ソニー(SONY)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

ソニーに転職したいです。こんな人気な企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
ソニーは日本を代表する企業です。転職難易度はそれなりに高いと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。転職は難しいのでしょうか?
転職エージェントを活用し、しっかりと対策をすれば、転職できます。この記事では、ソニーへの転職方法について解説しています。

キャリアコンサルタント

他にも、事業内容職場環境についてご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

誰もが知っている大手企業のソニー(SONY)ですが転職するとなればどのような方法を取れば良いのでしょうか。何も対策しないで面接をして受かるほどソニーは甘い企業ではありません。

この記事ではソニーに転職するために必要な対策や企業情報、社員の口コミまで詳しく情報を紹介します。書いてあることを実行するだけで転職する成功率が上がりますので本気でソニーに入社したい人はしっかりと確認してください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

ソニーに転職するためにチェックすべきポイント

大手企業であるソニーに転職するためには面接対策は必須です。何も準備をせずに転職活動したところで質問に答えられず後悔するでしょう。事前に情報さえあれば面接対策がやりやすくなりますので以下の点に注意してください。

ソニーへの転職後にやりたいことを明確に

ソニーの面接で最も重要視されるのが志望動機です。大抵の企業で志望動機は質問されるものですがソニーにおいてはかなり具体的な部分までたずねられます。

特にソニーに入社してから5年後に何をしたいのか、10年後はどんな自分でありたいのかなどが答えられなければ受かることは難しいでしょう。

可能であれば将来的に自分が社会に対して何を成し遂げたいかといった「ビジョン」も持っていると効果的です。ビジョンを持っている応募者であれば面接官は「この人は先を見据える計画性と熱意があるのだな」と判断できるでしょう。

ソニーにどうやって貢献するのか

自分が何を行いたいのかを伝えるだけでは企業にとっての利益がありません。ソニーに採用してもらうためにはあなたを採用するだけのメリットを与える必要があるでしょう。

面接を受ける前に、あなたがソニーに対してどのようなスキルや経験を提供できるのかを具体的に考えておきましょう。
貢献できるスキルや能力がなければソニーにとってあなたを採用する意味がありませんので面接に受かることはありません。

しかし「転職前の自分が何を提供できるのかなんてわからない」という人もいるでしょう。そういった場合はあなたが今までに行ってきた経験を思い起こしてください。

ソニーに転職を希望するぐらいですから何か1つは希望する職種に近い経験やスキルがあるでしょう。その分野における具体的な成果を示すことでソニーの面接を通過する可能性が上がります。

ソニーの面接対策

ソニーの面接は特別なことは少ないですが質問が具体的に掘り下げられるという傾向があります。例えば志望動機や前職を辞めた理由などは深く掘り下げられてしまうでしょう。

一般的な面接対策の他に「なぜそうしたのですか?」という質問に答えられるよう事前に回答の内容を深く具体的に考えておきましょう。他に質問される内容としては

  • 「人生における大きな決断とはなんですか?」
  • 「無人島に1つだけ持っていくものはなんですか?」
  • 「あなたが休日に行った行動が仕事にどう結びつくのか」

などがあります。転職の話とはまったく関係ないことを質問されますので事前の準備と思考力が求められるでしょう。

ソニーに転職するためにほしいスキル

ソニーに転職するためには希望する部署の経験やスキルが必要でしょう。ソニーは業界大手ですので優秀な応募者がたくさん応募してきます。

そういった人たちを相手に勝ち抜くためには独自のスキルや特別な経験が必要となるでしょう。もしあなたが誰にも負けないような資格や経験を持っているのであればあとは簡単な面接対策をすれば問題ありません。

しかし特別な経験やスキルがないのであれば数年間は別の企業で学ぶか、英語を話せるようになるなどのグローバルに活躍できる能力を鍛えたほうが良いでしょう。

ソニーが求めている人材とは?

ソニーが求めている人材というのは第一にソニーで働きたいという強い意志があることです。この他にも海外志向が強いため英語をはじめとした語学力があれば望ましいでしょう。

ソニーは昇進するための条件にTOEIC650点以上という高いハードルを設けているという情報があります。今後の仕事でグローバルに活躍するためにも最低でも英語で会話できる能力は必要でしょう。

これらを備えているのであればあとは経験とスキルの勝負です。希望する部署のスキルや経験をどれだけ持っているかによってあなたが求められるかどうかが決まることでしょう。

ソニーの面接における基準はあるのか?

ソニーは面接で採用する基準を具体的には公開していません。しかしソニーが行っている採用方法を調べると推測することはできるでしょう。

ソニーが行なっている特殊な採用方法としては「WILLコース」という制度があります。これは特に部署を問わずに面接を受けられるという制度で、他の企業にはないない採用方法です。

このことから技術的な面よりも考えかたや向上心を重視していることがわかります。またソニーの役職者のインタビューによると、ソニーでは「当事者意識」を重視しているようです。

この他に求めているものとしては「異なる意見を持つ人」です。ソニーも大手企業になっていますので考えが偏りがちになるのでしょう。他の人が考えないような独特の意見を言える人を重視しているようです。

ソニーに転職をするのなら会社情報は把握しておこう

転職を目指すのであれば当然ですが会社情報を把握する必要があります。会社のことをよく知らないのに転職したいですと言われても何の冗談かと思われてしまうでしょう。まずはソニーについての情報を把握しておいてください。

ソニーの創業者

ソニーの代表取締役を把握している人は多いでしょうが創業者まで把握している人はほとんどいません。ソニーは1946年に井深大と盛田昭夫の2人によって創設されました。

当初は東京通信工業株式会社という名前でした。最初の頃は真空管電圧計の製造や販売を行っていたようです。

ソニーが提供している主要なサービス

ソニーは非常に多くの分野で活躍していますが主にハードウェア分野に強いです。ソニーが取り扱っている商品には以下のようなものがあります。

  • テレビ・ラジオ機器
  • ブルーレイ機器
  • カメラ
  • 携帯電話・スマートフォン
  • オーディオ機器
  • ICレコーダー
  • 半導体

子会社を含めると音楽やゲームといったソフトウェア関連でも活躍しています。

ソニーでの仕事内容

ソニーの業種は30種類以上あります。採用情報は本社と子会社で混ざっていることが多いため以下の内容では子会社も含まれます。かなり細かく分かれているためここでは主に7つに分けて紹介いたします。

  1. 電気・通信
  2. ソフトウェア・ネットワーク
  3. メカ設計
  4. 光学技術
  5. デザイン・その他技術系
  6. 先端材料・機能デバイス
  7. 事務系・マーケティング系

電気・通信

主にハードウェアを中心としたエンジニア系の仕事内容が多いです。ジャンルとしては音や信号、画像、回路、通信技術、半導体、品質保証、ロボット系などのエンジニアが該当します。

この分野はほとんどで研究開発部門と半導体事業があるため研究関連を求める人にも適しているでしょう。

ソフトウェアではなく電子機器などのハードウェア面のスキルや経験がある人、そういった分野で働きたい人に向いています。半導体に関する分野は毎年成長していますので将来性も高い分野と言えます。

ソフトウェア・ネットワーク

ソフトウェアを中心としたエンジニア職が中心ですがマネジメントが要求される仕事もあります。ジャンルとしては

  • コンサルタント・プロジェクトマネジャー
  • アプリケーション開発
  • サービスの企画
  • システムエンジニア
  • セキュリティ
  • ネットワーク
  • クラウド系ネットワーク
  • ネットワークセキュリティコンサル
  • 音声・信号・画像系ソフトウェアやネットワーク
  • 通信技術エンジニア
  • ロボットエンジニア

などがあります。非常に多岐にわたる職種があるためこのジャンルだけで15種類以上の職種があります。
「コンサルタントやプロジェクトマネジャー」では主にソニーや子会社が行うプロジェクトのマネジメントや指導を行います。
「アプリケーション開発」ではAIやテレビ、ゲーム、インターネットなど多様な種類のアプリケーション関連事業を手がけます。
「サービス企画」は新たな商品やアプリ、クラウドサービスなどの企画を考える職種です。
「システムエンジニア」は映像やクラウドシステム、AIロボティクス向けのシステムなどを担当します。
「セキュリティエンジニア」はアプリケーションやサイバーセキュリティ分野において重要なセキュリティシステムを担当します。
「ネットワークエンジニア」は主にネットワークサービスに関する業務を行いますがセキュリティやクラウドシステム関連も担当します。
「音声・信号・画像系ソフトウェアやネットワーク」とは、オーディオ分野での研究開発やソフトウェア開発を行う職種です。
「通信技術エンジニア」は次世代無線通信システムの研究開発をしたり、IoT向けの次世代通信関連を担当します。
「ロボットエンジニア」はAIロボティックスに関わる業務をこなす最先端の職種です。

以上のようにソフトウェア部門は時代の先を作るために重要な職種が多く、ソニーのIT技術における必要不可欠な部署です。

メカ設計

メカニカルエンジニアとメカトロニクスエンジニアの2種類の職種があります。
「メカニカルエンジニア」は主にAIロボットなどの事業を担当しています。
「メカトロニクスエンジニア」についてはカメラや放送用機材などを担っています。

光学技術

光学系エンジニアと半導体開発エンジニアの2種類があります。
「光学系エンジニア」ではソニーが開発するカメラや医療用機器などのレンズの光学設計や開発を行っています。

「半導体開発エンジニア」は将来に向けたイメージセンサーの技術開発など半導体に関する開発を行っています。

デザイン・その他技術系

「デザイナー・クリエイター」「メディカル品質保証」「品質保証エンジニア」の3種類があります。
「デザイナー・クリエイター」は主に企業ブランドを作るためのデザインなどを行っています。

「メディカル品質保証」では医療機器に必要な安全規格の認証を取得する業務などを行っています。

「品質保証エンジニア」はソニーが作った製品が安全かどうかについての調査や検討など様々なことを行っています。

先端材料・機能デバイス

この分野には「フィルムデバイスエンジニア」「回路設計エンジニア」「パネルデバイスエンジニア」「その他技術系」の4つの職種があります。

「フィルムデバイスエンジニア」は新しいフィルムやデバイス商品の品質チェックをするための解析業務などを行っています。

「回路設計エンジニア」はその名の通り回路を設計する業務であり、世界一を実現するためソニーが力を入れている部署でもあるため非常に期待されている職種です。

「パネルデバイスエンジニア」はテレビ企業などで仕事を行う職種です。その他技術系に関しては半導体関連技術や研究開発、ストレージメディアの事業で仕事を行います。

事務系・マーケティング系

企業運営する上で基礎的な部分を担う部署です。この分野には以下の13の職種があります。

  1. 経営企画・事業戦略
  2. 経理・財務
  3. 商品企画
  4. マーケティング
  5. 営業
  6. 広報・宣伝・IR
  7. デザイナー
  8. 法務
  9. 知的財産
  10. 資材・購買
  11. 人事・総務
  12. その他
  13. 渉外・通商部

ほとんどが一般的な大企業に存在する内容で、経営を担う事業戦略を立てたり財務管理、商品の発案、広告やブランディング化など様々なことを行っています。

英語ができなくてもソニーに転職できるのか?

子会社であれば別ですが、ソニー本社に限れば残念ながら英語能力がなければ入社することはほとんどできません。というのもソニーの求人情報はTOEICの点数650点以上を前提条件としていることがほとんどだからです。

海外展開を中心にしているソニーは海外に赴任することも珍しくありません。もちろん海外に支社も持っていますので社内会議などで英語が話せなければ困ることもあるでしょう。

ソニーに転職したいという人は非常に多く、英語能力を審査の選抜基準としているようです。

もしもあなたが英語ができないのであれば今すぐソニーに入ることは難しいでしょう。まずは子会社に転職して働きながら英語能力を鍛えて親会社に就職できることを目指すという手段も考えてみて下さい。

ソニーの転職求人はどうやって見つけるのか

ソニーの転職求人情報を見つける方法はいくつかあります。

  • 直接応募
  • 転職支援サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する

直接応募

ソニーの公式ホームページから直接応募する方法です。最も確実ですが面接対策などは自分で行わなくてはいけないため、経歴や履歴書などに自信がある人が行う手法です。

転職支援サイトを利用する

リクナビNEXTといった転職支援サイトを利用する方法です。大手企業のソニーではこういったサイトに求人を一般公開しない可能性もあります。

しかし転職支援サイトでは非公開求人と呼ばれる独自の求人情報もありますのでソニーの求人がそういった求人情報に入り込んでくることもあるでしょう。

ただし転職支援サイトでは面接対策などはほとんど行ってくれませんので自力で受かる必要があります。

転職エージェントを利用する

転職を支援してくれる転職エージェントを利用してソニーの求人情報を探す方法です。転職支援サイトなどとは違ってソニーの転職情報を探してきてくれますし、履歴書の書きかたから面接の対策まで細かく行ってくれます。

ソニーほどの大手企業となると転職者の情報も手に入れやすいため転職エージェントによっては内部情報も教えてくれるでしょう。

ソニーの求人が転職エージェントのサイト内にあるのなら、基本的に直接応募や転職支援サイトよりもおすすめの方法です。転職エージェントを選ぶ際は、以下の記事を参考にしてみてください。

非公開: 【口コミから厳選】本当におすすめできる転職エージェントランキング

ソニーに転職した人の口コミ

ソニーに入社したのに退職したという人もたくさんいます。彼らはなぜ大手企業で安泰していると考えられるソニーを退職したのでしょうか。あなたが転職したときにすぐ辞めるような時代にならないよう口コミ情報もチェックしていきましょう。

ソニーの良い口コミ

「異動をしたいときに上司を通さなくても部署を移れる制度がある」

「思いついたアイディアを伝えられる制度がある」

「社員がギスギスしていなくて自由」

ソニーの良い口コミで多かったのは充実した制度に対するものでした。大抵の企業では異動をする際に上司を通さなくてはいけませんがソニーであれば部署異動の際に上司を必要としない制度があります。

また思いついたアイデアをすぐに提案できるという制度があるため様々なアイデアが車内から集まってくるようです。この他にも個人主義の会社のため社員同士がギスギスせず人間関係の悩みも少ないというのが好印象とのことでした。

ソニーの悪い口コミ

「大企業特有の無駄な会議などが増えた」

「子供や住宅に対する手当がない」

「常に忙しすぎる」

ソニーは大企業となってしまったので無駄な会議などが増えてこれが業績悪化の原因ではないかと考える人もいました。

この他には子供手当や住宅手当がないために給料面でやや不満がある人もいました。完全な実力主義のためグレードが下がると給料が落ちてしまい生活が苦しいという場合もあるのでしょう。

部署によっては常に忙しく仕事に追われるという人もいました。優秀な人ほど仕事が集中する社風ですので給料は多くても忙しすぎて耐えられないという人もいるのでしょう。残業代についてはしっかりと支払われるためサービス残業といった心配はありません。

ソニーに転職した場合の労働条件

大手企業であるソニーの労働条件を把握することは、転職した際に条件の不一致を防ぐことにつながります。転職してみたはいいものの満足するような労働条件じゃなかったという後悔をしないよう事前にチェックしておきましょう。

ソニーの勤務時間

部署や優秀さによって大きく異なるようです。中には忙しくて残業だらけという部署もありますがさほど働く必要はなかったという場合もあるようです。個人主義で実力重視のため優秀な人に仕事が集まり安く能力が高い場合は仕事に追われる可能性があります。

ソニーの給料

ソニーの年収は公開されている情報によると911万円です。

しかし実際に勤務する人の口コミ情報を調べてみると年収600万円程度の人が多いと考えられます。ただし日本の大企業にしてはまれな完全な実力主義を採用していますので成果が出せない人はもっと低い給料しかもらえないでしょう。

とはいっても大手企業だけあって他の同業者に比べれば年収は高めです。新卒や転職者の採用も積極的なので実力さえあればなり上がることができる企業と言えるでしょう。

またソニーは過去に多大な損失を受けてリストラをしていますが、現在は業績が回復傾向にありますので今後の年収はさらに増える可能性があります。

ソニーの休日のとりやすさ

基本的に休みは取りやすい社風です。年末年始で10日前後、夏休みで2日の休みがあるため有給休暇と組み合わせることで長期的な休みを取得できるでしょう。

基本的に週休2日制で、年次休暇10日の他に個人休暇と言う4日間の休暇も取れるため他の企業に比べて休みの日数が多い会社と言えるでしょう。

ソニーの社内環境

基本的にフラットで風通しの良い社風です。人間関係の問題が起こりにくく上下関係も他社に比べると厳しすぎないため自由に働けることでしょう。

成果主義という面もあるため優秀な人には仕事が集中しますが、行動力さえあれば転職したばかりの新人でも仕事を任せてもらうことができます。

とはいえ一部では活気のない年配の人もいるようで誰もがフラットな関係とまでは言えないようです。やる気があれば仕事はもらえますが実績をあげなければ出世はできないため、新卒か転職かを問わず評価に対しては厳しい視線が向けられます。

基本的に全体主義というよりも個人重視の会社と考えましょう。

ソニーでの仕事の進めかた

ソニーでは社員が自由に好きな仕事をできることが多いようです。社員の発想を尊重してくれるため柔軟な発想の企画が出やすく積極的にアイディアを出せる人には働きやすいでしょう。

10年前までは優秀な人達が数多く入る日本を代表する企業の1つでしたので現在管理職についている人たちの能力は非常に高いです。

このため仕事のしやすさは他の企業よりもあるでしょう。一方で自由に仕事をさせてくれるということは明確なプロセスがないデメリットもあります。良い発想があれば採用されるため仕事の方向性がコロコロ変わることも日常茶飯事のようです。

ソニーは海外展開もしている大企業ですので基本的に国内ばかりではなく海外を意識しています。このことから海外で仕事をしたいとか日本国内こだわらない人であればソニーは非常に向いていると考えられます。

また大量にリストラしただけあって仕事量は膨大で非常に忙しいでしょう。特に海外赴任中の場合は仕事が許容量を超えるといったこともあるため相当なモチベーションと行動力が求められるでしょう。

大手企業だからソニーに転職すれば安泰だと考えて転職してはいけない

ソニーは日本を代表する大手企業の1つではありますが転職すれば安泰というわけではありません。業界自体が下向きになって大量のリストラをしたこともあります。

ですのでソニーに就職しておけば安泰だろうと思って転職活動するのであれば将来は後悔することでしょう。後悔しないためにソニーを辞めた人の情報を事前に知っておくことが重要です。

ソニーを辞めた人の転職理由

ソニーに合わないと感じて転職した人は以下のような理由があったようです。

「自主性がないと放置されてしまう」

上司から放置される時間が長くて仕事がうまく進まないという人もいました。ソニーは実力主義のため積極性がない人物には冷たいという一面もあるのでしょう。

自分から仕事を見つけることができなければ上司から放置されてしまい居心地が悪くなる可能性があるため気をつけましょう。

「分業化がすすんでいるためいろいろいろな事にチャレンジする人には向いていない」

ソニーは大企業ですので効率化を進める上で分業化がされています。そのためベンチャー企業のように一人で様々な業種をこなしたい人には向いていないでしょう。

ソニーに転職したのはいいものの思っていたほど仕事が楽しくなくすぐに辞めてしまうという人もいます。ソニーという大企業の幻想に取り憑かれて実際には地味な作業ばかりということで耐えられない人は転職する前に考え直したほうが良いでしょう。

「残業が多かった」

ソニーは残業があまり多くないと言われていますが実際には部署によって非常に多くの残業があるようです。ときには残業だけでは終わらず家で作業しなくてはいけないこともあるため残業に耐えられないという人には難しいでしょう。

また優秀な人ほど仕事が集中しやすいですので給料などには満足していても単純に忙しすぎて辞めたくなるということもありえます。ブラック企業の労働環境や残業が大嫌いという人はソニーの転職はよく検討したほうがいいでしょう。

「別業界での経験を積みたかった」

ソニーは大企業ではありますが1人で行える分野に関してはあまり幅広くありません。また新しいことに挑戦するのも難しくほとんどの人は既存のものをローテーションで回していくだけでしょう。

そのためベンチャー企業のようにどんどんと新しいことに挑戦できる環境を望む人にはそこには適していません。ソニーで数年働いて経験を積むのはいいかもしれませんが最終的にベンチャー企業のような新しいことに挑戦する働きかたを目指すのであれば本当にソニーに入る必要があるのかを考え直したほうが良いでしょう。

「役職定年があったため」

ソニーでは役職ごとに定年が設定されています。このため転職者は年齢という点で不利になる可能性があるでしょう。

どれだけ優秀であったとしても役職の定年になってしまえば退かざるを得ません。子会社に出向したりソニーの社外に転職する必要がありますので年齢的に厳しいと感じる人は転職を考え直したほうが良いかもしれません。

ソニーには優秀な人材が多いため役職者が頻繁に変わっても仕事は正常に回るようです。経験はあっても年齢が高齢であればソニーへの転職は後悔するかもしれません。

「所属していた事業部が他社に譲渡されてやむなく」

ソニーは過去にリストラなども行っていて業界全体も傾いています。ソニーほどの大手企業でも事業部を売却するなど様々な切り捨てをしなくてはいけない状況です。

もしあなたが所属した事業部が他社に譲渡されてしまった場合は強制的に退職せざるを得ないでしょう。

運が悪ければソニーに転職した直後に事業部が売却されるという事態にもなりかねません。ソニーに転職するのであれば苦労して面接を通過したのにすぐに辞めざるを得ないという状況も想定しなくてはいけないでしょう。

「自信がついたので新しいステップに進みたかった」

前向きな感情で退職した人の理由としては、ソニーで働くことで自信がついて次のステップに進みたいというものがあります。

ソニーは大手企業ですので独自の技術を学ぶことも不可能ではないでしょう。また研修制度も整備されている可能性が高く知りたいことを学びやすい環境です。

そのためソニーで数年働いて起業するという人もいるのでしょう。ソニーという大企業の看板を背負っていますので実績は十分ですから転職しても成功しやすくなるでしょう。

この退職理由を意識する必要はありませんが、ソニーに転職したからといって安心できるわけではないことは覚えておきましょう。

ソニーへの転職にはすぐに退職する可能性を考慮することが重要

ソニーへ転職するときにはすぐに退職せざるを得ない状況に追い込まれるリスクを考えましょう。

最近では回復傾向もありますがソニーが所属する業界自体が傾いています。このため所属している事業部がすぐに他社に譲渡される可能性などがあり得ます。

せっかく苦労して面接を通過してソニーに転職したというのにその努力がすぐに無駄になってしまうということです。

またソニーには役職ごとに定年があります。転職者の場合年齢が新卒に比べて高いですので役職になったとしてもすぐに定年に到達してしまう可能性があるでしょう。

こういった様々なリスクを抱えた上でなおもソニーに転職したいのかどうかをしっかりと考えてください。それでも転職したいということであれば転職エージェントやホームページからの直接応募行なって面接を受けると良いでしょう。

ソニーの面接では英語能力が必須で、その上で職種に適したスキルと経験が求められるでしょう。基本的な企業から聞かれる質問内容さらに掘り下げた面接が多いですので、回答1つをとっても深く考えておくことが重要です。