転職時の給与交渉を有利に進める全ノウハウ|印象を悪くするNG事例も

転職先の企業に給与交渉をしたいのですが、どのように行ったら良いのか分からず、困っています…。
あまり給与交渉をする機会ってないですよね。どうしたら良いか分からなくて、当然だと思います。

キャリアコンサルタント

そうなんですよね。ぜひ方法を教えてください!
はい。この記事では、そんな転職時の給与交渉を有利に進めるノウハウについて詳しくまとめています。

キャリアコンサルタント

利用したい転職エージェントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えた時、多くの人は収入アップを目指すはず。同じ業種、同じ職種であれば、今までの経験を生かすこともできますから、今まで以上の環境、条件で働きたいと思うのは当然です。

しかし、転職活動中にうまく給与交渉できない人がほとんど。

「給与交渉したら、不採用にされる」「自分のレベルで給与交渉なんてしても大丈夫だろうか?」といった不安から、給与交渉できないまま、納得いかない転職を余儀なくされてしまう人も少なくありません。

これでは、せっかく「今よりも良い環境」「今よりも良い待遇」と勇気を出して転職活動をした意味がなくなってしまいます。

では、転職活動をする上で企業との給与交渉をどのように進めたら良いのか、ご紹介しましょう。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

そもそも転職時に給与交渉はすべきなのか

転職を考えた時「今より、収入が多い求人を探そう」とまでは思えても、給与交渉までできない人が多いのではないでしょうか。

仕事内容、社風などを確認し、「ここで働きたい」と思っても、希望収入額よりも下回っていると「ここでは、働けない」と最初から諦めてしまう人もいれば、「働きやすい環境であれば、収入が低いのは諦めよう」と思う人もいるでしょう。

これでは、勇気を出してせっかく転職をしたにも関わらず、後々転職に後悔してしまう可能性があります。

後悔しない転職を叶えるためには、諦めず、納得いく職場を見つけること。

もし、気になる求人を見つけ「収入さえ、もう少し高ければ」と思った時には、思い切って給与交渉を行いましょう。

給与交渉は、決してダメなことではありません。もちろん、企業によっては提示した給与での採用が絶対条件となっているところもありますが、中には希望年収を確認し、今までの経験やスキルを基に給与算出してくれる企業もあります。

転職時の給与交渉と言われると、「そんなことをしても、大丈夫なのだろうか?」と心配になる人が多いと思いますが、働くということは、あなたの能力を売るということ。その能力に見合った収入を得ることは当然のことです。

今までの経験やスキルを考え、自分に見合った給与であれば給与交渉は決して間違ったことではありません。

転職時の給与交渉に失敗しないための事前準備

「今よりも、1万円でも収入アップしたい」と考えている人の中には、すぐに企業と給与交渉をしようと考えている人もいるでしょう。

しかし、給与交渉を成功させるためには、準備が必要です。では、給与交渉前におさえておきたいポイントをご紹介します。

面接前までに自分の希望年収を明らかにする

給与交渉をしようと思っても、「いつ、どんなタイミングで交渉すれば良いのだろう?」と思う人も多いはず。

転職時の給与交渉のタイミングは、内定が出る前までが勝負。万が一、内定を受けてから給与交渉を行ってしまえば、「面接時と話が違う」とトラブルに発展してしまう可能性があります。

そうならないためには、自己主張になり過ぎないように、面接時などに丁寧に伝えることが必要です。

面接時には、「希望給与額はいくらですか?」と聞かれることもありますから、その時的確に答えられるよう、自分の市場価値を知り、給与額を算出しておくことが欠かせません。

中には、「給与交渉しなくては」という気持ちが先走り過ぎてしまい、交渉に失敗してしまうケースもあります。

電話で面接のアポを取る際などに交渉をはじめると、「この人は、お金のことしか考えていない」と思われ、その時点で不採用の判断がされてしまう可能性もあるため注意が必要です。

面接時でも、すぐに給与交渉しようとせず、タイミングを見計らって交渉するよう心がけましょう。

望む給与と自分のスキルを見直す

仕事をしてお金をもらうということは、あなたの能力を売ったということになります。当然、誰だって給与は多ければ多い方が嬉しいですが、スキルに見合わない給与は、当然企業は払いたくありません。場合によっては、「給与泥棒」と呼ばれてしまう恐れもあります。

そうならないためには、自分が望む給与は経験やスキルに見合った額なのか、客観的に判断することが大切。

スキルや能力がないにも関わらず、高額な給与を希望すれば、どんな企業だって「自分の市場価値を理解しているのだろうか?」と呆れられてしまいます。

長年仕事をしていると、自分の市場価値というものを考えることはないと思いますが、転職を考えた時には客観的な判断が必要です。

スキルにあった給与額の算出

みなさんそれぞれ、希望給与金額があるはず。「もっと生活を楽にしたい」「プライベートを充実させたい」といった思いから、今までより数万円ほど収入アップしたいと考えているでしょう。

しかし、給与交渉の際の提示額はあなたの望みの額が叶うとは限りません。

給与は、業種、職種、経験年数、スキルなどによって、ある程度決まっています。そのため、見合わない給与額を提示すれば、そこで不採用と判断されてしまうでしょう。

そうならないためには、改めて今の業種等を含めた平均年収額を調べ、スキルに応じた給与はどのくらいになるのか算出してみることが大切です。

企業の情報を集め状況を把握

給与形態などは、企業によって異なります。同じ業種、同じ職種であっても、企業によって算出方法も異なるため、希望企業がある場合には、企業情報を収集することも欠かせません。

同じ職種の平均年収額、経験によってどのくらい収入アップしているのか、どのくらいのスキルが求められるのかなどを確認した上で、自分の市場価値を考えてみましょう。

客観的に市場価値を知ることで、「今の職場は、自分のことを評価してくれているんだ」ということに気づくかもしれません。

金額提示の進め方を考える

転職活動は、企業が上の立場にあると考えている人も多いですが、働く側にも選ぶ権利があります。当然、条件が悪ければ、どんなに好きな仕事でも断わることになるでしょう。

給与交渉は、転職者にとっては難しいと思うかもしれませんが、これからのあなたの仕事、生活がかかっている訳ですから弱腰になっていられません。

しかし、給与交渉は慎重に進める必要があります。

希望する求人の給与額が低い場合には、「生活を維持させるため、前職と同じ額を希望しています」と伝えることができれば、悪い印象にはならないでしょう。

給与アップを望む場合には、「即戦力となる様、必ず貢献できる仕事を実現します」といったように前向きな発言であれば、あなたの意欲を買ってくれるかもしれません。

自分の希望給与額と求人に記載されている給与額を比べ、どう金額提示するか事前に考えておきましょう。

給与の最低ポイントを決める

それぞれ、希望する給与額があると思いますが、交渉次第でこれが必ずしも叶うとは限りません。

確かに、希望給与額が叶うというのは喜ばしいことではありますが、提示額が絶対と考えてしまうと転職先の幅を狭めてしまいます。そうなれば、可能性ある企業まで失ってしまうことになるでしょう。

そうならないためには、あなたにとっての給与最低ポイントを決めておくことが大切。

交渉時、当初の希望額は叶わなくても、最低ポイントを上回っているのであれば、魅力あると感じた企業への転職も視野に入ってくるはずです。

給与は入社後に、能力、結果を残すことでアップさせることもできる訳ですから、これを最終的報酬額と考えず、「後は、入社後の頑張りで上げよう」と考えると良いでしょう。

転職時の給与交渉はいつ行う?スムーズな給与交渉術・5ステップ

給与交渉を成功させるためには、どう進めるかが重要。

面接時、突然「私の給与希望額は、○○円です」といったように唐突に伝えてしまえば、担当者は困惑するでしょう。更に、提示された金額があなたのスキルに見合っていなければ、この時点で不採用が決定されます。

そうならないためには、段階を踏んで交渉を進めていくことが必要です。

1.履歴書から交渉をはじめる

転職活動の際、履歴書や職務経歴書を事前に送るのが一般的となってきました。活動中の人の中には、「既に、数社に履歴書を送っている」という人も多いのではないでしょうか。

実は、給与交渉はこの段階から行っておくことで、スムーズに進めることができます。

履歴書には、本人希望欄があり、ここに希望職種などを記載することができますが、その際希望給与額などを記載しておくと良いでしょう。

万が一、企業にとって「こんな金額は出せない」と思うのであれば、書類選考の時点で落とされるでしょうし、「この金額は妥当」と思われれば、面接に進めるはずです。

そして、面接時にはこの履歴書を基に面接を進めることになりますから、話もスムーズに進められるでしょう。

2.前職給与を提示する

給与交渉をする際には、前職の給与というのもとても大切になってきます。

同じ職種であっても、企業によっては給与形態も異なれば、算出方法も異なりますが、前職でどのくらいもらっていたのかが分かれば、それを基本として給与算出するはずです。

そうなれば、前職よりも極端に低い額を提示されることはないでしょう。

「前職よりも、給与を上げたい」と思うのであれば、「今は資格を取得し、御社に必ず貢献できると思います」と伝えることができれば、その金額に説得力が増し、給与アップも叶えやすくなるはずです。

ただし、謙虚な姿勢で交渉することを忘れてはいけません。

3.自分の人材価値を算出した上で、担当者に交渉

給与交渉は、自分の人材価値を理解した上で、自分のスキルに見合った金額を提示することが前提です。当然ですが、資格もない、経験もない、スキルもないにも関わらず、高額な金額を提示すれば誰だって不採用となるでしょう。

ということは、給与交渉で大切なのは、いかに自分の市場価値を理解しているか。

市場価値を理解し、算出した金額であれば、担当者も「このくらいの価値がある人材だろう」と納得させることができるはずです。

また、悪い印象を与えないようにするためにも、自分の市場価値を理解し、それを踏まえた上で交渉していることを担当者に伝えることが重要となるでしょう。

4.最終面接は最後の交渉の場

求人を出した企業によっては、多くの応募者が殺到することもあります。条件が良ければ良いほど、ライバルは多くなるでしょう。応募者が多い場合には、面接を何段階かに分けて行う企業がほとんど。

そのため、給与交渉の最後のチャンスは最終面接となります。

最終面接でいかに自分の市場価値を伝え、それの見合った給与金額を提示できるかが、理想の転職を掴むかどうかの分かれ道となるでしょう。

どんなに魅力ある企業、どんなにやりたい仕事であっても、給与が納得いかないのであれば転職に成功したとしても、長続きしません。

納得いく転職を叶えるためには、あなたの交渉術にもかかっているといえるでしょう。

5.内定後の交渉はNG!そぐわない給与の場合には辞退を検討

書類選考、面接に通り、採用を掴めば誰だって嬉しいもの。しかし、採用を勝ち取っても、納得いかない条件のままでは転職に成功したとは言えません。

基本、採用後の給与交渉は難しいです。企業によっては、「話しが違う」と思われてしまうこともあるでしょう。

万が一、あなたの希望給与額が叶わないまま採用となった時には、辞退も検討する必要があります。

内定を受けたら、条件などをしっかりと確認し、納得いく内容となっているのか確認することが必要不可欠です。

内容によっては、辞退も仕方ないでしょう。

転職時の給与交渉の成功率を高める7つのコツ

仕事経験が長く、高いスキルがある人にとっては「転職は、楽勝」と思っている人もいるでしょう。

しかし、その気持ちのまま面接に挑み、給与交渉をしてしまうと、「傲慢な態度」と思われ、採用を見送られてしまう可能性があります。採用を勝ち取るためには、経験や高いスキルだけではなく、人間性も見られていることを忘れてはいけません。

どんなに経験豊富で高スキルの人も、転職時の給与交渉は冷静に進めることが大切です。

では、転職時の給与交渉時では、どんなことに気を付けたら良いのかご紹介します。

①スキルに見合った金額提示が基本

給与金額というのは、それぞれの能力に応じた設定がされるもの。そのため、給与交渉は自分のスキルに見合った金額提示が基本です。

今までの経験、どんな成果を出してきたのかなどを考えながら、自分に見合った給与算出が重要となるでしょう。

また、自分のスキルだけでなく、業種、年齢などによる平均額なども調べた上で、算出することで、不釣り合いな提示額とならないはずです。

②謙虚な姿勢で交渉する

転職活動では、面接はどんな企業でも必須。面接では、あなたの経験やスキルを確認するだけでなく、どんな人間なのかもチェックされています。当然ですが、どんなにスキルが高い人であっても、扱いにくい人材と思われてしまえば、採用されることはないでしょう。

特に、給与交渉というのは、人柄が出ます。当然ですが、自己主張ばかりが過ぎれば、企業にとっては「扱いにくい」と思われてしまいますし、希望をちゃんと伝えられずにいると「消極的すぎる」と取られてしまうでしょう。

そのため、給与交渉をする際には、謙虚な姿勢でありながらも、しっかりと自分の希望額を伝えることが必要です。謙虚な姿勢を見せるためには、言葉遣いや態度、立ち振る舞いが重要となってきますので、改めて自分の言葉遣い、態度を見直してみると良いでしょう。

③収入だけが目的ではないことを伝える

「転職をして、収入アップを目指したい」と思っている人にとっては、収入面は大きなポイントとなるはず。しかし、こればかりを前に出してしまうと、企業にとっては良い印象とはなりません。

「この人は、お金のことしか考えていないな」と思われてしまい、仕事への熱意を感じることはできないでしょう。

そうならないためには、収入交渉をしながらも、そこに仕事への熱意をしっかりと伝えることも忘れてはいけません。「今までの経験やスキルを生かし、即戦力となるように頑張ります」「採用して良かったと思われる様、仕事に邁進していきます」といったように、前向きな発言があれば、お金というイメージは薄らぐはずです。

「これだけのスキルがあり、やる気があれば、この希望額を出しても良いだろう」と企業側が思ってくれれば、あなたにとっても理想通りの転職が叶うはずです。

④金額提示はしっかりと

転職活動をしている人の中には、「給与交渉をしたい」と思いながらも、企業から「どのくらいの給与を希望していますか?」と聞かれた時、しっかりと金額を提示できない人も少なくありません。

確かに、お金のことというのは、言いにくい面があるでしょう。

しかし、転職活動中の交渉は躊躇していては、後で自分が後悔することになります。

「いくらでも良いです」「お任せします」なんて言ってしまえば、生活に支障を来したり、今までの生活が維持できなくなってしまう可能性もあるでしょう。

お金のことは言いにくいことではありますが、生活をしていく上で大切な部分でもありますから、曖昧にせずしっかりと金額提示することが大切です。

⑤待遇面ばかりの質問

面接時の最後には、担当者から「何か質問はありますか?」と聞かれることが多いでしょう。この時、「何を聞いたら良いのだろう?」と思う人も多いですが、給与交渉を考えている人は待遇面についての質問ばかりしがち。

これでは、担当者に良い印象を与えることはできないでしょう。

もちろん、質問時に給与などの待遇面について確認することは悪いことではありませんが、待遇面に特化した質問では「この人は仕事に興味がないのだろうか?」と思われてしまう恐れがあります。

質問を行う際には、待遇面以外の質問も事前に用意し、悪い印象を与えないように注意しましょう。

⑥交渉は顔を見て行う

今では、プライベートだけでなく、仕事での連絡方法としても、メールは当たり前の時代。メールであれば、言いにくい内容も伝えやすいと思っている人もいるでしょう。そのため、転職活動中の給与交渉までメールで行おうと考える人も少なくありません。

確かにメールであれば顔を見て伝えるより、伝えやすいでしょう。しかし、ニュアンスを間違えてとられてしまえば、あなたの印象は悪くなってしまいます。

そうならないためには、しっかりと顔を見て伝えることが大切。

「言いにくい」と思うのは分かりますが、あなたの仕事への熱意を伝えるとともに、しっかりと交渉を行いましょう。

⑦おどおどした態度は禁物

給与交渉をする人の中には、交渉に慣れていないことから、自分に自信がなく、ついおどおどした態度をしてしまう人がいます。

これでは、担当者にとっては「自信がないんだな」と思われてしまい、疑念を抱かれてしまうでしょう。

給与交渉というのは、決して簡単なものではありませんし、伝えにくいものですが、堂々とした態度が必要。

おどおどした態度のまま交渉してしまえば、「本当は、このスキルは嘘なのでは?」「この額に見合う能力があるのだろうか?」と思われてしまいます。

伝えにくい、緊張してしまうのは分かりますが、給与交渉は堂々とした態度で挑みましょう。

交渉は給与だけじゃない!転職時に確認しておきたい他条件

仕事をする上で、「お給料がいくらもらえるのか?」はとても大切なこと。お給料次第で、生活が変わることもありますから、転職時に交渉することも大切です。

しかし、仕事をする上で大切なのはお給料だけではありません。

転職活動をし、新たな転職先が決まったら、新たな条件で仕事をスタートするということですから、お給料以外の条件もしっかりと確認し、交渉しておかなければ後々後悔してしまう恐れがあります。

では、転職活動時にお給料以外で確認しておきたい条件についてご紹介します。

労働条件の確認

新たな場所で仕事をするということは、新たな企業で契約をするということ。

同じ業種、職種であっても、労働条件は企業によって変わってくるため、事前に確認しておくことが必須です。例えば、労働時間や休日、残業時間、手当など。

これらを事前に確認しておかなければ、仕事がスタートしてから「前の職場の方が働きやすかった」「前の職場よりも、環境が悪くなった」と後悔してしまう可能性があります。

そうならないためには、細かい部分までしっかりと確認し、納得いく条件か判断しましょう。

万が一、気になる点がある場合には採用になる前に企業に確認し、交渉することが必要です。

自分にとって取り組みたいと思える仕事か?

どんなにお給料が良く、休日が多い職場でも、あなたにとって「やりがいがある仕事」と感じることができなければ、長く続けることはできません。

お給料が良ければ、休日が多ければ、最初のうちはそれだけで満足できるかもしれませんが、やりがいのない仕事、楽しめない仕事であれば、「どうして、こんな仕事をしているのだろう?」と感じる日がきます。

そうなれば、また転職を考えなければいけません。

転職は決して悪いことではありませんが、何度も転職を繰り返していくうちに、あなたにとって転職の回数はネックとなり、首を絞める可能性があります。「この人は、すぐに辞める人なんだ」と判断されれば、希望通りの転職は難しくなるということ。

そうならないためには、転職前にその企業が自分にとって「やりがいがある仕事ができるか」と考える必要があります。

お給料や休日といった条件はとても大切ですが、これだけを重視して転職先を決めてしまうと、長続きしない転職先となってしまう可能性があるため注意が必要です。

リスク、デメリットは許容範囲内か?

転職を考えている人の多くは、「転職をすれば、今よりも必ず良い状況になる」と思っているでしょう。転職を前向きに捉え、取り組むことはとても大切です。

しかし、転職をすれば全てがうまくいくとは限りません。当然、転職をすることでリスクやデメリットも発生するということ。

例えば、希望通りの企業に転職できても、今まで以上に残業が増える可能性もあれば、今までより通勤が大変になるといったリスクやデメリットもあります。場合によっては、転職先に馴染むことができず、また転職活動を強いられる可能性もあるでしょう。

転職をして後悔しないためには、これらのリスクやデメリットも理解した上ではじめることが大切です。リスクやデメリットも踏まえた上で、「転職に望みたい」と思うのであれば、どんなトラブルが起きても後悔することはないでしょう。

人間関係、社風は合っているか?

同じ業種、職種であっても、企業によって会社の雰囲気も異なれば、働いている人のタイプも変わります。社風によっては、「そんな社風があるの?」と驚くような企業もあるでしょう。

転職後、「失敗した」と後悔しないためには、これらも事前に確認しておくことが大切。

例えば、面接に訪れた際には会社の雰囲気、どんな人が働いているのかなどは確認できるはずです。万が一、面接時に感じた雰囲気や印象が「自分には合わない」と感じた場合には、その企業への転職は避けた方が無難です。

また、社風についても事前に確認しておくことで、「こんな社風があるなんて」と後悔することも防ぐことができるでしょう。

歴史の古い企業であればあるほど、昔ながらの社風が残っているところが多いですから、事前に確認しておいた方が安心です。

厳選!給与交渉の成功実績が高い転職エージェント3選

転職エージェントでは、あなたにあった求人を紹介してくれるだけでなく、あなたに代わって様々な交渉を企業と行ってくれます。

応募したいと思う企業が見つかった時には、面接の日時などのアポイントメントも代わりに行ってくれるため、仕事を続けながらの活動もスムーズに行うことができるでしょう。

当然、自分では伝えにくい給与交渉や休日条件などについても、しっかりと対応してくれます。

また、エージェントでは履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、模擬面接などを行って面接の練習を行うことも可能。

全面的にあなたの転職をバックアップしてくれますから、「一人で活動するのは不安」「交渉できない」と感じている人にとっては、とても頼もしい存在となるはずです。

エージェントというと、「自分のスキルでは難しいだろう」「敷居が高くて利用しにくい」と思っている人も多いですが、エージェント利用は誰でも無料で利用することができ、難しいこともありません。エージェントに相談することで、あなたの市場価値を見出せる可能性もあります。

エージェントの担当者は、転職のプロですから、何でも相談できるのも魅力的。エージェントによっては、転職後の相談なども行っていますから、転職先で困った時にもサポートを受けることができるでしょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

転職時の給与交渉失敗は不採用にも繋がるため、慎重に進めよう

転職活動をしていると、常に「企業が自分を見定めている」と感じるでしょう。

そのため、何度も面接に落ちてしまうと、落ち込んでしまう人も多いはず。「このままでは、新たな職場なんて見つからないのでは?」「そんなに自分は、使えないのだろうか?」と、どんどん自信をなくしてしまうものです。

しかし、転職活動というのは、あなたも企業を見極める立場でもあります。

あなたの能力を企業に売る訳ですから、「この給与では働けない」と思うのであれば、給与交渉することも必要。もちろん、経験やスキルに見合った給与提示は必要ですが、その給与提示で不採用となったのであれば、「この企業とは縁がなかったんだ」ときっぱりと割り切ることも必要です。

企業が提示している条件は、あくまでも基本条件であり、交渉次第で変えることができるということ。「もう少し給与が高ければ」と思った時には、諦めずに給与交渉してみましょう。

ただし、交渉はやり方次第で「傲慢な人」「お金のことしか考えていない」「自信過剰」と取られてしまう可能性があるため、慎重に進める必要があります。

交渉時には、タイミングを見極めること、どういった内容で交渉を進めるかをあらかじめ考え、スムーズな交渉を行うようにしましょう。

「どうしても、自分で給与交渉をするのは難しい」と思うのであれば、第三者となる転職エージェントなどを利用し、サポートしてもらうことがおすすめです。