転職エージェントは相談だけでもOK!失敗しない活用のコツを徹底解説

転職エージェントを利用したい人の中には、転職するか決めておらず「相談するだけでも登録していいのかな」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今すぐ転職するつもりがないのに転職エージェントを利用するのは気が引けるかもしれませんが、転職エージェントは相談のためだけに利用することも可能です。

この記事では、転職エージェントに相談したい人のために、転職エージェントの上手な使い方や、おすすめの転職エージェントを紹介します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職エージェントは「相談だけ」「迷っている」人も使ってOK?

今すぐに転職したいわけではない人にとって、「転職を迷っている人や、転職エージェントに相談したいだけの人も利用していいのか」は気になる問題です。

「相談だけでもOK」と宣言している転職エージェントでも、本当に相談のためだけに利用するのは気が引ける人も少なくありません。

しかし、実際に転職エージェントに相談だけして終わる利用者もおり、エージェントの側も織り込み済みです。相談だけの利用を遠慮する必要はありません

実際に転職エージェントを利用した人の中には、

20歳男性・製造業・dodaを利用

求職者のキャリアをよく考えてくれます。キャリアについて何も考えずに、ただ転職したいという考えで面談に行くと、転職自体を推奨してもらえません。

のように、相談の結果転職を推奨されなかった事例もあります。

転職エージェントへの相談は、求職者に大きなメリットがあります。積極的に利用しましょう。

転職エージェントへの相談内容TOP3

転職エージェントへの相談内容は人によってさまざまで、特に多いのは以下の3点です。

  1. 自分が本当に転職したいのか分からない
  2. 転職したいが、自分に向いている仕事が分からない
  3. 未経験の職種に転職したいが、自分にできるか分からない

転職したくて相談する利用者も多くいますが、本当に自分が転職したいのか分からないという理由で相談する利用者も実は多いのです

相談の結果、転職しなくても自分の悩みが解消されると分かり、転職せずに転職エージェントを退会する例もあります。

いずれの相談内容も、一人で状況整理して結論を出すのは難しく、転職エージェントに相談する価値は十分にあります。

転職エージェントの利用料金はもちろん無料

転職エージェントに相談したい人の中には、転職エージェントの利用料金を気にする人もいるでしょう。

転職エージェントの利用料金は無料で、相談にも料金はかかりません。安心して利用できます

もちろん、相談後に求人を紹介してもらい、転職エージェントを通して転職に成功しても、料金はかかりません。

複数の転職エージェントを利用しても金銭的な負担はかかりません。自分に合う転職エージェントを探すためにも、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントへの相談に関する疑問点を一挙解決!

転職エージェントに相談したい人の中には、「電話やメールでも相談できるかな」「土日でも相談できる?」などの疑問がある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、そんな転職エージェントへの相談に関する疑問点を解決します。

転職エージェントへの相談はメールやLINEでもできる?

転職エージェントへの相談は直接面談が基本ですが、本人が希望すればメールでも可能です。

メールに加え、LINEなどのメッセージアプリを使ってより気軽に相談できる転職エージェントもあるので、忙しい人にもおすすめです。

電話や面談での相談と異なり、文章を読み返しながら内容をじっくり考えられるのも、メールやLINEで相談するメリットです。

メールやLINEは手軽に相談できるのがメリットの一方、相手の返事を待たなければなりません。欲しい時に返事が返ってくるか限らないのがデメリットです。

相手の都合によっては返事が遅れることもあるので、緊急の要件は電話などの別の手段で連絡することをおすすめします。

転職エージェントへの相談は電話でもできる?

転職エージェントの拠点が遠い、忙しくて面談に行けないなどの場合、転職エージェントとの相談を電話で行うことも可能です。

「昼休みの間に相談したい」「仕事が終わった19時以降がいい」などの要望にも対応してもらえるので、時間の希望があれば伝えておきましょう。

電話相談は空き時間を利用して気軽にできるものの、デメリットも存在します。

相手の顔が見えないため、対面の面談に比べて担当者との信頼関係が築きにくいことや、利用者の人柄が伝わりにくいことです。

顔や仕草から感情が読み取れない電話での相談は、自分の考えていることを積極的に言葉で表現することが重要です。

転職エージェントに相談するときの服装は?

転職エージェントとの面談は採用面接ではないので、相談に行くときにはスーツなどの正装で行く必要はありません。

もちろんスーツで行くのが無難なものの、カジュアルな服装や作業着などで仕事をしている場合、仕事帰りにわざわざスーツに着替えて相談に行く必要はありません。

ただ、転職エージェントの担当者も人間なので、ジーンズやTシャツなど、あまりにもラフな服装で相談に行くのは避けることをおすすめします

男性の場合は、襟つきシャツやポロシャツにスラックスなど、清潔感のある服装をおすすめします。靴もサンダルなどのラフなものではなく、革靴がおすすめです。

女性の場合、清潔感のあるシャツに落ち着いた色のスラックスやスカートを合わせ、可能であればジャケットをはおることをおすすめします。アクセサリーも華美なものは避けましょう。

転職エージェントは土日でも使える?

中には、土日に対応している転職エージェントもあります。土日に利用したい場合は、登録前に確認しておくことをおすすめします。

近年は、土日祝日にも相談できる転職エージェントが増えており、平日は仕事で忙しい人でも落ち着いて相談できる環境が整備されています。

ただし、土日に使える転職エージェントでも、「土日は利用可だが祝日は不可」「土日は昼間のみ利用可」など条件があることもあるので、事前に確認しておきましょう。

転職エージェントは第二新卒でも使える?

転職エージェントは第二新卒も利用可能です。経験が浅い第二新卒こそ、転職エージェントを利用して転職のプロに相談するのがおすすめです。

第二新卒が転職エージェントを利用する場合、第二新卒に強い転職エージェントを使うことをおすすめします。

第二新卒は経験が浅いため、「紹介できる求人がない」と利用を断る転職エージェントもあります。第二新卒に強い転職エージェントなら、未経験可などの求人を多く保有しています。

担当者も第二新卒の転職支援に慣れているため、第二新卒ならではの悩みにも丁寧に対応してくれます。

いざ転職すると決めた時にも、第二新卒に強い転職エージェントを利用しておけば、自分に合った求人を紹介してもらえるので安心です。

転職エージェントは転職後もサポートしてくれる?

転職エージェントは、内定を得てからも手厚いアフターフォローを用意しています。フォローは、主に以下の3種類に分かれます。

  • 内定を得てから入社までのフォロー
  • 今の職場から退職するためのフォロー
  • 入社後のフォロー

入社までのフォローには、給料や入社日の調整・交渉のほか、複数の企業から内定をもらった場合の辞退のやりとりなどが含まれます。

退職のためのフォローでは、今の職場をスムーズに退職できるよう、退職手続きや引き継ぎのアドバイスなどをしてくれます。

入社後のフォローでは、転職エージェントの担当者が定期的に連絡をし、悩みや困りごとがないか相談に乗ってくれます。

内定を得られればサポートが終了というわけではなく、入社後までフォローしてもらえるのが転職エージェントの魅力です。

転職相談サービスはどの転職エージェントでもしてくれる?

転職相談サービスはどの転職エージェントでも対応していますが、どの転職エージェントに相談してもいいわけではありません。

中には担当者の質が悪く、「相談だけ」と言っても強引に転職をすすめてくる転職エージェントもあります

転職エージェントが無料で利用できるのは、求人を出している企業が転職エージェント経由で人材を採用できた時に成功報酬を支払っているからです。

このため、成功報酬やノルマの達成を目的に、利用者が乗り気でなくても無理に転職をすすめてくる質の悪い担当者が散見されるのです。

転職エージェントの転職相談サービスを利用する場合には、質の高い担当者がいる転職エージェントを利用しましょう。おすすめのエージェントはこの後紹介します。

要注意!こんな「使えない」転職エージェントも

転職エージェントの中には、無理に転職をすすめてくる担当者がいるエージェントも少なくありません。実際、当サイト独自のアンケートでは

22歳女性・小売業

メールの数が多く、拒否しても何度も来るのに少しびっくりしました。

26歳女性・広告業界事務

内定を得た後に、強制的に入社させようとする営業さんがいます。断るのがなかなか大変です。

など、担当者の強引さに不快感を覚えたとの口コミが散見されました。

強引な担当者がいる転職エージェントは、ノルマが厳しい可能性が高く、相談すると無理やり転職させられる恐れがあります。

すぐに転職するつもりがなく、相談だけしたい場合は、このような「使えない」転職エージェントは避け、安心できる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェント・転職支援サイトを使いこなすコツ

転職エージェントを上手に使いこなすには、安心できる転職エージェントを複数利用することをおすすめします。

転職エージェントを複数利用することで、複数人の転職のプロに相談でき、より相性の良い担当者と転職活動を進められるからです。

実際に、当サイトが転職エージェントの利用者100人に行ったアンケートでは、複数利用していた人が82人と、8割以上が転職エージェントを複数利用していました。

転職エージェントを1社しか利用しなかった人の転職成功率は50%だったのに対し、複数利用した人の成功率は62%と、複数利用した人の方が転職成功率が高かったです。

とはいえ、あまりに多くの転職エージェントや転職支援サイトを利用すると手続きが煩雑になります。併用するのは3つ程度に抑えておくのがおすすめです。

全ての人におすすめ!親身に相談に乗ってくれる転職エージェント3選

転職エージェントは、さまざまな業種・職種・年齢の人に対応している「総合型エージェント」と、特定の業種などに特化した「特化型エージェント」の2種類があります。

まずは、全ての人におすすめの総合型エージェントを、当サイトが独自に集めた利用者の口コミとともに紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業大手の株式会社パソナが運営する転職エージェントで、担当者の対応が親身で丁寧なことに定評があります

利用者の口コミでも、

29歳女性・事務員

一人で不安な就職活動の中、相談にのってる人がいるというのはとても心強く、安心できました。事務員の方や面談の対応をしてくれた職員の方も、丁寧に対応してくれる方ばかりでした。

30歳女性・医薬品製造業

何が不満で退職したいか、転職するにあたり何が一番重要で何が耐えられるかをヒアリングしてもらい、不満な部分やこれなら大丈夫という部分が分かりました。

など、担当者への相談が効果的だったと評価する声が多くありました。

2020年のオリコン顧客満足度調査・転職エージェント部門で1位を獲得していることからも、サービスの質の高さが伺えます。

2020年7月現在、公開求人数は27,287件と、求人数が豊富なのも魅力です。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントで、豊富な情報量を生かしたサポートが好評です

利用者の口コミでも、

30歳男性・機械系技術職

電話相談で、思考の整理を手伝ってもらえました。本当に心の底から自分が求めている仕事を一緒に考えてくれました。

31歳男性・観光業

自然な会話の中で相談に乗ってくれて、話した内容から求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してもらえました。

など、相談を通して自分に向いている仕事に出会えたと評価する声が多くありました。

リクルートエージェントの担当者はアドバイスの質だけでなく年収交渉の腕前も良く、転職した人の62.7%が年収アップを実現しています。

2020年7月現在、公開求人は98,931件、非公開求人108,643件と、業界トップクラスの求人数を保有しています。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、人材サービス業で世界2位の売上を誇るランスタッドグループが運営する転職エージェントで、外資系の企業に特に強いのが特徴です

利用者の口コミでは、

29歳女性・接客業

面接まで進まなかったものの、履歴書の添削をしてもらえました。電話での対応で、とても親切でした。

35歳女性・製造業

自分だけで仕事を探そうとすると、どうしても迷いや不安が出てきますが、フォローしていただくことで自信がつき、やる気がわきました。

など、担当者の親身な対応が高評価だったとの声が多くありました。

ランスタッドでは、外資系企業の求人のほか、ハイキャリア向けの求人も豊富です。英語を使う仕事に就きたい人や、転職でキャリアアップしたい人におすすめです。

2020年7月現在の公開求人数は6,237件と、他の大手転職エージェントと比較すると数は少ないものの、外資系やハイキャリア向け求人は他社にないものが揃っています。

登録する(無料)

第二新卒の転職相談におすすめな転職エージェント3選

第二新卒が転職相談をするなら、第二新卒に特化した転職エージェントがおすすめです。

第二新卒向け転職エージェントの中でも、特に転職相談におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は、人材紹介業やWeb事業を展開する株式会社DYMが運営する転職エージェントで、既卒や第二新卒の正社員への就職支援に特化しています。

第二新卒はもちろん、既卒で社会人経験のない人でも相談に乗ってもらえるので、自分の経歴に自信がない人に特におすすめです。

担当者は第二新卒などの若手の転職支援に精通しています。第二新卒特有の事情をくんだ上でアドバイスをくれる上、服装指導などの基本的な部分もサポートしてくれます。

DYM就職の大きなメリットは、紹介される求人は書類選考なしで面接に進める点です。履歴書などの書類を作成する手間が省け、転職活動をスムーズに進められます。

提携している企業は2,000社以上で優良企業が多く、どの求人も未経験からの転職が可能です。転職率が96%ととても高いのも魅力です。

登録する(無料)

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、人材紹介業を幅広く手掛けるレバレジーズ株式会社が運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェントです。

基本的な内容から担当者が相談に乗ってくれるのが魅力で、利用者の口コミでも

24歳男性・ITコンサルタント

基本的な転職活動の動き方もレクチャーしてもらえました。何から始めてよいのか全く分からない人にはおすすめです。

26歳女性・金融事務

担当者が堅苦しくなく、連絡にラインを使用するので気軽に相談しやすかったです。面接対策や経歴書の添削もすぐに対応してもらえました。

など、担当者の対応を評価する声が多くありました。

LINEを利用したオンラインのビデオ面談も可能で、地方在住で拠点まで面談に行けない人にもおすすめです。

登録する(無料)

リクらく

リクらくは、人材紹介業を手掛ける株式会社リクルートネットが運営する20代向け転職エージェントです。既卒に加え、高卒や大学中退の人の転職も支援しています。

リクらくの魅力は、担当者が今後のライフプランを一緒に考えてくれるなど、親身になってじっくり相談に乗ってくれることです。

公式ホームページによると、利用者の95%が「友人に勧めたい」と回答するなど、サービスの充実ぶりが高い評価を得ています。

紹介される求人なら1回の面接で内定を得られるので、短期間で転職したいと考えている第二新卒に特におすすめです。

他のサイトには掲載されていない独自の求人が多く、内定率が94%ととても高いのもメリットです。

20代の転職相談におすすめの転職エージェント

20代が転職相談をする際には、全ての人におすすめの総合型エージェントに加えて、20代の転職に特に強い総合型エージェントを併用するのがおすすめです。

20代の転職相談におすすめな転職エージェントを、利用者の口コミとともに紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の就活支援で知られるマイナビグループが運営する転職エージェントで、担当者との面談に力を入れているのが特徴です

利用者の口コミでは、

24歳女性・経理事務

面談が充実していて、希望の求人条件をしっかり共有したうえで転職活動を行えました。

28歳男性・報道記者

エージェント担当者が個人の技量や経験をしっかり聞き取ることで、本人の能力を分析し、その能力に見合った就職先を紹介できることがメリットだと感じました。

など、面談の丁寧さを高く評価する声が多くありました。

マイナビエージェントは、業界・職種別に専任チームを編成してサポートするため、業界の専門知識に詳しいのもメリットです。

2020年7月現在、公開求人数は15,709件、非公開求人数は17,482件と、保有している求人数も豊富です。

登録する(無料)

doda

doda

dodaは、人材紹介業大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントで、担当者の当たり外れが比較的少なく、質の高い担当者が多いと評判です

利用者の口コミでは、

29歳男性・飲食店店長

談でしっかり聞き取りを行ってもらったため、自分が希望する職種の求人を紹介してもらえました。

30歳女性・一般事務

担当の方がこまめに連絡をくれました。転職先に求めるものなどを細かくヒアリングしてくれて、はじめての転職の後押しをしてくれたのがありがたかったです。

など、担当者の対応の良さを評価する声が多くありました。

dodaは担当者の提案力の高さにも定評があり、相談内容に対して適切なアドバイスをくれる担当者に出会えたとの口コミもありました。

2020年現在、公開求人数は55,962件と、豊富な求人数を保有しています。

登録する(無料)

転職エージェントへの相談を成功に導く方法まとめ

転職希望者にとって、転職エージェントを利用するメリット数多くあります。転職を決断していない段階で、求人の紹介を受けずに相談するだけでも利用価値があります。

ただし、中には強引に転職を促す担当者が在籍する転職エージェントもあり、転職エージェントならどこを利用しても同じというわけではありません。

転職エージェントに相談する際には、信頼できるエージェントを複数利用し、相性の良い優れた担当者を見極めることが必要です。

信頼のおける担当者と出会うためには、2~3社の転職エージェントを同時に利用することをおすすめします。

転職エージェントを上手に活用して転職に関する悩みを解消し、納得のいく転職活動を進めてください。