JR東海へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

JR東海に転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
もちろん簡単ではありません。JR東海は人気企業なので、転職難易度はかなり高いと言って良いでしょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。そうなると、転職は厳しいですか?
いえ、転職エージェントを活用し、しっかりと対策をすれば、転職できますよ。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんなJR東海への転職方法について解説しています。他にも、事業内容職場環境についてご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

仕事をしていると、他の職業、環境に憧れることがあります。憧れの企業がある人も多いでしょう。何らかの不満や不安を感じると、新たな場所で仕事をしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そんな人の中には、JR東海での仕事を考えている人もいるはず。

しかし、憧れと思っている企業や職業も、実際の環境は分からないものです。勇気を出して辞表を出したにも関わらず、後々後悔してしまうようなことは避けたいもの。

そうならないためには、まずは事前の情報収集が大切です。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

JR東海に転職するなら確認したい!事業内容・職場環境を評判から徹底調査

どんな企業、職種であっても転職というもは勇気がいるものです。今の職場を辞めようと思った人は、それなりの理由があるはず。仕事が合わない、職場環境が合わない、待遇面が納得いかないといった理由があるでしょう。

転職に成功するためには、この理由をクリアできる企業を選ぶことが大切です。

では、転職後に後悔しないように、JR東海はどんな企業なのかご紹介しましょう。

JR東海の事業内容とは?

JR東海の事業内容は、皆さんもご存じの通り鉄道事業、鉄道関連の事業を行っています。正式名称は、東海旅客鉄道株式会社となっており、1987年に設立されました。

経営理念は、「日本の大動脈の社会基盤の発展に貢献する」。

行動指針は、安全最優先の行動や信頼されるサービスの実践、進化と飛躍への挑戦、能力と技術のさらなる研磨鑽、規律ある一体感の醸成となっており、お客様のことを第一に考えた指針であることが伺えます。

JR東海のエリアとは?

JR東海といっても、どこまでのエリアが管轄となるのかピンとこない人も多いのではないでしょうか。

JR東海の営業エリアは、東海地方を中心とし、神奈川、山梨、静岡、愛知、富山、岐阜、三重、和歌山、三重、滋賀の10県。そして、東海道新幹線がエリアとなっています。

実は、JR東海の鉄道部門収益の約85%は東海道新幹線となっています。

新たな事業計画

JR東海では、今も新たな事業計画を立てています。JR東海の収益基盤は、東海道新幹線となりますが、更に利便性や安全性の向上を目指しています。

超電動リニア技術により、中央新幹線を推進したり、ネット予約可能なスマートEXなどのサービスを開始しています。また、最近は自然災害が増えていますが、地震対策の強化なども行っています。

2017年には、名古屋駅前にJRゲートタワーが開業しており、新たな収益の柱になるように様々な新規事業を開拓しています。

JR東海の本社はどこにある?

JR東海というと、本社の場所が気になる人もいるでしょう。せっかくJR東海で勤務するのであれば、本社勤務を希望している人もいるはず。

JR東海の本社は、東京都港区と愛知県名古屋市の2か所にあります。

本社勤務を希望している人は、これらの場所も納得した上で転職活動を進めるようにしましょう。

JR東海の連結子会社の存在

JR東海の事業内容は、鉄道事業、鉄道関連の事業となっていますが、連結子会社により他事業も展開しています。

運輸部門として、ジェイアール東海バス株式会社、ジェイアール東海物流株式会社、株式会社東海交通事業があります。

また、流通部門として株式会社ジェイアール東海髙島屋や東海キヨスク株式会社。不動産部門として、ジェイアールセントラルビル株式会社、ジェイアール東海不動産株式会社などもあります。

その他、ホテル業を行っている株式会社ジェイアール東海ホテルズや旅行業となる株式会社ジェイアール東海ツアーズ、クリーンサービス業のジェイアール東海総合ビルメンテナンス、広告業となる株式会社ジェイアール東海エージェンシーなど幅広い事業を展開しています。

JR東海への転職を行う際には、こういった連結子会社への転職も視野に入れることで、選択肢も増やすことができるでしょう。

JR東海の求人内容

JR東海では、定期的に中途採用を募集しています。そのため、ホームページを細目にチェックしておくことが大切です。

実際、どのような求人が出されるかと言うと、総合職として、各部署のマネジメント業務。鉄道部門、技術系業務となるプロフェッショナル職。そして、静岡、名古屋、関西、東京での事務職となるアソシエイト職です。

JR東海というと、鉄道に関連した仕事というイメージが強く、事務系の仕事など思い浮かばない人も多いと思いますが、企業として必要な総務部や人事部、経理部、営業部といった一般的企業同様の部署での求人が出ることもあります。

社風や組織体制について

JR東海は、国鉄時代の名残もあるため、他企業と比べると昔ながらの堅苦しい社風、組織体制が残っているようです。そのため、中には古い風習などに合わず孤立してしまい、辞めてしまう人が多いのも事実です。

しかし、逆に風習や組織体制が合う人にとっては、モチベーションを維持しながら仕事ができる環境と感じているようです。

どんな企業でもそうですが、会社内の雰囲気にあうかどうか、環境に馴染めるかどうかが、成功を左右することになるでしょう。

どんな人が働いている?

JR東海の従業員数は、連結で2万8700人ほど。単体では、1万8000人ほどが活躍しています。平均年齢を見てみると、37.1歳と若めです。

既にJR東海で働いている人となると、気になるのは勤続年数ではないでしょうか。せっかく転職するのであれば、やはり新しい職場で長く勤めたいと考えている人が多いでしょうから、勤続年数が気になるはずです。

JR東海の平均勤続年数は、単体平均15.1年。これを長いと感じるか、短いと感じるかは人によっても異なると思いますが、10年以上のキャリアを積んでいる人が多いというのが特徴的かもしれません。

また、社員の雰囲気は真面目な人が多いため、風通しが悪いと感じる人も多い様です。当然ではありますが、鉄道事業ではミスがなくて当たり前。そのため、万が一仕事でミスをしてしまうと、厳しく注意されるため、これらがストレスとなり辞めてしまう人もいるでしょう。精神的に弱い人にとっては、働きにくいと感じるかもしれません。

入社後に案じる、転職前とのギャップ

新しい職場が決まれば、誰だって新たな環境で頑張ろうと思うものです。希望通りの職種、待遇、環境に期待を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、どんな企業でも入社後にギャップを感じることがあります。JR東海に転職した人の中には、やりがいある仕事につけると意気込んでいたけれど、働き始めてから、転勤の多さを知ったという人も少なくありません。

部署によっても異なりますが、転勤の多さに転職を後悔した人も多いようです。

気になる年収や給与制度

JR東海の平均年収は、有価証券報告調べを確認すると728万円と一般企業と比べると高めとなっています。年収は役職によっても変わってきますが、主任クラスは624万円。係長クラスは777万円。課長クラスは1027万円。部長クラスは1135万円となっています。

転職者の収入についても、年収500万円から550万円。社員の平均年収からすると、少し低めですが、中途採用ということを考えると高い水準といえるでしょう。実際、JR東海への転職を果たした人の多くは、この年収に納得し、モチベーションも維持できているようです。

また、福利厚生の充実も魅力。社宅や社員寮が完備されているため、安定した生活を確保することができます。結婚した場合には、10万円のお祝い金、お子さんが生まれた際には20万円の手当が出るなど、保障が厚いのは嬉しい環境といえるでしょう。

残業は多い?

職場を変えたいと考えている人の中には、今の職場の残業時間が原因となっている人もいるでしょう。過酷な労働条件となり、家族との時間がとれない、プライベートの時間がないと言った理由が原因となっている人もいるはずです。

JR東海では、残業状況はどのようになっているかというと、月25時間から35時間が平均残業時間となっています。他企業と比べてみても、残業時間が長いと思う人もいるかもしれません。実は、JR東海では、業務改善活動、個人研究といった取り組みを従業員に課しているため、本来の仕事とは別のところで残業となっている人が多い様です。

休日にも、社内行事や組合活動で時間を割かれることもあるため、これらも理解した上で転職希望する必要があります。出席率が下がってしまうと、社内評価にも関わってくるため、全てを断ってプライベートの時間を重視するのは難しい環境といえるでしょう。

女性の働きやすさ

JR東海で働きたいと考えている人の中には、女性もいるはず。女性にとっては、新しい環境が働きやすい場所か不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

JR東海では、様々な業種や部署があり、女性が活躍できる場所もたくさんあります。そのため、どんな部署に配属されるかによって、仕事量や環境が代わります。当然ですが、責任ある仕事を任されるようになれば、仕事量も増えますし、男性同様に転勤もあります。

また、部署によっては女性が多い部署もあれば、男性ばかりの部署もあり、環境によっても働きやすさが異なります。女性が多い環境であれば、産休なども取ることができ、仕事と育児の両立も可能です。

仕事にやりがいを感じられるか?

JR東海は、ご存知の通り毎日鉄道を動かしており、日本経済に大きく関わっています。鉄道に直接関わらない部署でも、JR東海で働いているということで、やりがいを感じられる人が多いでしょう。

スキルアップできるかというと、総合職、プロフェッショナル職は専門的なスキルを身に着けることができますが、異業種で生かせるスキルかというと、そうではありません。2年から3年毎に、ジョブローテーション制度により、スキルアップはできますが、特化したスキルとなりますから、他では生かせるスキルを身に着けるのは難しいといえるでしょう。

しかし、JR東海ではルールがしっかりとしているため、ルールを守り仕事をしていくことが得意な人にとっては、働きやすく、やりがいを感じられる環境といえるでしょう。

JR東海への中途採用時の注意点

JR東海への転職を希望している人は、安定した環境で働きたい、安定した収入を得たいと考えている人も多いでしょう。JR東海であれば、安定した企業ですから長く安心して勤められると考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、JR東海に中途採用で入社する場合には、今までの経歴や実績を踏まえた上で給料査定を行うことになります。そのため、希望していた収入に届かないこともあれば、現収入よりも下がってしまう可能性もあります。大手だからといって、必ずしも希望に沿った転職が叶うとは限らないということです。

希望通りの待遇を得たいと考えるのであれば、交渉術を身に着けること。自分で交渉ができないというのであれば、転職エージェント等を利用し、代わりに交渉してくれる環境を作ることが必要です。

JR東海への転職を叶えるには?

JR東海で働きたいと考えている人は、転職活動をはじめている人もいるでしょう。成功するためには、それぞれの企業の特徴を掴み、企業に合ったアプローチをすることが大切です。

では、JR東海への転職を叶える方法をご紹介します。

個人での転職活動には限界がある

転職活動というと、個人で履歴書を送ったり、面接のアポイントメントをとることをイメージする人が多いでしょう。確かに、個人的に活動をするのも大切なことです。

しかし、JR東海の場合には中途採用の募集が少ない上、倍率が高いという特徴があります。そのため、個人ではなく、エージェントなどを利用し、サポートしてもらうことがおすすめです。エージェントを利用すれば、それぞれの企業に相応しいアプローチ方法なども教えてもらうことができますから、効率的な転職活動ができるはずです。

転職エージェント利用の強み

エージェントの利用というと、抵抗感を感じる人もいるでしょう。今まで、一度も利用したことがない人にとっては敷居が高いと思っている人もいるはずです。

しかし、エージェントを利用するには、それなりの強みがあります。本来、個人で転職活動を行おうとすると、情報なども全て自分で集める必要があります。個人で集められる情報というのは、やはり限界があります。

その点、転職エージェントを利用すれば、一般には出ないような情報も得ることができます。例えば、一般的に募集を公開していない非公開求人を紹介してもらえることがあります。非公開求人というのは、その求人に相応しい人材にしか紹介しない案件ですから、ライバルも少なく、より良い条件での転職を行うことができるでしょう。

転職エージェントはプロならではの対策がある

エージェントを利用したことがない人にとっては、利用の必要性を感じない人もいるでしょう。転職の際には、個人的に活動をし、新たな仕事を見つけてきた人も多いでしょうから、必要がないと感じている人が多いのではないでしょうか。

しかし、エージェントは転職のプロ。それぞれ、得意な分野や企業などがあり、特化したノウハウを持っています。

転職経験があれば、転職活動方法は知っていると思っているかもしれませんが、採用を勝ち取るためにはそれなりの対策が必要です。個人で転職活動をするには、必要最低限のマナーや知識しかありませんから、ライバルに越されてしまう可能性が高いでしょう。

エージェントは、内部事情を知っているところも多く、どう対応していけば先方の目に叶うのか分かっています。的確なアドバイスを受けることができれば、どう対策をすれば良いのか具体的に分かるでしょう。

もちろん、転職がはじめての人もエージェントの存在は大きいです。初めての転職となれば、分からないことが多いでしょうから、疑問点なども解決しながら効率よく転職活動を進めることができます。

転職エージェントを利用することで、自分では難しい待遇交渉も可能

JR東海を希望している人の中には、もう少し待遇面が良ければ…と思っている人もいるはずです。それぞれ、自分のスキルに自信を持っている人も多いでしょうから、この待遇面では納得できないと思っている人もいるでしょう。

そんな時も、エージェントを利用していると便利です。実は、エージェントは自分では言いにくい待遇交渉なども代わって行ってくれます。もう少し収入があれば、有給がとりやすければといった交渉などもあなたに代わって行ってくれます。

転職活動では、採用されたいという思いが強いため、なかなか自分で待遇交渉をするのは難しいもの。しかし、採用されても待遇面に納得いかなければ、また転職をしなければいけなくなってしまいます。そうならないためには、待遇面に納得いかない場合には、エージェントを利用していることで、代わって交渉をお願いすることができます。

転職エージェントを上手に活用するには?

エージェントを利用する際には、まずは登録が必要となります。実は、この登録を行うことで満足してしまう人も少なくありません。

本気でJR東海への転職を叶えたいと思うのであれば、エージェントからの連絡を待つだけでなく、自分からエージェントに連絡をし、アピールすることも大切です。確かに、エージェントではあなたに相応しい求人があれば連絡してくれます。

しかし、あなたからも積極的にエージェントに連絡していれば、JR東海からの求人が合った際まっさきにあなたの存在を思いだし、誰よりも先に話しを持ってきてくれるでしょう。エージェントも人間ですから、転職したいと言う気持ちを強く感じる人に、より良い求人を紹介したいと思うはずです。

万が一、担当者と相性が合わなかったら

エージェントを利用し、担当者と一緒に転職活動を進めていく場合、成功の鍵は担当者との相性も関係してきます。どんなに理想的な求人を紹介してくれても、担当者と相性が合わなければ意志疎通がうまくいかず、面接に失敗してしまうかもしれません。

何か分からないことがあったり、不安なことがあっても、担当者と相性が合わなければ気軽に聞くこともできないでしょう。そうなれば、どんどんエージェントへの連絡は途絶え、転職活動がスムーズに進められません。

そんな時には、思い切って担当者を代えてもらうことも必要です。担当者を代えてもらうとなると、エージェントとの関係が悪くなると心配になる人も多いと思いますが、担当変更の依頼は悪いことではありません。人間ですから、誰だって合わない人はいるものです。

万が一、担当を変更してもらえず、思ったように転職活動が進められない場合には、他エージェントを利用した方が気持ち良く転職活動ができるはずです。

エージェントに信頼してもらうには

エージェントを利用する際には、経歴やスキルなどを登録する必要があります。そして、この登録内容を基に転職先を紹介してもらうことになります。

中には、良い企業、良い条件の仕事を紹介してほしいという思いから、経歴やスキルに嘘の申告をしてしまう人もいます。当然ですが、嘘の申告がばれてしまえば、信頼度は下がってしまいます。他にも嘘をついているかもしれないと敬遠され、求人を紹介してもらえなくなる可能性もあるでしょう。

エージェントの登録時、あなたをより大きく見せる必要はありません。嘘の申告をしたって、ばれてしまえば採用になった転職先もダメになってしまう可能性もありますから、正直な内容を登録するようにしましょう。

複数利用時には注意が必要

転職活動をよりスムーズにしようと、複数のエージェントに登録する人も多いでしょう。複数のエージェント利用は、決して悪いことではありません。しかし、複数利用する場合には注意が必要です。

求人は、いくつかのエージェントに依頼していることが多々あります。そのため、応募した求人案件が他エージェントから紹介される可能性があります。同じ求人には、1社からの応募が基本。他エージェントからも応募したからといって、可能性が高まる訳ではありません。

それどころか、企業側、エージェント側に不信感を抱かれ、今後新たな求人を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあります。万が一、既に応募している求人が他エージェントから紹介された場合には、やんわりと断るようにしましょう。

JR東海への転職を希望する人におすすめの転職エージェント

転職を成功させるためには、エージェントを上手に利用することも大切。しかし、今まで利用したことがない人にとっては、どんなエージェントを選んだら良いのか、安心なのか分からない人が多いのではないでしょうか。

では、JR東海への転職を希望する人にもおすすめのエージェントをご紹介しましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントに登録して、JR東海の転職成功率を高めよう!

転職活動は、どんな職種、どんな企業であっても簡単なことではありません。どんなに良い条件や待遇を希望しても、スキルや経験を持ち合わせていなければ、叶えることはできないでしょう。今までの職場を辞めるのも、勇気がいることです。

JR東海で働きたいと希望している人は、まずは改めて自分の職歴、スキルを見直すことが大切。今までの経験を見直し、なぜJR東海で働きたいのか、その理由も見直した上で、やっぱりJR東海で働きたいと思うのであれば、自ら行動を起こすしかありません。求人は、向こうからやってきてはくれません。

しかし、退職、活動のタイミングも大切です。あなたがJR東海で仕事をしたいと思っているからと言って、希望通りの部署が、丁度良いタイミングで求人が出るとは限りません。焦って応募し、新たな環境に移ってしまってから、こんなはずではなかった…と後悔してしまう可能性も高いでしょう。

そうならないためには、まずは希望する企業のことを調べながら、良いタイミングで活動をスタートさせることが大切。

エージェントを利用すれば、焦らずに活動をすることが可能です。エージェントを活用すれば、在職中でも気軽に活動をすることができますから、収入面などの不安を感じることなく、焦らず進めることができるでしょう。

また、エージェントに登録することで転職に関する相談をすることができ、あなたに足りないスキルに気づくこともあるでしょう。タイミングが今ではないと、客観的に判断できるかもしれません。逆に、タイミング良く求人を紹介してもらえる可能性もあります。

本気でJR東海への転職をしたいのであれば、まずは動き出さなければ何もはじまりません。情報収集もしっかりと行い、後悔のない活動を行いましょう。