページなどから登録すると、担当者から連絡が来て初回面談の日程が決まります。その面談内容に基づいて、求人が紹介されます。

紹介された求人の中から気になるものが見つかったら、転職エージェントを経由してエントリーし、書類や面接などの選考を行います。

希望する企業から内定が出たら、場合によっては担当者に年収や入社日などの交渉をしてもらい、入社するのが一般的な流れです。

この流れの中でも、キャリアに関する相談に乗ってもらったり、面接の練習をしてもらったりと、さまざまなサービスを受けられます。

転職エージェントを有効活用するためにも、気になることがあれば担当者に積極的に質問するなどして、コミュニケーションをとっておきましょう。

転職エージェントの賢い使い方②エージェント面談の回答を準備しておく

登録して最初に行われるエージェント面談は、転職エージェントとの面談の中で最も重要と言っても過言ではありません。

短い時間で的確に自分の状況や希望を伝えられるように、面談でよく聞かれる内容はしっかりと回答を準備しておきましょう。

面談でよく聞かれる内容には、これまでの経歴や仕事内容、転職の理由や転職後に目指すキャリア像などが挙げられます。

特に、経歴はアピールポイントや強みを探るうえで必要不可欠です。可能であれば履歴書や職務経歴書を事前に送付しておくことをおすすめします。

面談の準備を整えておくとエージェント面談が実りあるものになる上に、転職に真剣に向き合っているとアピールでき、担当者との信頼関係も築けます。

転職エージェントの賢い使い方③「いい案件があれば」と言わない

転職エージェントの担当者に転職の希望時期を聞かれた際に、「いい案件があれば転職したい」と伝える人がいますが、あまりおすすめできません。

転職エージェントが優先的にサポートするのは「今すぐに転職したい」利用者であり、「いい案件があれば転職したい」利用者は優先度が下がるからです。

「いい案件があれば」と伝える利用者は、書類添削や面接対策などの選考過程のサポートだけでなく、案件の紹介まで後回しにされるおそれがあります。

転職エージェントのサポートを最大限活用するには、なるべく早く転職したい旨をアピールし、「いい案件があれば」と伝えるのは避けるのが賢明です。

転職の具体的な時期が決まっていなくても、転職への熱意をアピールして転職エージェントを賢く使いましょう。

転職エージェントの賢い使い方④複数の転職エージェントを併用する

転職エージェントを賢く使うには、1つの転職エージェントのみを利用するのではなく、複数のエージェントを併用することがおすすめです。

なぜなら、複数の転職エージェントを利用することでそれぞれの比較ができ、自分に最も適した転職エージェントを選びやすくなるからです。

転職エージェントを利用する際、担当者との相性が最重要ポイントと言っても過言ではありません。

転職エージェントを利用した転職では、担当者との二人三脚で転職活動を進めていく必要があるため、担当者との相性が転職の成功率を大きく左右します。

相手は転職のプロとはいえ、人間同士の付き合いでは相性の良し悪しがあるのは当然です。それを見極めるためにも、複数のエージェントを比較することがおすすめです。

転職エージェントの賢い使い方⑤面接後にフォローをお願いする

転職活動の中でも、面接に苦手意識を持っている人は多いのではないでしょうか。実は、転職エージェントを利用すると、面接後にフォローをしてもらえます。

面接後のフォローには2種類あります。1つは、転職エージェントの担当者からのフィードバック、もう1つは企業の採用担当者へのフォローアップです。

担当者からのフィードバックとは、面接後に受けられる担当者からのアドバイスを指します。

今後の面接の対策はもちろん、面接で受けた印象から自分に合っている会社かどうかを確認し、より自分に合う企業を紹介してもらうことも目的です。

企業の採用担当者へのフォローアップとは、転職エージェントの担当者が企業の採用担当者に連絡し、面接した利用者をプッシュすることを指します。

面接中に伝えきれなかったアピールポイントを補足してもらえるので、内定が出る可能性が大きく上がります。

いずれのフォローも効果は絶大です。積極的に活用しましょう。

転職エージェントの使い方に関するよくある質問

転職エージェントの賢い使い方が分かっても、まだ気になる点がある人も多いのではないでしょうか。

ここでは、転職エージェントの使い方に関するよくある質問と、その答えを紹介します。

転職エージェントを使わないで転職してもいい?

転職エージェントを使わずに、転職サイトやハローワークなどを利用して転職をすることも可能です。

とはいえ、転職エージェントを使わない転職は、転職エージェントを活用した転職に比べて、大きなデメリットがいくつかあります

デメリットの1つは、転職にかかる労力の差です。転職エージェントを使わないとエントリーや面接日の調整など面倒な手続きを自分で行わなければならず、手間がかかります。

そのうえ、求人票以上の情報入手は困難で、書類添削や面接練習などサポートも受けられません。

転職先に関する情報が不足し、転職に失敗するリスクがあるほか、書類選考で落とされても理由は推測するしかありません。

これらのデメリットを転職エージェントなら解決できます。転職を希望するのであれば、必ず転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録すべき時期はいつから?

転職エージェントを利用して転職する場合、転職には1カ月から3カ月かかるのが一般的です。

転職したい時期が決まっているのであれば、その3カ月前には転職エージェントへの登録を済ませておきましょう

とはいえ、転職活動は思い通りに進むものではありません。希望に合う求人が見つからないこともあれば、なかなか選考を通過できないこともあります。

特に大企業や人気企業の採用面接は応募者数が多いことから、二次面接と最終面接の間が1カ月ほど空いてしまうこともあります。

「希望時期の3カ月前までに登録する」のはあくまでも目安と考え、早め早めのスケジュールで転職活動に臨むことをおすすめします。

転職エージェントの面談でよく聞かれることは?

転職エージェントの面談でよく聞かれる内容は、大きく分けて2つあります。1つはこれまでの仕事について、もう1つはこれからの仕事に対する希望です。

これまでの仕事に関する質問は、具体的な仕事内容、勤務年数、身についたスキル・資格についてが主な内容です。

職歴は、今後の転職活動でアピールするポイントを定めるのに必要不可欠です。履歴書や職務経歴書を用意して、詳しく答えられるよう準備しておきましょう。

これからの仕事に対する希望は、転職先の業種や希望する職種、希望年収など、転職によって叶えたい目標がよく聞かれます。

紹介してもらう求人を絞り込むために必要な情報です。なるべく具体的に答えられるように準備しておくことをおすすめします。

転職エージェントの使い方を踏まえて登録すべきエージェント5選

国内には数多くの転職エージェントがあり、その特徴や強み・弱みは各エージェントによってさまざまです。

ここでは、これまで紹介してきた転職エージェントの使い方を踏まえて、登録すべきおすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめ転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントで、利用者目線に立った親切なサポートと面倒見の良さに定評があります

担当者が転職を急かしてくることが少ないため、担当者の営業トークに流されてしまうのが怖い人におすすめの転職エージェントです。

公開求人数は2020年1月現在で40,895件と、業界でもトップクラスの求人数で、さまざまな業種や職種の求人を豊富に保有しています。

転職後の年収アップ率が67.1%と高く、転職で年収アップを実現したい人に特におすすめの転職エージェントです。

女性の転職支援に力を入れ、女性向けのセミナーやイベントも多く開催しているため、転職を考えている女性にもおすすめです。

おすすめ転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する業界最大手の転職エージェントで、圧倒的な求人数と長年のノウハウを生かした質の高いサポートが評価を受けています。

業界トップの求人数に加え、さまざまな人が利用できる転職ノウハウを豊富に揃えているため、転職したい人なら登録して損はない転職エージェントです。

2020年1月現在の公開求人数は162,117件、非公開求人数は155,745件と、公開求人・非公開求人ともに最大手ならではの豊富さです。

リクルートエージェントの担当者は交渉力が高く、企業担当者へのフォローにも強いことから、内定率を上げたい人におすすめです。

面接力向上セミナーをはじめとした面接対策も充実しているため、面接が不安な人にもおすすめの転職エージェントです。

おすすめ転職エージェント③ランスタッド

ランスタッドは、外資系のランスタッド株式会社が運営するハイクラス向けの転職エージェントで、外資系の求人を中心に扱っています。

外資系に強いため、外資系や海外に支社がある企業で働きたい人や、英語を生かした仕事に就きたい人におすすめの転職エージェントです。

公開求人数は2020年1月現在で10,651件と、あまり多くはありませんが、他のエージェントにはない求人もあり、外資系に興味がある人は登録しておくことをおすすめします。

外資系の中でも、年収800万円以上のハイクラス向け求人が豊富なことから、管理職などのハイキャリアへの転職を希望する人におすすめのエージェントです。

ハイクラス向けの特化型エージェントであり、求人数は大手エージェントと比べても劣るため、他のエージェントと併用することをおすすめします。

20代や第二新卒におすすめ①DYM就職

20代や第二新卒など、若手の転職におすすめなのがDYM就職です。第二新卒はもちろん、既卒やフリーターの転職にも強いのが特長です。

2020年1月現在の登録企業数は61件で、大手と比べると多いとは言えませんが、若手の転職に理解がある2,000社もの企業と取引があります。

DYM就職では、求人を出している企業と直接交渉を行っているため、書類審査なしで面接を受けられるのがメリットです。

面接対策では、想定問答の練習に加え、社会人にふさわしい服装など若手の転職において、かゆいところに手が届くサポートをしています。

相談をした人の転職成功率が96%ととても高いことから、職歴がほとんどなくても正社員として働きたい人におすすめの転職エージェントです。

20代や第二新卒におすすめ②ハタラクティブ

ハタラクティブも、20代や第二新卒、フリーターの転職におすすめの若年層に特化した転職エージェントです。

20代の転職に理解がある企業の求人を常時約2,300件保有しているので、未経験でも正社員に転職できるのが特長です。

他の転職エージェントと比べても担当者の面倒見がよく、自分がどんな仕事に就きたいのかから一緒に考えてくれるため、転職先の条件が決まらない人におすすめです。

利用者の職歴を問わないため、他の転職エージェントで断られてしまった人にもおすすめの転職エージェントです。

大卒はもちろん、高卒や中退などの学歴でも正社員になれる求人があるので、職歴や学歴に自信がなくても正社員になりたい人におすすめします。

転職エージェントは正しい使い方を知れば転職成功率が高まる

転職エージェントは、転職活動を進めるあなたの味方です。登録すれば、担当者がマンツーマンであなたの転職活動を支援し、内定が出るようにサポートします。

面倒な手続きや面接練習などを引き受けてくれる便利な転職エージェントも、それに甘えて担当者の言いなりになっていては、転職後に後悔してしまう可能性があります。

転職を成功させるためには、転職エージェントにただ登録するだけでなく、正しい使い方を知り、実践することが必要です。

正しい使い方をしてこそ、転職エージェントの真価は高まり、「転職して良かった」と思える企業との出会いが生まれます。

この記事を参考に、正しい転職エージェントの使い方をマスターし、転職を成功させてください。