美容師の年収は?年代・役職・働き方別に徹底解説!カリスマ美容師の年収も公開

この記事では美容師の年収について、年代・役職・働き方別に比較するなど、美容師の実態に様々な視点から迫りますカリスマ美容師の年収も調べました

美容師は開業すると年収が上がると言われますが、本当でしょうか。ここでは美容師が年収を上げる方法も解説しています。

美容師の年収について詳しく知りたい人や、これから年収を上げたい美容師の方はぜひ参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

美容師の年収は?年代・役職・働き方別まとめ

美容師の年収について平均年収・中央値をお伝えした後に、年代別・役職別に解説していきます。

美容師の年収は、他の美容系職種の比べて高いのか低いのかについてもチェックします。

美容師の平均年収・中央値

美容師の平均年収は、2019年の賃金構造基本統計調査では311万円です。まず、2015年〜2019年の美容師の平均年収を見てみましょう。

年度平均年収
2019年311万円
2018年302万円
2017年300万円
2016年288万円
2015年286万円

上記の5年間の平均年収は200万円台後半から300万円台前半で推移し、徐々に上がっています。美容師の年収中央値は320万円です

2019年の国税庁「民間給与実態調査」によると、日本人の平均年収は436万円です。日本人の平均年収と比べると、美容師の平均年収は100万円以上低いようです

美容師の年収・年代別

美容師の年収を年代別に解説します。美容師の年代別年収をまとめた公式データがないため、口コミサイトのopenworkを参考にお伝えします。

年代年収例備考
20代240万円在籍5〜10年、女性
30代240万円在籍10〜15年、男性
40代520万円中途入社、在籍15〜20年、男性

美容師の平均月給は20万円前後で、やればやった分だけ給料が上がる歩合制を導入している店舗が多く見られました一般的な大企業と異なり、年功序列の終身雇用ではありません。

美容師の業界は、基本給プラス歩合制で、成果主義を採用しているのが特徴です。

この表によると、20代と30代は年収200万円台と民間企業平均の半分程度の年収しかありませんが、40代では民間企業平均並みの年収を得られるようです。

美容師は年功序列で給料が決まるわけではありませんが、着実にキャリアを積むことで年収が上がるのは間違いないようです。

美容師の年収・役職別

美容師の年収を役職別に解説します。店長や店員、アシスタントでどれくらい年収が違うのか、openworkの口コミを参考にお伝えします。

役職年収例備考
アシスタント200万円新卒入社、在籍3年未満
スタイリスト250万円中途入社、在籍5〜10年
店長300万円中途入社、在籍1年目

上記の口コミによると、アシスタントからスタイリスト、店長へと役職が上がるにつれて50万円ずつ年収がアップしています

  • 役職になると役職手当が付与される
  • アシスタントからスタイリストに上がると給料が大きく上がる

上記のような口コミもありました。役職手当が付くのは一般企業と変わらないようです。

店長などの役職に就く前は基本給が低いため、指名客を多く取って歩合給をいかに稼ぐかが年収を上げる鍵です。

美容師の年収・雇われ/開業

美容師の年収を雇われている従業員と、開業している美容師を比較します。従業員の年収は「役職別」の見出しでもお伝えしましたが、200万〜300万円が相場です。

雇われの店長で年数を重ねていくと、中途入社の在籍5年〜10年で年収500万円を稼ぐ人もいるようです。

開業美容師は、Twitterの口コミには400万〜600万円程度が平均年収であるとの情報がありました。

もちろん開業美容師の中には、ほとんど稼げていない人もいれば、多店舗展開に成功して高年収の人もいます。

雇われているより開業している美容師の方が年収は高いケースが多いです。ただ、基本給などはないので、安定した収入は保証されません。

美容師の年収・地域別

美容師の年収を地域別に解説します。ここでは、五大都市のある都道府県を例に、求人サイトから推定年収をチェックしていきます。

都道府県名推定年収
東京都349万円
北海道308万円
愛知県324万円
大阪府301万円
福岡県299万円

首都である東京が年収が1番高いです。特に東京の表参道は美容院の激戦区であり、かなり高収入を稼ぐ人もいるようです

上記の表では、愛知県が東京の次に美容師の年収が高く、その他はだいたい同じレベルの年収です。

ただし、上記5都市では平均年収に最大でも50万円の差しかありません。物価の高さを考慮すると、どの都市で就業しても美容師の実質的な年収は変わらないでしょう。

美容師の年収・男女別

美容師の年収を男女別に解説します。2019の年賃金構造基本統計調査を参考に下記の表にまとめました。

性別年収
男性331万円
女性277万円

美容師の年収は男性の方が50万円以上高いです

  • 給料は歩合制で稼げる人は良いが、基本給だけだと厳しい
  • やればやっただけ稼げる

openworkの口コミを見る限り、男性と女性で年収が変わるわけではなく、役職や歩合の差で年収に差が出ます。男性の方が、店長などの役職に就くケースが多いと推測できます。

完全歩合制で働く女性スタイリストの人で、在籍3年未満でも年収400万円に到達する人もいます。成果が上げられる人は、年齢や性別関係なく年収が上がるようです

美容師の年収は高い?低い?美容系職種の年収ランキングをチェック

美容師の年収は他の美容系職種の年収と比較して、高いのか低いのかをランキングにしました。口コミサイトや求人サイトのデータを参考に推定平均年収をまとめました。

ランキング美容系職種名推定平均年収
第1位脱毛サロン358万円
第2位エステティシャン350万円
第3位ネイリスト323万円
第4位アイリスト321万円
第5位美容師311万円

美容師の年収は他の美容系職種と比較しても平均年収が低いようです。上記5つの職種では最下位でした。

美容師は国家資格保有者であるものの、資格が年収に反映されるわけではないようです。しかし、一握りのカリスマ美容師は、かなりの高年収を得ています。次に解説していきます。

美容師が年収600万・700万・1000万稼ぐのは可能?カリスマ美容師の年収は?

美容師は一般的に労働時間が長い割に年収が低いです。ここまで解説してきた中で年収500万代の人の口コミは見られましたが、年収600万・700万は稼げるのでしょうか。

気になるカリスマ美容師の平均年収もチェックしていきましょう。

カリスマ美容師の年収

カリスマ美容師の年収を解説します。公的な情報はないため、テレビ番組やTwitterの情報を元にカリスマ美容師の年収を検証しました。

2019年10月11日放送の「新・日本男児と中居」に出演したカリスマ美容師の柳本豪さんは、当時カット代が驚愕の54,000円でした。推定年収は約1億円です

小倉優子さんの元旦那である菊池勲さんは推定年収8000万のカリスマ美容師です。柳本さんと菊池さんの共通点は、共に経営者であることです。

一方、雇われているカリスマ美容師の年収はどれくらいなのでしょうか。

  • 俗に言うカリスマ美容師だって雇われなら年収500万円〜600万円よ

この口コミのように、技術の高いカリスマ美容師も雇用形態によって年収に雲泥の差があります

年収600万以上稼いでいる美容師の実例

年収600万以上を稼ぐ美容師の実例を、Twitterの口コミから見てみましょう。

年収700万〜1800万円稼ぐ人が見られましたが、激務の末にようやく高収入を得られたようなニュアンスの口コミが多いです。

高年収と引き換えに私生活を犠牲にしたくはありません。休みなく働いたからといって、客が常に来るとも限らず、長時間労働すれば高年収になれるわけではありません。

雇われ美容師だと年収600万〜700万円には到達する場合はありますが、年収1000万円以上は至難の業です

美容師は開業すれば年収が上がる?

カリスマ美容師の年収が高いことはお伝えしましたが、一般的に美容師は開業すれば年収が上がるのでしょうか。

先ほどお伝えしたように、美容師の平均年収は311万円で、開業美容師の推定平均年収は約500万円です。単純計算すると200万円近く開業美容師の方が年収が高いです。

ただ平均年収には、先ほどのカリスマ美容師のような驚異的な年収の人も含まれます。裏返せば、開業してもほとんど稼げていない美容師もいるわけです

東京商工リサーチの調査によると、2019年の美容室の倒産は119件と過去最多を記録しています。

開業すると人件費や広告費、家賃などの固定費がかさみます。その分の売上がなければ赤字になり、倒産する可能性があるのです

開業はハードルが高い…と思う美容師が年収を上げる方法

美容師が開業して年収を上げるのは茨の道です。美容師で開業せずとも年収を上げたい人には「美容師資格を生かした転職」がおすすめです

美容師資格と、今までの蓄積してきた知識と経験はとても価値が高いです。その価値を高く買う企業はあり、転職できれば年収は上がります。

そこで、頼りになるのが「転職エージェント」です。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが転職希望者と企業をマッチングしてくれる転職サービスです。

自分一人で転職活動するより、より良い求人を紹介してくれるうえ、提出書類や面接の指導も受けられます。

美容師の転職先は必ずしも美容室とは限りません。思いも付かなかった転職先に出会える可能性もあります。ぜひ転職エージェントを活用してみましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは5万件以上の求人を持つ転職エージェントです。転職して年収を上げたい美容師におすすめの理由は以下の3つです。

  • 転職支援実績が累計25万人以上
  • 転職後に年収アップする人は67.1%
  • 転職エージェントランキングの顧客満足度総合第1位(2019・2020年)

パソナキャリア利用者の約7割が転職後に年収が上がっています丁寧な転職サポートに定評があり、利用者満足度も業界トップクラスです。

パソナキャリアの2021年1月時点の公開求人数は28,297件です。美容師から転職して年収を上げたい人におすすめの公開求人を紹介します。

企業名年収職種仕事内容
ピアス株式会社240〜345万円アイブロウスペシャリスト眉に特化したサロン内の業務
学校法人麻生塾300〜400万円美容科教員授業を行う。クラスの運営
コタ株式会社360〜411万円美容師インストラクター車内の営業社員や社外の美容師に美容技術の指導

パソナキャリアの求人は、約8割が非公開求人です。登録すれば、好条件の求人が見つかるでしょう。

パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最多の求人数を誇る最大手の転職エージェントです。美容師におすすめの理由を以下に3つ解説します。

  • 転職支援実績が2019年度に業界第1位(2020年6月時点)
  • 13万件の非公開求人数を保有(2021年1月)
  • 独自分析したデータによる業界・企業情報の提供などの徹底した転職支援

2021年1月現在、103,436件もの公開求人があります。美容師から転職して年収を上げたい人におすすめの求人を紹介します。

会社名年収職種仕事内容
学校法人三幸学園350~500万円美容科教師入学から就職までを一貫して担当
今井美容株式会社276~420万円スパリストサロン内でのヘッドスパ・ボディマッサージ・アイラッシュ・フェイシャル・リフレなど
B-first株式会社320~420万円新卒採用担当専門卒(美容師など)の採用業務

リクルートエージェントは求人数がとても豊富で、望みの求人を見つけられる可能性が高いです。

企業との太いパイプがあり、交渉力に優れたキャリアアドバイザーの支援を受けたい人は、リクルートエージェントに登録しましょう

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界最大級の総合人材サービス企業で、世界39ヵ国・地域で年間に約20万人の転職サポートをしています。

転職して年収を上げたい美容師に、ランスタッドをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 求人を多数保有
  • 求人の80%が非公開求人
  • グローバル企業などのハイクラス求人も保有

多くの非公開求人や、ランスタッドにしかない独占求人を保有しています。登録者の経歴やスキルに応じて、ハイクラス求人など好条件の求人が紹介されます。

2021年1月時点で8,019件の公開求人があります。美容師から転職して年収を上げたい人におすすめの求人を紹介します。(大卒のみや英語力が必要な案件もあります。)

企業名年収職種仕事内容
社名非公開600〜800万円法人営業マネージャー美容室への既存営業
株式会社ベガ350〜450万円美容インストラクター美容インストラクターとして活躍
社名非公開550〜750万円美容室の管理者新規サロンの獲得と既存サロンのフォロー

ランスタッドは外資系求人が豊富で、英語が得意な人はより高みの求人を狙えます。

ランスタッドの公式サイト

美容師の年収まとめ

この記事では、美容師の年収について年代・役職別や雇われと開業別など、様々な角度から解説しました。カリスマ美容師は1億ほど稼ぐ人もいますが、ほんの一握りです。

美容師の平均年収は日本人の平均年収よりも100万円以上低く、年収アップを目指して開業してもうまくいくか分かりません。

美容師で開業せずとも年収を上げたい人には「美容師資格を生かした転職」がおすすめです。転職を成功させるには「転職エージェントに相談すること」が肝心です

実績と信頼があるおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

  • パソナキャリア
  • リクルートエージェント
  • ランスタッド

上記の全てを登録することで、より豊富な選択肢の中から最高の求人を選択できます。転職エージェントの力を借りて、高年収での転職を成功を目指しましょう。