日本アイ・ビー・エム(IBM)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

日本IBMに転職したいのですが、どうすれば転職できますか?
IBMは、コンピュータ関係のサービスを世界で展開する大企業です。そのこともあり、日本でもかなり人気が高く、転職難易度も高いと言えます

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。転職は難しいですか?
しっかりとポイントを押さえれば、決して転職できないことはありません

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな日本IBMに転職する方法についてご紹介しています。

キャリアコンサルタント

日本IBMの基本的な企業情報労働条件などについてもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

日本アイ・ビー・エムに転職したいという人は多いでしょうが実際にどのような面接対策をすればいいかわからないでしょう。

今回の記事では日本アイ・ビー・エムに転職するために必要な要素やどのような仕事があるかについてまとめています。

日本アイ・ビー・エムへの転職を目指す人には重要な情報ばかりですので何も考えずに面接を受けるよりも採用率が上がることでしょう。

目次

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

日本アイ・ビー・エムに転職するために必要な要素とは?

日本アイ・ビー・エムに転職するためには面接対策や普段からの考え方が重要になってきます。闇雲に採用面接を受けたところで不合格となるのが目に見えていますので、応募者には何が求められているのかを事前に知っておくことは前提条件となるでしょう。

日本アイ・ビー・エムへの転職後にやりたいことを明確に

大手企業に共通して言えることですが日本アイ・ビー・エムへ転職したい時には入社した後に何をしたいかを明確にすることが重要です。

転職すること自体をゴールにしていると面接で見抜かれてしまいますので、採用されるのは難しいでしょう。

日本アイ・ビー・エムに入ってどのようなキャリアを形成したいのか、5年後や10年後にはどんな仕事をしている自分でいたいのかを考えることが必要でしょう。

目的を持って転職するかどうかで仕事の質も変わってきます。将来に向けて何をすればいいのかが明確になりますので面接を受ける前に自分はなぜ日本アイ・ビー・エムに転職したいのかを考えましょう。

日本アイ・ビー・エムにどうやって貢献するのか

自分が目指すことだけをアピールしていても面接では採用されないでしょう。あなたが日本アイ・ビー・エムに入社した時にどのように会社に貢献できるかというのを示さなくてはいけません。

日本アイ・ビー・エムはコンピューター関連の企業ですので多くの人はエンジニアやコンサルタントとして貢献することを考えているでしょう。

今持っているあなたのスキルがどのように会社に貢献できるのか、他人にはない要素はどこなのかという自分の強みを把握して面接でアピールすることができれば採用率は格段にあがります。

自分の強みを把握する方法はいくつかありますが、今までの仕事で他人に褒められた部分などを考えてみるとわかりやすくなるでしょう。

また資格や職務経験を持っていればそれだけで強みになることもあります。

日本アイ・ビー・エムの面接対策

日本アイ・ビー・エムの面接対策はあまり知られていません。日本アイ・ビー・エムは他の大手企業と比べて特別な面接をしているというわけではありませんので一般的な面接対策で事足りるでしょう。

ただし日本アイ・ビー・エムは他人と協力できる能力を高く評価しています。コミュニケーション能力はもちろんのこと他の人を動かせる能力についても習得しているのであればしっかりとアピールしておきましょう。

また面接では予想していないような突発的な質問も飛んできます。そういった質問は事前に対策することが難しく普段からどのような考えをしているかで答えが出てきます。

予想外の質問が来たとしても慌てることなく落ち着いて自分の本心からを耐えることで乗り切ることは可能でしょう。

過去に日本アイ・ビー・エムの面接を受けた人の情報によると質問されやすい話題は「他人と何かを成し遂げたことがあるか」「お客様にどのように貢献したいか」などがあります。

他人と成し遂げたことがある場合はどのように成し遂げたか、成し遂げるために何を考えて実行したかなと深く聞かれることでしょう。

普段から自分の行動ひとつひとつに対して理由付けをしていくことでこういった質問に答えられるようになりますので覚えておきましょう

日本アイ・ビー・エムに転職するためにほしいスキル

日本アイ・ビー・エムに転職するために欲しいスキルの一つが、英語能力です。アイ・ビー・エムグループは日本以外にも様々な国で展開している外資系企業です。

他国の社員と会話することもありますので最低でも英語能力は必要となるでしょう。この他に必要なものとしては希望職種に適した知識や経験です。

転職の場合は新卒採用とは違って即戦力が求められますので適した経験や知識がどれだけあるかによって採用率は大きく異なるでしょう。

日本アイ・ビー・エムが求めている人材とは?

日本アイ・ビー・エムが求めている人材は他人と協力できる人です。チームワークが重要なプロジェクトが多いため一人の特化した能力よりも協力関係が求められます。

また他人に依存しない自立心も必要です。周りが勝手に教えてくれるという意識だと成長はできません。転職したいのであればあなた自身が考えて行動できる自立心が必要でしょう。

最後に重要となるのが他人に影響を与える力です。日本アイ・ビー・エムはインフルエンサーといった存在に関心を持っている企業ですので他人に影響を与えられる人を大きく評価しています。

インフルエンサーほどの影響力はなかったとしても上司や同僚を巻き込んでプロジェクトを進められる原動力となる人は貴重ですので重宝します。

ほとんどの人はそのような能力はありませんが、努力することで身につけられますので興味があれば身につける努力をしてみてください。

日本アイ・ビー・エムの面接における基準はあるのか?

日本アイ・ビー・エムの面接における基準は公開されていません。ただ面接を受けた人達からの情報を考えると他人と協力できる力が求められています。

この他にも他人を動かせるような影響力のある人物は評価されやすいため面接を通過しやすくなるでしょう。他人に依存しているような人は採用されにくく自立心に溢れた人の方が有利です。

転職前にチェック!日本アイ・ビー・エムの会社情報

日本アイ・ビー・エムに転職するのであれば企業情報を把握しておくことは前提条件です。会社が生まれた年や規模、業務内容などはしっかりと把握しておきましょう。

日本アイ・ビー・エムの創業年やグループ会社

日本アイ・ビー・エムは1937年に設立されました。本社の米国アイ・ビー・エムの孫会社に該当します。

主にコンピューター関連のサービス企業として活躍しており、1964年の東京オリンピックではオリンピック史上初の競技結果集計オンラインシステム、1965年には世界初の銀行オンラインシステムなど歴史に名を残す偉業を何度も達成している大企業です。

日本アイ・ビー・エムの規模

日本アイ・ビー・エムの従業員数は2009年以降は非公開となっています。最後に確認された2008年の時点では16,000人以上が在籍していました。

売り上げは2016年の時点で8,000億円を超える大規模なもので、1,500億円を超える利益があります。売上はかつての1兆円からは低下したものの、利益は増加傾向にあり1,000億円を超えたのもここ数年での話です。

日本アイ・ビー・エムが提供している主要なサービス

日本アイ・ビー・エムは非常に多くのサービスを提供しており、主要なものだけでも以下があります。

  • クラウド・コンピューティング
  • コグニティブ・コンピューティング
  • コマース
  • データ&アナリティクス
  • IoT
  • ITインフラストラクチャ
  • モバイル
  • セキュリティ

主にソフトウェアに関する分野ばかりで、開発からコンサルティングまで幅広い仕事を行っています。

日本アイ・ビー・エムでの仕事内容

日本アイ・ビー・エムには50種類以上の仕事があります。大まかに分けると業種は7種類に分かれますので詳しく紹介していきましょう。

営業

最新から泥臭い営業まで様々な手法を駆使してセールスを行う仕事です。営業する分野は多岐にわたりシステムやソフトウェア、ハードウェア、IoTや鉄道網まで様々な相手にセールスを行います。

どんな企業にも存在する一般的な業種であり日本日本アイ・ビー・エムといえど特別なことをしているわけではありません。

ひたすら地道に努力を重ねる必要があるため、体育会系の人や営業職をすでに経験している人でなければ苦しいかもしれません。

コンサルタント

企業などのコンサルティングを行うことで業績を改善したりシステムの効率化などを行う業務です。相手先企業などの細かいリサーチを現場で行い社内のメンバーとチームワークを発揮することで効果的に仕事を行います。

コンサルティング業務は非常に多くの種類があり例としては以下のような職種があります。

  • 輸送・流通業務コンサルタント
  • 製造インダストリーコンサルタント
  • 金融機関リスク管理&コンプライアンス対応コンサルタント
  • 組織人事変革コンサルタント
  • 業務変革コンサルタント
  • 公営業界コンサルタント
  • ヘルスケア・ライフサイエンス業界コンサルタント
  • 保険インダストリーコンサルタント
  • 人事アプリケーションコンサルタント
  • 戦略コンサルタント
  • テクノロジー戦略コンサルタント
  • SAP導入コンサルタント

日本アイ・ビー・エムのコンサルタント業務は大まかに以上のようなものが多いです。一人でコンサルティングをするというわけではなくチームで一丸となって行うのが一般的です。

お客様と直接接する職業であり日本アイ・ビー・エムでも基本となる業種ですので多くの人はコンサルタントとして働くことになるでしょう。

既に他社でコンサルタント経験があるのであれば有利に面接をたたかえることでしょう。

ITスペシャリスト

ソリューションの設計や構築、保守や運用を行う幅広い仕事です。クラウドアプリケーションやシステム開発などのほか、運用サポートなどお客様と接することが多いジャンルです。

コンサルタントと似てはいますが違いとしてはコンサルタントは会社内部に踏み込んで行う改革で、ITスペシャリストは主に日本アイ・ビー・エムが提供しているサービスのサポートを行っています。

プロジェクトマネージャー

その名の通りプロジェクトなどを管理するマネージャー職です。具体的には品質やスケジュール、予算、リソース、リスクなどのバランスをとりながらチームメンバーの士気を維持してプロジェクトを成功を導く役割です。

リーダーシップを求められることも多く経験豊富な人が転職するジャンルと言えるでしょう。

製品開発エンジニア

主にアイ・ビー・エム製品の設計や開発を担う職種です。開発分野としてはWebアプリケーション基盤やシステム管理などの「ソフトウェア&ミドルウェア製品」と、ITシステムの基盤を支える「ハードウェア製品」などがあります。

最先端テクノロジーを駆使したソフトウェアの開発なども行っていますのでエンジニアとして日本アイ・ビー・エムに所属したいという人はこちらが適しているでしょう。

銀行や生命保険会社、報道機関など様々な有名企業で使われているソフトウェアを開発していますので非常にやりがいのある分野です。

コーポレートスタッフ

ファイナンスの専門家や人事のプロフェッショナル、社内外の後方を行うマーケターなど各分野におけるスペシャリストとして仕事をします。

アイ・ビー・エムが目指す事業戦略などに貢献できる分野で、業績予測をしたり経営者の意思決定に携わることもあります。

専門性さえあれば若い世代でも会社の戦略に貢献できる分野ですので非常にやりがいはあるようです。

研究員

アイ・ビー・エムにおけるあらゆる研究を行っている職種です。先進的なAI関連の業務や様々なイノベーションにつながる仕事が多いためチャレンジ精神旺盛な人に向いているでしょう。

人類全体の生活の質の向上を目指す意義のある分野ですので世界に貢献したいという人はチャレンジしてみて下さい。

日本アイ・ビー・エムに転職するためのステップとは?

日本アイ・ビー・エムに転職するためには複数の面接を通過する必要があります。部署によって選考内容は違いますが以下を参考にしてみてください。

1次面接

最初の面接では他人と協力できる力をアピールする必要があります。グループ面接をすることもあるため他の人と協力できるかどうかを見られる可能性もあるでしょう。

この他にも基礎的な英語力や一般常識などを聞かれることがありえます。

最終面接

1次面接同様に協力できる力を見られるほか、物事の考え方なども聞かれる可能性が高いです。

どんな質問でも答えられるよう普段から深く物事を考えることが重要となりますので「なぜ自分はその行動したか」を日頃から追求しておきましょう。

他にも希望する職種の専門知識や経験についての質問が行われるかもしれません。

日本アイ・ビー・エムの転職求人はどうやって見つけるのか

日本アイ・ビー・エムの転職求人はどのように探せばいいのかは多くの人が知りません。主な探し方としては以下の3つがあります。

  1. 直接応募
  2. 転職支援サイトを利用する
  3. 転職エージェントを利用する

直接応募

日本アイ・ビー・エムのホームページから直接応募する方法です。メリットは企業と1対1で対応できるので迅速に面接などが行えることです。

デメリットとしては面接対策などが自己流になるため採用される確率が落ちかねないことでしょう。

また日本アイ・ビー・エムのホームページに公開されている求人情報は200件を超えます。この中から自分に適したものを見つけるというのはなかなか難しいかもしれません。

転職支援サイトを利用する

リクナビNEXTなどの転職支援サイトを利用するという方法です。メリットは検索機能があるため自分に適した年収や条件などを見つけやすいことです。

デメリットとしては日本アイ・ビー・エムが転職情報をサイトに掲載していなければ見つからないということでしょう。また直接応募と同じように面接対策は自己流となりますので採用率が上がるというわけではありません。

転職エージェントを利用する

パソナキャリアやJACリクルートメントのように転職エージェントが支援してくれるサイトを利用するというものです。日本アイ・ビー・エムは人材紹介会社を通して募集をかけることも多いです。

このため転職エージェントに依頼すれば求人情報が見つかる可能性は高いでしょう。転職エージェントのメリットとしては面接対策など設定したサポートをしてくれるため採用率が上がりやすいことです。

一方でデメリットとしては転職エージェントとの面談が必要なため面接を受けるまでの段階で手間がかかることでしょう。特に転職エージェントを利用する場合は直接応募に比べて間が空きやすいため狙っていた求人を逃す可能性もありえます。

しかし多くの人は面接対策を自己流で行ったところで採用されることはありませんので転職エージェントを利用して事前の対策を徹底的に行った方が良いでしょう。

転職エージェントとしては以下のようなものがあります。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

日本アイ・ビー・エムに転職した人の口コミ

日本アイ・ビー・エムは転職して幸せになれる企業なのかどうかは口コミを見ることで参考になります。実際に入社した人の生の情報ですので転職して失敗しないようにチェックしておきましょう。

日本アイ・ビー・エムの良い口コミ

「やる気があって周囲に影響力がある人ならやりがいがある」

「スキルのレベルアップができる」

「女性でも出世できる」

日本アイ・ビー・エムの良い口コミとしては優秀な人だと出世がしやすいという点でしょう。特に他人に影響を与えられる人というのは高く評価されるため巡ってくるチャンスが多くてやりがいがあるようです。

また日本アイ・ビー・エムはスキルアップに適した企業のようで数年働いただけで能力が上昇したという人は多いです。キャリア形成のためには利用しやすい企業と言えるでしょう。

この他にも女性で管理職に就いている人が多いため男女差別を感じることがない企業のようです。女性だからこの仕事といった暗黙の了解はなく自由に働ける会社と考えられます。

日本アイ・ビー・エムの悪い口コミ

「担当プロジェクト次第では忙しくなる」

「昇進するための手続きが複雑」

日本アイ・ビー・エムはプロジェクト単位で仕事をすることが多いですが、担当したプロジェクト次第ではかなり辛い思いをするようです。

望んだプロジェクトに参加できれば自由に働ける一方で、運悪くトラブルプロジェクトにあたると毎日仕事に追われることもあるようです。

この他にも昇進するための手続きがやや複雑だという点が挙げられています。

日本アイ・ビー・エムに転職した場合の労働条件

日本アイ・ビー・エムで働く場合には勤務時間や労働条件などはどのようなレベルなのでしょうか。同業他社に比べて年収はやや低いとも言われています。

日本アイ・ビー・エムの勤務時間

日本アイ・ビー・エムの勤務時間はかなり自由なことで知られています。

部署や役職によってはほぼ完全なリモート勤務ができるため出勤時間の管理をされることがなく、出社するのはせいぜいがミーティングくらいという人もいるようです。

一方で部署によっては仕事量が不安定なために暇な時はあるが忙しい時は休めないほど大変という場合もあるようです。口コミを見ていると多くの場合は自由性が高い勤務時間とのことでした。

日本アイ・ビー・エムの給料

日本アイ・ビー・エムの平均年収は858万円です。

口コミでは年収1,000万円前後が多く、低いと600万円〜700万円という人もいるようです。主に部署によって年収は異なりますが仕事内容や学歴の割には同業他社より安いと評価している人もいました。

しかし基本給は高いわけではないためインセンティブで年収を押し上げているという印象が強いようです。インセンティブは短期的には獲得しやすいですが長期的に見ると不安定なため必ずしも良いというわけではないようです。

日本アイ・ビー・エムの休日のとりやすさ

日本アイ・ビー・エムは休日が非常に取りやすいと考えられています。男性であっても子育てによる遅刻や早退が認められているため比較的自由に休日を手に入れることができるでしょう。

日本アイ・ビー・エムの社内環境

日本アイ・ビー・エムの社内は女性の事業部長やマネージャーが多いため女性でも出世がしやすいという雰囲気が強いです。

能力主義なのでついていけないと厳しいですが多くの人は自由に働けて幸せを感じているようです。会社に縛られたくないとか出社や通勤が嫌だという人にとってはリモートワーク中心の生活をすることも可能でしょう。

日本アイ・ビー・エムでの仕事の進めかた

日本アイ・ビー・エムではビジネスマンとしてのスキルのレベルアップができると言われています。他人に依存するような働き方では成長できませんが、自分で学んでいくという自立した精神があればスキルやキャリアはどんどんと形成することができるでしょう。

働き方も自由ではありますが、上位のマネジメント職は海外ミーティング参加などもあるため時差によって深夜の仕事などもありえます。

マネジメント職になった場合は仕事中心になりやすいためどこまで出世するかというのは考えておいたほうが良いかもしれません。

仕事はプロジェクト単位で行われますが希望したプロジェクトに参加できることもあって望んだキャリアを形成しやすいとも言われています。

大手企業の日本アイ・ビー・エムなら転職すれば安泰なのか?

大手企業の日本アイ・ビー・エムなら転職すれば安心かとも思うかもしれませんが実際はそうではありません。日本アイ・ビー・エムは過去に大量のリストラも行っていますし売上は年々低下しています。

これは業界自体が傾いているという面が強いため新しい分野で稼ぐことが求められているのでしょう。

どんな業界でも30年を超えて伸び続けるということはありません。日本アイ・ビー・エムが主軸として稼いでいた業界はすでに衰退傾向ですのでこれからイノベーションを起こせるかどうかが重要な分岐点となるのでしょう。

そんな状況ですから大手とはいえ日本アイ・ビー・エムが安泰とは言い切れません。

日本アイ・ビー・エムを辞めた人の転職理由

日本アイ・ビー・エムを退職した人にはどのような理由があったのでしょうか。あなたが入社してからすぐに退職するという失敗をおかさないために、先輩方の貴重な情報をここで確認しておきましょう。

「自社開発製品を取り扱う場所で手を動かして働きたい」

主に日本アイ・ビー・エムに不満があったというよりも新しいことに挑戦したいという退職理由です。すでにキャリア形成を終えた人や十分なスキルを手に入れた人は日本アイ・ビー・エムを卒業して新しいことに挑戦したいという場合が多いようです。

また日本アイ・ビー・エムでは既存のサービスを取り扱ったりマネジメント中心であることが多いため手を動かしたいと考える人には向いていないようです。

「やりたい仕事になかなかありつけなかった」

日本アイ・ビー・エムに転職したもののやりたい仕事に就けずに諦めた人もいました。日本アイ・ビー・エムに限りませんがやりたい仕事に必ずありつけるわけではありませんので一定数はこういった人も出てくるでしょう。

やる気が出ない部署であってもひたすら懸命にやることで結果を出してやりたい仕事ができるようになることも多いです。

そういった我慢ができない人の場合は日本アイ・ビー・エムに転職してもすぐに辞める可能性があります。

「マネジメント職になるのが嫌だった」

日本アイ・ビー・エムでは転職して出世するとしたらマネジメント職になるのが一般的です。仕事内容が大幅に変わってしまい部下の管理などになってしまうのでそういった仕事が嫌だという人は転職するようです。

あなたもマネージメント職になっても構わないという場合には日本アイ・ビー・エムに転職しましょう。しかし現場仕事だけをしたいという場合には他の転職先も検討してみてはいかがでしょうか。

「心身ともに仕事がハードだった」

日本アイビーエムは基本的に仕事の時間を自分で選べるような会社ですが場所によっては非常にハードなスケジュールになることもあります。心身ともに削られてしまい転職するというパターンもあるようです。

大手企業だからといって日本アイ・ビー・エムが楽な仕事内容だと思って転職するのはやめましょう。

「能力主義で成果を出せなくてついていけなくなった」

日本アイビーエムは基本的に能力主義の会社ですので成果を出せない場合にはついていけなくなって退職することもあります。

能力があると自負している人なら問題ありませんが、入社してスキルを獲得したい人や他人に依存しそうな人は日本アイ・ビー・エムでは成功できない可能性があります。

外資系企業だけあって実力主義ですので日本アイ・ビー・エムで他の人よりも成果を残せるかどうかは転職時の重要な判断基準となるでしょう。

転職する前に、日本アイ・ビー・エムに自分が向いているのかどうかをしっかりと考えよう

日本アイ・ビー・エムに転職する際には自分が企業に向いているかどうかをまず考えましょう。日本アイ・ビー・エムに関して言えば以下のような人は向いていません。

  • 他人から仕事教わりたい人
  • 安定した企業につきたい人
  • 開発したい人
  • 業績が右肩上がりの企業を求めている人

ただし仕事に縛られず自由に働きたいなら日本アイ・ビー・エムは向いているでしょう。キャリア形成をしたい人にとっても日本アイ・ビー・エムは有効に活用できる可能性が高いです。

大手企業といえども10年後には倒産している可能性だってありえます。過去には絶対に倒産しないと言われた銀行ですら消滅した例がありますので日本アイビーエムといえども今後はどのようになるかは分かりません。

そのため日本アイ・ビー・エムに転職するのであれば企業の大きさではなく会社が目指す方向と自分がやりたいことが同じかどうかで判断すると良いでしょう。

そうすることで入社した後もたとえ困難に見舞われたとしても乗り切ることができます。