転職の筆記試験はどの程度重要?合格ラインと出題傾向を徹底解説!

転職したいと思っているのですが、筆記試験でどんな問題が出るのか心配で…
筆記試験は、それほど難しいものではないので、事前に対策すれば大丈夫ですよ。

キャリアコンサルタント

事前対策の内容などもう少し教えてもらえますか?
わかりました。転職の採用試験で行われる筆記試験とはどういうものなのか、対策方法などについてお伝えします。

キャリアコンサルタント

求人を見ていると「筆記試験あり」というものがあり、不安に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、転職の選考試験で実施されている筆記試験について、内容や対策を詳しく解説していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職の筆記試験、重要度は?中途採用でもできないとNG?

転職の採用試験で行われる筆記試験は、難しいのでしょうか?

社会に出て何年もたっているから学生のように勉強していないと、筆記試験に対する不安を抱えている人もいますよね。

なぜ、転職の採用試験で筆記試験を行う企業があるのか、筆記試験の重要度など、転職の採用試験で行われる筆記試験について説明していきます。

中途採用の筆記試験の重要度は?なぜ必要?

中途採用の選考で行われる筆記試験は、

  • 面接だけではわからない応募者が持つ知識
  • 仕事に対する適性
  • 社内でのコミュニケーション能力や性格

などを知るために行われます。

筆記試験にかかる時間は、40分~1時間程度で、択一式の問題を出題する企業が多いです。

中途採用の筆記試験の合格基準は、全体の6割程度が取れていれば良いとしているところが多いので、難易度は高くはありません。

中途採用の採用試験として、筆記試験・面接を行う場合、どのくらい筆記試験が採用に影響を与えるのかは、企業によって違いがあるようです。

  • 筆記試験を重視している企業の場合、面接での印象が良くても筆記試験が採用基準に満たされていなければ不採用。
  • 筆記試験は参考程度という企業の場合、面接で好印象となれば、筆記試験が採用基準に満たしていなくても採用となる可能性がある。

このように、企業によって筆記試験の重要度には違いがあります。

転職の筆記試験で落ちるケース

もしも筆記試験ができなかった場合、やっぱり落ちてしまうのだろうかと気になりますよね。

そこで、転職の筆記試験で落ちる基準や、企業ではどの程度筆記試験を採用の参考にしているのかについて説明していきます。

「転職の筆記試験ができなかった。」採用結果にどのくらい影響を与える?

筆記試験の結果がどの程度採用の可否に影響を与えるのかは、企業によっても考え方に違いがあるため一概には言えず、公表もされていません。

一般的な傾向として、

  • 営業など人と接する職種の場合は、人柄を重視する傾向が強いため、筆記試験はあくまでも参考程度としている企業が多い。
  • 技術職などの職種の場合は、筆記試験の結果を踏まえて戦力となるかどうか、即第一線で活躍できる人材かを図る企業もある。

という風になっています。

中途採用の筆記試験ができない。合格基準はどのくらい?

一般的に筆記試験の正答率が6割~7割以上あれば合格基準に満たしていると言われています。

企業によっては筆記試験に重点を置き、筆記試験を面接前に行いふるいにかけるところもあります。

筆記試験ができなかったことで落ちてしまう理由としては、転職(中途採用)の採用基準を満たしていなかったというほかありません。

採用側の企業にとって筆記試験の点数の結果は、採用試験に対する「事前対策」を行っているかどうかの判断基準にも使われます。

筆記試験ができなければ、事前対策してきていないと判断されることに繋がってしまい不採用となることが多いです。

転職で「筆記試験なし」の求人はある?

中途採用だからこそ「筆記試験なし」という求人もあります。

しかし、人気の高い企業や、特別な知識や技術を必要とする企業の場合は、筆記試験を行っていることが多いです。

面接での人柄だけではなく、社会人としての常識はもちろん、仕事に対する専門知識も持ち合わせているのかの判断材料として筆記試験が行われています。

転職の筆記試験の内容と傾向は?

すべての企業で転職の採用試験に筆記試験を導入しているというものではありませんが、企業によっては筆記試験として適性検査や一般常識などを問う場合があります。

筆記試験を選考の参考に取り入れる場合、

  • 知識力がどのくらいあるのか
  • 論理的に物事を考えることができるのか

の2点に重点が置かれることが多いです。

筆記試験では、どのような試験が行われているのかを説明していきたいと思います。

性格を診断する「性格適性検査」

性格適性検査は、「はい」「いいえ」「どちらともいえない」の3択で問題に答えていくものが多くあります。

性格適性検査を行うことで、

  • 協調性のある性格なのか
  • 向上心を持って仕事に取り組むことができるのか
  • ストレスを感じやすいのか

など、どのような人なのかを知ることができます。

基礎学力と一般常識を診断する「能力適性検査」

基礎学力と一般常識を診断する「能力適性検査」は、特に難しい問題や専門的知識を求めるような問題ではありません。

市販されている問題集を使って対策すれば誰でも、採用基準以上の点数を取ることが可能です。

この能力適性検査を行う意図としては、採用試験への準備や対策を行ったかどうかという部分を重視している傾向が強いです。

事前準備や対策などは、仕事に取り組む真面目な姿勢にも反映されると重視される傾向が強いです。

転職の筆記試験にあるSPIって何?

新卒で会社の採用試験を受ける場合に多いSPIは、先ほど説明した

  • 性格適性検査
  • 能力適性検査

の両方を網羅する筆記試験で、日本で一番多く利用されている筆記試験です。

仕事や企業に対する適性がどのくらいあるのかをチェックするために、最近では新卒以外の採用試験でも取り入れられるようになってきています。

転職の筆記試験で出題される一般常識とは?

転職の筆記試験で出題される一般常識には、社会人としての常識を問う問題と、基礎学力に関するものがあります。

基礎学力としては、高校レベルの国語や数学の簡単な問題と、時事に関する問題まで幅広い範囲で出題されることとなります。

一般常識のひとつとして論理的に物事を考えることができるのかを問う試験として、テーマに対して自分の意見を記述する形の試験も行われることがあります。

また、職種によっては、簡単な四則演算や図形の計算などを出題する企業もあるようです。

時事問題に対する対策はできる?

時事問題として出題される問題は、今話題となっているニュースが多いです。

時事問題に対する対策として、日頃からテレビや新聞または、WEBニュースなどをチェックしておくと良いでしょう。

採用試験を受ける企業の業界に関するニュースがある場合は、出題されるかもしれませんので、しっかり理解しておくと安心です。

転職の筆記試験で英語は出題される?難易度は?

大卒以上の事務系・技術系の転職での筆記試験で出題される英語は、英検準2級~2級レベルのものです。

採用条件が高卒以上という場合は、英語という科目で筆記試験が出題されることはまずありません。

事務職の転職で出題される筆記試験の傾向は?

事務系の転職で出題される筆記試験の傾向は、一般常識として出題される内容にプラスして、表計算ソフトの操作などを筆記試験として取り入れていることがあります。

事務職としてどのくらいの能力があり、即戦力として働くことができるのかという部分を見ています。

事務職以外の専門職の筆記試験の傾向は?

事務職以外にも専門職への転職を希望する場合は、専門知識に関する筆記試験が行われることがあります。

例えば、

  • システムエンジニアとしての転職の場合は、プログラミング関連の専門知識を問う筆記試験
  • 証券会社など金融系への転職の場合は、証券業務などといった金融全般に関する知識を問う筆記試験

などが行われ、どのくらいの知識があり戦力となるのかが判断されます。

学歴によって出題される筆記試験の傾向が違う?

高卒、大卒など学歴によって同じ筆記試験でも出題傾向に違いがあると言われています。

高卒以上の人を対象とした筆記試験と、大卒以上の人を対象とした筆記試験を比べてみましょう。

大卒以上の転職で出題される筆記試験の傾向は?

大卒以上の転職で出題される筆記試験の教科は、国語、数学、社会の3教科の中から一般常識レベルの問題の出題と、英検準2級~2級レベルの英語の問題が出題されることが多いと言われています。

各教科の出題傾向は、

  • 国語は、漢字の読みや書き、穴埋め問題などが出題されます。
  • 社会は、時事問題が多く出題されます。
  • 英語は、単語の意味を理解できているかというような問題が多く出題されます。
  • 数学は、文系なら簡単な算数の問題をたくさん出題される傾向が強く、理系の場合は、文系よりも難しい問題を出題しています。

というようなものとなっており、大卒レベルの学力があれば、特に難しい問題や、特殊な問題が出題されることはありません。

高卒以上の転職で出題される筆記試験の傾向は?

高校以上の転職で出題される筆記試験の傾向は、中学レベルの基礎問題と高校レベルの基礎問題が解ければ難しいと感じるような問題はありません。

企業の多くは、

  • 国語の漢字の読み書き
  • 社会の時事問題

を出題する傾向が強く、数学や英語の問題はあえて出題しないというところも多くあります。

高卒以上という求人の中には、筆記試験を設けていないところも多いので、それほど心配する必要はありません。

転職の筆記試験の注意点は?

中途採用の筆記試験は、大企業の求人では約8割以上、中小企業では約4割程度で行われています。

転職の筆記試験を受ける場合の注意点として以下の2点に留意して臨んでみましょう。

注意点① 一夜漬けではなく日ごろから対策しておく

100点満点を目指す必要はありませんが、点数は取れた方が良いです。

筆記試験に備えて、

  • 一般常識の問題集を解いてみる
  • 時事問題に対応できるようにいつも以上に新聞などを読み込んでおく

という対策だけでも筆記試験の結果が違ってきます。

企業によっては、筆記試験に備えて準備してきているかという部分を見るところもあるようなので、自分でできる範囲の筆記試験対策を行うようにしましょう。

注意点② 適性検査や性格検査は正直に回答する

筆記試験の中には、適性検査や性格検査を実施する場合もあります。

性格や適性検査では、

  • 明るく活発な性格
  • 社交的で誰とでも上手く付き合える

など好印象を与える結果となることを想定した答えを出すのではなく、正直に回答することです。

テスト結果に矛盾が生まれてしまうと、評価は逆に下がってしまう可能性があるので注意が必要です。

転職の筆記試験対策ができる転職エージェント3選

ここからは、転職の筆記試験対策をしっかり行うことができる転職エージェントをいくつか紹介したいと思います。

転職エージェントは、求人情報の提案だけではなく、採用されるための様々なサポートを行っているところが多くあります。

転職エージェントを利用しての転職活動を行うなら、サポート体制が万全な転職エージェントを有効活用することをおすすめします。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

転職の採用試験で行う筆記試験は、事前対策が必須!

転職を希望する企業では、面接以外にも筆記試験を行っているというところも多くあると思います。

この筆記試験では、応募者の性格や適性、学力面での基礎知識や一般常識など、面接では知ることのできない部分を知る上でとても重要としている企業も多いです。

また、応募者が筆記試験に対してどう取り組んできたのかという部分を見たいという企業や採用担当者も多いです。

筆記試験では、単なる知識の量を図るという意味合いだけではなく、筆記試験に対してどう取り組む人なのかという部分を見られている可能性が高いです。

だからこそ、事前の対策を万全にして転職の採用試験で行う筆記試験に臨むことが大切です。