丸紅へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

『丸紅』は、日本を代表する芙蓉グループの総合商社ですが、かなり有名な一流企業なので、転職したいという方は多いです。

この記事では、丸紅の基本的な企業情報や会社の口コミ、さらには転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

記事の最後では、丸紅への転職に強い転職エージェントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

丸紅の転職は可能?データから難易度を検証

まずは丸紅の転職難易度について見ていきましょう。丸紅はかなり人気が高い企業ですが、果たして転職することは可能なのでしょうか?

丸紅には公開求人はあるのか

転職難易度を測る指標として「公開求人があるか」というのがあります。公開求人というのは、企業の公式サイトや転職サイト、ハローワークなどに掲載されている求人のことで、誰でも応募することができるもののことを指します。誰もが応募することができるのですから、人気な企業ならばすぐに埋まってしまいますよね。

そんな丸紅ですが、2018年12月の段階では公開求人がありました。募集している部署は「生活産業グループ 情報・物流・ヘルスケア本部」「エネルギー・金属グループ 金属資源本部」「電力・プラントグループ 電力本部」「コーポレートスタッフグループ コーポレートスタッフグループ」と、数はそこまでないにしても、「本部」の募集があることが特徴的です。

公開求人でこれだけの求人があるということは、転職エージェントを利用すれば、かなり転職できる可能性が高いと言えるでしょう。

採用大学の実績はどうか

では次に丸紅の採用大学を見てみましょう。やはり一流企業なので、東大などを始めとした高学歴のみが採用されているのでしょうか?

丸紅が2015年〜2016年に採用した322名の出身大学を見てみると、「慶應58名、早稲田47名、一橋29名、東大25名、京大22名、上智16名、阪大13名、明治12名、神戸大11名、青学10名・・・」となっており、全体の3分の1が早慶を占めていると言っても、明治大学や青山学院大学なども採用されていることから、かなり幅広い大学から採用していることが分かります。

学校だけで選ぶことなく、きちんと「人」を見て、採用していることが垣間見えますね。

中途入社人数は何人だったか

では次に中途入社人数は何人だったのかについて見ていきましょう。やはりどんなに優秀な方でも、中途入社採用枠が少なければ、転職するのは厳しくなってしまいます。

残念ながら中途採用人数がどのくらいだったかというのは、公表されていませんでした。しかし、マイナビ2019の新卒採用情報を見てみると、「101名〜200名」ほどの採用を予定していて、公開求人があることなどを加味すると、そこまで転職難易度は高くないと言えるのではないでしょうか?

もちろん、一般的な企業と比べると、年収などもかなり高く、人気が高いことは間違いないですが、転職できる可能性はかなり高いと言えます。ぜひ転職エージェントを上手に利用して、転職活動を進めていってください。

丸紅に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

では次に、丸紅の事業内容や職場環境について見ていきましょう。ぜひ丸紅の実態を確認して、本当に転職したいところかどうか、見極めてみてください。

基本的な情報

まずは丸紅の基本的な情報についてです。

企業概要

丸紅は、芙蓉グループにおける中核の大手総合商社で、1949年に作られた歴史ある一流企業です。資本金は2,626億8,600万円で、売上は「7兆円」を超えている、東証一部上場企業です。

事業内容

丸紅は、総合商社なので、あらゆる方面に事業を展開しています。大きくは以下の6つになります。

食料グループ

まずは「食料グループ」です。食料グループはさらに「穀物本部」と「食品本部」に分かれ、前者では「日本の穀物の全世界への販売」を行っています。特に、丸紅は「穀物取扱量が総合商社トップ」であることが特徴的です。

全国に穀物の貯蔵庫を配置し、大量の穀物を安定供給することを徹底しています。一方後者の「食品本部」では、日本国内の食料流通や、現地の消費者ニーズに応えた食品を開発し、輸出しています。どちらも、日本と世界をつなぐかなり重要な役割を果たしています。

生活産業グループ

生活産業グループは、大きく「ライフスタイル本部」「情報・物流・ヘルスケア本部」「保険・金融・不動産本部」に分かれており、衣料、フットウェア、生活用品などのライフスタイル関連商品について、高品質の商品をローコストで適時・安定・大量供給可能な体制を整えています。

素材グループ

素材グループは、「アグリインプット事業本部」「化学品本部」「紙パルプ本部」に分かれており、主に「農業資材」や「肥料原料」などの輸出を行っています。丸紅は、世界各国で肥料・農薬の製造販売事業会社を保有しており、グローバルに農業資材事業拡大を進めています。

エネルギー・金属グループ

エネルギー・金属グループは、「エネルギー本部」「鉄鋼製品事業本部」「金属資源本部」に分かれており、主に「天然ガス液化事業」や「石油・ガス」の輸出入に関わっています。

電力・プラントグループ

電力・プラントグループは、「電力本部」「プラント本部」に分かれており、「海外発電事業」や「電力関連サービス事業」に関わっています。

輸送機グループ

輸送機グループは、「航空・船舶本部」「自動車・リース事業本部」「建機・産機本部」に分かれており、「航空機・エンジンリース、開発投資、部品トレード」や「民間航空・防衛装備品代理店、宇宙関連事業」に関わっています。

このように、丸紅は世界各国とかなり多岐にわたった事業を展開していることが分かります。

採用情報

次に、丸紅のキャリア採用情報について見ていきましょう。丸紅はキャリア採用を全面的に行っており、HPにその詳細が載っています。

選考フローは「①キャリアエントリー、②書類選考、③面接(複数回)+(筆記試験)、④内定」となっています。

丸紅では、本選考でのみSPIによる筆記試験があるようです。テストセンター形式で、言語・非言語・英語・性格の4科目となっています。SPIによるものなので、対策もしやすいですし、そこまで難易度の高いものではないと言えるでしょう。

丸紅へのキャリアエントリーは、基本的に公開求人が出ているので、希望する部署があれば、そのページから行うことができますが、それ以外の求人がある場合や、自分で応募すると書類選考の段階で落とされてしまう場合もあるので、「転職エージェント」を利用するようにしましょう。

平均年収

次に、平均年収について見ていきましょう。2017年度の有価証券報告書を確認したところ、平均年収は「1322万円」であることが分かりました。

平均年齢は「41.6歳」で、平均勤続年数は「17年」となっており、かなり高年収な企業であると言えるでしょう。人気な理由もうなずけますね。

全国平均や、同業種平均と比較するとどうなのか

では、平均年収などを全国平均や、同業種平均と比較するとどうなのでしょうか?

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を参考にしてみると、日本全体の平均年収は「416万円」であることが分かりました。

それと比較すると、丸紅はかなり高年収であることが分かります。

では、同業種平均ではどうでしょうか。総合商社と呼ばれる会社はいくつかありますが、三菱商事は「1,355万円」、住友商事は「1,352万円」と、日本の財閥の総合商社と同レベルであることが分かりました。

これはかなり高い年収であることが分かります。

職場環境

では次に、丸紅の職場環境について見ていきましょう。キャリコネという口コミサイトを元に、まとめていきます。

キャリコネの信憑性や優位性については、こちらの記事を参照してください。

キャリコネには登録すべき?最新の評判と他の口コミサイトとの違い

社風

実際に丸紅に働いている方の口コミを参考にした結果、「総合商社なので、荒っぽい面もあるが、常識的・知的・論理的な人が多く、社風は基本穏やか」であることが分かりました。

かなり歴史があり、なおかつ日本を牽引している一流企業なので、働いている人はかなり優秀であることが分かります。そういった人たちが作り出す雰囲気・社風は、かなり意識が研ぎ澄まされるものであると評価している人が多かったです。

評価制度

続いては「評価制度」についてです。実際に働いている方の口コミを参考にすると、丸紅は「年功序列」であることが分かりました。

もちろん、完全に年功序列で、成果は関係ないというわけではないようですが、それでもまだまだ年功序列の色が強いようです。

また、上司との仲が良い人や、海外駐在経験がある人などは、出世のチャンスに恵まれているようです。出世を考えている人は、どの部署に入るかというのも気にする必要があると言えるでしょう。

上司との関係

続いて「上司との関係」についてです。こちらも実際に働いている方の口コミを参考にしたところ、

「配属先にもよると思うが、基本的には若手が多く、風通しも良く、上司にも相談しやすい。かなり自分のやりやすいように仕事がすすめられる。」

という口コミがありました。かなり風通しがよく、上司との関係も良好であることが分かりました。ですが、もちろん日本を代表する総合商社なので、手取り足取り教えてくれるような上司ではないようです。

自分を最大限成長させることのできる、かなり健全な関係を築くことができると言えるでしょう。

激務・残業

丸紅は、同業社の中でも、かなりトップレベルな報酬をもらっていることが分かりましたが、仕事のキツさや残業のレベルはどうなのでしょうか。

こちらも実際に丸紅で働いている方の口コミを参考にしたところ、かなり仕事は激務で、毎日終電近くまで残業している方がほとんどだそうです。

報酬に関する口コミでは、「同業社と比較すると、かなりもらっているが、やはり激務である事は間違いないので、それを考慮したら妥当ないし物足りないとさえ考えたこともある」という人もいました。

やはり、高い給料をもらうということは、仕事のレベルもかなり高くなり、激務度や残業も致し方ないのでしょうか。

やりがい

続いては「やりがい」についてです。丸紅に働いている人は、どんなことをやりがいだと感じているのでしょうか。

こちらも実際に働いている方の口コミを参考にしたところ、

「若いうちから、ダイナミックな仕事をさせてくれる」「ひとつの事業に対する達成感にある」

と、日々行う仕事にやりがいを感じている人が多いようです。やはり日本を牽引している総合商社なので、扱う仕事の大きさもかなり大きいのでしょう。

また、「海外との取引にはとても魅力がある」と、海外という点にやりがいを感じている人もいて、「日本国内ではなく、世界を相手にしている」ところが良いと感じている人も多いようです。

口コミ

全体的に「激務ではあるが、給料もかなり高く、満足している」というような、前向きな口コミが多かったです。

古くからあるような企業は、その体制を維持する傾向にあり、多くの人が仕事のやりにくさを感じる一方、丸紅はそういった感想を持っている人が少ないのが特徴的でした。

会社全体として若い人が多く、活気があり、上司との関係も悪くない。非常に働きやすい会社であると言えるでしょう。

丸紅への転職を成功させる方法

では次に、丸紅への転職を成功させる方法についてご紹介します。

丸紅は、公開求人があることや、新卒採用人数が多いことなどから、転職できる可能性は大いにあることが分かりました。しかしそうは言っても、簡単に転職できるわけではありません。

志望動機や、転職理由を始めとして、しっかりと自分をアピールできなければ、転職することは難しいと言えるでしょう。そんなときにおすすめなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントというのは、完全無料なのにもかかわらず、「キャリア相談」から「転職に必要な手続き」まですべて行ってくれます。言うなれば「転職する際に利用しない手はないサービス」ということです。

世の中にはたくさんの転職エージェントがありますが、その中から「1つだけを選ぶ」というのはなかなか難しいですし、骨が折れます。さらに、残念ながら、すべての転職エージェントの担当者の方が当たりなわけでもない、というのが現実です。「1つだけ」に絞ってしまうと、ハズレを引いてしまったときの替えが効きません。

ですので、転職エージェントは複数登録しましょう。転職に成功した方のほとんどは、転職エージェントを利用しており、なおかつ「2〜3社」利用していることが分かっています。丸紅への転職を確実なものにするためにも、ぜひこの記事でご紹介する転職エージェントを複数登録してみてください。

丸紅への転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

では、丸紅に転職するのに必ず登録しておくべき転職エージェント・サイトをご紹介します。転職エージェントの利用には一切お金がかかりませんし、転職活動をしっかりとバックアップしてくれます。ぜひ利用してみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

丸紅への転職はエージェントがカギ!複数利用して、確実に転職しよう

いかがだったでしょうか?今回は「丸紅に転職する方法」というテーマで、丸紅の基本的な企業情報や実際に働いている方の口コミ、さらには転職を成功させるポイントや、利用すべき転職エージェントについてご紹介してきました。

丸紅は、同業社の中でもかなり年収が高く、転職難易度も高い企業でした。ですが、公開求人があることなどを考えると、かなり転職の可能性はあることが分かりました。

働いている方のやりがいとしても、丸紅ならではの「世界を相手にした事業」を行うことができることを挙げている人が多かったです。

ぜひこの記事でご紹介した転職エージェントに登録をして、より良い転職活動を行ってください。