富士通へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

富士通は、消防署の緊急連絡や、病院の電子カルテなど、我々が安全に暮らしていくために必要なシステムを開発・運営しています。

かなり歴史があり、日本を代表する企業なので、転職者からかなり人気があります。

企業HPにて、中途採用も行われていますが、公開されている求人数が少ないので、転職難易度は高いです。

この記事では、富士通の基本情報から、転職方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、富士通への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

転職する前に知っておきたい!富士通株式会社ってどんな会社なの?

富士通株式会社に転職を考えている方は、どんなことをしている企業なのかを知っていますか?

富士通といえば、パソコンをはじめとする電子製品の製造・販売が有名ですが、その他にはどのような事業を行なっているのでしょうか?

ここでは、富士通株式会社について簡単にご紹介していきます。

世界中で活躍するグローバル企業

富士通株式会社は、世界中で事業を展開しているグローバル企業となっていて、海外で活躍している社員は、全社員のうち約40%もいるといわれています。

そのため、日本に拠点を置く富士通の会社には外国人の社員が働いているところも多く、日本人の社員も世界で活躍している方がいるようですね!

事業内容としては、企業内で使用されているパソコン環境やシステムの調整・設定、コンピューター本体の開発から販売までを行なっています。

また、細かい電子製品の製造や販売なども行なっています。

年功序列制だが、逆転も可能

最近では成果によって給料や年収をアップさせる企業が増えつつありますが、富士通株式会社では主に年功序列制がとられているようです。

新入社員をしっかりと育成するために、育成担当の社員がマン・ツー・マンで仕事内容をきちんと教えることを行なっているそうです。

右も左もわからない新入社員にとっては、嬉しいシステムかもしれませんね!

また、富士通株式会社は年功序列制ではありますが、営業職の場合は成果を挙げることで管理職に就くことができるともいわれています。

そのため、若い世代でも出世するチャンスがあるので、働きがいがあるでしょう。

富士通株式会社にはさまざまな職種がある

富士通株式会社では、営業・システムエンジニア・開発など、さまざまな職種に分かれて事業を行なっています。

専門的知識が必要とされる職種が多く、世界中により良い製品を送り出すために、日々新しいものを生み出そうと研究されています。

また、富士通の製品を購入した一般の方が操作や設定に困った場合、電話で対応するオペレーターとしての業務も行なっています。

システムの不具合や各種設定方法など、一般の方でもわかりやすく説明して問題を解決するという業務となっています。

富士通株式会社が転職先におすすめな5つの理由

富士通株式会社がどのような企業であるかをご紹介させて頂きましたが、転職先としてはおすすめできる企業なのかが気になるところです。

どんな企業なのかを把握できても、「職場としてはどうなんだろう?」と疑問を抱く方は多いはずです。

ここでは、富士通株式会社の転職先としておすすめできるポイントをご紹介していきます。

①専門職が多く、スキルアップが望める

富士通株式会社は、専門職の多い企業となっています。そのため、スキルアップを狙って転職をされる方にはおすすめの転職先といえるのではないでしょうか?

法人から一般向けの電子機器を製造しているので、ある程度のスキルは必要かもしれませんが、経験者であればさらに自分のスキルを磨くことができるでしょう。

また、富士通株式会社はグローバル企業なので、部署によっては外国人の管理職の方が在籍しています。

そのため、コミュニケーションを取るためにも英語力が必要になるかもしれないので、必然的にスキルアップできるかもしれませんね!

②平均年収は790万円と高収入

富士通株式会社に勤めている社員の平均年収は790万円となっています。

約400万円といわれている日本の平均年収の1.95倍となっているため、高収入を狙って転職をされる方には、富士通株式会社はおすすめの転職先になるでしょう。

しかし、富士通株式会社でこれだけの高収入を得ることができるのは、残業が多いからともいわれています。

とはいっても、決められた上限以内での残業なので、「残業は絶対にしたくない!」という方以外であれば、富士通株式会社への転職を検討してみても良いでしょう。

③お客さんの「ありがとう」でやりがいを感じる

電子製品の開発・販売を主に行なっている富士通株式会社は、日本だけでなく海外でもさまざまな製品を販売しています。

より良いものを開発・製造するといったプロジェクトに関わり、成功した瞬間にやりがいを感じるという社員が多いそうです。

また、富士通株式会社の製品を販売する営業職は、お客さんから「ありがとう」という言葉をもらったり、業績が上がったりするときにやりがいを感じるという意見が多かったです。

「やりがいのある仕事がしたい!」という方は、富士通株式会社への転職を検討してみてはいかがでしょうか?

④残業代はしっかりと支払われる

最近では残業をなくす取り組みを行う企業が多いですが、富士通株式会社では残業が多いといわれています。

残業時間は職種によって異なりますが、中には有給を消化できない社員もいるといわれています。

しかし、残業代はしっかりと支払われるので、安心して働くことができます。

特にエンジニアの職種は残業が多いため、仕事はハードになりますが、頑張れば頑張った分だけ自分に収入に直結し、高収入を狙うことができるでしょう。

⑤未経験でもできる仕事もある

富士通株式会社では、職種によっては未経験者の方でも応募できる求人を出している場合があります。

主に営業職が多いようですが、営業経験さえあれば他の分野が未経験でも、富士通株式会社で採用してもらえる可能性があるようですね!

また、上の章でご紹介したオペレーターであれば、未経験者や女性の方でも応募しやすい職種となっています。

しっかりとした研修を行なってくれるため、電話対応のお仕事が初めての方でも、気軽に応募できるでしょう。

富士通株式会社への転職で注意すべきポイント3つ

富士通株式会社への転職にはおすすめできるポイントがいくつかありましたが、転職をされる前に注意しておきたいこともいくつかあります。

事前に注意点を知っておかなければ、転職後に「他の企業に転職すれば良かった…」「思っていたより働きづらい…」と後悔してしまう可能性もあります。

ここでは、富士通株式会社へ転職をするときの注意点についてご紹介していきます。

①労働時間は少し多め

富士通株式会社では残業をすることが多いため、他の企業に比べて労働時間が少し多くなっています。

職種によっては休日出勤を求められる場合があるので、ハードな仕事をすることになる場合もあるそうです。

社員の中には、「労働時間が長くてつらい…」「有給が消化できない」といった不満の声も挙がっています。

残業をすることに抵抗がある方や、仕事とプライベートを充実させたいという方は注意が必要です。

②求人は見つけやすいが採用基準は不明

富士通株式会社は、大企業では珍しく求人情報を一般にも公開していることが多いようなので、個人で転職活動をしている方でも求人を見つけやすいでしょう。

また、転職をされる方が特に気にする面接は、一般的な内容の質問が多いそうなので、あまり気負う必要はないかもしれませんね!

また、ある程度の経歴やスキルがあれば、採用されやすいともいわれています。

しかし、富士通株式会社だけでなく、どんな企業でもいえることですが、採用基準は公開されていません。

そのため、あくまで噂程度の情報なので、参考程度にしておいてください。

③専門職はスキルが必要になるかも…

富士通株式会社への転職で専門職を希望する場合は、スキルが必要とされる場合があります。

特に、富士通株式会社のエンジニアを希望している方は、専門的な知識と経験が求められるため、人によっては転職先として向いていないかもしれません。

これまでにエンジニアとしての経験がある方であれば問題ないかもしれませんが、未経験での転職は難しいかもしれませんね。

富士通への転職を成功させるなら転職エージェントがおすすめ

転職についていくつかの注意点がある富士通株式会社ですが、世界中にさまざまな製品を送り出す「富士通」で働きたいという方もいるのではないでしょうか?

しかし、職種によっては転職が難しい場合もありますし、時期によっては求人情報が公開されていないこともあるでしょう。

そのため、個人で転職活動をされる場合は、富士通株式会社への転職が難しい場合もあります。

そんな富士通株式会社への転職を成功させるなら、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

  • さまざまな企業や職種の求人情報を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書、面接などの対策を行なってくれる
  • 転職先への応募手続きや入社手続きを代わりに行なってくれる
  • 内定後は給料や年収アップの交渉をしてもらえる

転職エージェントを利用して転職活動をすれば、このようなサービスを受けられるので、転職成功率を向上させることができます。

自分では見つけられない企業の求人情報を紹介してもらえたり、さまざまな転職手続きを行なってもらえるなど、効率よく転職活動を進めることができますよ!

富士通への転職におすすめの転職エージェント4選

一言で転職エージェントといっても、さまざまな会社があるため、どこを利用すれば良いのかと悩んでしまいますよね?

基本的なサービスは同じでも、転職エージェントによってはサービスや在籍するアドバイザーの質が異なるので、できるだけ信頼できるところを利用したいものです。

ここでは、富士通株式会社への転職におすすめの転職エージェント5選をご紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントへの登録から転職成功までの流れ

転職エージェントの利用経験がない方は、どのような流れで転職できるのと気になっているのではないでしょうか?

特に、初めて転職される方は利用経験がないと思うので、事前に知っておくと、より安心して転職活動を行うことができるでしょう。

ここでは、転職エージェントへの登録から転職成功までの流れをご紹介していきます。

まずは転職エージェントに登録

まずは自分が利用したいと思う転職エージェントに登録してみましょう!

もし利用する転職エージェントに悩んでいるという方は、上の章でご紹介した転職エージェントに登録してみてください。

登録方法はインターネットから利用したい転職エージェントを検索して、トップ画面に表示されている無料登録のボタンから手続きを行いましょう。

登録内容は転職エージェントによって異なる場合がありますが、基本的には名前・住所・電話番号・現職の内容・希望する転職条件などを入力します。

入力ミスがないかを確認したら、登録を完了させてください。

アドバイザーとの面談の日程を決める

転職エージェントへの登録が完了すると、1週間程度であなたの担当となるアドバイザーから連絡が来るようになっています。

転職活動を行うために対面での面談が必要なので、面談を行う日程を決めましょう。

しかし、人によっては対面での面談ができないという方もいるはずです。そのような場合は「電話での面談は対応していますか?」と相談してみてください。

転職エージェントによっては電話での面談に対応しているため、どうしても対面が難しい方でも転職サポートを受けられるようになっています。

希望する転職先を紹介してもらう

面談当日は担当のアドバイザーと希望する転職条件や自分が持つ経歴・スキルを伝え、希望に沿った転職先を紹介してもらいます。

担当のアドバイザーが条件に合った求人情報を複数提案してくれるので、その中から転職先を決めましょう。

転職先が決まったら担当のアドバイザーに伝えて、応募の手続きを行なってもらいます。

転職先に選んだ企業側とは、全て担当のアドバイザーがやり取りを行なってくれます。そのため、転職をされる方は企業側に直接関わる必要がありません。

履歴書の記入方法や面接対策のアドバイスを受ける

転職先の決定と応募が終わったら、書類選考に必須となる履歴書や職務経歴書の記入方や、自分を最大限アピールするための面接対策を行います。

履歴書や職務経歴書は書類選考通過後に、面接でも使用される大切な書類になります。

面接官はそれらの書類を見ながらあなたに質問してくるため、面接官が質問したくなるような内容を記入する方法を教えてもらうことができるでしょう。

面接では自分自身を企業へと売り込むために、自己アピールの方法を教えてもらうことができます。

また、基本的な面接時のマナーや受け答えの方法も学ぶことができるので、しっかりと身に着けていきましょう。

実践的なサポート、アドバイスを受けることができるので、転職を成功させるためにも大切なことはしっかりと学んでおいてくださいね!

応募した企業での面接

書類選考に通過したら、次は面接になります。書類選考の結果や面接の日程は、担当のアドバイザーから電話で伝えられるので、日付と時間をしっかりと把握しておきましょう。

面接前日はアドバイザーから学んだことを実践できるように、予習・復習をしておくと良いかもしれませんね!

面接終了後は担当のアドバイザーへすぐに連絡をして、「面接の内容」「面接を受けた感想」を伝えておきましょう。

担当のアドバイザーは面接が終わった頃になると、企業側と連絡を取るようになっています。

この連絡を取り合う前に面接時のことを伝えておくと、あなたが上手くアピールできなかったことを、アドバイザーから企業側へ伝えてもらうことができます。

これは面接合格に大きな期待が持てるので、転職成功を願うなら、必ずアドバイザーに連絡を入れるようにしてください。

入社手続き

面接結果は担当のアドバイザーから伝えられます。面接に合格すればアドバイザーが入社手続きを行なってくれるため、入社日に必要なものや日時を確認しておいてください。

また、入社後にあなたが希望するのであれば、入社後の給料や年収を上げてもらえるように、担当のアドバイザーが企業側へ交渉を行なってくれますよ!

もしも面接に不合格だった場合は、担当のアドバイザーに相談することで、再び転職先選びからサポートしてもらうことができます。

富士通株式会社に転職できなかったとしても、別の企業へ転職できる可能性は十分にあるので、転職成功を目指して頑張ってください!

転職エージェント利用を成功に導くポイント7つ

転職エージェントはあなたが希望する転職先を紹介してくれますし、企業側とのやり取りを全て行なってくれます。

しかし、安心しきって任せっきりになっていては、転職エージェントの効果を十分に利用できません。

ここでは、転職エージェントを効果的に利用する方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

①複数の転職エージェントに登録する

転職活動に利用する転職エージェントは、1社だけではなく複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

転職先を紹介してくれるところが多いほど、あなたが希望する求人情報を紹介してもらいやすくなります。

というのも、取り扱っている求人情報の中には、他社では紹介されていない求人もあるからです。

そのため、1社では見つからなかった富士通株式会社の求人情報も、複数の転職エージェントから紹介してもらうことで、すんなりと見つけやすくなります。

また、それぞれのアドバイザーからのサポートを受けられるので、転職に関する多くのアドバイスを受けられるでしょう。

②1~2週間に1回はアドバイザーと連絡を取り合う

確実に希望する転職先を紹介してもらうのであれば、1~2週間に1回はアドバイザーと連絡を取り合うようにしましょう。

頻繁に連絡を取ることで「早く転職をしたい」という意思がアドバイザーに伝わるため、希望する求人情報が見つかり次第、すぐに紹介してもらうことができますよ!

転職エージェントでは転職を急いでいる方を優先して、求人情報を紹介しています。

そのため、何も行動をせずに任せっきりにしていると、良い求人情報があったとしても他の方に紹介されてしまい、あなたは後回しにされる可能性が高いので注意しましょう。

③働きながら転職活動をするなら希望の転職時期を伝える

働きながら転職活動をされている方は、担当のアドバイザーと連絡を取り合うヒマがない方もいるでしょう。

そんな方は事前に希望する転職時期を伝えておくと、その時期に合わせて転職先を紹介してもらうことができますよ!

しっかりと希望する転職時期・転職先や職種を伝えておけば、それまでは任せっきりにしておいても安心できるので、この方法はとてもおすすめです。

また、「こまめに連絡を取るのは面倒だなぁ」と感じる方も、この方法は利用できるので、ぜひためしてみてくださいね!

④自分と合わないアドバイザーは変更してもらう

大手転職エージェントであれば、優秀なアドバイザーが在籍しています。そのため、サービスやアドバイザーの質には問題ないのですが、人としての相性が合わないという場合があります。

そんなときは、担当のアドバイザーを変更してもらい、自分との相性が良いアドバイザーに担当してもらいましょう。

自分と合わないアドバイザーと転職活動を行う場合、自分の意見を言いづらい、意思の疎通が上手くいかないといったことに繋がります。

これでは転職成功が難しくなってしまうため、相性が悪いと感じたときは担当者変更の申し出をしてみましょう。

⑤経歴・資格はきちんと伝える

面談をするときには必ず自分の経歴や資格はきちんと伝えておくことが大切です。

人によっては自分の経歴や資格に自信がないという理由から、全ての情報を伝えない方がいるそうです。

しかし、それは転職先の幅を自ら狭めているので、どんな些細なことでもしっかりと伝えておきましょう。

転職エージェントに在籍しているアドバイザーは、転職をされる方が持つ隠れたスキルを見つけ出すことができます。

面談から聞いた転職者の情報からさまざまな可能性を見つけ出してくれるので、転職先の幅が広がり、転職成功へと近づくことができるでしょう。

⑥推薦状を書いてもらったら確認する

転職エージェントを利用した場合、担当のアドバイザーが推薦状を書いてくれます。

アドバイザーから見たあなたの印象、あなたを売り込むような内容など、企業側があなたを採用したくなるようなことを記載してくれます。

しかし、アドバイザーによっては、あなたの経歴や資格だけを書いた推薦状を作成するため、そのまま提出されてしまっては推薦状の意味がなくなってしまいます。

転職を成功させたいと願っているなら、必ず推薦状を確認させてもらい、納得できる内容で提出してもらうように注意してください。

⑦同じ企業に複数の応募はしないこと

複数の転職エージェントを使って転職をする場合、絶対にやってはいけないことがあります。それは、複数の転職エージェントから同じ企業に応募をすることです。

転職を希望している企業と転職エージェントは情報を共有しているので、「この方からの応募は別のエージェントから受けていますけど…」とアドバイザーに連絡が入ります。

そうなってしまった場合、転職を希望する企業への応募は取り消しになり、さらには登録している転職エージェントを今後利用できなくなってしまいます。

双方からの信頼をなくす行為になってしまうので、同じ企業への複数の応募は絶対に止めましょう。

転職エージェントに登録して富士通株式会社に転職しよう!

富士通株式会社は、世界中で事業を行なっているグローバル企業として有名な大手企業です。

専門的な職種の多い企業となっていて、さまざまな電子製品の開発・製造などを行なっている日本でも有名な企業となっています。

転職することでスキルアップを狙うことができるので、自分を成長させたいと思っている方であれば、転職先としてはおすすめです。

しかし、富士通株式会社への転職にはいくつかの注意点があるので、転職前にはしっかりと把握しておくことをおすすめします。

また、転職成功率を高めるおすすめの転職エージェントもご紹介していますので、ぜひ参考にして富士通株式会社への転職を成功させてくださいね!