日立製作所への転職は可能?中途採用・難易度・年収を徹底解説!

日立製作所にはどうしたら転職できますか?
まずは簡単に企業分析をして、応募書類の作成と面接対策をしっかりと行うと良いでしょう。

キャリアコンサルタント

面接対策はどうすればいいですか?
転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?この記事では、日立製作所への転職を実現するためのコツをご紹介いたします。

キャリアコンサルタント

日立製作所への転職をお考えではないでしょうか。国内大手の総合電機メーカーの日立製作所は、連結売上9兆円を誇ります。

日立製作所では様々なポジションにおいて常時、中途採用を行っていますが、転職を希望する人達の中でも大変人気の高い企業の一つです。

そこでこの記事では、日立製作所への転職を実現するためのポイント、活用するべきオススメの転職エージェントも合わせてご紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

日立製作所への転職は可能?データから難易度を検証

まずは、日立製作所の転職難易度や採用実績などを調査してみましょう。

公開求人はある?

公開求人とは、誰にでも応募ができる、企業が自社の公式ホームページなどで募集している求人のことです。

日立製作所の公式ホームページを見てみると採用情報の記載がありました。

公開求人での応募は簡単に行えるメリットがありますが、応募者も多いため書類審査が厳しくなってしまう傾向があります。

特に日立製作所のように名の知られた企業になるほど応募数も増えるため、書類審査で落とされる人が多くなってしまいます。

公開求人から応募を行う場合には、自身のキャリアを整理し、企業にとって魅力的な履歴書や職務経歴書作るようにしましょう。

採用大学実績

日立製作所の採用大学実績を調べてみると、東京・早稲田・慶應・上智・立命館・東北大・東工大・北海道大学などの大学から採用していることがわかりました。

しかし、応募資格は高等専門学校を卒業(修了)見込みの方以上、既卒の方については、職歴の有無や卒業年月を問わず募集を行っているようです。

日立製作所の事業内容や職場環境は?

日立製作所にはどのような事業があるのか見ていきましょう。

また、キャリコネなどで実際に働いていた人の口コミからわかった職場環境なども調査してみましたので、ご紹介します。

日立製作所の基本情報

まずは日立製作所の基本情報をご紹介いたしますので、見ていきましょう。

企業概要

創業明治43年(1910年)
設立大正9年2月(1920年)
資本金4587億9000万円
代表者代表取締役 執行役社長兼CEO 東原敏昭
従業員数37,353名(単体)335,244名(連結)
事業内容情報・通信システム、電力システム、社会・産業システム、電子装置・システム
建設装置、高能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他(物流・サービス他)
金融サービスの10セグメントなど、製品開発、生産、販売、サービス
事業所本社・東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
TEL・03-3258-1111
全国各地事業所(事業部、研究所、支社)及び海外事業所

日立製作所の事業内容

日立製作所には大きく分けて7つの事業があります。ここでは各事業についてご紹介します。

あまり知られていないような事業もありますが、大企業ならではのスケールを感じることが出来ると思います。

実際にこういったスケール感を見ることで日立製作所への転職を決めた方も多いようです。

世界的な水資源問題の解決に向けてを目標とした事業です。世界の国や地域は、それぞれ違った水問題を抱えており、そのニーズに合ったソリューションが求められています。

安心・安全な水の供給への貢献はもちろん、リアルタイムデータを使い、より効率的な水循環を支えることなども、取り組みの一つです。

エネルギー

火力や水力から、太陽光や風力などの再生可能エネルギーまで、さまざまなエネルギー源を活用して確かな電力供給を支えています。また、ITとエネルギーシステムを組み合わせ、スマートなエネルギー社会の実現へと貢献しています。

製造

設計・開発から製造プロセス、物流に至るまでを改革し、高品質な製品が迅速に世の中に届くようにしています。また、IoTやビッグデータ、AI(人工知能)といった先進のテクノロジーを駆使し、未来のモノづくりを実現することも取り組みの一つです。

ライフ&エコノミー

一人ひとりに最適なヘルスケアサービスの構築、日々の生活を守る社会インフラの安全性確保などを行っています。またITなどの技術も駆使した上で、身近な暮らしに関わるさまざまな問題解決への貢献をめざし、人々が豊かに暮らせる社会をサポートしています。

研究開発(R&D)

「エネルギー、エレクトロニクス、機械、材料、システム、情報通信、制御、生産、ヘルスケア」の各分野で確立した技術基盤を強化・融合させた研究開発を推し進めることにより革新的な製品・サービスを生み出しています。

また、長期的なビジョンのもと未来の課題を見据えた最先端の研究開発にも注力しています。

交通

人と人をつなぎ、地域の活性化に貢献するために、日立製作所は高度なITを活用して世界トップレベルの車両・鉄道システムを提供しています。さらに、鉄道をさまざまな社会インフラと連携させ、人びとの暮らしをもっと豊かにする、新しいサービスの創出にも取り組んでいます。

都市開発

建物の高層化・大規模化が進み、エレベーター・エスカレーターは生活に欠かせないものです。

日立製作所の昇降機は高速でありながら安全・快適で、省エネに優れているため、世界中から高い評価を受けています。

今後も安全な都市のあり方の一部としてアジア、中東などグローバルに提供し快適なまちづくりに貢献していくことでしょう。

このように、関わる分野は専門的なものからグローバルなものまで多種多様にあります。

自身のアピールにつなげるためにも、日立製作所で行われている事業に目を通しておくと良いでしょう。

平均年収

キャリコネで調べた結果、日立製作所の平均年収は約616万円だということがわかりました。

同業界の東芝では約664万円、パナソニックは約632万円でしたので、日立製作所の平均年収は同業界の中では平均か平均よりやや低めだといえるでしょう。

日立製作所や競合他社で働く20代、30代、40代の世代別の最高年収と平均年収を調査して表にまとめました。

20代最高年収30代最高年収40代最高年収平均年収
日立製作所約880万円約1064万円約1360万円約616万円
東芝約956万円約1244万円約1280万円約664万円
パナソニック約816万円約1100万円約1356万円約632万円

また残業時間に関しては平均で41.3時間と他の2社(東芝34.6時間、パナソニック30.7時間)よりも多く、有給取得率は平均55%(東芝65%、パナソニック64%)となっていました。

このようにライバル企業と比べ、年収や有給取得率などが低い傾向にあったり、残業時間が多めであったりとしていますが、社員の口コミではあまり不満はなく、反対にライバル企業からは日立製作所に対して一目置いているような口コミが見受けられました。

多少の残業などが発生しても、ダイナミックな事業を手がけていることで、やりがいにつながっているのかもしれません。

待遇・福利厚生

待遇面では、年齢を重ね経験とスキルを磨いていけば早いうちに役職につくことが出来るようです。

個人間でスピードに差があるものの、大学卒業総合職ならほぼすべての人が係長クラスに就くことができるようです。

係長以上の役職となると業務での貢献度合で昇進の可否や時期が大きく変わってくるようで実際のところは一概に年功序列というわけではないようです。

そして、口コミをみても分かるように、福利厚生は恵まれているようです。住宅手当や寮制度、また家族手当も充実しています。

同業他社に比べ特別に高いというわけではありませんが、給与や待遇面、福利厚生のトータルを考えるとバランスも良く社員からの満足度が高い評価になっています。

日立製作所の職場環境は?

ここではキャリコネなどで調査した、実際に日立製作所に転職した人の口コミの内容を記載してみました。良い意見もそうでない意見もこれから転職を考えている方達にとっては有益な情報となりますので是非、参考にしていただければと思います。

良い口コミのまとめ

  • 成長できる環境が整っている
  • 教育がかなり充実している
  • やりがいを感じている
  • 福利厚生が充実している
  • 職場の雰囲気も明るい
  • 上下の風通しも良い

良い口コミを見ていると、とても働きやすそうな印象が伝わってきます。中でも成長ができる、やりがいがあるといった所は転職を考えている人にとって大きな魅力ではないでしょうか。

風通しがよく、職場の雰囲気が明るいというところも転職者にとっては飛び込みやすい環境といえるでしょう。

イマイチな口コミのまとめ

  • 年功序列のため、ある程度年齢を重ねないと上にはいけない
  • 高卒と大卒の差が大きい
  • 必須の研修が多すぎる
  • 外部に常駐での仕事が多いため帰属意識がうすい
  • ワークライフバランスと言っているが、実際には特定の人たちしか優遇されていない

一方で、イマイチな口コミで感じるのは、やはり歴史のある企業なだけに、昔からの文化が根強く残っているという点です。

昇格や待遇に関しても実力主義というよりは、年功序列という風潮は否めないところかもしれません。

しかし、裏を返せば、長年に渡って勤務している従業員が大勢いるということでもあり、それだけ安心して勤められる環境だということではないでしょうか。

日立製作所がいかに良い環境であるかを示す一つの事例ともいえるでしょう。職種によっては、外部に常駐ということもあるようです。

外部への委託といった勤務体系に魅力を感じない場合は、事前にしっかりと就業場所や環境について確認しておくようにしましょう。

日立製作所への転職を成功させる方法

さて、実際に日立製作所に興味をお持ちの方に重要なのは転職の際にどのように活動を進めるかということだと思います。

日立製作所に転職するには、日立製作所の公式サイトや一般的な転職サイトから応募するか、転職エージェントを活用するかの2種類ありますが、やはり転職に精通した転職エージェントを利用し転職活動を始めることが成功への近道といえるでしょう。

転職エージェントを活用する理由とポイント

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが転職についてさまざまなアドバイスをしてくれるサービスです。ほとんどのサービスが無料で利用できますので、ぜひ登録してみましょう。

転職エージェントを使うメリットやポイントについて以下にまとめていますので参考にしてください。

履歴書や職務経歴書の添削を受けることができる

まずはじめに紹介したいのが履歴書や職務経歴書の添削サービスです。転職を成功させるには書類選考が最初の難関となります。

そこで、プロのキャリアアドバイザーのアドバイスをもらって履歴書と職務経歴書を作成しましょう。

要点がまとめられるだけでなく、日立製作所にアピールできる内容を重点的に作れるのも良いところです。

公開求人から自力での応募を考えている人であっても書類添削サービスを利用すると通過率が劇的に変化するでしょう。

面接対策を行ってくれる

次に転職エージェントを利用するメリットは面接対策を行ってくれる点です。

この場合は、自力応募でなく転職エージェントから応募し面接日程が決まった後で対策をするという流れになるのが一般的です。

公開求人からの応募を希望する方は、模擬面接の対応が可能かどうかを相談してみると良いでしょう。

自身のアピールの仕方やキャリア・スキルの伝え方をキャリアアドバイザーの視点から学べるのは大きなメリットとなり、その後の転職活動にも役立つことでしょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントに登録を行うことにより、各エージェントのみが保有する非公開の求人情報を紹介してもらうことができます。

これは転職エージェントを利用する最大のメリットともいえます。

エージェントに日立製作所の非公開求人が届いた場合に教えてくれる可能性もありますし、何より自身のキャリアに合ったものを紹介してくれます。

非公開の情報ですので公開求人よりも応募者数は限られるという点もメリットです。

また、転職エージェントを介して応募をすると、エージェントが企業との間に入って条件交渉を行ってくれるのも利点です。

複数の転職エージェントに登録

さらに転職エージェントを上手に利用するポイントとして、複数の転職エージェントに登録することがあげられます。

非公開求人は転職エージェントにより扱っているものが異なります。転職のチャンスを広げるためにもいくつかの転職エージェントに登録すると良いでしょう。

転職エージェントは何社登録しても全く問題ありません。

さらには転職エージェントによってそれぞれ特徴や得意分野がありますので、自分にあったエージェントを探すという意味でも複数の登録をおすすめいたします。

日立製作所への転職で登録すべき転職サイト・エージェント5選

日立製作所へ転職するために登録しておきたい転職エージェントのご紹介をしていきます。

当社が独自に収集した各エージェントの口コミ・評判も合わせてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳・男性 小売販売員

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳・女性 一般事務

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

日立製作所に転職するためのポイント

日立製作所への転職を成功させるにはこれまでの経験・スキルを見直し、どのように企業に貢献できるのかをアピールできるかが重要です。

応募者数が多いため自身の強みをしっかりと伝えられるようにしましょう。

より転職の実現を可能性を高くするためには転職エージェントを利用すると良いでしょう。

応募者の少ない非公開求人を紹介してくれるかもしれませんし、履歴書添削や面接対策を行ってくれるからです。

複数の転職エージェントを登録すると、自分に合うエージェントや日立製作所の非公開求人、他にも今まで知らなかった優良企業に出会える機会もあるかもしれません。

転職エージェントを活用して転職成功を実現しましょう。