タニタへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

転職を考えているのですが、タニタという会社が気になります。どんな会社なのでしょうか?
タニタと聞くと「体重計」などの「健康器具」を扱っている企業をイメージすると思いますが、実はそれだけではありません。

キャリアコンサルタント

健康に関するアプリや、「タニタ食堂」というメソッドを波及させることなどにも注力している会社なんです。

キャリアコンサルタント

健康に関するあらゆることを行っているんですね!タニタに転職したい場合は、どうすれば良いですか?
転職エージェントを活用しましょう。この記事では、タニタの基本的な企業情報おすすめの転職エージェントをご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

「タニタに転職をしたいけれど、実際はどうなのだろう?」と考えている人もいるのではないでしょうか?

タニタといえば「体脂肪計タニタの社員食堂」がシリーズ累計で532万部のベストセラーとなりました。

タニタの社員食堂は、さまざまな企業の商品とコラボレーションをしているのをみかけます。

それらの商品を手にしてタニタに憧れを抱き、転職をしたいと思った人もいるのではないでしょうか?

しかし、競合他社と比較すると規模が小さくて不安に思う方もいるでしょう。

ここでは、そのような不安を抱えている人の為に、タニタの企業の特徴と転職情報について紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職する前に知っておきたい!タニタってどんな会社?

まずは、タニタの企業情報をみていきましょう。

タニタの事業内容

タニタは、家庭用体組成計をはじめとする計測機器を製造している大手メーカーです。

体組成計をはじめ、電子体温計や血圧計、歩数計、ミニスケールなどを製造しています。

日本ではじめて家庭用体重計を製造し「ヘルスメーター」として販売した企業です。

また、1994年には世界初の体脂肪計付きのヘルスメーターを製造販売しています。

タニタは多くの人の健康を促進するため「健康プログラム」や「タニタ食堂」など、健康に役立つ情報を発信しています。

その中でも、「食事」をサポートするソリューションとして展開したレシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」はシリーズ累計で532万部のベストセラーになりました。

これをきっかけに「丸の内タニタ食堂」を開業し、レストラン事業にも参入しています。

タニタの特徴

他社と比較したときに、タニタにはどのような強みがあるのかを紹介していきます。

「世界初」の商品を生み出す力がある

タニタは面白いものを作ることが好きな会社です。タニタの社員数は増えましたが、大企業の同業他社と比較するとまだ小さな企業です。また、昔はもっと小規模の会社でした。

タニタは「大規模な会社に正面から立ち向かっても勝つことができない」と考え、新商品を考えて先に売り出してきました。

大企業が同じものを製造したら、タニタは新商品を開発していくなど、そのように先駆けをしてきたことによって業績を伸ばしてきた企業です。

そんな革新的なタニタの風土が社内に根付いていて「世界初」の商品を多く生み出しています。

タニタでは、若手社員であっても素晴らしいアイデアを出せば採用される機会が多いにあります。

社員の自発性を尊重する

動画サイトを活用して、タニタの公式チャンネルを放送しています。

公式チャンネルを通じて、タニタの新商品やタニタ食堂の活動などを紹介していくほか、社長自身がコメントに応える動画なども公開されています。

タニタが発売する新商品の使い方を説明する動画も収録されています。

タニタは、社員の自発性を尊重しており、従業員が自ら考えて動き出すことにより、毎年成長している企業なのです。

誰でも自由に意見を出すことができ、タニタでは多くのアイデアが生まれています。

タニタのビジョン

タニタの代表取締役の谷田千里さんは、1000億円企業にすることを将来のビジョンとして掲げています。

ビジョンに向かってタニタでは新事業を起ち上げていて、多くの注目を浴びています。

新事業については既存事業の枠にとらわれることなく、健康に関する事業を企画していく方向で動いているのです。

タニタの会社概要

会社名株式会社 タニタ
創業1923年12月
設立1944年1月
資本金5,100万円
社員数1,200人(グループ)
代表取締役社長水島正幸
本社所在地〒174-8630 東京都板橋区前野町1-14-2
事業内容家庭用・業務用計量器(体組成計、ヘルスメーター、クッキングスケール、活動量計、歩数計、塩分計、血圧計、睡眠計、タイマー、温湿度計)などの製造・販売

タニタの新しい挑戦に注目

タニタは同業界と比較をすると規模が小さな会社です。現在の売上高は約300億円となっていますが、1000億円の企業になることをビジョンとして掲げています。

実は、タニタは競合他社にはないスピード感より新事業を次から次へと生み出しており、注目を浴びているのです。

2018年9月28日には、産業革新投資機構がタニタの新事業へ出資することを発表しました。このように、タニタの新事業は社会や他企業から注目を浴びているのです。

ここでは、タニタが手掛けている新事業について詳しく紹介していきます。

健康アプリケーションの開発

タニタの子会社であるタニタヘルスリンクは、約80万人の食事や運動に関するデータを保有しています。

このビッグデータを基にして、脳卒中や糖尿病、メタボリック症候群の可能性を予測して、健康に気を使うよう促すアプリケーションを開発し提供することを目指しています。

2019年度にアプリケーションは完成する予定で、春ごろには岡山県で試験的にアプリケーションを利用する方向で動いています。

このアプリケーションは大きな注目を浴びており、23億円の出資金を獲得しています。

コラボレーションによるタニタ・メソッドの波及

森永乳業とは「タニタ食堂100kcalデザート」、マルコメとは「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」などの商品開発を行っています。最近では、花王のヘルシア緑茶とコラボレーションが行われています。

これらは、健康志向の高いお客様から支持されており、売上を伸ばしています。

また、食品以外にも、電機メーカーとの共同開発や若年層への認知を高めるためにキャラクターとのコラボレーションなど幅広い連携が注目を浴びています。

「タニタ食堂」コラボ商品 一覧

  • 東洋ライス「タニタ食堂の金芽米ごはん」
  • サクマ製菓「タニタ食堂ごほうびキャンデー」
  • 栗山米菓「タニタ食堂のおやつ」
  • 森永乳業「タニタ食堂の100kcalデザートシリーズ」
  • マルコメ「タニタ食堂の減塩みそ」
  • 花王「ヘルシア緑茶×タニタ食堂」

タニタの社員食堂が人気を集めている理由

タニタ食堂は、下記の5つのこだわりをもつ食事のレシピを公開して大きな話題を集めました。

野菜をたくさん利用する

厚生労働省が推奨している1日に摂取する野菜の量の目標は350gです。

タニタ食堂では、1回の食事で約200g前後の野菜が摂取できるようになっています。

噛みごたえのある調理方法

咀嚼回数が増えるように野菜を大きめにカットして、火を通しすぎない調理方法をすることで噛みごたえのある硬さにしています。良く噛むことで脳が満腹と感じ、食べすぎの防止効果を見込むことができるのです。

味付けにこだわる

素材のそのものの「美味しさ」を感じていただくため、旬の食材を利用して、味付けは薄めに設定されています。塩分量は1回の食事で約3gとなっています。

盛り付け方にこだわる

野菜をたくさん利用することで見た目の満足度もアップし、彩につながります。彩ある食卓にすることで、食を通じてコミュニケーションを深めることができます。

ご飯は1膳100gを目安にしています

タニタ食堂では、ごはんの分量は100gが目安とされています。意識的にご飯の分量を減らしていき、その分、野菜を多めに摂取することで健康を促進していきます。

セガゲームスのコントローラーを商品化

2018年10月にタニタは、セガゲームスのゲームソフトに対応するコントローラーの商品化を目指し、クラウドファンディングで資金の募集をはじめました。

アミューズメントゲームのジョイスティックやボタンを製造している三和電子株式会社と貴金属加工を手掛ける株式会社トラスティーも賛同し参画予定です。

両者の全面協力のもと「一生もののツインスティック」の商品化を目指します。

クラウドファンディングは、キャンプファイヤーを利用しており2018年11月末まで募集されています。

クラウドファンディングでの目標金額は4460万円ですが、この目標は10月地点で達成しています。

タニタでは、ゲームやアミューズメント分野も健康づくりを継続させる有効なツールと考えており、従来の商品の枠組みにとらわれない商品開発を手掛けています。

タニタの転職に関する情報

タニタのホームページに記載されていますが、中途採用はグループ会社でのみ募集がかけられています。ここでは、タニタの採用情報を紹介します。

タニタの平均年収

タニタの平均年収は約530万円です。(平均年齢は37.8歳)

競合他社にあたるオムロンやパナソニックなどの企業と比較していくと、給与水準が低くなります。

競合企業が大手になってしまうため、待遇面では劣ってしまいます。

しかし、ライフワークバランスが取れることから、年収に対する不満は見かけないことがタニタの大きな特徴です。

タニタの労働環境

平均残業時間:月30時間~40時間

タニタの平均残業時間は月30時間~40時間程度になります。同業界のオムロン、パナソニックと比較すると平均的な残業時間になります。

タニタでは、毎週水曜日にノー残業デーやライフワークバランスを推進する取り組みを積極的に行われている。

ただし、部署によって大きく残業時間が異なってくるので、転職前には、必ずキャリアコンサルタントに残業時間に関して聞いておくことがおすすめです。

タニタの教育制度

タニタは規模的には中小企業の範疇に入るメーカーなので、一人が担当できる仕事の範囲は広くなります。

モノづくりの上流から下流まで、一連の業務を経験することができます。意欲を見せることでキャリアを形成していくことは可能です。

タニタでは、チームワークを重要視しており、部署ごとの一体感は素晴らしいものがあります。

また、タニタは社員の自主性を大切にしている会社なので、若手社員であっても、ある程度好きなように働かせてもらえます。

年齢や役職に関係なく、良いアイデアを出せば採用される環境です。そのため、やりがいを持って仕事に取り組むことができるのです。

社内の教育体制は、健康や栄養に関することを学べる社内セミナーが定期的に開催されています。

自分が希望する講座を自由に受講することができます。

タニタの休暇体制

タニタの休暇体制は、有給休暇に加えて夏季休暇や年末年始の休暇、リフレッシュ休暇が用意されています。想定される年間休日は124日となっているので平均的です。

タニタの福利厚生

タニタの福利厚生は住宅補助や扶養扶助があります。

また、社内食堂が完備されており、栄養面のバランスが考えられた食事をとることができます。

大手福利厚生サービスのリロクラブと提携しているので、自分の好きなサービスを割り引いて利用することもできます。

タニタは、従業員の仲が非常に良く、社内レクリーエションも年2回実施されています。

部活動も運動部を中心に、さまざまなグループが形成されています。

タニタが求める人物像

ワークライフバランスを考えて、自主的に仕事に取り組める人が望ましいようです。資格を取得し、スキルを高めていきあとは落ちついた気持ちで人格を見てもらえば、内定まで苦労することはないようです。

タニタは真面目な職場で、黙々と仕事ができる環境ですが、出世意欲が旺盛な人は物足りなさを感じてしまうこともありそうです。

タニタの求人について

ここからは、タニタが募集している求人情報を紹介していきます。

総合職

総合職では、グループ会社の販売職やECサイト運営の求人が掲載されています。

タニタのホームページでは中途採用の公開求人はありませんが、グループ会社での求人が掲載されています。

フィッツミー

タニタがプロデュースをする女性専用のフィットネスジムです。

フィッツミーで募集されているのは店舗スタッフの契約社員で、月19万円からのスタートになります。

給与は低いですが、教育研修制度があり、フィットネスジム未経験者でも求人に応募することが可能です。

タニタヘルスリンク

健康に関する情報をWEBで発信しているタニタヘルスリンクでは、情報発信をする保健師や管理栄養士の方を正社員で募集しています。

業務内容は、健康指導になり、レシピ・献立などの作成などがあると望ましいスキルとなります。

給与面に関しては相談となっているので、興味がある方はお問い合わせをしてみてください。

技術職

電機・電子回路の開発設計や機械開発設計、ソフトウェア開発設計などのエンジニアの募集がかけられていたこともあります。

しかし、現在はホームページ上での技術職の募集は停止されています。

タニタへの転職は狭き門

ホームページ上では中途採用でも、求人はグループ会社の求人のみしか掲載されていません。

新卒での採用人数も少数で、2015年度2名、2016年8名、2017年2名の方が採用されています。

社員数は連結1200名で経営されていますが、採用に関しては積極的に行っていません。狭き門といえるでしょう。

タニタの求人情報は少ないので、ホームページや転職サイト、転職エージェントを利用してさまざまな訪問から情報収集をすることが大切です。

タニタに関する口コミについて

タニタに関する口コミをみていきましょう。

給与・福利厚生給与水準は大手企業と比較すると劣ってしまうが、不満はない
ワークライフバランスはとりやすい
福利厚生に関しては「健康」に関する内容が充実している
仕事のやりがい風通しがよく、やりがいを感じることができる
自主的に取り組むことで成長できる環境が用意されている
若手社員でも良いアイデアを出せば採用される
人間関係・社員の雰囲気社長のトップダウン経営
社内行事も盛んに行われていてアットホームな雰囲気

給与・福利厚生

給与への満足度に関しては可もなく不可もなくです。しかし、大手企業と比較すると給与は劣ります。

会社の規模が、そこまで大きくありません。給与水準が高くはないですが、業務量も給与に見合うもののため、ワークライフバランスが取りやすい環境です。

福利厚生に関しては、健康関連の補助やサービスが充実しています。しかし、各種手当等については他の企業と比較すると劣るので、期待しないほうが良いです。

仕事のやりがい・成長

仕事のやりがいに関しては平均的な評価です。

やりがいに関しては、中小企業なので個人の意見が反映されやすく、やりたいことを積極的に言える環境が満足度をあげているようです。

成長環境についての評価は低いです。

大手と比較すると幅広い業務が経験できるというメリットもありますが、マニュアルなどがなく育成のスピードにばらつきがあるという意見も見られます。

安定した会社で働きたい人には向いている職場環境ですが、キャリアを構築したいという強い気持ちを持っている人は物足りなさを感じてしまいます。

人間関係・社員の雰囲気

会社の雰囲気についても評価は低いです。

社長のトップダウン経営という意見が多くあります。現社長はコンサル業界の出身で、柔軟性とスピード感があります。

しかし、従業員との衝突が社内の雰囲気に影響を与えているという評判も多く見られます。

社員同士の雰囲気に関しては、アットホームで働きやすいという意見が多くなっています。

社内イベントも豊富に開催されており、家族ぐるみのような付き合いをしています。

タニタへの転職を成功に導く転職エージェント

タニタへの転職を成功させるためのコツは、転職エージェントに登録して利用するということです。

転職エージェントを利用するメリットは下記のようなことがあげられます。

  • 非公開求人に、タニタの求人が含まれている可能性がある
  • タニタに特化した面接対策を行うことができる
  • 年収アップなど待遇の交渉も代理で依頼することができる

とくに、タニタの場合は新規事業を手掛けており、表立って公開することができない求人案件を抱えている可能性があります。

だから、ホームページや転職サイトに掲載されていない求人を、転職エージェントが保有している可能性が高いのです。

タニタの非公開求人を保有している可能性もある

事業戦略的に表に公開することはできないけれど、人材を採用したいと考えることが企業にはあります。

そのようなときに企業側は、転職エージェントに求人の募集を依頼するのです。

このように転職エージェントに募集依頼をかける非公開求人は、給与や待遇が良いです。

ハイキャリアの案件であるケースが多くて、ハードルが高いという特徴があります。

タニタでは飲食業界など新規事業を展開しているので、転職サイトやホームページに求人が掲載されていない場合であっても、転職エージェントが求人を保有している可能性もあります。

タニタに特化した対策が可能

転職エージェントは今までの多くの転職希望者を採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、内部の選考を熟知して突破するノウハウを蓄積しています。

タニタに転職希望した方が、過去にどのような人が受かって落ちたのかというデータを、大手の転職エージェントは持っているのです。

そのような過去のデータをもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。

面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

タニタの人事担当に営業・交渉をかけてくれる

転職エージェントは、面接終了後に人事担当者と連絡を取り合います。

面接では伝えきれなかったことを、転職エージェントがタニタの人事担当者に推薦してくれます。

面接で思うように話せず本来であれば不採用だったところを、エージェントの営業力で面接通過することは良く起きています。

企業側に待遇の交渉もお願いできます。

年収の交渉は個人だと非常にしにくいです。高い年収を提示して落ちたらどうしようと悩むことも多く、年収の希望額は非常にデリケートな話です。

伝えづらいことも、第三者の転職エージェント経由で企業側に伝えてもらえます。

タニタの転職で登録すべき転職エージェント

タニタへの転職を希望するあなたのために、下記の条件を満たす転職エージェントを紹介します。

  • タニタに関する求人(非公開求人を含む)を保持していること
  • タニタ以外の求人も提案できる力と求人データベースがあること
  • タニタへの転職をサポートできるノウハウを持っていること

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

タニタへ転職したい人が見ている他の企業

ここでは、タニタを志望する人が見ている他の企業について紹介します。

オムロン株式会社

オムロンは、1948年に設立されて制御機器・FAシステム、電子部品などの研究開発や販売をしている会社です。

オムロンは移り変わる社会の変化を敏感に察知していきながら、世の潜在的なニーズに応え続けてきています。

国内に留まることなく、海外にも拠点を設けておりグローバルに活躍をしている企業です。

近頃は、海外提案営業などの職種を応募しており、国外シェアを伸ばしていく方向性で動いています。

従業員数は、4245人でグループ全体では、35992人になります。

従業員の平均勤続年数は15年で、優良企業の1つとして有名です。

オムロンの平均年収は、797万円です。

パナソニック株式会社

パナソニックの創業者は松下幸之助さんです。松下幸之助さんが残した3つの言葉があります。イノベーションを追求すること、チームワークを大切にすること、1人1人が結果を出すことです。

この3つの言葉を大切にしてきて、パナソニックは創業100年を2018年に迎えました。

パナソニックは家電製品だけではなく、電子部品や設備機器、システム機器、住宅に至る幅広い製品やサービスを提供しています。

豊かなくらしや社会の発展に貢献しています。売上高は約7兆円となっており、日本を誇る優良企業です。

パナソニックの平均年収は、755万円です。

オリンパス株式会社

オリンパスは世界シェア70%、業界1位の医療用内視鏡の消化器内視鏡をはじめ「医療」「映像」「科学」「産業」の事業分野で価値の創造を目指している企業です。

創業以来培ってきた高度な技術と最新のデジタル技術を融合させて、さまざまな分野で研究開発に取り組んでいます。

オリンパスはカメラも主力商品です。近頃は、カメラに使われる画像センサー「マイクロフォーサーズ」を開発し話題を集めました。他社とは異なり、手に取りやすいデザインとシンプルな操作性を大事にして、女性ユーザーを多く獲得しています。

医療の未来に貢献することがオリンパスの仕事で、近年では新興国にも内視鏡医療を提供しています。

オリンパスの平均年収は、827万円です。

株式会社日立製作所

日立製作所は、1910年に設立しており連結売上収益は9兆円超えまでに成長しています。日立製作所では「電力」「流通」「アーバン」「金融」を注力事業分野として位置づけています。

日立製作所は家電製品を中心として製造をしている企業でしたが、リーマン・ショックを機会にBtoB産業に注力をしています。

最近の取り組みをあげると、社会・産業システムの分野では、2016年度にイギリスへ鉄道を納品しており、今後も大きな成長が見込める企業です。

マーケット別にお客さまのニーズを汲み取り、サービスを提供しています。また、グローバル競争力のあるアプロダクト開発に注力をしている企業です。

株式会社日立製作所の平均年収は、834万円です。

タニタの転職のポイントのまとめ

タニタの企業の特徴や転職方法を解説してきました。

タニタは、競合他社と比較すると規模感が小さくて、年収や待遇が劣ってしまうようです。しかし、それに見合うようなライフワークバランスがとれる企業でもあります。

また、大企業は伝統的な歴史を重んじる傾向があります。しかし、タニタは新しいことに挑戦する社風があり風通しの良さが魅力です。

実際に、タニタの新事業は多くの企業から注目を浴びています。

仕事とプライベートの両立をしながらも、自分の意見を出して企業や社会に貢献をしていきたいと考えている人はタニタへ転職することで、その願いを実現することができるでしょう。

タニタの求人は、ホームページにも転職サイトにも掲載されていません。

新卒採用も毎年数名のみの採用となっています。

しかし、タニタは新事業を手掛けているので非公開求人で人材募集をしている可能性が極めて高いのです。

タニタに転職をしたいと考えている方は、ぜひ転職エージェントも活用して転職情報を収集していきましょう。