キヤノンへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

キヤノン株式会社は、一眼レフカメラや、プリンター、オフィス向けの事務機器など、あらゆる電子機器を開発している大手電子メーカーです。

海外でも幅広く事業を展開しており、転職者からかなりの人気も高いです

それゆえ、転職の難易度は高く、入社することはかなり難しいといわれています。

この記事では、キヤノン株式会社の基本情報から、転職方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、キヤノン株式会社への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職前に知っておきたい!キヤノン株式会社ってどんな企業なの?

誰もが聞いたことのある企業名「キヤノン」は、一眼レフカメラの製造・販売で有名な大手企業です。

キヤノンを転職先に選ぶのであれば、最低限の知識として、ある程度の情報は知っておいた方が良いでしょう。

ここでは、キヤノン株式会社がどのような企業なのかについてまとめてみました。書類選考に通過して面接に合格すれば、あなたもキヤノンの社員となります。

転職に成功したときのことを考えて、事前にある程度の企業内容は把握しておきましょう。

企業理念は「共生」

キヤノン株式会社の企業理念は「共生」。言葉や文化を問わず、さまざまな人が幸せな生活や働きやすい環境を共にできる企業を目指しています。

しかし、経済的な問題を始め、資源や環境に関する問題が多く、「全ての人が共生する」というのが現状的に難しくなっています。

そんな現状を改善するために、キヤノン株式会社では企業での活動を通じて、さまざまなことに取り組む積極的な姿勢を向けています。

国内だけではなく、海外での企業活動を行なっていて、より良い関係作りを意識しています。

また、地球環境に対しての考えも大切にしているため、人と人の共生だけでなく、人類と環境の共生の実現を目指しています。

さまざまな電子機器の企画・開発・製造

キヤノンといえば、一眼レフカメラが代表的な製品ですが、他にもさまざまな製品の企画・開発・製造を行なっています。

書類や写真を印刷するプリンターや、オフィス向けの事務機器など、あらゆる電子機器を開発している大手電子メーカーです。

また、キヤノンでは国や地域によって効率の良い生産を行なっています。

製造にかかるコスト、地域別で異なる税金、物流や労働の方法など、ありとあらゆる面を考えた上で判断し、製品の製造を行なっています。

キヤノンは世界で活躍する大手企業

キヤノンはグローバル企業として活動しているため、世界中から注目を集めている大手企業です。

特に、カメラやプリンターなどの製品は、世界的に共有されている製品となっていて、シェア率がとても高いことで有名です。

2017年には世界的に高い評価を得ている企業として、キヤノン株式会社は日本企業の中でも4位という素晴らしい結果を誇っています。

同じ電子メーカーとしてライバル会社も多い中、このような結果を出しているというのは、海外からも信頼の厚い企業であることがわかりますね。

募集している人材が幅広い

キヤノン株式会社では、事務系や技術系といった職種の募集をおこなっていて、事務系は資材の調達がメインとなり、技術系ではAI技術を使った専門的な業務を任せられる方を募集しています。

また、キヤノンでは障害者の方の採用も行なっていて、基本的なパソコン操作やスキルがあれば、求人に応募することができます。

共生を目指して幅広い人材を募集しているので、障害が原因でなかなか仕事が見つからない方でも気軽に応募することができますよ。

キヤノンへの転職は難しい?

キヤノン株式会社は福利厚生が人気となっていて、バランスの取れたワークライフを送れると有名な企業となっていいます。

そのため、キヤノンへの転職を考える方からの応募人数が非常に多く、転職を成功させることが難しいといわれています。

また、専門職の未経験者による応募も、採用されるのは難しいといわれています。キヤノンでは専門的な職種が多いため、専門的技術を持った人材が求められている傾向があるようです。

面接の難易度はそれほど高くない

転職難易度の高いキヤノンですが、面接の難易度はそれほど高くないといわれています。

実際に面接を受けた方からの口コミでは、「面接では特別な質問をされることがなかった」「至って普通の面接だった」という意見がとても多いです。

そのため、書類選考に通過して面接が決まったとしても、あまり気負うことはなさそうですね。しかし、人気の高い企業なので応募人数が多く、中には優秀な人材が多くいるはずです。

面接では自分を最大限にアピールして、内定を勝ち取りましょう。

求人情報の一般公開数がとても少ない

キヤノン株式会社の求人情報は、一般公開されているものが少なく、ほとんどの求人情報が非公開となっています。

そのため、キヤノンへの入社を考えて転職活動をしていても、なかなか求人情報を見つけることができません。

キヤノンに限らず、大手企業の求人情報は非公開が多いため、転職難易度が高くなっています。

転職先として人気が高く、さらには一般公開されている求人情報が少ないとなると、キヤノンへの転職は難しくなるかもしれませんね。

キヤノン株式会社へ転職するメリットは?

転職先として人気の高い大手電機メーカーのキヤノン株式会社。充実した福利厚生や自分自身の成長を実感できるとしても注目される企業なので、転職先に人気の企業となっています。

ですが、キヤノンへの転職を考えている方の中には、入社する具体的なメリットを知らないという方もいるでしょう。

ここでは、キヤノン株式会社へ転職するメリットについてご紹介していきます。

平均年収は600万円だがそれ以上も狙える

キヤノン株式会社の平均年収は600万円といわれています。ちなみに、平成28年度の日本の平均年収は一人あたり約400万円となっています。

大手企業ということもあって、日本の平均年収と比べると約1.5倍の年収になるため、安定した収入を得ることができるのは、大きなメリットになるでしょう。

また、キヤノンは先進企業なので、長く勤めることで年収アップを狙うことができます。20代社員の平均年収が600万円に対し、30代社員の平均年収は700万円といわれています。

専門分野を活かしてキャリアアップできる

専門的な職種が多いので、キヤノンへの転職はキャリアアップに繋がります。

映像認識・データ解析・技術開発などの職種に採用されれば、これまでに専門職での経験がある方であれば、専門分野を活かした仕事ができるでしょう。

また、キヤノンではAI技術を使った職種で働く人材を募集しています。

AI技術を専門分野としている方であれば、さらにキャリアアップを狙えるので、キヤノンへの転職はおすすめかもしれませんね。

販売されている商品を見るとやりがいを感じる

あなたがキヤノンへ転職した場合、当然ですがさまざまな電子機器の製造に関わることになります。

製造したカメラやプリンターなどは全国のお店で販売され、多くの方が購入することができます。

そんな自分が手掛けた商品が販売・購入されているところを見ると、「やって良かった」と思えることでしょう。

実際にキヤノンで働く方が一番やりがいを感じるのは、販売されている商品を見たときという意見が多いです。形として見えるものなので、確実にやりがいを実感できるでしょう。

キャノン株式会社への転職を成功させるには?

キヤノン株式会社の求人情報は非公開が多く、一般に公開されている求人情報から見つけ出すのは難しいものです。

ですが、非公開求人を数多く取り扱っている「転職エージェント」に登録すれば、キヤノンの求人情報を見つけることができるかもしれません。

キヤノン株式会社への転職を成功させるには、まず求人情報を見つけることが大切です。また、転職エージェントだけでなく、全国にあるハローワークの利用もおすすめです。

それでは、キヤノン株式会社への転職を成功させるポイントを、一つひとつ見ていきましょう。

豊富な求人を取り扱う転職エージェントに登録

一般公開されていない企業への転職を成功させるなら、転職エージェントに登録してみましょう。

非公開の求人情報を豊富に取り扱っているため、もしかするとキヤノン株式会社の求人情報が取り扱われているかもしれませんよ。

また、転職エージェンによっては、他の転職エージェントでは取り扱っていない「独占求人」を紹介してくれる場合があります。

独占求人とは、企業側との厚い信頼がなければ依頼してもらえない求人情報のこと。そのため、独占求人を持っているのであれば、信頼できる転職エージェントともいえるでしょう。

複数の転職エージェントを使う

転職エージェントで取り扱っている求人情報は、それぞれで内容や職種もバラバラです。

そのため、転職エージェントに登録してキヤノンへの転職を成功させるなら、複数の転職エージェントへ登録してみましょう。

転職エージェントではアドバイザーとの面談、スカウトメールの配信、公式ホームページからの閲覧にて求人情報を確認することができます。

さまざまな転職エージェントに登録して求人情報を探せば、効率よく転職先を見つけることができるでしょう。

求人情報はハローワークでも紹介してもらえる

転職エージェントで転職先が見つからなかった場合、同じく求人情報を豊富に取り扱っている「ハローワーク」を使ってみてはいかがでしょうか?

全国各地でさまざまな職種の求人情報を紹介しているので、キヤノン株式会社の求人を取り扱っている可能性は十分に考えられます。

ハローワークでは求人情報の閲覧だけであれば、誰でも簡単に利用できる施設となっています。

「キャノン」が見つかった場合は、係員の方に伝えることで、転職の手続きをすることができます。

転職エージェントと併用して転職活動を行うこともできるので、ぜひ一度ハローワークまで足を運んでみてください。

キヤノンへの転職で「転職エージェント」を使うといい理由

転職エージェントはキヤノンへの転職成功に効果的とご紹介しましたが、そもそも転職エージェントが何なのかを知っていますか?

転職活動をされている方であれば、一度は聞いたことがあると思います。また、転職をされている方の多くは、転職エージェントを使って、成功しています。

ここでは、そんな転職エージェントがどのようなサービスを行なっているのかをまとめてみました。サービス内容について一つひとつご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職や各職種の専門的知識を持った転職のプロ

転職エージェントは、転職をされる方の内定が確定するまでをサポートするサービスを行なっています。

転職を成功へと導く豊富な知識を持っているので、安心してサポートを受けることができます。

さらに、専門的な知識が必要とされるさまざまな職種にも詳しいアドバイザーが在籍しているので、転職先の職種に関する疑問や不安にも丁寧に受け答えしてくれますよ。

ですが、転職エージェントによってサービスやアドバイザーの質が異なる場合があります。

転職エージェントに登録するとアドバイザーとの面談がありますので、実際に会って転職に関するお話をして、転職活動を任せられるのかを判断することが大切です。

また、ネット上にはさまざまな転職エージェントの口コミが紹介されています。現職が忙しい方、または転職を急いでいない方は、まずは口コミから確認してみるのも良いでしょう。

実際に利用した方のリアルな声なので、転職エージェントを利用する際の判断材料にすることができますよ。

さまざまな企業の求人情報を取り扱っている

転職エージェントではさまざまな企業の求人情報を取り扱っています。

信頼関係を持った多くの企業から直接求人の依頼を受けているため、転職をされる方に対して豊富な求人情報を提案することができます。

一般的な職種から専門的な職種までを取り扱っているので、キャリアアップやスキルアップを考えている方にもピッタリのサービスとなっています。

また、転職エージェントでは一般的に公開されている求人情報だけでなく、非公開の求人情報も豊富に取り扱っています。

個人での転職活動では見つけにくい企業の求人も提案してくれるので、キヤノンへの転職を考えている方にはとてもおすすめです。

さらに、企業との厚い信頼を築いている転職エージェントであれば、他では紹介されていない独占求人を提案してくれます。

独占求人に関しては、利用する転職エージェントによってことなるため、転職をより確実に行うのであれば、いくつかの転職エージェントの登録してみると良いでしょう。

専任アドバイザーが内定確定までしっかりとサポート

転職エージェントに登録すると、転職をされるかた一人ひとりに対して、専任のアドバイザーがついてくれます。

転職先の提案から企業への内定確定までをしっかりとサポートしてくれるので、転職が初めてという方でも安心して利用することができますよ。

また、専任のアドバイザーからは、転職成功のカギとなる履歴書の書き方や面接など、細かいアドバイスを受けることができます。

履歴書は書類選考に通過するための大切な書類ですし、面接は自分自身を企業側へと売り込む重要な自己アピールの方法です。

転職には欠かせないスキルを身につけることができるので、転職エージェントを利用してみる価値は十分にあるでしょう。

転職後はアフターフォローを受けられる

転職に成功した場合、転職エージェントによって異なりますが、アフターフォローを受けることができます。

現職の退職手続きに関するアドバイスや、転職先へ給料や年収アップの交渉を代わりにしてくれるなど、転職後もさまざまなサービスを受けることができます。

特に、お金に関する交渉は、なかなか自分も口では言い出しづらいものです。

ですが、専任のアドバイザーがしっかりとサポートしてくれるので、安心して新しい職場で働くことができるでしょう。

キヤノン転職におすすめな転職エージェントの登録方法と採用までの流れ

ここでは、初めて転職エージェントを利用される方のために、登録方法や転職成功までの流れをご紹介していきます。

転職エージェントを利用してキヤノン株式会社への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ネットから転職エージェントを検索・登録

転職エージェントを使ってキヤノン株式会社へ転職される方は、まず利用したい転職エージェントをネットで検索してみましょう。

そこから転職エージェントの公式ホームページにアクセスし、「無料登録」のボタンをクリックして、登録手続きを行なってください。

登録手続きでは個人情報、勤めている現職の状況、転職先に関する希望を入力します。このときに注意してもらいたいのが、個人情報の入力です。

登録完了後には登録した電話番号やメールアドレス宛に、アドバイザーから連絡が来るようになっています。

そのため、入力ミスをしてしまうとその後の連絡が取れなくなってしまうので、登録を確定する前に必ず確認しておきましょう。

アドバイザーからの連絡と面談の日程調整

登録完了から1週間後くらいに、専任のアドバイザーから面談の日程を決める連絡がくるようになっています。

基本的には対面での面談となります。しかし、スケジュールやお住いの地域によって対面での面談が難しい場合は、電話での面談が可能な場合もあります。

面談の方法は転職エージェントによって異なるので、連絡がきたときに専任のアドバイザーへ確認を取っておきましょう。

面談にて希望の転職先を提案してもらう

専任のアドバイザーとの面談では、希望する転職先の条件やこれまでの経験・スキルを元に、あなたに合った企業の求人情報を提案してくれます。

転職先をキヤノンへ希望される場合は、この時点で「キヤノン株式会社の求人情報はありませんか?」と聞いてみましょう。

ちなみに、自分が経験した職種や持っているスキルは、できるだけ確実に伝えておいてください。

経験とスキルに自信がなくても、「〇〇なら経験がある」「〇〇なら自分にもできるかも」など、些細な情報でも転職活動ではとても重要なものになります。

専任のアドバイザーからしても、細かい情報をもらえた方が提案する転職先を探しやすくなるので、必ず伝えるようにしてください。

また、アドバイザーは転職をされる方の隠れたスキルを見つける技術を持っているので、転職先の幅が広がるかもしれませんよ!

転職先が決まったら、企業への応募や面接の日程などを専任のアドバイザーが全て対応してくれます。面接の日程は後日アドバイザーの方から伝えられるので、連絡が来るのを待ちましょう。

履歴書や面接のアドバイスしてもらう

面接の前には書類選考があるため、必ず履歴書が必要になります。しかし、履歴書の書き方に問題があった場合、書類選考に通過することができません。

そのような状況にならないために、専任のアドバイザーから履歴書の書き方についてアドバイスを受けることができます。

また、専任のアドバイザーは面接の練習も行なってくれます。自分をアピールするコツや受け答えに関するアドバイスを受けることができるので、本番に備えてしっかりと練習しておきましょう。

応募した企業で面接を受ける

専任のアドバイザーから伝えられた面接の日程に従って、面接を受けに行きます。面接会場や時間は事前にしっかりと把握しておき、時間に余裕を持って面接会場にて面接開始を待ちましょう。

面接後は専任のアドバイザーへ「面接の内容」「面接を受けた感想」の連絡を入れておくことをおすすめします。面接後はアドバイザーと企業側が連絡を取り合うようになっています。

面接後にできるだけ早く連絡を入れておけば、専任のアドバイザーがあなたを売り込むためのフォローをしてくれるので、面接合格の確率がアップしますよ。

面接の結果通知・入社手続き

面接の合格・不合格は、専任のアドバイザーからの連絡で伝えられます。無事、面接で合格することができれば内定確定となり、専任のアドバイザーが入社手続きを行なってくれます。

入社日はいつなのか、入社当日に必要なものは何があるのかなど、詳しい内容を聞いておきましょう。

また、入社後の給料や年収アップの交渉も行なってくれるので、必要であれば専任のアドバイザーへ相談してみてください。

また、面接で不合格だった場合は、再び専任のアドバイザーと一緒に転職活動をすることができます。

もしキヤノン株式会社の面接を受けて不合格だった場合でも、他の企業への転職をサポートしてもらえるので、転職成功に向けて頑張ってください。

キヤノンの転職におすすめな転職エージェント

サービスやアドバイザーの質が高く、キヤノン株式会社の転職成功へと導いてくれる大手転職エージェントを5つご紹介していくので、ぜひ参考にして転職活動のサポートを受けてみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアでは、キヤノンなどの総合電機メーカーの求人を150件扱っています

公開求人は少なめに感じるかもしれませんが、非公開求人も合わせると、検討するに十分な量になるでしょう。

また、パソナキャリアは求人量に強みを持っているわけではなく、求職者を転職成功に導くための転職サポートに強みを持っています。

2020年のオリコン顧客満足度ランキングでは、堂々の1位を獲得しており、利用のしやすさや担当者の対応等について、非常に高い評価を得ています

実際に利用した人は、

45歳 男性 製造業

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。面接対策も充実していて、利用してよかったです。

51歳 女性 コールセンター

パソナキャリアは、求人数が多い上に、企業との交渉もスムーズだったので、非常に良かったです。担当の方が一生懸命行ってくれました。

など、サポート力の高さ、アドバイザーの交渉力の高さについて評価していました。

キヤノンに関する求人例

キヤノン パソナキャリア

パソナキャリアでは、キヤノンに関する求人を9件ほど、扱っています

もちろん、非公開求人として扱っている場合があるので、まずは登録して、アドバイザーと面談を行ってみてください。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、キヤノンなどの総合電機メーカーの求人を807件扱っています

パソナキャリアとは違い、リクルートエージェントでは豊富な求人を扱っており、国内最大級です。

求人以外にも、キヤノンの企業風土や内部情報、どういう人物を欲しがっているかや、実際に転職した人についてなどの情報も豊富に扱っています。

リクルートエージェントは、そういった”情報収集としての価値”も兼ね揃えているので、必ず利用すべきでしょう。

実際に利用した人も、

35歳 男性 通信会社営業

求人の量の豊富さがメリットだと感じます。他社には無い情報も多いため、情報収集としても活用できました

42歳 女性 SE

業界情報を入手でき、傾向や対策などを教えてくれるところが非常に役立ちました。自分が企業からどう評価されるかを客観的に教えてくれる点も、転職する上でためになりました。

など、扱っている情報量の多さから、手厚くサポートしてくれる点について評価していました。

キヤノンに関する求人例

キヤノン リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、キヤノンに関する求人を44件扱っています

ぜひリクルートエージェントも合わせて利用してみてください。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドでは、キヤノンなどのコンピュータ・精密機器の求人を174件扱っています

求人数はそこまで多くありませんが、ランスタッドはハイクラス転職に強みを持っています。

年収800万円を超えるハイクラス向けの転職も扱っているので、アドバイスの質が非常に高いです

キヤノンは、知名度も高く、転職難易度も高いので、キヤノンへの転職を考えた際は、ランスタッドも活用してみるべきでしょう。

ランスタッドを利用した人の中には、

29歳 女性 マスコミ関係派遣社員

質の良い求人を自分に合った条件で紹介してくれました。その企業の特徴やどういう対策をすればいいのか教えてくれて心強かったです。

22歳 女性 販売 薬局

ランスタッドとすぐにやり取りができたのは良かったです。無駄なく、転職まで進めることができました。

など、扱っている求人の質や、アドバイザーの対応の早さについて評価している人がいました。

ランスタッドもぜひ、利用してみてください。

登録する(無料)

転職エージェントを使ってキヤノンへの転職を成功させましょう

大手電子メーカーとして有名なキヤノン株式会社は、転職難易度が高い企業となっています。

また、キヤノンの求人情報は非公開が多いため、個人での転職活動ではなかなか求人を見つけることが難しいといわれています。

しかし、転職エージェントを利用すれば、キヤノンへの転職に成功する確率をアップさせることができます。

非公開の求人情報を豊富に取り扱っているため、利用する転職エージェントによっては、キヤノン株式会社の求人情報を提案してもらえる可能性がとても高いです。

キヤノン株式会社への転職成功を考えている方は、ご紹介した転職エージェントをぜひ参考にしてみてください。