バンダイへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

『バンダイ』に転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
もちろん簡単ではありませんが、転職自体は可能ですよ。ただ、バンダイは入社希望者も多いことから、転職難易度も高いと言えます。

キャリアコンサルタント

転職エージェントを活用すべきでしょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。どの転職エージェントを利用すれば良いですか?
この記事でご紹介しています。他にも、バンダイの職場環境や、転職するためのポイントについて詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

大手企業や一流企業への転職は、キャリアのステップアップであり、憧れでもあります。

日本国内には数多くの大手企業の中から、プラモデルやゲームで有名のバンダイをピックアップし、転職難易度の検証や、企業情報、バンダイへの転職におすすめの転職エージェントなどを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

バンダイへの転職は可能?データから難易度を検証

ここでは、現在のバンダイの採用情報や、過去のデータから、バンダイへの転職の難易度を検証していきます。

現在のバンダイの採用情報

バンダイの公式ホームページによると、現在のバンダイの採用情報は以下のようになります。

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • 障害者採用

転職をご希望の方は、「中途採用」が対象になり、こちらは「バンダイ本社」や「大阪支店」静岡県にある「バンダイホビーセンター」などでの勤務になり、本社関係の仕事が主な業務の内容となるようです。

こちらは大卒以上、社会人経験2年以上が対象となり、入社時期は4月と10月と決まっています。

募集要項

  • 職種 総合職
  • 入社時期 4月・10月
  • 給与 月給23万円以上(経験、能力、前職などの考慮あり)
  • 諸手当 皆勤手当、時間外勤務手当
  • 雇用形態 正社員を前提とした一般嘱託社員(契約社員)
  • 昇給・賞与 昇給年1回、賞与6月と12月の年2回
  • 勤務時間 9:00~17:30(実働7時間30分)
  • 休日・休暇 休日 完全週休2日(土日)、祝日 休暇 年末年始、夏季、その他

中途採用実績

バンダイでは積極的に中途採用を実施しているようで、バンダイの公式ホームページで公開されている、2011年~2014年の4年間で127人が中途採用で採用されています。

これは平均すると1年で約31人の中途採用の実績があるということになり、この数字からも、バンダイは中途採用に積極的であることが言えます。

2011~2014年の年度別中途採用実績

年度採用人数
2011年47人
2012年25人
2013年26人
2014年29人

(バンダイの公式ホームページ参考)

入社後の仕事内容

バンダイ入社後は、配属先や職種によってさまざまな仕事内容があり、主な仕事内容は以下の通りです。

営業・マーケティング

店舗巡回を伴う市場調査や売場作りの提案などを行う他に、中間流通業者や代理店、量販店、各種専門店に対しての商品の提案や受注活動などを行い売上も管理します。

プロモーション

各カテゴリーにおけるCMや雑誌、イベントなどのプロモーション活動の他、各商品のPR戦略の企画立案及び実行なども行います。

企画

市場調査、商品・サービスの企画立案をしたり、商品化に関する版権元との交渉や、商品化に向けたコスト、スケジュール管理なども行います。

開発

商品の設計が主な業務で、量産化に向けたコストの試算や仕様のチェック、生産メーカーや取引工場との交渉、さらには品質管理、生産工程管理、商品仕入れなどを行います。

グローバル

海外市場拡大のための商品・販売戦略の立案と実行を行い、その他に海外展開商品のキャラクター版権の取得、管理、監修なども行います。商品の輸出入管理業務全般も、この部門の役割です。

管理

形成戦略の立案、推進や、品質保証、検査、環境推進、顧客対応など、さまざまな管理業務を行います。版権交渉やロイヤリティの管理、イベントの運営、インターネット流通の整備・拡大など、部門や職種に囚われない幅広い経験と知識が必要です。

バンダイグループの採用情報

バンダイの求人情報は上記のようにバンダイの公式ホームページにて公開されていますが、バンダイナムコグループ全体の採用情報はどのようになっているのでしょう?

ここからは、バンダイグループ全体の採用情報などを紹介していきます。

主なグループ企業

バンダイナムコグループには、さまざまな職種やメーカーが存在し、それぞれ中途採用を実施しているようです。

特にバンダイナムコグループの花形でもある「ネットワークエンターテインメントユニット」には、家庭用ゲームや業務用ゲームなどの開発を手掛ける「株式会社バンダイナムコスタジオ」や、オンラインゲームやその他ソフトウェアを開発運営する「株式会社バンダイナムコオンライン」など、現代を代表する魅力的な職種と言えます。

バンダイナムコグループ各社の採用情報は、バンダイの公式ホームページから、「採用情報」~「グループ採用情報」へアクセスすると、バンダイナムコグループ各社の、採用情報ページに直接アクセスできるので、そちらからご確認ください。

採用大学や採用実績

バンダイの中途採用では、大学を卒業していること、社会人経験2年以上あることが、応募の条件として、公式ホームページにもありましたが、実際にどのような大学の出身者が採用される傾向にあるのでしょう?

ここからは、採用大学や、男女の採用割合などを分析していきます。

バンダイの採用大学

バンダイの採用大学の傾向は、特に決まった傾向ではなく、年度やグループ内企業によってさまざまのようです。

2017年のバンダイの総合職の採用大学実績によると、京都大学、慶応義塾、上智、関西学院、関西大学などが実績としてありますが、2018年度の採用予定大学は、愛媛大学、一橋大学、横浜市立大学などもノミネートされており、採用大学に一貫性はないように思えます。

2017年度の採用大学の実績では、凡そ20校以上の大学から採用しており、国公立から私立、女子大まで、幅広い大学から採用しているので、大学による難易度はあまり関係ないようにも思えます。

中途採用に関して言えば、「四大卒以上」「社会人経験2年以上」をクリアしてさえいれば、誰にでもチャンスのある転職先と言えるでしょう。

男女の採用比率

大手転職エージェントのリクナビエージェントによると、バンダイの中途採用には男女の比率に大きな差がないことが公開されています。

2015~2017年の採用実績と採用比率

年度男性の採用人数女性の採用人数合計人数
2017年23人20人43人
2016年17人15人31人
2015年19人16人35人

このように採用実績に男女の差はほとんどなく、毎年ほぼ同じ比率で採用されています。これは、バンダイが男女に差をつけていないと考えられるのと同時に、女性にも人気のある就職先・転職先であるとも言え、女性が働きやすい環境であることと、福利厚生が充実しているなどと考えることができます。

バンダイに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

ここからは、大手メーカーバンダイの企業概要や事業内容といった基本情報から、社風や仕事のやりがいなどといった職場情報などを紹介していきます。

バンダイの基本情報

まずは最初に、バンダイの企業概要や事業内容、平均年齢・平均年収などの基本データなどを紹介していきます。

企業概要

  • 会社名 株式会社バンダイ
  • 本社所在地 東京都台東区
  • 設立 1950年7月5日
  • 業種 その他製品
  • 事業内容 キャラクター事業を根幹とした玩具や模型の製造販売、その他
  • 従業員数 863人(2018年)

かつてバンダイは、旧鴻池財閥と旧山口財閥が戦後財閥解体によって再編した企業グループ「三和グループ」のメンバーでしたが、2005年のバンダイとナムコの経営統合によって、三和グループを脱退し、現在に至ります。

事業内容

バンダイと言えばおもちゃやゲームの開発・販売が最も有名な事業で、1950年に玩具製造子会社を立ち上げてから、現在に至って一貫して玩具の製造販売をベースに事業を展開しています。

現代玩具の主流が、家庭用ゲームや携帯型ゲーム、ソーシャルゲームとなった現在でも、キャラクターグッズや特撮ヒーローの人形なども発売し、おもちゃ業界全体に現在でも大きな影響を与えている企業の一つと言えます。

ゲーム市場においては、1980年代のファミリーコンピュータ時代から、キャラクター作品を中心に多くの名作ゲームソフトを世に送り出しており、1999年には携帯ゲーム機市場における任天堂一強体制を打破すべく、携帯用ゲーム機「ワンダースワン」を開発・発売し、携帯ゲーム機市場において一定の成功を収めました。

ゲームをはじめとするバンダイの各事業の強みであるのが、キャラクターものの商品化です。代表的なもので言えば、国民的アニメ機動戦士ガンダムのキャラクターの商品化であり、プラモデルである「ガンプラ」は、1980年代から現在まで成功し続けいている事業です。

ガンプラだけではなく、放送日程とクリスマス・お正月に合わせた、特撮ヒーロー「仮面ライダー」や「戦隊ヒーロー」関連の販売戦略は見事としか言いようがないほどで、実際に毎年全国のおもちゃ売り場で売り切れが続出するなど、市場を大いに盛り上げています。

ゲーム事業においても、安定した業績を残しており、「キャラクターゲームと言えばバンダイナムコ」と、世間一般に認知されるほどにまで至りました。

平均年収

バンダイの平均年収は、2013~2017年にかけて上昇傾向にあり、その5年間の間に平均年収は凡そ450万円程上がっています。

2013~2017の過去5年間の平均年収

年度平均年収
2017年1,354万円
2016年1,174万円
2015年939万円
2014年889万円
2013年894万円

全国平均と比べてみても、バンダイの平均年収はかなりの高水準にあることがわかり、平均年収の高さだけでも、魅力的な転職先と言えます。

ゲーム業界全体考えた場合でも、ゲーム業界全体の平均年収が年代や職種にもよりますが、500万円~700万円台後半のため、それと比べてもバンダイの平均年収はかなり高く、ゲーム業界への転職を考えた場合でも、バンダイは魅力的な転職先と言えます。

これは、プラモデルを中心としたホビー事業の安定と、エンターテイメント事業の発展と成長、そしてゲーム市場において「キャラクターゲームと言えばバンダイ」として確立したことが、要因として考えることができます。

平均年齢

バンダイで働く従業員の平均年齢は上昇傾向にあり、それに伴ってか勤続年数も上昇傾向にあります。

2013~2017年の平均年齢と勤続年数

年度平均年齢勤続年数
2017年42.6歳18.3年
2016年45.7歳17.4年
2015年40.5歳13.8年
2014年39.7歳12.7年
2013年39.5歳13.3年

ゲーム業界やIT・WEB業界などを基準にした場合、平均年齢は高めの傾向にあると言え、勤続年数も最大で18年以上と高いことから、安定した仕事がありつつ、高水準の報酬が得られると考えることができます。

バンダイの職場環境

ここからは、社風や仕事のやりがい、報酬に関しての満足度など、バンダイの職場環境について分析していきます。職場環境に関しての情報分析は、企業口コミ情報などで有名な「キャリコネ」に公開されている情報から分析しました。

キャリコネによるバンダイの総合評価

労働時間の満足度2.9
ホワイト度2.9
仕事のやりがい3.6
給与の満足度3.2
ストレス度の低さ2.6
休日数の満足度 3.1

このように公開されていました。各項目5段階評価なので、全体的に平均以上の評価があることが分かります。

仕事のやりがいと、給与の満足度が高評価だったので、上記でも紹介した平均年収の高さと、安定した仕事が、この評価に比例しているようです。

仕事のやりがいに関する口コミ

  • 売り込んだ商品が確実に数字に反映されるのでやりがいを感じる
  • 子供向け商品がメインのためモチベーションを保てる
  • ヒットアイテムを生み出すことにやりがいを感じる
  • 若手にも多くのチャンスがある

このような意見が多く、新たに開発した商品がヒットすれば数字に忠実に反映するため、そこにやりがいを感じている方が多いようです。

中には、「マニュアルのまま業務を行うのでやりがいを感じない」といった意見もありましたが、口コミにはやりがいに関してのポジティブな意見が多かったため、仕事のやりがいに関しては高評価であると言えます。

報酬に関しての口コミ

  • ボーナスの比率が大きいため平均年収はそれに左右される
  • 業績によるところが大きい
  • 役職による差が大きい

上記にあったように、バンダイの平均年収は全国平均や業界平均と比べ、かなり高い水準にありますが、口コミから見るに、高い要因は役職とボーナスの比率によるところが大きいと考えられます。

良くも悪くも業績や役職によって左右されるようです。しかしこれは、自分がやった仕事に対しての結果や実績によって、ボーナスが上がったり、役職が付いたりするわけですから、評価は平等に行われていると言えます。

働く環境に関しての口コミ

  • 業界の性質上明るい雰囲気が出ていて馴染みやすい
  • 体育会系の雰囲気が強い印象
  • 旅行の際のホテルやフィットネスジムなど社員特権は魅力的

エンターテイメントを基本にしていることだけあり、新入社員が馴染みやすい環境作りをしているようですが、口コミ全体を通して「体育会系」といワードが目立っていたため、厳しい上下関係の上に職場環境が成り立っているようです。

しかし新人歓迎会や、アットホームな職場環境など、印象の良い口コミも多く見られたので、部署や職種によって職場環境が異なることもありそうです。

口コミにもありましたが、ホテルやフィットネスといった各施設の割引などの社員特権も充実しているようで、社員のストレスやリフレッシュにも、手当が行き届いている印象です。

残業・休日に関しての口コミ

  • 働き方改革の影響で22時以降の残業は原則禁止
  • 業界の性質上イベントが多くて休日出勤することもある

イベント開催が多いためそれに伴い休日出勤をすることがあるようで、口コミを通してもこの意見が一番多かったのですが、業界の性質上、イベント関連の業務は切っても切り離せないので、これに関してはある程度の覚悟が必要です。

しかし、バンダイ全体でイベントに携わるわけではなく、プロモーションや企画、営業などの部門や職種が大きく関連しているため、部署や職種によっては休日出勤がないところもあります。

しかし大手企業と言うこともあり、社会の風潮には敏感で、働き方改革の影響を大きく受け、22時以降の残業は原則禁止など、部門や職種によるとは思いますが、オーバーワークは控えている印象です。

女性の働きやすさに関しての口コミ

  • 女性管理職への登用の雰囲気が年々強く感じる
  • 性別問わず実力があれば評価される
  • 子供向けの商品が多いためか産休や育休に寛容

中途採用の実績でもあったように、バンダイの中途採用には男女の差がほとんどなく、これは性別問わず実力に応じて正当に評価されていることが要因として考えられ、口コミにも「性別問わず実力があれば正当に評価される」といった意見もありました。

産休や育休にも寛容であり、また積極的に女性を管理職に登用していることからも、女性が働きやすい環境作りがされていると言えます。

口コミから見たバンダイの職場環境

上記の口コミをまとめ、バンダイの職場環境を分析すると、以下のようなことが考えられます。

  • 自分がやった仕事に対しての結果や実績に応じて正当に評価され、それが賞与や役職として反映されるため、良くも悪くも平均年収に差がある
  • 女性が働きやすい職場環境作りを意識していることもあり、産休や育休の取得に寛容であり、また、年々女性の管理職登用も積極的に行われている。実際に中途採用の実績でも男女比率にほとんど差がない
  • 国内を代表する大手企業であるため、世論や世間の風潮に影響を受けやすい傾向があり、世間で注目を集めている「働き方改革」にも積極的に取り組んでいる印象がある。
  • エンタメ業界の性質上、イベント開催が商品のヒット化や興業成功に大きく影響するため、特にプロモーションや営業などの部門や職種は、土日などの休日出勤に関してはある程度覚悟する必要がある。

バンダイへの転職を成功させる方法

バンダイは大手企業であると同時に、人気転職先企業でもあるため、バンダイの公式ホームページや求人サイトを使って直接応募することもできますが、個人だけでバンダイへの転職活動を進めていくには、ハードルが高すぎます。

ここでは、バンダイへの転職を少しでも成功させるための方法などを、項目別に紹介していきます。

ハードルが高い理由

ここではまず、バンダイへの直接応募に転職が何故ハードルが高いのか、それぞれの理由ごとに解説します。

書類選考

バンダイの公式ホームページにある「採用フロー」を確認したところ、バンダイへ転職するためには、面接の前に書類選考を通過する必要があります。

転職活動において最大の難関は「面接」ですが、その面接に挑むためには、書類選考を通過する必要があります。

実はハードルが高い最大の理由のが、この「書類選考の通過」であり、多くの転職希望者がこの書類選考で落とされてしまいます。

書類選考を通過したということは、企業がその人に興味を持ったということになりますので、このことからもハードルが高い理由は、やはり「書類選考の通過」が大きな要因と言えます。

転職エージェントを使えばハードルを下げることができる

書類選考を通過するためには、必要書類の出来が大きく左右することになり、これが大変困難な作業になります。

基本的に必要となる書類は「履歴書」と「職務経歴書」になるのですが、履歴書はともかく、個人の職歴や経験、応募企業によってフォーマットが異なる職務経歴書の作成に、多く方が苦戦します。

しかし、DODAやリクルートなどの人材サービス企業が運営する「転職エージェント」と呼ばれる、転職支援サービスを利用すれば、これら問題点を解消することができます。

転職エージェントとは、簡単に言えば「民間のハローワーク」のようなサービスで、非公開求人の紹介や、問題点にもある選考書類に必要な書類作成のサポートや、必要であれば面接のサポートまでも行ってくれます。

ほとんどの転職エージェントが、無料登録で利用できるので、バンダイに転職希望されている方は、バンダイの求人を取り扱う転職エージェントを利用し、転職活動を有効的に進めていきましょう。

バンダイへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4

ここからは、バンダイへの転職活動におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

ここで紹介する転職エージェントは、バンダイへの転職活動はもちろん、バンダイ以外の大手企業や、優良企業の求人も多く取り扱い、また転職サポートが充実しているので、幅広い転職活動をしたい方にもおすすめです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

バンダイの転職には、転職エージェントの複数登録がポイント

転職エージェントは得意とする業界や職種、サポートサービスの内容や充実度などが、転職エージェントそれぞれによって異なります。

もちろん各社メリットもあればデメリットもあるため、特徴や特性をある程度見極めて、自分が希望する転職活動に合った転職エージェントを利用する必要があります。

転職エージェントは基本無料で利用することができるので、自分が希望する転職活動や自分が持つ個性を自己分析し、自分に適した組み合わせで、転職エージェントを複数登録し、併用して利用しましょう。