キリンホールディングスへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

キリンホールディングスへ転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社なんて、できるんでしょうか?
もちろん簡単ではありませんが、転職自体は行えます。ですが、公開求人はなかったので、転職エージェントを活用する必要があります

キャリアコンサルタント

そうなんですね。どの転職エージェントが一番おすすめですか?
この記事では、&careerが厳選したおすすめ転職エージェントをご紹介しています。転職を成功させるポイントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

キリンホールディングスへの転職をお考えの方は多いのではないでしょうか。飲料メーカー国内最大手の企業の一つです。今回はそんな誰もが知る企業、キリンホールディングスへの転職を目指す方への転職に必要なポイントをご紹介いたします。

また、気になる待遇や転職の難易度についても触れていきます。記事内ではあなたの転職をサポートしてくれるおすすめの転職エージェントのご案内もしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

キリンホールディングスの主なグループ会社

キリンホールディングスの主力グループの紹介です。

キリン株式会社(キリンビール、メルシャン、キリンビバレッジ)

ビール・ワイン・ウイスキーなどの酒類全般、ソフトドリンク、ノンアルコール飲料の商品を主に製造・販売しています。

協和発酵キリン

医薬品の研究・開発を主に行っています。

LION

海外で乳製品やビールの製造・販売を主に行っています。

小岩井乳業

牛乳・乳飲料、ヨーグルト、バター・マーガリン、チーズ、ジャムなどを主に製造・販売しています。

キリンホールディングスへの転職は難しい?データから難易度を検証

まずは人気企業、キリンホールディングスへの転職について難易度はどうなのかなどを見ていきましょう。

公開求人はある?

公開求人とは、企業の公式ホームページなどに載っている求人のことです。公開求人は誰でも応募できるものを指し、転職サイトなどを通さず自力で応募ができます。

この公開求人が有るか無いかだけでも、その企業への応募のしやすさ、難易度が分かります。まず、キリンホールディングスと主なグループ会社の公開求人があるのか調べてみました。

企業名公開求人の有無
キリンホールディングスなし
キリンあり
協和発酵キリンなし
小岩井乳業なし

キリンホールディングスの公式ホームページを見てみると、「採用情報」がありません。そのためキリンホールディングスへの転職を行う場合には、転職サイトや転職エージェントが抱える非公開求人を通じての転職を行うしかありません。公開求人がないのでキリンホールディングスは採用難易度は高いといえます。

非公開求人について知りたい方は転職サイトや転職エージェントへ登録し求人を確認すると良いでしょう。グループ会社の公式ホームページには「採用情報」がありましたのでグループ会社への転職はそこまで難しくないのではないでしょうか。現在は、キリンのみ公開求人を出しているようです。

採用大学の実績はどう?

キリンホールディングスの採用情報は公開されていませんので、キリン株式会社の実績をみたところ、残念ながら固有名詞での大学名はありませんでしたが、職種によってさまざまな専門学科があることがわかりました。

研究職生物系、化学系、農学系、薬学系等の自然科学、応用科学およびこれらに類する学科
生産技術・商品開発職生物系、化学系、農学系、薬学系、工学系等の自然科学、応用科学およびこれらに類する学科
エンジニアリング職機械工学系、電気工学系、化学工学系、電子工学系、情報工学系およびこれらに類する学科
事務・営業系 全学部全学科

専門学科を卒業しているのであれば、キリン株式会社で技術系の職へ転職することも可能ではないでしょうか。

募集中途採用者数はどのくらい?

キリンホールディングスの採用情報はありませんので、キリン株式会社の情報を調べてみました。公式ホームページでは、「デジタルマーケティング部 – デジタルマーケティング担当」のみキャリア採用(中途採用)の募集がありました。残念ながら人数の情報はありませんでした。

転職サイトをみてみると、キリンビールの正社員を募集していることがわかりました。会計・財務や、ブランド戦略部、また、グループ会社の協和発酵キリン株式会社でも大学院卒以上の学歴をお持ちの方への求人が出ていました。

これからもさまざまな職種で募集されるのではないかとされるキリンですので、アンテナをはっておくことで、見逃さずにキリンへの転職を行えるのではないでしょうか。

中途採用の場合、専門性の高い人材を募集している職種もありますので、自分のキャリアが活かせるかどうか、一度確認しておくと良いでしょう。しかし、四六時中求人情報を見ることはできません。そこで、活用すると便利なものが転職エージェントです。登録をして、キャリアコンサルタントに相談できればより詳しく知ることができますのでおすすめです。

キリンの求人を自分で探さなくてもキャリアコンサルタントがすぐに連絡をくれるので、希望した求人情報を簡単に確認できます。

キリンホールディングスに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

次に、キリンホールディングスの事業内容や職場の環境はどのようになっているのか見ていきましょう。ビールや飲料が特に有名ですが他には何があるのでしょうか?

さらにキャリコネでの口コミ・評判を見てみると、ホワイト度★3つが一番多く次に★5つが多い結果でした。これにより、ブラック企業では無いと言えるのでしょう。また、気になる平均年収や年齢、仕事内容、給与体制から採用情報などもご紹介します。

キリンホールディングスの基本情報

ここでは、キリンホールディングスを知るために基本的な情報を見ていきましょう。売上や営業利益もご紹介します。

企業概要

会社名キリンホールディングス株式会社
設立1907年(明治40年)2月23日
本社東京都中野区中野4丁目10番2号

中野セントラルパークサウス

TEL03-6837-7000(代表)
代表取締役社長磯崎 功典(いそざき よしのり)
主な事業グループの経営戦略策定及び経営管理
従業員数31,033人

日本にあるほとんどのグループ会社が本社のある中野セントラルパークサウスの中にあります。協和発酵キリンは東京都千代田区が所在地です。国外には、アメリカや中国、ベトナム、ミャンマー、オーストラリアなど他にもグループ会社をおいています。

キリンホールディングス業績

では、キリンホールディングスがどのくらいの売上があるのか見ていきましょう。

連結売上収益

2017年12学期1兆8,637億円
2016年12学期1兆8,539億円

連結営業収益

2017年12学期2,111億円
2016年12学期1,966億円

セグメント別事業利益

2017年2016年
日本綜合飲料事業725678
海外綜合飲料事業660664
医薬・バイオケミカル事業622515
その他932

※単位:億円

年々売上を伸ばしているキリンホールディングスは日本国内での酒類・飲料の売上が特に伸びていることがわかります。キリン株式会社のキリンビールや、ワインなどこれからの新商品にも期待が持てます。

キリンホールディングスの事業内容

【日本綜合飲料事業(酒類・飲料)】
キリンビール社、メルシャン社、キリンビバレッジ社、キリン社などの酒類、飲料事業に携わる各社が一体となって、展開している事業です。”あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていく”という理念のもと、サービスを提供しています。

【海外綜合飲料事業(酒類・飲料)】

  • オセアニア
    ライオン社のもとオセアニアでの綜合飲料戦略を推進しています。酒類事業のリーディングカンパニーとしてビール市場の活性化を図るとともに、乳・飲料事業ではお客様の健康的な食生活をサポートする商品のご提案に取り組むなど、新たな価値の創出にも注力しています。
  • 東南アジア
    フィリピンのサンミゲルビール社、2015年8月にグループに加わったミャンマー・ブルワリー社および協働するローカルパートナーのもと、キリンブランドや各社ブランドを育成・強化しています。
  • ブラジル
    東麒麟社は清酒を中心に、しょうゆや味噌などの調味料、食用米を製造販売しています。

【医薬・バイオケミカル事業】
協和発酵キリングループは、「医薬」「バイオケミカル」の事業分野において、高度な技術とユニークな視点で独自の研究を進め、高品質の製品を開発・提供しています。

協和発酵キリン社の医療用医薬品における新薬事業を中核に、バイオシミラー、診断薬、バイオケミカルの各事業が一体となったユニークな事業構造をとることにより、多様なビジネスチャンスの獲得、ハイリスクな新薬事業のカバーを可能にしています。

キリンホールディングスで働く社員の平均年収・年齢は?

では次にキリンホールディングスで働く社員の平均年収と平均年齢を見ていきましょう。

社員の平均年収は1105万円

キリンホールディングスの平均年収は、キャリコネで調べた結果平成28年の平均年収は1105万円だということがわかりました。過去の平均年収を年度別で表にまとめました。

平成27年963万円
平成26年1013万円

この表を見るとキリンホールディングスの平均年収はおよそ900万円〜1100万円ということがわかります。ちなみに、グループ会社で特に人気の高いキリンビール株式会社の平均年収は約700万円でした。飲料品業界の平均年収が約380万円なので、キリンビールの平均年収は大幅に高めだということがわかりました。

社員の平均年齢・勤続年数

キリンホールディングス社員の平均年齢は約44歳、勤続年数は約19年でした。

採用情報

残念ながらキリンホールディングスの採用情報がありませんでしたので、グループ会社の採用情報をご紹介します。キリン株式会社では「新卒」「契約社員」「キャリア」「新卒障害者」の4つあり、さらにキリンのグループ各社の採用情報がありました。

「新卒」「第二新卒」はご存じかと思いますが、大学・大学院を卒業する(またはした)人が対象です。「キャリア」はこれまで、キリンの事業内容のような職歴を持った方の募集です。

ここでは参考までに「キャリア採用」の採用情報を詳しくご紹介します。キャリア採用では、キリン株式会社の「デジタルマーケティング部 デジタルメーケティング関連業務」の募集をしています。

【主な業務内容】

  • 各商品ブランドのデジタルマーケティング戦略の企画立案・実行
  • コミュニケーションシナリオの策定と、そのシナリオに基づくコンテンツやクリエイティブの企画立案・実行
  • 「DRINX(ドリンクス)」の事業計画達成に向けた、販促・CS向上などの企画立案・実行
  • キリングループ全体を俯瞰したデジタルマーケティング戦略の策定

この他にもキリングループの求人が転職サイトに載っていますので、登録してみることをおすすめします。

キリンホールディングスの職場環境は?

キリンホールディングスの公式サイトやキャリコネの社員のリアルな口コミを元に社風や給与体制、やりがいなどを調べてみました。キャリコネで約40件の口コミを分析しましたので、参考にしていただければ幸いです。

社風・評価

キャリコネでのキリンホールディングスの評価を見てみると

  • 官僚的な企業で書類や会議が多い
  • セクハラやパワハラなどの外部から非難を浴びそうな事柄には非常に神経質
  • 女性にとっては働きやすい
  • 飲酒関係のトラブルには特に厳しい

などの口コミがありました。

酒類を扱っている会社だけあって、飲酒のトラブルには厳しく、酒帯運転などで検挙されたりすると、出世することはできないそうです。出世したいと考えている人は、成功するよりもミスをしないということの方が重要だという声もありました。

給与体制

公式ホームページには採用情報がないため、細かな情報がはっきりとしませんが、キャリコネなどの口コミから見てみると

  • 年に3回のボーナスがあり、月給も他企業より良い
  • 金融・商社にはかなわないが、他の製造業と比べると高い
  • 30代で年収1000万円目指すこともできる

などの口コミがありました。

また、グループ会社のキリン株式会社の口コミを見てみると

  • 30代の年収は約600万円〜800万円
  • 基本的に年功序列
  • 年収1000万円も狙える
  • 20代後半で約400万円〜500万円

キリンの年収は食品業界でもトップクラスを誇ります。年収が高い要因としては、ボーナスなどの基本給以外の待遇が整っているため、このような高い年収を得ることができるようです。

キリン株式会社の新卒採用データでは

初任給基本給:学部卒 232,000円/修士卒 252,000円
諸手当時間外手当、休日出勤手当、通勤手当など
諸制度寮・社宅制度、育児休業、介護休業、ワークバランスサポート休業など
昇給年1回
賞与年2回
休日年間123日(日曜・祝日・年末年始)

というような、処遇です。

キリン株式会社への転職をお考えの方はこれを基準にしてみると良いかもしれません。

やりがい

同期とも支えあえて、上司も優しく風通しの良い職場で、辛い仕事でも周りに支えられて頑張って続けることができるとの声がありました。キリンホールディングスは営業スキルが高く、高みを目指して営業することには特にやりがいを感じることができるようです。

さらに商品の開発や提案できることで、日々のやりがいを感じるという口コミもありました。

医薬・バイオケミカル事業では若いうちから幅広い経験ができ、責任のある仕事を任せられるのでやりがいにつながるのではないでしょうか。また、お酒好きな社員も多いので飲み会も多く転職希望者もお酒好きならばぴったりの企業だと言えるでしょう。

キリンホールディングスへの転職を成功させる方法

では、キリンホールディングスへの転職を成功させるためにはどうしたらよいのでしょうか?国外にもグループ会社を持つキリンホールディングスは年収も高く、社員からの評判も良いので人気のある企業と言えるでしょう。

キリンホールディングスには公開求人がありませんので、簡単に転職することは難しそうです。グループ会社のキリンや協和発酵キリンなどもあまり求人数が多くはないので、非公開求人の紹介も受けられ、面接や書類の添削などのサポートを行ってくれる「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

キリンホールディングスへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

キリンホールディングスだけでなく、そのグループ会社へ転職するために登録しておきたい転職エージェントのご紹介をしていきます。

当社が独自に収集した各エージェントの口コミ・評判も合わせてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントの利用方法

転職エージェントの利用は公式サイトでの無料登録が必要です。氏名、連絡先、現在の職業や転職で希望する条件など、簡単な情報を入力するだけでサービスを利用できます。転職エージェントへの登録から入社までの流れをご紹介します。

  1. 登録したエージェントからの連絡
  2. キャリアアドバイザーとの面談
  3. 求人紹介
  4. 書類の添削
  5. 企業への応募
  6. 面接対策
  7. 内定獲得・入社

というような流れで、転職活動を行います。

①登録したエージェントからの連絡

転職エージェントに登録すると、1時間前後で担当者から電話またはメールがきます。子に時の連絡内容は、転職を希望するじきや希望する職種などのヒアリングを行い、直接の面談日の調整を行います。

面談日を決める時に1日のみしか希望日を決めていなかった場合、他の転職者と重なってしまう場合もありますので、あらかじめ第3希望まで日程を考えおくとスムーズでしょう。

②キャリアアドバイザーとの面談

この時の面談ではキャリアアドバイザーと直接顔を合わせて、あらためて転職後の職種や希望条件などを確認します。そして、転職者のアピールポイントなどを確認して、転職しやすいようにアドバイスなどを受けられます。

基本的に直接面談をしますが、地方在住でエージェントの拠点にいけない場合は、電話でも対応可能です。

③求人紹介

面談が終わり、ヒアリングを元にキャリアアドバイザーから、おすすめの求人を紹介されます。この時には各エージェントの「非公開求人」も紹介してくれますので、他にはないとっておきの求人が見つかるかもしれません。

④書類の添削

応募先を決めたら、履歴書や職務経歴書の添削をしてもらいます。キャリアアドバイザーは転職のプロで、多くの転職者を成功に導いています。一人で書くよりもプロのアドバイスのより、さらにクオリティの高い書類が出来上がります。

⑤企業への応募

履歴書や職務経歴書が完成したら、企業へ応募します。この時に、キャリアアドバイザーから転職者の紹介文を添えてくれるところもありますので、より転職者をアピールすることができます。

⑥面接対策

応募した企業がどのような質問をしてくるのか、これまでのエージェントの経験を元に考えどのような人材を採用したがっているのか確認し、アドバイスをもらいます。

キャリアやアピールポイントをしっかりと確認してキャリアアドバイザーと面接の対策を行います。希望すれば、模擬面接を行ってくれるところもありますので、確認してみましょう。

⑦内定獲得・入社

企業との面接が終わり、内定をもらえたらキャリアアドバイザーが入社日の調整を行ってくれます。また、働きながら転職を行っていた場合は、円満退社などのアドバイスもしてくれますので、退社することで悩んでいれば相談してみると良いでしょう。

複数の転職エージェントに登録して、キリンホールディングスの転職成功率を高めよう!

キリンホールディングスは社員からの評判も良く特に給与面では満足度が高いことがわかりました。キリンホールディングスグループの求人はなかなか見つけることが難しく、難易度も少し高めなことが予想されます。

キリンホールディングスへの転職を希望する場合は転職エージェントに登録をして、プロのキャリアアドバイザーの協力を得ることがポイントです。さらに1社ではなく複数の転職エージェントの登録することによって、自分にあったキャリアアドバイザーを見つけることが可能です。

そして、さまざまな転職エージェントの視点から自分の転職活動を精査していくことが大切です。上手に転職エージェントを活用し、キリンホールディングスへの転職を成功させましょう。