NTT東日本へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

『東日本電信電話株式会社(NTT東日本)』は、光ファイバーを用いた通信環境の提供や、自治体・医療・教育業界に特化したICTソリューションの提供を行っています。

NTT東日本は、知名度も非常に高いので、転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、NTT東日本の企業情報や、転職を成功させる方法について詳しく解説しています。

記事の最後では、NTT東日本への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせて確認してみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

NTT東日本への転職は可能?データから難易度を検証

東日本電信電話株式会社(以下:NTT東日本)への転職を考える際に、一番最初に気になるのはやはり転職の『難易度』ではないでしょうか。

NTT東日本は誰でも知っているような大企業ですので、その分志望者も多く、採用倍率が高いことが予想されます。

ここでは、独自に調査したデータから、NTT東日本の転職難易度を解析していきます。

NTT東日本の公開求人

NTT東日本の2018年12月における公開求人は0件です。NTT東日本の企業ホームページ上では、現在経験者採用を募集していません。

また、各種求人サイトや転職エージェントでは、NTTグループの公開求人は数件あるものの、NTT東日本での求人情報はありませんでした。

転職エージェントが抱える非公開求人には、NTT東日本の求人がある可能性はありますが、採用枠は多くはないことが予想されます。

非公開求人とは

非公開求人とは、企業が求人サイトや求人誌、企業の採用ホームページなどで、一般的に公開されることのない求人のことを言います。

非公開求人は、転職エージェントが抱えており、転職エージェントを経由することで、非公開求人を見ることができます。

企業が非公開求人にする理由は様々ですが、

  • 競合他社に自社の求人情報を隠すため
  • 転職エージェントを通して、より自社に合った志望者だけを集めるため
  • 志望者が殺到しすぎることを避けるため

などの理由が挙げられます。

NTT東日本などの大企業は、特にこの非公開求人を利用するケースが多く、世の中には公開求人よりも非公開求人の方が多いと言われています。

実際に、転職エージェントの抱える求人案件のうち、約70~80%は非公開求人であることが多いです。

選考フロー

NTT東日本の選考フローは、どのようになっているでしょうか。今回、中途採用の応募が終了していたため、新卒採用での選考フローを紹介していきます。

事務系と技術系で選考フローが分かれており、事務系の場合、

  1. 書類選考
  2. 筆記試験
  3. 面接(2~3回)

となっています。

また、技術系の場合、

  1. 書類選考
  2. 筆記試験
  3. グループディスカッション
  4. 面接(2~3回)

となっています。

どちらも書類選考、筆記試験、面接があり、選考内容は一般的なものと言えます。

ただ、選考倍率が高いことから、書類選考の時点で大幅な足切りがされることが予想されますので注意が必要です。

出身大学

NTT東日本の社員の出身大学の割合から、就職の難易度を分析していきます。

NTT東日本の出身大学は、ほぼすべてがMARCH以上の学歴を持っています。内訳は、

  • 30%:慶応大学・早稲田大学
  • 27%:GMARCH・関関同立
  • 20%:東京大学・京都大学・北海道大学・東北大学・大阪大学・一橋大学・東京工業大学・東京外語大学
  • 18%:その他国公立大学
  • 5%:その他私立大学

となっています。

これを見ても分かる通り、少なくともMARCH以上の学歴がないと選考を通過することは非常に難しい状況であることが分かります。

NTT東日本に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

元々国営だったNTT東日本ですが、どのような職場環境なのでしょうか。

よく準公務員などど呼ばれていますが、その実態はどうなのか、独自で調査した口コミをもとに説明していきます。

企業概要

NTT東日本の企業概要は以下のようになっています。

商号東日本電信電話株式会社
代表代表取締役社長
井上 福造
本社所在地〒163-8019
東京都新宿区西新宿3-19-2
設立1999年7月1日
資本金3,350億円
売上高1兆5,347億円(2016年度)
従業員数4,700人(2018年3月31日現在)
平均年齢40.2歳
平均年収900万円
事業内容東日本地域における地域電気通信業務およびこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務

NTT東日本の商号は「東日本電信電話株式会社」で、現在の代表取締役社長は井上福造さんです。

1999年に設立され、今では売上高1兆円規模の大企業となっています。

主に東日本地域の電気通信事業を手掛けており、フレッツ光などのブロードバンドサービスや、ICT事業に力を入れ、通信インフラの強化を徹底しています。

トップメッセージ

NTT東日本グループは『地域やお客さまの課題解決に貢献すること』を目指しています。

ICTの活用により、少子高齢化や生産性の向上、社会的問題の解決をすることで、豊かな社会を実現していきます。

また、『つなぐ、を、つよく。』という理念を掲げており、情報通信ネットワークのリーディングカンパニーとして、社会的インフラの信頼性を高めていくことを重要視しています。

事業内容

NTT東日本の事業内容は主に2つです。

一つ目は、ブロードバンドサービス「フレッツ光」の普及拡大や継続利用の促進です。地球18周分もの長さの光ファイバーを用いた通信環境の提供や、既存顧客へのサービス向上を行っています。

二つ目が、ソリューションビジネスの取り組みです。自治体・医療・教育など、業界に特化したICTソリューションの提供を行っています。

採用情報

NTT東日本では、事務系・技術系共に総合職で採用を行っており、それぞれ職種ごとで募集を行っています。

現在、中途採用を行っていないため、新卒採用のデータとなりますが、主な募集職種は

  • コンサルティング営業
  • システムエンジニア
  • アカウント営業
  • テレアドバイザー
  • マーケティング
  • サービス開発
  • 協業ビジネス推進
  • ネットワークプランニング
  • サービスマネジメント
  • 研究開発
  • コーポレートスタッフ

の全11職種となっています。

求人サイトなどで公開されている求人は少ないため、転職エージェントの抱える非公開求人で応募を行った方が選択の幅が広がると思います。

平均年収

NTT東日本の平均年収は905.4万円でした。

役職別に見てみると、部長クラスが約1500万円、課長クラスが約1000万円、一般社員が約500万円となっています。

また、NTT東日本は年功序列の風潮が強いため、年次が上がるにつれて年収も上がっていくことが多いようです。

福利厚生

NTT東日本の福利厚生はとても充実しているといっていいでしょう。各種保険はもちろんのこと、産休・育休・有給休暇も気軽にとることができ、残業代もしっかりと支払われます。

また、その他にも選択型の福利厚生制度を設けており、

  • 社宅・寮
  • 住宅補助費支援制度
  • 持家取得支援制度
  • 財産形成支援制度
  • 人間ドック
  • 育児・介護支援
  • リゾート施設・スポーツ利用

等、様々な制度の中から自分に合った福利厚生を選択することができます。

カイシャの評判などの口コミサイトを見ても、福利厚生に対する評価は高く、働きやすい環境作りができていると言えます。

NTT東日本への転職を成功させる方法

NTT東日本は、大人気企業であることからも求人を公開するケースがあまりありません。もし公開されたとしても、応募者が殺到し選考倍率が高くなることが予想されます。

選考倍率が高いと、書類だけで落とされる場合ももちろん高くなりますし、学歴や職歴が優れている人でないと面接すら受けられないかもしれません。

そのため、NTT東日本へ転職を希望する方は、直接の応募だけでは厳しい可能性があります。

そこで、内定率を格段に上げる方法が『転職エージェントを活用すること』です。

転職エージェントを活用するメリットは、

  • 非公開求人がもらえる
  • 志望する企業の選考対策を行ってくれる
  • 推薦状を提出してくれる
  • 手間のかかる作業を代行してくれる

などが挙げられます。

メリット①:非公開求人がもらえる

転職エージェントに登録すると、まず転職エージェントの抱える非公開求人をもらうことができます。

一般的に、非公開求人の方が公開されている求人よりも数が多く、質の高い求人であることが多いです。

そのため、転職エージェントに登録しておけば、今まで調べても出てこなかった求人を数多くもらうことができるのです。

しかも、転職エージェントは基本的に無料で利用できるので、登録しておいて損はないはずです。

メリット②:希望する企業の選考対策を行ってくれる

転職エージェントでは、転職希望者の選考対策を行ってくれます。

転職エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーは転職のプロなので、プロの視点から見たアドバイスを無料で受けることができます。

さらに、転職エージェントには過去に受けた企業のデータが数多く存在しています。

そのため、あなたの志望する企業を過去に受けている人がいれば、そのデータからどんな人が採用され、どんな人が不採用になり、面接ではどんな質問が多いかなどの統計を取ることも可能です。

メリット③:推薦状を提出してくれる

転職エージェントを経由して、企業に応募する場合、転職エージェントがその企業に対して推薦状を作成してくれます。

この推薦状には、その志望者がどんな人なのか、なぜその企業を志望しているのかが主に書かれており、この推薦状で選考に受かりやすくなるケースもあります。

転職のプロの目線から、企業に印象が良くなるように書かれているため、一人で転職活動をするよりも大きなアドバンテージとなります。

メリット④:手間のかかる作業を代行してくれる

転職エージェントに登録していると、担当のキャリアアドバイザーが一人付いてくれます。

その担当が、求人の案内や選考の対策を行ってくれるのですが、それだけでなく面接日の調整や年収の交渉など、少し手間のかかることを転職希望者に代わり行ってくれます。

そのため、転職エージェントに登録しておけば、面倒な手続きを避けることができ、選考の対策にのみ集中することが可能になります。

また、年収の交渉などは企業にどの程度踏み込んでよいのか分からないことも多いので、プロに任せると安心できます。

NTT東日本の転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

NTT東日本に転職する際に登録すべき転職エージェントを4社ピックアップしました。

NTT東日本を始め、大手企業や通信業界、IT業界に強い転職エージェント4社を、独自で調査した口コミと共に分析しているので、自分に合った転職エージェントを見つけられると思います。

それでは見ていきましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

NTT東日本の転職には欠かせない転職エージェントを活用するコツ

転職エージェントに登録したからこれで安心!と思ってはいけません。

転職エージェントに登録しても、上手に活用できなければ全く効果を発揮せずに終わってしまう可能性があります。

そこで、転職エージェントを上手に活用するコツを紹介していきます。

転職エージェントには複数社登録する

まず一番大切なのは、転職エージェントには複数社登録しておくことです。

なぜなら転職エージェントを一社に絞ってしまうと、情報の偏りが生まれてしまうからです。

転職エージェント各社が抱える求人案件は、当然ですが会社によって異なります。つまり、一社にだけ登録していると、その他の求人案件を見ることなく転職活動を終えてしまいます。

「他の転職エージェントに登録しておけば、もっと良い求人案件があったのに。」

とならないためにも、転職エージェントには複数社登録しておく必要があるのです。

また、複数社登録しておくことで、担当のキャリアアドバイザーとの相性を見極めることもできます。

転職が成功するかどうかは、キャリアアドバイザーとの相性も大きく関わってきます。

もし、あなたと全く意見がかみ合わないキャリアアドバイザーが担当についてしまったなら、あなたの転職活動は全くスムーズに進まないでしょう。

逆に、あなたと相性の良いキャリアアドバイザーが担当なら、スムーズに転職活動が進むほか、自分では気付かなかった新たな道を紹介してくれることもあります。

複数社に登録しておけば、どういったキャリアアドバイザーが自分に合っているのかを見極めることができます。

このような理由から、転職エージェントには複数社登録しておきましょう。

おすすめは、大手の転職エージェントに2社以上、業界に特化した転職エージェントに1社以上登録し、その中でメインとなる転職エージェントを選ぶことです。

担当と相性が合わない場合は申し出る

また、担当となったキャリアアドバイザーとの相性が悪いと感じた場合には、我慢せずに交換を申し出ましょう。

転職エージェントによっては担当を交換してくれる場合があります。

その際は、現在の担当とどこが相性が悪いのかをしっかりと伝えるようにしましょう。ただ相性が悪いとだけ伝えて交換しても、また同じような担当が付いてしまっては意味がありません。

どこが合わなかったのかをしっかり伝えることで、似たような人を担当に付けることは避けてくれるため、交換を申し出る場合は詳細に伝えましょう。

週に1回はログインする

転職エージェントに登録した後のサイトへのログインは最低でも週に1回は行うようにしましょう。理由は簡単です。その方が求人の紹介を多くもらえるからです。

転職エージェントは、新たに得た求人案件を登録者に紹介していますが、その優先順位はサイトへのログイン順であることが多いです。

というのも、転職エージェントは、「最終ログイン日が近い=転職活動を行っている」「最終ログイン日が遠い=転職活動を終えている」と判断しています。

転職活動を行っている人に対して求人案件を斡旋したいと転職エージェントも思っているので、ログイン日が近い人に対して積極的に求人情報を案内しているのです。

ログインを怠っていると、全く求人が来ない、優良案件が来ない、といったことになる可能性があるので、忙しくても週に1回はログインをしておきましょう。

推薦状は必ず確認を行う

先述した通り、転職エージェント経由で応募すると、担当が企業に対してあなたの推薦状を書いてくれます。

この推薦状はあなたの内定を助けるものにもなりますが、しっかりと確認しておかなければ逆にあなたの面接を失敗させてしまう可能性もあります。

なぜなら、推薦状をもとに質問を行う企業も多いからです。

推薦状の中身は主に最初に行われるキャリアカウンセリングの内容がもとになっているので、見当違いな事は書かれていませんが、自分の思っていることと差異がある可能性はあります。

自分の伝えたかったことと、キャリアアドバイザーが受け取ったことにズレが生じていれば、そのまま推薦状に間違った情報が書かれてしまい、そのまま面接で突っ込まれることになってしまいます。

そういった事態を避けるためにも、推薦状は提出される前に必ず目を通しておきましょう。

しっかり確認しておけば、間違った情報が送られることもありませんし、面接で聞かれることを想定し、対策しておくことも可能です。

複数の転職エージェントに登録して、NTT東日本への転職成功率を高めよう!

いかがだったでしょうか。今回はNTT東日本への転職に関する情報から、成功する秘訣を紹介してきました。

NTT東日本は、元々国営であったこともあり、公務員気質残っており、安定や年功序列、ホワイトといった特徴があり、求職者からも人気の企業になっています。

また、人気であることからも、一般的に求人を公開する頻度は多くなく、ほとんどが非公開求人として採用を行っています。

そのため、NTT東日本への転職をする際には、1人で応募するのではなく、転職エージェントを経由して非公開求人の紹介をもらうことが得策だと言えるでしょう。