オリエンタルランドへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

東京ディズニーランドで有名な『オリエンタルランド』に転職したいのですが、どうすれば良いですか?
まずはオリエンタルランドの業務内容や職場環境についてしっかり調べて、その後、転職エージェントを最大限活用しましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました!具体的に、どの転職エージェントを利用すれば良いですか?
はい。この記事では、おすすめの転職エージェントを4つご紹介しています。その他にも、オリエンタルランドの職場環境や転職を成功させるポイントについてご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

オリエンタルランドと言えば、東京ディズニーリゾートを運営していることで有名です。「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」は知る人がいないと言うぐらい有名なテーマパークです。

では、オリエンタルランドに転職するにはどうすれば良いのでしょうか?

オリエンタルランドは、ディズニー関連の仕事がしてみたいという女性からの人気も高く、転職において倍率の高い人気企業となっています。

そこで今回は、オリエンタルランドに転職するために必要なことを説明していきます。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職する前に知っておきたいオリエンタルランドの会社概要

ここからは、オリエンタルランドの特徴について説明していきます。

オリエンタルランドの概要(2018年4月1日現在)

従業員数正社員3,317名 / 準社員19,006名
平均年収672万1,589円
平均勤続年数16.2年
平均年齢41.5歳

社員数は3,200人以上、売上高は4,000億円以上となっています。東京ディズニーランドが開業したのは1983年。株式会社オリエンタルランドは、1960年に創業されました。既に50年以上も歴史ある会社です。なんといっても、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」といったディズニーリゾートで有名な会社です。

翌年の1984年に1,000万人の来場者を記録したというのですから、驚きです。その後、2000年にはテーマパーク内でディズニーのオフィシャルホテルも開業されました。

そして、2001年には東京ディズニーシーが完成します。そして、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」合わせて、東京ディズニーリゾートとして認知されるようになったのです。

本社があるのは、千葉県浦安市舞浜です。主にテーマパークの管理・運営をしていますが、他にもテーマパーク近辺の複合商業施設や、ホテルの経営も行っています。

オリエンタルランドの企業使命とは

株式オリエンタルランドには、従業員が知っておくべき企業使命が存在します。それは、「自由でみずみずしい発想を原動力に、素晴らしい夢と感動、人としての喜び、そして安らぎを提供します。」と言う企業使命です。

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」に来てくれるゲストが心から楽しめるように、満足できるサービスを提供するのが企業使命となっています。

また、3つの行動指針として、「探究と開拓」「自立と挑戦」「情熱と実行」を掲げています。経営姿勢としては、

  1. 対話する経営
  2. 独創的で質の高い価値の提供
  3. 個性の尊重とやる気の支援
  4. 経営のたゆまぬ革新と進化
  5. 利益ある成長と貢献
  6. 調和と共生

が掲げられています。ディズニーリゾートに行くと、キャストの対応や、清掃が行き届いています。この「企業使命」が、従業員にもしっかり根付いているということです。

ディズニーリゾートにはリピーターも多いですが、こうした「お客様にやすらぎを与える」という精神が、「ディズニーリゾートにもう一度行きたい」と心から思わせているのでしょう。

オリエンタルランドの従業員も、企業理念に共感して働いている人が多いようです。

転職したいなら知っておきたいオリエンタルランドの職場環境

オリエンタルランドの職場の雰囲気や福利厚生が気になっている人もいるはずです。ここでは、オリエンタルランドの職場環境をご紹介していきます。

福利厚生が充実している

株式会社オリエンタルランドは、働きやすそうでやりがいがありそうといったイメージがあると思います。それでは実際にはどうなのでしょうか?

オリエンタルランドの平均年収は672万1,589円と、高いだけでなく、充実の福利厚生が整っています。例えば、以下のようなものがあります。

・キャストペップラリー
”ペップラリー”とは決起集会のこと。周年イベントに向けて、「キャストもみんなでがんばろう!」という、想いをひとつにするためのキャスト向けイベントです。

・サンクスデー・アンド・ウィーク
東京ディズニーリゾートを支えているキャストに、上司が感謝の意を伝える特別週間です。クライマックスとなるサンクスデーでは、閉園後のパークを貸切り、上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしします。セレモニーやスペシャルメニューなどいつもと違ったパークを楽しめます。

・キャストショップ
パークで販売している商品を従業員割引価格で購入できます。キャストだけのオリジナルグッズなども販売しています。

出典:https://www.castingline.net/disney_benefits/benefits.html

このように、オリエンタルランドでは、従業員の士気を高めるイベントが開催されています。従業員でもディズニーグッズを購入したい場合には割引があります。

その他の福利厚生としては、実際にオリエンタルランドで「テーマパークオペレーション職(スーパーバイザー)」として募集されていた求人内容を見てみましょう。

待遇・福利厚生
◆各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
◆通勤手当(全額支給)
◆時間外勤務手当(全額支給)
◆休日勤務手当
◆早朝勤務手当
◆深夜勤務手当
◆夜勤勤務手当
◆着替え手当 など
休日・休暇
【年間休日120日以上】

◆月8~12日の所定休日
◆年次有給休暇
◆産前、産後休暇
◆配偶者出産休暇
◆結婚休暇
◆妊娠中などの通院休暇
◆妊娠中などの特別休暇
◆子どもの看護休暇
◆忌引休暇
◆病気有給休暇
◆リフレッシュ休暇
◆その他(育児休職等)

※5日以上の連続休暇取得可能
※産休・育休取得実績あり

このように、オリエンタルランドは、とても福利厚生が充実しています。働く上で、福利厚生の充実は、魅力的でしょう。

残業時間がなくて、有給消化もできる

株式会社オリエンタルランドは、残業時間が少ないと言われています。ほかの同業他社と比べても、プライベートの時間を確保することができるでしょう。

有給休暇も消化することが可能となっています。有給消化率は全社員の平均で8割近くとなっており、高いです。

有給が消化しやすいため、プライベートな時間も充実します。定時に上がろうとすれば、事前に調整しておけば、比較的融通も利くようです。

女性が出産する際には、産前・産後休暇を取得することができます。また、育児休職制度も整っており、女性に働きやすい職場といえるでしょう。

生理休暇もありますから、女性が働きやすい仕組みが整っています。女性が働く職場としてはとても魅力的な職場です。

社内の教育制度が整っている

株式会社オリエンタルランドの社内教育は、しっかりとしたものになっています。従業員がスキルアップするための教育制度がプログラムとして整っており、「従業員の成長が企業の成長」と捉えて、人材の育成を図っているのです。

東京ディズニーランドの母体であるアメリカのディズニー社への研修制度もあります。このプログラムは全社員共通して参加することが可能です。

ディズニー社との契約によって、東京ディズニーリゾート(オリエンタルランド)はブランドイメージを守る必要があるため、教育制度を充実させています。具体的には、以下のような制度が存在します。

成長のきっかけをつくる制度

・自己申告制度
自身の持っている「価値観」や伸ばしたい「能力」、「実現したいこと」をベースに、今後のキャリアを考え、上司との面談の中で申告する制度です。申告内容は人事の担当者にも共有されます。

・仕事チャレンジ制度
自らのキャリアを主体的に考え、新しい職務にチャレンジしようとする従業員のキャリア実現を支援するために、現在の業務領域にて成果を出していることを前提に、自身の思う「自らの能力・スキルを活かし貢献できるフィールド」へ異動するチャンスをつくる制度です。

・社内人材公募制度
主に専門性・特殊性が高い業務や新規事業において人材の募集があったときに、業務内容に合った能力・スキルを持っている従業員が応募することのできる制度です。

・教育研修
新入社員研修、フォローアップ研修、ビシネスフレームワーク研修、強化研修、自己啓発研修、自己申告制度、社内人材公募制度、仕事チャレンジ制度 留学制度 等

・社外体験学習
社外環境にて、自らの仕事をいつもと違った視点から見つめ直し、仕事のやりがいや価値を再確認したり、気づきを得るプログラムです。

・夢支援金制度
個人の成長に関わる資格や業務に役立つ資格を受験した場合に、会社が受験料を一部負担するプログラムです。

オリエンタルランドの人間関係・職場の雰囲気は?

株式会社オリエンタルランドの職場の雰囲気としては、良好な雰囲気が保たれています。人間関係も「ディズニー好き」という共通点で繋がれるので、愛社精神が強い従業員が多いです。

また、ブランド価値を高めるために、向上心を持って働いている社員も多いのが特徴です。社内の風通しも良く、相談しやすい雰囲気があるでしょう。

部署によっては、一部体育会系の気質がある部署があるようですが、全体的な職場の雰囲気としては良好で、やりがいを持って働くことができるでしょう。

オリエンタルランドの仕事のやりがいは?

オリエンタルランドの仕事のやりがいは、従業員からとても高評価のものになっています。もともとディズニー好きが集まっていますから、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」の運営に関わることが、大きなやりがいにつながっているのです。

東京ディズニーリゾートは時間を忘れて楽しめるテーマパークですから、その運営に囲われるだけでも興味がある人にとっては、非常に働きがいがあるでしょう。

オリエンタルランドへ転職したい人が知っておくべきこと3つ

オリエンタルランドに転職したい人は、以下の項目をチェックしておきましょう。

①オリエンタルランドは倍率が高い

オリエンタルランドに転職したい人がチェックしておくべきポイントの1つ目は、「人気企業のため競争倍率がとても高い」ということです。

高い倍率の選考を勝ち抜いて行かなければいけません。そのため、オリエンタルランドに転職したいと思っても簡単には転職できない可能性があります。

「それでもオリエンタルランドに転職したい」という強い意志があるなら、あきらめずに転職に挑戦してみましょう。

②好きでなければ続けることが難しい

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」は夢のテーマパークですから、常に笑顔でいることが求められます。

ゲストからのクレームや、厳しい意見なども笑顔で対応しなければいけません。憧れの職場だからといって、安易な気持ちで転職すると挫折を味わってしまうこともあります。

オリエンタルランドに転職するなら、「好きだからこそ、この仕事がやりたい」という強い気持ちが必要です。オリエンタルランドでは、特にその傾向が強いと言えるでしょう。

③常に高いホスピタリティを持っている人が求められる

オリエンタルランドでは、どのような人材が求められているのでしょうか?ここを押さえて、自己PRを考えていきましょう。

オリエンタルランドでは、「何をしたらゲストは喜んでくださるのか」を考えられる人材が求められています。常に高いホスピタリティーを発揮することができる人材を必要としているのです。

これは「顧客思考力」と呼ばれている、オリエンタルランドの企業使命でもあります。オリエンタルランドの企業使命とは、より多くの人々に「・感動・喜びやすらぎ」を提供し続けていくことです。

「企業使命を実現するために、顧客の立場に立って考える「顧客思考力」が必要です。」と、企業使命には明記されています。

また、正社員として働く人は、リーダーシップを発揮していかなければいけません。ゲストを喜ばせるために「チームとして何をすべきなのか」を考えられる人材が求められています。

東京ディズニーリゾートは、扱う商品やエンターテイメントプログラムが独自性の高いものになっています。そのため、新しく覚えることがとても多いです。

しかし、充実した研修制度が整っているので、これまでの経験を活かして働いていくことができるでしょう。

オリエンタルランドへの転職までの流れとは?

オリエンタルランドの選考フローを知っておきましょう。

選考の流れ

オリエンタルランドに採用されるまでの流れは以下の通りです。

  • エントリーシートを提出する
  • ウェブテスト、SPI試験を受ける
  • グループディスカッションを受ける
  • 1次面接を突破する
  • 最終面接を突破する

この流れを見ると、厳しい選考に感じるかもしれません。実際に倍率が高くオリエンタルランドに採用される人数は少ないです。

ですから、オリエンタルランドへの転職を考えている人は、転職のプロである転職エージェントのサポートを受けることを強くおすすめします。

グループディスカッションでは、テーマが出されてその題に沿ってディスカッションを行っていきます。

過去に出されたテーマは基本的に変更されますので、過去にどのようなテーマが出題されたのかを転職エージェントに聞いておきましょう。

面接ではどのようなことを聞かれるの?

以下のようなことを面接で質問されます。

  • オリエンタルランドを志望する理由を教えてください
  • 国内・海外を含め多くの企業がある中で、なぜオリエンタルランドなのか

面接ではこのようなことが聞かれるため、「あえてオリエンタルランドを選ぶ理由」を、しっかり考えておかなければいけません。

また、企業理念や事業内容にはあらかじめ目を通して、しっかりと調べておくことが大切になるでしょう。

ウェブテスト・SPI試験は難しいの?

オリエンタルランドではウェブテスト・SPI試験のいずれも突破しなければ採用されることはありません。まずウェブテストのほうですが、内容は、

  • 数学・算数
  • 国語・漢字
  • 性格テスト
  • クリエイティブ

などのテストが行われます。ウェブテストの内容は、一般的な教養を問うもので平均的な知識があるかどうかを測るものです。

数学に関しては、図形問題が多く、あらかじめ対策しておく必要があるかもしれません。

SPI試験に関しては、難易度が高く設定されています。志望者の数が多いため、SPI試験である程度は仕切りを行うようです。

採用される職種には、総合職、技術職、パークキャストの3つの職種があり、とても人気が高く倍率も高いです。

また、採用される条件として、「3年以上の社会人経験」が必要となります。これまでの経験を活かして活躍できる人材をオリエンタルランドでは求めています。

採用条件は3年以上の社会人経験

オリエンタルランドへの仕事を中途採用で入社するためには「3年以上の社会人経験」が必須となりました。

以前はこのような条件はなかったのですが、社会人の素養がすでに備わっている人材を求めています。公式ホームページの採用情報から引用すると、

【応募資格】
・2019年4⽉1⽇時点で3年0ヶ⽉以上の社会⼈経験をお持ちの⽅
・社会人経験の中で、リーダーや責任者業務の経験がある方(規模不問)
・チームを良くするための改善提案、施策実行を行ってきた経験のある方

出典:http://www.olc.co.jp/ja/recruit/career.html

と書かれています。上記の応募条件が必要となります。「なぜ社会人経験が3年以上必要なの?」と思う人もいるでしょう。

社会人経験を必要としているのは、リーダーとしてのポジションで採用されるからでしょう。東京ディズニーリゾートはアルバイト社員が約9割いるため、正社員がアルバイトの教育も行っていかなければいけません。

そのため、社会人としてスキルを持っている人が入社すれば、キャストの育成も基礎から教えていくことができます。

社会人としてのマナーを兼ね備えてるため、社会人経験がある人材は、オリエンタルランドランドが求めている人材になるのです。

また、ディズニーランドに訪れる年齢層も昨今では上がってきています。そのため、より高いホスピタリティーと接客スキルが求められているのです。

社会人として当然のマナーを兼ね備えていないと、ゲストに満足していただけないのですから、「社会人経験3年以上」が求められていると考えられます。

オリエンタルランドへの転職を成功させるためには?

オリエンタルランドへの転職を成功させるためにはコツがあります。基本を押さえて、オリエンタルランドへの転職を成功させましょう。

オリエンタルランドへの転職は転職エージェントを利用する

オリエンタルランドへの転職を考えてる人は、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントを活用すると、オリエンタルランドへの転職が近づきます。その理由は以下の通りです。

  1. 非公開求人がある
  2. 転職サポートが充実している
  3. 年収アップや面接調整日などの調整もお任せできる

それでは一つ一つ見ていきましょう。

①非公開求人がある

転職エージェントに登録すると、転職サイトには載っていない「非公開求人」を紹介してもらうことができます。

非公開求人というのは、企業の戦略として一般には公開されていない求人です。そのため、待遇が良く、質の良い求人が揃っています。

この「非公開求人」を転職エージェントは大量に持っているのです。転職エージェントに登録すれば、オリエンタルランドの求人も「非公開求人」として保有している可能性が高いでしょう。

また、非公開求人の中にオリエンタルランドの求人がなかったとしても、あなたの熱意が伝われば、転職エージェントの方からオリエンタルランドに求人の打診をくれることもあります。

公式サイトや転職サイトにオリエンタルランドの求人が載っていないなら、それで諦めるのではなくて転職エージェントの力を借りてオリエンタルランドに転職しましょう。

②転職サポートが充実している

転職エージェントに登録することで、無料で様々な転職サポートを受けることができます。転職エージェントのコンサルタントは、個別にそれぞれの企業の内部事情を詳しく知っています。

大手企業の選考のやり方や面接突破の秘訣までも熟知しているのです。オリエンタルランドに転職するためのノウハウも持っているでしょう。

社内の雰囲気や、過去に何人受けて何人落ちたのか、面接での質問内容はどのようなものか、質問にどのように答えればいいのか。

そのような重要なデータを、転職エージェントは持っています。転職エージェントを活用すれば、あなたひとりでは知ることができなかった情報にアクセスできるのです。

データを元にして面接の練習や書類選考の突破方法を一緒に考えてくれます。面接官がどのような人物像を求めているかを把握して、受かるための計画を一緒に立ててくれるでしょう。

あなたが転職エージェント活用することで、「オリエンタルランドに転職したい」と考えている他のライバルたちから一歩抜き出て、有利に転職活動を進めていくことができます。

③年収アップや面接日の調整もお任せできる

あなたが自分自身で転職活動を進めると、面接の調整を企業に頼むことは躊躇するかもしれません。年収の交渉などは、面接の場では言うタイミングが難しいでしょう。

個人で年収の交渉を企業側にするのはとても困難なことです。そんなときに転職エージェントを利用していれば、年収アップの交渉や面接日の調整を行ってくれます。

あなたが少しでも良い待遇や良い条件で転職したいと考えているなら、転職エージェントに登録して転職活動を進めてください。

オリエンタルランドの転職を成功に導くエージェント4選

オリエンタルランドへの転職で登録しておきたい転職エージェントは次の4社です。&Careerの独自調査で、評判の良かったエージェントのみ厳選して紹介しています。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

オリエンタルランドへの転職成功率を高める転職エージェントの使い方

オリエンタルランドに転職したいなら、転職エージェントの使い方も把握しておきましょう。

転職エージェントは2~3社を併用する

転職エージェントは1つだけ登録するのでなく、2~3社の転職エージェントに登録することをおすすめします。

大手の転職エージェントでも、担当のアドバイザーと相性が悪い可能性がありますから、コンサルタントの質を担保するために複数登録しましょう。

オリエンタルランドに転職したい人は、以下の転職エージェントを併用して登録しましょう。

まずリクルートエージェントとdodaは国内最大手の2社なので必ず登録するようにしましょう。あなたが20代であれば、さらにマイナビエージェントに登録すると良いでしょう。

あなたが初めての転職であればパソナキャリアを併用することをおすすめします。転職エージェントを複数使うことで、オリエンタルランドに転職できる可能性が上がるでしょう。

特に、リクルートエージェントとdodaは、非公開求人も含め、オリエンタルランドに関する求人を保有している可能性が高いと考えられます。

業界最大手であるリクルートエージェント、業界二番手であるdodaを併用して登録することで、豊富な実績ときめ細かいサポート力を組合わせることができます。

登録にかかる時間は3分程度です。完全無料で利用できるので、オリエンタルランドに転職したいと考えている方は転職エージェントに登録してみてください。