日本テレビ放送網(日テレ)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

日本テレビホールディングス株式会社(以下、日テレ)は、知らない人がいないほど知名度が高いテレビ局の一つで、一度は転職を考えたことがある人も多いでしょう。

日テレは、企業HPでも中途採用を行っていますが、募集の数が少ない上に、応募数は多いため、転職難易度はかなり高いです

この記事では、そんな日テレの基本情報から、転職を成功させる方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、日テレへの転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職する前に知っておきたい!日テレはどんな会社なの?

テレビ業界大手として有名な日テレは、誰もが知っているテレビ局ですよね!

ドラマ・バラエティ・アニメなど、さまざまなテレビ番組を放送していて、多くの視聴者から親しまれているテレビ局です。

この記事を読んでいるあなたも、日テレの番組を視聴している方の一人ではないでしょうか?

そんな誰もが知る日テレですが、内部的にどんなことをしている会社なのか、あなたは知っていますか?

日テレに転職を希望されているのであれば、日テレについてある程度の知識はつけておきたいものです。

ここでは、日テレはどんなことをしている会社なのかについてご紹介していきます。

どんな成績を出しているのか、何を目指して活動しているのか、どんなサービスを行なっているのかなどについてまとめてみので、豆知識として覚えておいてくださいね!

平均視聴率は4年連続で業界トップ

テレビ業界では、全日(6:00~0:00)・プライム(19:00~23:00)・ゴールデン(19:00~22:00)など、番組を放送する時間帯が3種類に分かれています。

朝のニュースやドラマは全日で放送されますし、人気番組は最も視聴率の上がりやすいゴールデンで放送されています。

日テレでは、そんな番組を放送する時間帯にかかわらず、全時間帯の平均視聴率を4年連続で業界トップになるという成績を上げています。

3年連続で業界トップとなっていたため、「今回も業界トップになるのでは?」と予想されていたそうです。そして、期待を裏切ることなく、今年も見事トップに輝くことができています。

目指すはアジアトップのメディアコンテンツ

日テレでは「見たい、が世界を変えていく」という理念を持ち、今後のコンテンツ強化に取り組んでいます。

視聴者から求められる良質な番組を作り、さまざまなジャンルで高い視聴率を得られるよう、日々努力しているようです。

また、日テレでは「アジアトップのメディアコンテンツ」という大きな目標に向けての活動も行なっています。

そして、シンガポールにて現地法人を設立し、香港・インドネシア・タイなどで開局し、新しいビジネスを初めています。

アジア各国の視聴者が楽しめるエンターテイメントをお届けし、多くの方から愛されるようなテレビ局を目指しているそうです。

動画配信サービス「Hulu」を配信

日テレでは有名な動画配信サービス「Hulu」を子会社に置き、多くの方にサービスを提供しています。

見逃したドラマやもう一度見たいアニメ、懐かしい映画などのさまざまな動画を視聴できるサービスとなっていて、月額933円で提供しています。

近年スマートフォンの普及により、動画配信サービスを気軽に利用できる時代となっています。

ちなみに、「Hulu」は元々海外のサービスだったのですが、制作コンテンツから得る収入の拡大を求めていた日テレが買収し、日テレのサービスとして提供しているそうです。

また、今後は他のテレビ局で放送されているものも取り入れて配信する予定なので、将来的にHulu一つでさまざまなテレビ局の番組を視聴できる日が来るかも知れませんね!

日テレに転職するポイントって?

素晴らしい成績を持ち、大きな目標に向かって突き進んでいる日テレは、人気転職先ランキングでも上位にランクインしている会社です。

そのため、転職を考えている方から注目を集めていて、日テレへの転職成功を目指している方が多いそうです。では、日テレへ転職するメリットには何があるのでしょうか?

ここでは、日テレに転職をするポイントについてまとめてみました。

平均年収や福利厚生など、日テレに転職してどんなメリットがあるのかについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

平均年収は約1,400万円を超えている

職種によって異なりますが、日テレの平均年収はなんと約1,400万円を超えている高収入が可能となっています。

現在の日本の平均年収は約400万円となっているため、なんと約3.5倍の収入を得ることになりますね!

ちなみに、一番年収の高い職種は事業開発となっていて、年収1,700万円と高収入を得ている方もいます。

転職直後の平均年収は約500万円となっていますが、日テレでは評価制度を導入しているため、実力を見せつけることができれば、高い収入を得ることが期待できます。

日テレでは自ら名乗り出ることで、さまざまなことにチャレンジさせてもらえるので、実力主義で仕事をされる方にはおすすめの転職先かもしれませんね!

専門職でスキルアップできる

日テレではさまざまな職種に分かれていて、それそれで担当している仕事が異なります。報道部・営業・ディレクター・事業開発など、専門職の多い会社となっています。

そのため、スキルアップを目指している転職者からの人気が高くなっており、応募数もかなりの数ではないかといわれています。

転職をされる方の中には、収入に対して不満を持っている方もいれば、自分のスキルを磨いてさらに上を目指したいという方もいます。

そんなスキルアップを目指している方であれば、専門職で働きながらスキルアップをできる日テレを転職先に選んでみてはいかがでしょうか?

残業代はしっかりもらえる

最近では残業時間を減らしている企業が多いですが、テレビ業界はハードな仕事ばかりなので、入社後は覚悟が必要だといわれています。

そのため、プライベートに使える時間が少なく、ほとんど働き詰めになってしまうといわれています。

しかし、日テレでは残業した分はしっかりとお給料としてもらうことができるので、頑張れば頑張っただけ自分の収入にすることができますよ!

ちなみに、ハードな仕事が必要とされる日テレでも、一般企業のように残業を減らす取り組みが行われています。

また、長期間の休暇をもらうこともできるため、ムリなく働くことができるでしょう。

仕事を生きがいにしている、休みをもらうくらいなら仕事がしたい、そんな方には日テレへの転職が向いているかもしれませんね!

福利厚生が充実している

ハードな仕事を要する日テレですが、社員にもプライベートな時間が必要なので、有給を利用することができます。

ちなみに、日テレの有給休暇の消化率は約22%となっていて、テレビ業界の中ではまあまあ良い方だといわれています。

そのため、有給休暇を上手く利用すれば、仕事とプライベートの両方を充実させることができるでしょう。また、日テレでは女性でも働きやすい会社といわれています。

男女差別がなく能力で勝負をするといった業界ではないので、のびのびと働くことができるでしょう。

しかし、テレビ業界では休日でも突然呼び出されることもあるため、家庭を持っている方には難しいお仕事です。

身動きの取りやすい独身女性であれば、日テレに転職しても問題なく働くことができるでしょう。

日テレに転職するときの注意点は?

日テレではハードは仕事が必要とされますが、年収が高く福利厚生が充実しているため、転職に人気の会社となっています。

しかし、どんなものにも注意すべきポイントがあるため、良いところばかりを見ていると、転職後に後悔してしまうことになるかもしれません。

ここでは、日テレに転職をするときの注意点についてまとめてみました。

本当に自分に合っている転職先なのか、転職を成功させることはできるのかなどをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職時の年収は低く休みが不定期

日テレ社員の平均年収は約1,400万円とご紹介しましたが、転職直後の平均年収は約500万円となっています。

そのため、転職直後から高収入を得るのは難しいため、転職直後から年収アップを目指して転職をされる方にはあまりおすすめできません。

また、テレビ業界は一般的な会社と違い、決まった休日というものがありません。

休日だったはずの日でも、突然仕事の呼び出しがかかることがあるため、休日はのんびりしたいと考えている方には向いていないかもしれません。

ですが、日テレでは評価制度を取り入れているため、実力が伴うに連れて年収アップが期待できます。

また、休日をダラダラ過ごくらいなら仕事をしたいという方であれば、休日が不定期な日テレでのお仕事もやっていけるのではないでしょうか?

残業代もきっちり出るので、「長く勤める意思がある」「働くことが苦に感じない」という方であれば、日テレへの転職を検討しても良いかもしれませんね!

職種ごとに面接内容に違いがある

日テレでは「放送総合部門」「技術部門」「アナウンス部門」の3つの職種に分かれて面接内容が異なります。

テレビ業界では一般的な面接に加え、それ以上の対策が必要になるので、何も知らずに応募すると、面接で失敗してしまう可能性が高いので注意が必要です。

それでは、それぞれでどのような違いがあるのか、一つひとつみていきましょう。

放送総合部門の面接内容

放送総合部では、8段階に分かれて面接が行われます。まず、エントリーシートに記載されている質問の回答を記入して提出します。

質問内容には、「日テレへの志望動機」「学生時代に積極的に取り組んでいたこと」などが書かれているそうです。

一次面接では面接官2人、応募者1人での面接が行われ、提出したエントリーシートを元に質問をされるようになっています。

二次面接では面接官2人、応募者1人で面接での面接が行われ、一次面接よりもさらに深い内容の質問をされます。

二次面接までが終わったら筆記試験が行われ、三次面接と再び筆記試験が行われます。

三次面接と筆記試験が終わったら、合宿での選考・四次面接・最終面接の順で行われます。合宿ではクループ、または個人で一つのVTRを作り、筆記試験・個人面接が行われます。

そして、四次面接・最終面接が行われます。

技術部門の面接内容

技術部門では理系の基礎的な学力が必須条件となり、面接では専門的な話題を振られ、基礎的な学力を計る筆記試験が行われます。

事前に対策をしておかなければ面接に合格できないので注意が必要です。

アナウンス部門の面接内容

アナウンス部門の面接では、まずエントリーシートに記載された質問の回答を記入・提出し、一次面接が行われます。その後はカメラテスト・筆記試験・最終面接という流れになっています。

ちなみに、どの部門でも正式な採用人数は公開されないため、募集が行われる度に採用人数が異なります。

そのため、前回の採用人数がわかったとしても、何の目安にもならないので注意しましょう。

日テレの転職難易度は高い

日テレは転職をされる方だけでなく、新卒の方からも人気の高い会社となっています。

休みが不定期でプライベートを充実させることが難しい会社ですが、そんなハードなお仕事だからこそやりがいを感じるという理由から、日テレへの入社を希望する方が多いそうです。

そのため、日テレの転職難易度は高くなっています。転職成功率がかなり低くなるため、転職できなかったときのことを考えて、別の転職先を探しておいた方が良いかもしれません。

日テレに転職するなら転職エージェントがおすすめ!

日テレは公式ホームページでの求人を募集していますが、転職エージェントでも日テレの求人情報を取り扱っているので紹介してもらうこともできます。

また、転職エージェントは、転職や職種に関する知識、転職先企業に関する知識を豊富に持ち合わせた転職のプロなので、転職成功率をアップさせることができます。

ここでは、日テレの転職におすすめの転職エージェントや、転職エージェントを利用するメリットなどについてご紹介していきます。

おすすめの転職エージェント3選

ここでは、日テレへの転職におすすめの転職エージェントを、口コミも含めてご紹介していきます。

専門職の案件を豊富に取り扱っている、質の高いアドバイザーが在籍しているなど、日テレへの転職を成功へと導いてくれるところをピックアップ!

あなたの転職活動をしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを利用して、内定確定を勝ち取ってください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアでは、日テレなどのテレビ・放送の求人を28件扱っています

日テレは、かなり認知度が高く、人気が高いので、難易度が高いです。

パソナキャリアの手厚いサポートをベースに、転職活動を行っていくのが良いでしょう。

履歴書や職務経歴書の添削はもちろんのこと、条件交渉や転職後のフォローまで、しっかり行ってくれます。

パソナキャリアを実際に利用した人は、

25歳 女性 ITエンジニア

書類の添削をしていただけたのは良かったです。さらに、年収交渉もしてくれて、最終的に少し上がったのも良かったです。

29歳 女性 事務員

一人で転職活動を行うのは、なかなか不安なものですが、担当の方がこまめに連絡をくださったおかげで、安心して転職活動を行うことができました

など、パソナキャリアのサポート力の高さ、アドバイザーの対応の良さを評価していました。

日テレに関する求人例

日テレ パソナキャリア

パソナキャリアでは、日テレに関する求人を23件扱っています

まずはパソナキャリアに相談して、カウンセリングを受けてみましょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、日テレなどのマスコミ(出版・テレビなど)の求人を2,437件扱っています

非公開求人も合わせるとさらに多くなりますが、リクルートエージェントは国内最大の求人数を武器にしています。

求人以外にも、テレビ業界の転職市場や、日テレの社風・内部情報、転職者情報など、転職する上で欠かせない情報を豊富に扱っています。

リクルートエージェントは、情報収集のツールとしても非常に使えるので、おすすめです。

実際に利用した人は、

求人の量が多い。完全に希望条件にマッチングしていなくても求人を紹介してくれるので視野を広げて考えられた。

26歳 女性 アパレル販売員

とにかく求人の量が多かったです。条件とは少し違くても紹介してくれるため、転職の視野を広げることができました。

33歳 女性 ドラッグストア 販売

多くの求人を紹介してくれ、面接前には電話で面接対策をしてくれました。情報量、サポート力に満足です。

など、扱っている求人の量、サポートの充実度を評価していました。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドでは、日テレなどの情報・出版・メディアの求人を139件扱っています

本社がオランダにあり、世界中でも人材紹介を行っているため、外資系企業などのハイレベルな転職に強いです。

質の高い転職アドバイスを聞くことができるので、日テレなどの人気で難易度の高い企業へ転職する際は、非常におすすめです。

実際に利用した人は、

29歳 女性 接客業

担当の方には、履歴書の添削でお世話になりました。対応も非常に親切で、良かったです。

38歳 女性 主婦

求人の量が豊富でした。対応も良く、スピーディーに転職できました

など、求人の量やサポート力・対応の良さについて評価していました。

登録する(無料)

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用する主なメリットは以下の通りとなっています。

  • 無料で登録できる
  • 希望する転職先を提案してくれる
  • 転職先の情報や専門職に関する詳細を聞くことができる
  • 企業側へ転職者の売り込みをしてくれる
  • 転職先へ給料、または年収アップの交渉をしてもらえる

転職エージェントへは公式ホームページから無料で登録することができます。登録後も料金が発生することはないので、転職をされる方が気軽に利用できるようになっています。

転職エージェントへの登録を行なうとアドバイザーとの面談が行われ、あなたが希望する転職先を紹介してもらうことができます。

このときに、「日テレへの転職を希望しています」と伝えれば、日テレの求人情報を紹介してもらえるかもしれません。

転職エージェントに在籍するアドバイザーは、転職のプロとしてさまざまな知識を持っています。

希望する転職先企業の情報や、専門職に関する詳しい情報など、気になることがあれば質問することで、あなたの疑問や悩みを解消することができるでしょう。

また、アドバイザーは転職先企業と連絡を取り合っているため、あなたを転職成功へと導くために企業側へと売り込んでくれます。

そのため、企業側からの印象が良くなり、転職成功率を格段にアップさせることができます。

転職後はあなたの代わりに給料や年収アップの交渉をしてくれるため、転職直後の年収が低い日テレに転職される方には、大きなメリットになるでしょう。

転職エージェントは複数利用した方が良い

転職エージェントを利用される場合は、1つではなく複数の転職エージェントへの登録・利用をおすすめします。

複数の利用によって自分に合った転職エージェントを選ぶことができますし、さまざまな転職エージェントから転職に重要なアドバイスをたくさん受けることができます。

また、転職先が決まっていなかったとしても、複数の転職エージェントから複数の求人情報を紹介してもらえるので、転職先の幅を広げることもできます。

特に、初めて利用される方はどこが自分に合った転職エージェントなのかがわからないので、いくつかの転職エージェントに登録して、「ココだ!」と思うところを利用しましょう。

日テレへの転職に効果的な転職エージェントのフル活用法とは?

せっかく転職エージェントを利用するなら、転職成功を実現させるためにもフル活用する方法を知っておくことをおすすめします。

ここでは、そんな転職エージェントをフル活用する方法についてご紹介していきます。

転職エージェントの利用を考えている方は、ぜひ参考にして実践してみてください。

こまめに連絡を取り合う

転職エージェントをフル活用する1つ目の方法は、アドバイザーとの連絡をこまめに取ることです。目安としては1~2週間に1回ほど連絡を入れて、求人状況を確認してみてください。

このこまめな連絡は、あなたが希望する転職先が求人情報を出した場合、すぐに連絡が来るようにしておくためです。

転職エージェントでは、早急に転職をしたい方を最優先にして求人情報を紹介しています。

そのため、急いでいるという意思が伝わらなければ、あなたが希望する求人情報が出ていたとしても、他の方に紹介されてしまう可能性があります。

そんなことにならないためにも、アドバイザーとこまめに連絡を取り合い、求人の確認を定期的に行うようにしましょう。

できるだけ早く転職したいことを伝える

転職エージェントをフル活用する2つ目の方法は、「できるだけ早く転職したい」とアドバイザーに伝えておくことです。

先程、アドバイザーとのこまめな連絡をご紹介しましたが、中には忙しくて「頻繁に連絡するヒマがない」という方もいるでしょう。

その場合は、希望する転職先の条件を伝えておき、募集があり次第すぐに転職したいことを伝え、連絡をもらえる体制を作っておくと良いでしょう。

事前に伝えておけば連絡を取らなくても、希望する求人があれば最優先で紹介してもらえます。

自分に合ったアドバイザーに担当してもらう

転職エージェントをフル活用する3つ目の方法は、自分に合ったアドバイザーに担当してもらうことです。

転職エージェントを利用する場合、必ず担当のアドバイザーがあなたについてくれます。

しかし、相性の合わないアドバイザーとは転職活動をスムースに進めることができないため、転職のチャンスを逃してしまう可能性があります。

担当のアドバイザーは申し出をすることで変えてもらうことができるため、自分と相性の良いアドバイザーに担当してもらいましょう。

これまでの経歴や取得している資格を全て伝える

転職エージェントをフル活用する4つ目の方法は、これまでの経歴や取得している資格などを全て伝えることです。

転職エージェントでは担当のアドバイザーとの面談を行い、あなたの経歴や資格をヒアリングしてから希望する転職先を紹介してくれます。

そのため、面談のときにこれまでの経歴や持っている資格を伝えておかなければ、満足できる転職先を見つけることができません。

特に、日テレは専門職になるため、あなたの経験や資格はアドバイザーにとって重要な情報になりますので、経歴や資格は全て伝えておきましょう。

同じ求人に複数の応募をするのはNG

転職エージェントをフル活用する5つ目の方法は、同じ求人に複数の応募をしないことです。

応募元は別々の場所でも応募先は1つなので、企業側から「他のところからも応募があったんですけど…」と全ての転職エージェントに連絡が行ってしまいます。

転職先にはもちろん、登録している全ての転職エージェントにも不信感を与えるため、あなたの信用が無くなる可能性があります。

最悪の場合は応募を取り消され、登録している転職エージェントを利用できなくなるため、同じ求人に複数の応募をするのは絶対にやめましょう。

節度をもって対応することが大切

転職エージェントをフル活用する6つ目の方法は、節度を守って対応することです。

転職エージェントを利用される方の中には、アドバイザーに対してマナーのなっていない態度を取る方がいます。

例えば、「なぜ希望している求人がないんだ」「転職エージェントなんだから良い求人紹介してよ」など、このような態度では良い転職先を紹介してもらうことはできないでしょう。

また、アドバイザーもあなたと同じ人間です。イヤなことをいわれれば不快に思いますし、良いサービスを提供しようとは思えなくなるでしょう。

転職先を紹介してもらう立場である事をきちんと認識して、節度ある対応を行ってください。

日テレに転職するなら転職エージェントに複登録しよう!

日テレは、4年連続で業界トップの平均視聴率をだしたという功績を持ち、アジアトップのメディアコンテンツを作るという大きな目標を掲げ、実行している会社です。

勤務時間や休日は不定期でとてもハードなお仕事ですが、平均年収も高くやりがいを感じられる会社なので、転職をされる方だけでなく、新卒の方からの入社希望が多い会社となっています。

そのため、転職難易度が高くなかなか入社することができないため、転職を成功させることが難しくなっています。

しかし、転職エージェントに登録してサービスを利用すれば、日テレへの転職成功率をアップさせることができるかもしれません。

転職のプロがさまざまなサポートやアドバイスを行なってくれるため、日テレへの転職を希望される方にはとてもおすすめです。

転職成功を願う方は、ぜひ転職エージェントを利用して、日テレへの内定を勝ち取ってください。