武田薬品工業へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

歴史ある『武田薬品工業』へ転職したいのですが、転職を成功させるためのポイントを教えてください!
武田薬品工業は、HPからも応募することができる会社です。自分で応募をする以外にも、転職エージェントという転職のプロの力を頼るという方法もあります。

キャリアコンサルタント

そうなんですね!転職エージェントは、どれを利用すべきですか?
はい。この記事では、武田薬品工業へ転職するためのポイント以外にも、利用すべき転職エージェントをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えている方の中には、「武田薬品工業」への転職を希望している方はいませんか?

歴史ある大手製薬会社の武田薬品工業は、転職をされる方からの応募数が多いことで有名な会社です。

安定した業績を保ちつつ、未来を見つめた事業計画を行なっているため、やりがいを感じられるのも人気を集める理由の一つとなっています。

しかし、武田薬品工業への転職難易度は高く、採用が確定する前にはテストを受ける必要があるため、転職が難しいといわれています。

そこで、今回は武田薬品工業への転職についてまとめてみました。転職のポイントや注意点などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

『武田薬品工業』に転職したい!どんなことをしている会社なの?

武田薬品工業では、ガン・糖尿病・高血圧などの医薬品を製薬・販売している会社です。また、国内の大手医薬品メーカーとしても有名な会社で、海外への医薬品の提供も行なっています。

そのため、外資系企業へと移り変わっていて、企業のトップには日本人だけでなく、外国人の方も管理職を努めています。

ちなみに、以前は医薬品だけでなく、食品の製造・販売も行なっていたようです。

しかし、他の企業と武田薬品工業が合併したことによって、合併した企業の子会社となり、現在では医薬品の製薬・販売のみを行なっています。

今の武田薬品工業があるのは武田国男さんのおかげ

武田薬品工業は江戸時代の1781年に創業、今年で創業237年目を迎える老舗企業です。

そんな武田薬品工業の前会長を努めていた武田国男さんは、本を出版しているほど有名な方ですよね!

武田薬品工業を大手製薬メーカーまで育てたのは、他ならぬ武田国男さんだといわれています。また、武田国男さんは「落ちこぼれタケダを変える」という本を出版しています。

ごく普通の大学を卒業し、最近でいう窓際族だった武田国男さんですが、いろんな事情があって社長になったというエピソードが書かれているそうです。

武田薬品工業について知りたいという方は、一度読まれてみてはいかがでしょうか?

武田薬品工業は4つの職種に分けられる

武田薬品工業では、「MR職」「総合職」「研究職」「生産技術職」の4つの職種に分かれています。

MR職では医療用医薬品の製薬に必要な情報の収集や提供を行い、総合職では営業や宣伝などを行います。

研究職は製剤や包装の設計や製薬に関する研究を行い、生産技術では医薬品の製薬に関する製造方法や新しい技術を取り入れ、技術的な指導を行なっています。

武田薬品工業ではこのような職種に分かれて、私たちが服用する医薬品を作り出し、世界中に提供しています。

平均約1,300億円の利益を毎年出している

武田薬品工業は、平均1,300億円の利益を毎年出しているため、業績の安定した製薬会社となっています。

業界の中でも高い利益率となっていて、日本での売上高は武田薬品工業がトップの位置を占めています。

そのため、武田薬品工業の社員が得る年収は高く、安定した収入を得ることができています。最新の有価証券報告書によれば、社員の平均年収は1,038万円(平均年齢40.8歳)です。

社員がそれだけの年収が取得できるのも、武田薬品工業が安定した業績を保ち続けているからなのでしょう。

未来に貢献する世界一の製薬会社を目指している

武田薬品工業は世界一の製薬会社を目指しています。

そして、その目標を達成するために、未来に貢献する優れた医薬品の製薬・販売、製薬技術の改良やグローバル展開による事業の成長に取り組んでいます。

そんな武田薬品工業は、すでに70ヶ国以上のグローバル展開を行なっています。

約60%以上の売上が海外からとなっていて、製薬の研究や開発などを行う施設を世界中に作っています。

また、武田薬品工業では「企業市民活動」を行なっていて、病気に対する十分な治療が受けられない途上国の方々のためにボランティアを行なっています。

全ての人々に健康的な未来を届ける活動を行なっているため、未来に貢献する世界一の製薬会社になるのも、そう遠くはないかもしれませんね!

『武田薬品工業』に転職するポイントは?

大きな目標を掲げて前進している武田薬品工業は、転職を考える方から人気を集める大手製薬会社です。

そんな武田薬品工業が転職先として人気を集める理由には、一体何があるのでしょうか?ここでは、武田薬品工業に転職するポイントについてまとめてみました。

年収や福利厚生、やりがいなどを一つひとつご紹介していますので、武田薬品工業への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

想定年収の推移

武田薬品工業の平均年収は、先ほど紹介した通り1,038万円です。務める職種によって異なりますが、年功序列で年収がアップするケースが多いようです。

そのため、20代前半の社員が受け取れる平均年収は、年収400万円くらいではないかと考えられます。

ちなみに、20代後半からは年収が約650万円、30代で約800万円とアップしていくので、長く勤めれば勤めるほど、高い年収を得ことができるでしょう。

また、武田薬品工業で働く一部の社員からは、「年控序列から実力主義に変わるかもしれない」という声が挙がっているそうです。

あくまでも噂レベルの情報なので信憑性に欠けますが、もし実現すれば若い世代の社員でも高収入が狙えるかもしれませんね!

残業が少ないから働きやすい

近年、残業を減らす活動を行なっている企業が多いため、働きやすい環境を整えている企業が増えています。

武田薬品工業も残業を減らしている企業の一つとなっていて、社員の残業時間を減らす取り組みを行なっています。

しかし、製薬会社は薬品の生産を遅らせるわけには行かないので、時には残業を頼まれることもあります。

ですが、残業をすることになったとしても、できるだけ少ない時間に抑えてくれるため、平均残業時間は約30時間といわれています。

社員のことを考え働きやすい環境作りを行なっているため、転職先として人気を集める企業となっています。

女性でも安心して働ける環境

女性の方は結婚・妊娠・出産と人生のイベント事が多いため、仕事と生活のバランスを取ることが難しいものです。

そのため、企業への転職が難しい、または転職に成功しても理想的なライフワークを実現することが難しいといわれています。

しかし、武田薬品工業では、出産を控えた頃からは産休をもらえますし、復帰後は短い勤務時間で働くことができるフレックスタイムを利用することができます。

そのため、転職を考える女性の方にもおすすめの企業となっています。

また、武田薬品工業では幹部として女性社員を登用することがあるため、キャリアアップを目指すこともできます。

働きながら高い能力を身につけることができるので、やりがいのある仕事ができるでしょう。

世界的な規模で働けることにやりがいを感じる

武田工業株式会社で働く方の意見には、「自社の医薬品で患者さんの症状が緩和されることにやりがいを感じる」という意見が多いです。

また、医療関係者の方から「患者さんの症状が改善された」「とても良い製品だった」という意見をもらえたときも、やりがいを感じる瞬間だそうです。

また、武田薬品工業はグローバル展開しているため、世界中で自社の医薬品が役に立っていることにやりがいを感じる社員もいるようです。

多くの方から「ありがとう」という言葉や気持ちが伝えられる仕事なので、「この仕事をやってて良かった」と心から思えることでしょう。

武田薬品工業に転職するときの注意点は?

武田薬品工業は働きやすく、やりがいのある仕事ができる企業です。ですが、武田薬品工業への転職にはいくつかの注意点があります。

「転職先として人気が高いから」という理由だけで転職してしまうと、「自分が思っていた会社と違った…」なんてことにもなりかねません。

そこで、武田薬品工業に転職するときの注意点についてまとめてみました。

本当に武田薬品工業で良いのか、自分の転職先として合っているのかなど、ご紹介する注意点を参考に、自分の希望条件と照らし合わせてみてください。

転職難易度が高く転職が難しい

武田薬品工業は転職先として人気が高く、応募する方がとても多いため、転職難易度は高くなっています。

人気が高ければ高いほど、求人を募集していてもすぐに規定人数に達してしまうため、入社することが難しいです。

また、武田薬品工業の職種は専門職が多いので、キャリアアップを目指している方からの応募も多いです。

このように、それぞれの目的はことなるものの、武田薬品工業への転職を考えている方が多く、転職をさせることが難しい状況となっています。

ちなみに、武田薬品工業の求人は、公式ホームページの「採用情報」から確認することができます。

応募する求人情報の公開をしているので、どうしても武田薬品工業に転職したいという方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

グローバル展開しているので英語力が必要

武田薬品工業はグローバル展開をしているため、管理職には外国人の方もいます。そのため、英語が話せなければ上司との会話が成り立たないため、英語力が必要になるといわれています。

現在、武田薬品工業で働く一部の社員からも、「英語が話せないから困っている」という声が挙がっているほどです。

「武田薬品工業で働きたい」「世界中で活躍できる仕事がしたい」そう考える方は、英語力を身につける必要があるでしょう。

または、転職先を考え直して、自分に合った企業への転職を考えましょう。

採用が決定する前にテストがある

武田薬品工業では、正式に採用を決定する前に「地頭」の良し悪しを判断するテストが行われます。地頭が良いとは、頭の回転が早く、応用力のある人のこと。

つまり、このテストでは「仕事を効率良くこなせる人なのか」「しっかりと結果を出せる人なのか」を判断するためのテストとなります。

気になるテストの内容ですが、ウェブテストや読書感想文によって行われるそうです。

武田薬品工業では「地頭の良い人」を求めているため、面接に合格しても、人によっては最終試験であるこのテストで転職に失敗してしまう可能性があります。

MR職は勤務時間が不規則になりがち

医師に医薬品の説明をする場合、日程や時間などは医師のスケジュールによって決められます。

医師は患者さんの診察やオペの予定がびっしりと詰まっているため、空き時間を使って医薬品の説明を受けているそうです。

そのため、武田薬品工業は働きやすい会社ではありますが、MR職を務める場合は働く時間が定まっておらず、時には夜中に仕事をするなんてこともあるようです。

また、武田薬品工業では社員1人が担当する医薬品の種類が多いため、その全てを医師に説明して覚えてもらうまでが仕事となっています。

一つひとつの医薬品をしっかりと把握してもらうためにはトーク力が必要になるため、人によっては苦に感じるかもしれません。

『武田薬品工業』への転職を成功させるには?

転職難易度の高い武田薬品工業ですが、「武田薬品工業以外の転職は考えていない」「人気の高い武田薬品工業で働きたい!」という強い思いを持った方もいるでしょう。

そんな方は、武田薬品工業の公式ホームページ、ハローワーク、転職エージェントを利用することで、転職成功率がアップするかもしれませんよ!

ここでは、武田薬品工業への転職を成功させるための方法についてご紹介していきます。一つひとつを詳しくまとめてみたので、ぜひお参考にしてみてください。

武田薬品工業の公式ホームページから応募

武田薬品工業では公式ホームページにて求人情報を公開しています。

求人情報は自社で管理・更新を行なっているため、パソコンやスマートフォンから求人情報の確認や応募が可能となっています。

いつでもどこでも最新の求人情報を確認できるため、人気の高い武田薬品工業への転職成功率をアップさせることができるでしょう。

こまめに求人情報を確認して、募集があれば迷わず応募しましょう!応募方法も記載されているので、応募手順に従って応募してください。

手軽に利用できるハローワークで求人情報を探す

ハローワークでは、さまざまな企業の求人情報を取り扱っているため、転職活動をされる方の多くが利用している施設です。

全国各地で利用できる施設なので、誰でもアクセスがしやすく、求人情報を探すだけであれば誰でも利用することができます。ちなみに、使用するにあたっての登録手続きは不要です。

求人情報は設置されているパソコンを使い、希望する転職先の条件を設定することで検索することができます。

気に入った転職先が見つかったら求人情報を印刷し、印刷した書類をもって受付に提出すれば、応募の手続きをすることができます。

利用方法も簡単なので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

転職のプロである転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、さまざまな企業の案件を取り扱っていて、あなたに合った求人情報を紹介してくれます。

また、一般では公開されていない求人情報も取り扱っているため、転職難易度の高い企業の求人も豊富に取り扱っています。

さらに、転職エージェントでは専任のアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれるため、転職に不安を感じている方にはとてもおすすめです。

転職に関する知識を持った転職のプロなので、安心して利用することができます。

転職成功に必要な知識や転職の関するさまざまなアドバイスを受けることができるので、転職成功率がとても高くなります。

初めて転職をされる方はもちろん、転職難易度の高い武田薬品工業への転職を考えている方は、ぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

『武田薬品工業』転職に必須な転職エージェントを利用するメリットは?

武田薬品工業への転職を成功させる方法でご紹介した転職エージェントは、転職活動を行なっている方にとってメリットの多いサービスを行なっています。

転職から内定までの全てをサポートしてくれるので、一人ではなく専任のアドバイザーと2人で転職活動をすることができます。

ここでは、そんな転職エージェントを利用するメリットについてご紹介していきます。

武田薬品工業への転職成功率を格段にアップさせてくれるので、ぜひ参考にして転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職先に特化したサポート・アドバイスを受けられる

転職エージェントには、転職に関する知識はもちろん、さまざまな職種に関する知識を豊富に持っています。

さらに、あなたが希望する転職先の情報もしっかりと抑えているので、転職先に特化したサポートを受けることができます。

さらに、転職先企業への転職を成功させるためのアドバイスも受けることができるので、個人で転職活動をされるよりも転職成功率が格段にアップするでしょう。

そのため、転職が難しい武田薬品工業への転職も実現するかもしれませんよ!

アドバイザーが企業側へ売り込みをしてくれる

転職エージェントを利用すれば、専任のアドバイザーがあなたについてくれます。そして、転職に関するサポートやアドバイスだけではなく、転職先の企業へあなたの売り込みをしてくれます。

そのサービスの一つとして、専任のアドバイザーは転職をされる方が転職先を決めると、企業側に提出する書類として推薦状を書いてくれます。

推薦状があれば企業から受ける評価が上がるため、転職を成功へと導いてくれますよ!

書類選考や面接の対策ができる

転職をする場合、書類選考を受けるために履歴書を提出する必要があります。ですが、履歴書の書き方によっては、書類選考に落ちてしまうことがあるため、面接を受けることができません。

しかし、転職エージェントでは専任のアドバイザーが書類選考の通過しやすくなる履歴書の書き方を教えてくれます。

どんなことを書いた方が良いのかをアドバイスしてくれるので、面接を受けられる可能性が高くなるでしょう。また、専任のアドバイザーは面接対策のためのアドバイスも行なってくれます。

面接で注意いすべきポイントや、上手な立ち回り方を学ぶことができるので、安心して面接を受けることができるでしょう。

武田薬品工業の非公開求人を紹介してもらえる

武田薬品工業では公式ホームページで求人情報を公開していますが、非公開で求人を募集している可能性も考えられます。

非公開の求人情報は一般では見ることができないため、実際では求人を募集していたとしても、個人で転職活動を行なっている方は見つけることができません。

ですが、転職エージェントでは非公開の求人情報も紹介してくれるので、もし武田薬品工業が非公開で求人を募集していたとしても見つけることができます。

また、大手転職エージェントであれば非公開の求人情報を豊富に取り扱っているので、より求人情報を見つけやすくなるでしょう。

年収アップの交渉をしてもらえる

給料や年収アップなど、お金に関することを自分で口にするのは、誰でも抵抗があるものです。

しかし、転職エージェントでは専任のアドバイザーが給料や年収アップの交渉をあなたの代わりに行なってくれます。

武田薬品工業は年功序列制で初期の年収は少ないため、年収アップを交渉してもらえるのは大きなメリットになるのではないでしょうか?

『武田薬品工業』の転職におすすめの転職エージェントのご紹介

ここでは、武田薬品工業への転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

武田薬品工業には専門職が多いので、専門職の求人を取り扱う転職エージェントや、専門的な知識を持ったアドバイザーの在籍が好ましいですよね。

また、非公開の求人を取り扱っている転職エージェントにも注目したいところです。それらの条件に当てはまる転職エージェントを抜粋してまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

『武田薬品工業』転職におすすめな転職エージェントの登録から成功までの流れ

転職エージェントを利用したことがない方の中には、「まず何からすれば良いの?」と悩む方もいるでしょう。

そんな方のために、ここでは転職エージェントの利用方法についてまとめてみました。登録から転職成功までの流れをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

利用する転職エージェントに登録

上の章で紹介した、おすすめの転職エージェントにまずは登録してみましょう。先ほど紹介した転職エージェントは、どこも評判の良い企業ばかりですが、担当者との相性はどうしてもあります。

相性の良い担当者と出会うためにも、転職エージェントは複数登録しましょう。

アドバイザーとの面談と求人情報の紹介

登録完了から約1週間後に、専任のアドバイザーから登録した連絡先宛に連絡が来るようになっています。連絡がきたら転職先を決める面談の日程を決めます。

基本的には対面での面談となりますが、スケジュールの調整が難しく対面での面談が難しい方は、電話での面談に対応しているかを確認してみてください。

最近では電話での面談に対応している転職エージェントが増えているので、電話での面談を希望する方は、気軽に相談してみてください。

面談ではあなたが希望する転職先、これまでの経験やスキルなどを専任のアドバイザーがヒアリングして、希望に沿った求人情報を紹介してくれます。

納得できる求人があればアドバイザーに申し出をして、応募の手続きを行います。ちなみに、応募手続きは専任のアドバイザーが行なってくれます。

書類選考・面接の対策・アドバイスを受ける

転職先が確定したら、書類選考や面接の対策・アドバイスを受けることができます。書類選考では履歴書、または職務経歴書の書き方が重要となります。

また、面接では自分をアピールする技術や、面接官からの質問にしっかりと答えることが重要となります。

面接での対策ポイントや上手な立ち回り方などのアドバイスを受けることができるので、しっかりと把握して面接に備えておきましょう。

面接の結果報告・入社手続き

面接の日程は専任のアドバイザーからの連絡にて伝えられるため、指示に従って面接を受けに行きましょう。

面接後は専任のアドバイザーから結果を伝えられ、合格すれば入社手続きとなります。入社日は専任のアドバイザーからの連絡にて伝えられます。

また、面接に合格できなかった場合は、再び専任のアドバイザーに転職の相談をすることができます。再度、納得できる転職先を紹介してもらい、転職成功を目指して頑張りましょう。

転職エージェントを利用して『武田薬品工業』に転職しよう!

武田薬品工業は、転職先として人気の高い大手製薬会社です。

しかし、武田薬品工業への入社を希望する方が多いことや、採用確定前のテストに合格する必要があるため、転職が難しい会社となっています。

また、公式ホームページでは求人情報が公開されていますが、もしかすると非公開で求人を募集している可能性も考えられます。

そんな武田薬品工業への転職成功を考えるなら、転職エージェントを利用してみませんか?転職エージェントでは非公開の求人情報を紹介してもらうことができます。

また、在籍するアドバイザーは転職のプロなので、転職に関するさまざまなサポート・アドバイスを受けることができます。

転職難易度の高い武田薬品工業への転職成功率を高めることができるので、ぜひ転職エージェントを利用して、武田薬品工業への転職を成功させましょう!