日本経済新聞社へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

日本経済新聞社(以下日経)への転職を考えている人はいませんか?

日経は、日本経済新聞などの新聞発行、出版、放送などを行っている会社です。

知名度も非常に高く、転職者からの人気も非常に高いです。

日経は、通年で中途採用を行っているので、転職できるチャンスはあります

この記事では、日経の基本情報から、転職情報、転職を成功させる方法について詳しく解説しています。

記事の最後には、日経への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせて確認してみてください。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

日経への転職は難しい?データから難易度を検証

まずは日経への転職の難易度はどの程度かを見ていきましょう。

公開求人はある?

公開求人とは、企業が自社の公式ホームページで募集している求人のことです。公開求人は誰にでも自力で応募できるのが特徴です。

公開求人の有無によっても、その企業への転職難易度が分かります。そこで早速日経に公開求人があるのかを調べてみました。

日経では公式ホームページ上に採用情報が掲載されていましたので応募はご自身でも行うことが可能のようです。

しかし、公開求人の選考は書類審査が最大の難関です。なぜなら応募のしやすさのあまりに応募する人が多くなりやすいため、面接まで進める人の選考をしっかりと行う必要があるからです。

そのため書類審査で落とされることは少なくありません。公開求人への応募の場合は自由に企業へアプローチできる反面、このような部分が難しいところといえます。

公開求人から応募を行う場合にはまず書類選考を突破する履歴書や職務経歴書の作成に注力すると良いでしょう。

採用大学の実績はどう?

日経の新卒採用は東京大学、京都大学、一橋大学、横浜国立大学、早稲田、慶應義塾など名の知られた高偏差値大学からの採用実績が多いようです。

しかし応募資格は大学卒以上となっており学部学科の指定は特にありません。日経の公式サイトでは多様な人材を求めていると記載がされています。

さまざまな知識や教養が必要となる業界ですので偏差値の高い大学が多くなっている可能性がありますが、日々の自己研鑽を行える方であれば活躍のチャンスはあるといえるでしょう。

日経が求める人物像とは

日経の公式サイトで確認してみるといろいろなタイプの記者がそれぞれの個性を生かしていると記載しています。特に記者としては

  • 好奇心旺盛な人
  • 人間関係をつくることができる人
  • ちょっぴり自己顕示欲がある人

という3つのどれかに少しでもあてはまる方であれば日経に向いているかもしれないようです。

その理由としては

  • フットワークの軽さ
  • 「なぜ?」と疑問が持てる
  • 人の話を聞くのが好き
  • 誠意と熱意がある
  • 相手の懐にありのままの自分で飛び込むことができる
  • 自分の書いた文章を人に読んでもらえることに喜びを見いだせる

といったことが挙げられています。

グローバル戦略を展開している日経では語学研修に力を入れており、語学力がある方も大きな強みとなりますので事前に学習しておくと良いでしょう。

日経に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

次に、日経の事業内容や職場の環境はどのようになっているのか見ていきましょう。また、気になる平均年収や年齢、仕事内容、給与体系から採用情報などもご紹介します。

日経の基本情報

1876年に三井物産の中外物価新報局で発行する中外物価新報として創刊し、1889年に中外商業新報と改題しました。

1909年に商号を中外商業新報社として1911年、日本の新聞社としては初めて株式会社化し、1942年に日刊工業、経済時事の両紙と合併し日本産業経済と改題して1946年に社名を日本経済新聞社、題号を日本経済新聞と改めました。

中性公平な報道姿勢を追求し、民主主義の立場を第一に日本経済の重要な情報を発信し続ける同社は新聞事業を根幹として日々客観的な視点から社会情勢を報道し続けています。

日本屈指の経済紙であるため株価欄や経済や産業の関連記事に詳しく、ビジネスマンはもちろん経済に興味のある学生にも幅広く支持されています。

企業概要

会社名株式会社日本経済新聞社
設立1876年(明治9年)12月2日(中外物価新報)
前身
  • 中外物価新報(1876年12月2日-1889年1月26日)
  • 中外商業新報(1889年1月27日-1942年10月31日)
  • 日本産業経済(1942年11月1日-1946年2月28日)
資本金25億
本社東京都千代田区大手町1-3-7
TEL03-3270-0251(代表)
代表取締役社長岡田 直敏
主な事業新聞を中核とする事業持ち株会社。雑誌、書籍、電子メディア、データベースサービス、速報、電波、映像、経済・文化事業などを展開
従業員数3,021人(2017年12月時点)

日経の事業内容

日経はさまざまなジャンルでの事業展開を行っています。

  • 新聞メディア事業

日経新聞やMJ(流通新聞)など世界の経済やビジネスに役立つ情報をニュースを掲載している新聞などを発行しています。

  • 雑誌

最新のビジネス用語や経済のトレンドなどを詳しく解説した雑誌や書籍を制作・出版しています。

  • 文化イベント関連事業

日本美術展や国際美術展、オペラなどを中心に幅広く展開しています。さらに、スポーツイベントの開催や産業・科学関連の展示会なども行っています。

  • 教育研修事業

人材育成のコンテンツやビジネス知力テスト、育成支援サイトなど、学びたいビジネスパーソンや学生向けにさまざまな教育研修を行っています。

  • インデックス事業

日本を代表とする株価指数の「日経平均株価」を算出し、幅広く提供しています。さらに主要指数の専門情報をインターネット経由で低価格で提供するサービスも行っています。

日経の公開求人

日経の公式ホームページ内には採用情報が記載されています。公開求人では「定期採用」「キャリア採用」「障がい者採用」「契約社員募集」「アルバイト採用」について記載がされています。

参考までにキャリア採用について調査してみると募集の職種は大きく分けて7種類あり、

  • 記者、写真・映像記者、校閲記者
  • 高度な専門記者
  • IT-A、デジタル事業・サービスの企画・開発
  • IT-B、情報システムの設計・構築
  • NARの販売・マーケティング
  • 株指数などの企画・開発
  • 営業・企画

となっています。

社会人としての勤務経験があれば誰でも応募可能ですので、気になる職種があれば応募対象としてチェックしておくと良いでしょう。

中途採用募集数はどのくらい?

日経の公式サイトでは、残念ながら中途採用の募集人数は明確に掲載されていませんでした。

日経ではキャリア採用を通年で募集していますので、随時多くの応募者を募集していることが分かります。

先ほどの6職種の中で20程度のポジションが記載されていましたので、それぞれ1名ずつの採用だとしても約20名程の採用は考えているのではないでしょうか。

日経の平均年収

キャリコネで調べた結果、日経の平均年収は約600万円だということがわかりました。

同業界の株式会社毎日新聞では約550万円、株式会社朝日新聞は約750万円でしたので、日経の平均年収は同業界の中では平均的だといえるでしょう。

日経や競合他社で働く20代、30代、40代の世代別の最高年収と平均年収を調査して表にまとめました。

20代最高年収30代最高年収40代最高年収平均年収
日経約1040万円約1000万円約600万円
朝日約1020万円約1360万円約1440万円約750万円
毎日約880万円約750万円約550万円
読売約760万円約860万円約850万円

また残業時間に関しては平均で約37時間と他の3社(朝日46時間、毎日63時間、読売68時間)よりも少なく、有給取得率は平均44%(朝日47%、毎日32%、読売30%)となっていました。

日経の福利厚生

  • 住居費補助
  • 住居費補助地域加算
  • 住居費補助賃貸加算
  • 教育手当
  • 子手当
  • 保養所

キャリコネの口コミでは、住宅手当が大きく充実しているとの声が多くありました。

住居補助では全世帯に月額2万4000円の支給があり、さらに東京と大阪に勤務する人のは地域加算として2000円〜4000円の支給があります。

賃貸に住んでいる方にはプラス3000円の支給がありますので、最大で3万1000円の住宅手当がもらえます。また、伊豆山には保養所があり、1泊2食付きで6500円で温泉にも入れるそうですので、評判が良いです。

日経の職場環境は?

日経の公式サイトやキャリコネの社員のリアルな口コミをもとに社風や給与体制、やりがいなどを調べてみました。キャリコネで約50件の口コミを分析しましたので、参考にしていただければ幸いです。

社風・評価

  • いい意味でも悪い意味でも古い会社
  • アナログな営業が多い
  • 最新の情報をいち早く得ることができる

働く部署によって社風や評価はまちまちでしたが、記者やライターは時間に追われることも多々あるようです。

給与体制

キャリコネの口コミでは自分の年収に「満足」している方が多くいました。残業時間も軽減され、休日出勤があった場合は代休を取れるなど休みの満足度も高めでした。

30代では年収1000万円も目指すことができます。年功序列の傾向がありますので、長年働き続けることでさらに満足のいく年収になり、安定を求める方のは良いのではないかと考えられます。

参考に新卒採用の給与一例をご覧ください。

初任給大学卒:27万4000円
大学院修了:29万500円
諸手当時間外手当
住居手当
子手当
教育手当
賞与年2回(夏季・冬季)
勤務時間職種、職場によって異なるが、所定の勤務形態は1日8時間15分
夜勤がある職場もある
休日休暇年間休日113日、結婚休暇10日、介護・忌引・永年勤続者慰労休暇などの特別休暇
退職金・企業年金退職一時金のほか、確定給付企業年金あり
財産形成・融資財形貯蓄制度、住居融資制度も利用可能
保養所静岡県伊豆山に日経健保直営の保養所あり
健康管理東京本社、大阪本社で診療所の運営・支社の中には一般の病院と診断契約を結んでいるところあり

となっています。

やりがい

  • 自分が書いた記事が載った時
  • 一般的に会えない人に会える
  • 社会の最前線にいる感覚が得られる
  • メディアなどにでない情報も得られる

などのやりがいを感じている口コミがありました。

自身が携わった記事などが新聞や雑誌に掲載され、たくさんの人に読まれることでやりがいを感じられる方が多くいるようです。

さらに、記者の方であれば普段会えないような実業家や芸能人などに直接話を伺うこともでき、記者ならではのやりがいがあることがわかります。

経済の最先端情報を扱うため、経済ニュースなどに対するプライドが高い人も多くいるようです。

日経への転職を成功させる方法

日経は新聞が特に有名ですが、それだけでなく文化や教育研修など幅広い事業を行っています。

新聞や雑誌のなかでも記者なのか、ライターなのか、または校閲なのか、事業の中でもさまざまな職場がありますので、自分がどの仕事をしたいのかをしっかりと考えて決める必要があるでしょう。

では、日経への転職を成功させるためにはどのようにしたら有利なのかご紹介します。

事前に面接で聞かれることを想像し対策する

日経ではさまざまなことに挑戦できる人材を積極的に採用しているようです。質問内容の意図をくみ取り、具体的に回答ができるように事前準備は必要不可欠です。

実際にあった面接での質問を調べてみると、

  • 後悔する時の理由と思考パターン
  • 仕事においてこれまでで一番の成果
  • 当該部署の業務についてどのくらい知識があるか
  • わざわざ転職する理由は何か

などがありました。
この他には一般的な志望動機や日経へ入社したらどのようなことがしたいかなどの質問もあります。

しかし、質問の意図がうまくくみとれなかったり、質問の言い回しがわかりにくかったりすることも少なくはないようです。

面接で緊張しさらに質問内容が難しく混乱してしまうことも考えられますので、事前に面接で聞かれることを調べ回答できるように準備しておくことが大切です。

日経で実際に面接を受けた方の口コミを見たい方はキャリコネへ登録し、よりたくさんの情報を得ることおすすめします。

転職エージェントを活用する理由とポイント

転職エージェントとは、転職についてさまざまな知見を持つプロ集団のキャリアアドバイザーが転職に関するアドバイスをしてくれるサービスです。

無料で利用できるサービスがたくさんあり、利用する顧客が理想の転職を成功できるようにさまざまなサポートを用意しています。

履歴書や職務経歴書の添削を受ける

まず最初に利用したいのが履歴書や職務経歴書の添削サービスです。転職エージェントに無料登録するだけで利用できるところが多く、自力で応募することをメインで考えている人にもぜひおすすめしたいサービスです。

プロの視点から書き直される履歴書や職務経歴書は要点がまとめられるだけでなく、その企業の求める人材にアピールすることのできる内容を重点的に作ることができます。

非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録を行うことにより、各エージェントのみが保有する非公開の求人情報を紹介してもらうことができます。日経の公式ホームページにある求人以外の非公開求人が見つかる可能性もありますのでぜひ活用しましょう。

また、ハローワークや他の転職サイトにも載っていない求人ですと当然求人倍率も低くなります。採用の可否にも大きく関わりますので、必ず利用したいところです。

複数の転職エージェントに登録

さらに転職エージェントを上手に利用する方法として、複数の転職エージェントに登録することが挙げられます。

非公開求人もさまざまな転職エージェントにより扱っているものが異なることもあるため、いくつかの転職エージェントに登録することのメリットは多く、こちらもぜひ活用するようにしたいところです。

転職エージェントは何社登録しても全く問題ありませんので安心して利用できます。それぞれの転職エージェントによって特徴がありますので、自分にあったエージェントを探すという意味でも複数の登録をオススメします。

日経に転職したいなら、必ず登録すべきエージェント・サイト3選

日経へ転職するために登録しておきたい転職エージェントのご紹介をしていきます。

当社が独自に調査した各エージェントの口コミ・評判も合わせてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアでは、日経などのマスコミ関係の求人を215件扱っています

日本経済新聞は、日本一経済新聞を発行している会社で、新聞社の中では3番目に売上高の高い会社です。

認知度はもちろん高いですが、求められるレベルもかなり高いため、転職難易度は上がります。

パソナキャリアを利用すると、日経への転職に特化したカウンセリングや、書類添削・面接対策、そして推薦状まで書いてくれるので、より高い確率で転職することができます

実際に利用した人は、

45歳 男性 製造業

履歴書などの書類添削、そして転職先企業に合わせた面接対策をしてくれました。いろいろサポートしてくれるので、転職する際には利用することをおすすめします。

51歳 女性 コールセンター

書類の添削などのサポートはもちろん、求人数も豊富で、交渉力も高かったのが良かったです

など、サポート力・交渉力の高さ、そして求人数の豊富さについて評価していました。

まずはパソナキャリアに登録して、無料のカウンセリングを受けてみましょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、日経などのマスコミ関係の求人を2,468件扱っています

リクルートエージェントは、求人情報以外にも、日経の企業情報や社員の様子・社風、新聞業界の情報や、業界の転職市場に関してなど、あらゆる情報を豊富に扱っています。

また、転職実績も非常に豊富なため、効果的な転職ノウハウも持っています。アドバイザーも経験豊富な人ばかりなので、安心して転職活動を行えるでしょう。

実際に利用した人は、

26歳 女性 求人広告 事務

リクルートエージェントは、大手企業が運営しているので、安心して利用できました。また、パーソナルデスクトップという機能が便利で、求人応募が楽だったのが良かったです。

26歳 女性 病院受付

アドバイザーの方は、非常に親身になって話を聞いてくれ、私の気づけなかったアピールポイントを見出してくれました。書類の書き方も丁寧に教えてくれたので、利用して本当に良かったです。

など、大手企業が運営していることによる安心感、アドバイザーの質の高さについて評価していました。

日経に関する求人例

日経 リクルートエージェント

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドでは、日経などのメディア関係の求人を140件扱っています

ランスタッドは、世界でも有名な転職エージェントで、世界第2位の売上を誇ります。

外資・グローバル系企業などのハイクラス転職に強みを持っており、日経などの人気企業へ転職する際には、非常におすすめな転職エージェントです。

実際に利用した人は、

41歳 男性 食品製造販売業

自分ではなかなか出会えない求人を紹介してくれるのが良かったです。いろいろな求人を見たいのであれば、ランスタッドを利用すべきです。

22歳 女性 販売 薬局

ランスタッドの対応が早いため、転職までスピーディなのが良かったです。

など、求人の種類、対応の迅速さについて評価していました。

ぜひパソナキャリアとリクルートエージェントと、併用してみてください。

登録する(無料)

転職エージェントの利用方法

転職エージェントの利用には公式サイトでの無料登録が必要です。

氏名や連絡先、在籍中であれば現在の職業、転職で希望する条件など、簡単な情報を入力するだけで転職エージェントを利用できます。

転職エージェントへの登録から入社までの流れをご紹介します。

  1. 登録したエージェントから連絡
  2. キャリアアドバイザーと面談
  3. 求人紹介
  4. 書類の添削
  5. 企業への応募
  6. 面接対策
  7. 内定獲得・入社

このような流れで転職活動を行います。

キャリアアドバイザーとの面談は基本的に転職エージェントの拠点へ行って直接しますが、地方在住や、どうしても行くことができなければ電話でも面談も可能です。

しかし、転職エージェントやキャリアアドバイザーの雰囲気を知るためにも、なるべく直接面談を行うことをおすすめします。

相性もありますので、複数の転職エージェントへ登録すると良いでしょう。自分がどの転職エージェントがあっているのか確認でき、同時に何社か登録することで、時間がかからず転職活動がスムーズに進みます。

わからないことや、不安に思うことがあれば、いつでもキャリアアドバイザーに相談ができますので、一人での転職活動よりも安心できるのではないでしょうか。

複数の転職エージェントに登録して、日経の転職成功率を高めよう!

今回は日経への転職についてご紹介してきました。

日経ならではの強みや企業風土にやりがいを感じられる方であれば、これから挑むことが一つのポイントだと言えるでしょう。

さらに日経へ転職したいのであれば公開求人以外にも有用な情報を集めることが重要です。

このような転職の場合にぜひ利用したいのが「転職エージェント」です。たくさんの転職エージェント達からご自身のキャリアを踏まえたうえでのサポートや情報を受けるのは最適な方法だといえます。

また、複数の転職エージェントを登録することで自分に合うエージェントや日経の他にも今まで知らなかった優良企業に出会える機会もあるかもしれません。

面接対策や、書類の添削などのサポートも活用し日経への転職を成功させるための充実した転職活動をスタートしましょう。