TOTOへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

TOTOに転職したいです。こんな人気企業に、途中から転職するなんてこと、できるのでしょうか?
TOTOは、いろいろな職種の募集が公開されており、転職難易度は比較的低めであると言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですか!その公開求人から応募すれば転職できますか?
もちろんその方法でも転職できますが、より確実に転職できる方法があります

キャリアコンサルタント

その方法については、この記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

トイレ業界の中でもCMなどでも一度は目にしたことがある有名な大手企業がTOTOなのではないのでしょうか。日本のシェア60%を誇る大手企業で、トイレ業界No.1の実績を誇っています。

そんなTOTOに転職することは可能なのでしょうか?今回はTOTOへの転職難易度やTOTOの仕事内容、TOTOへの転職を成功させるためのコツなどをご紹介したいと思います。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

TOTOへの転職は可能?データから難易度を検証

まずはTOTOへ転職することは可能なのか、その難易度を多くのデータなどからチェックしてみたいと思います。

TOTOからは多くの公開求人が掲載されている

どんな企業でも求人が公開されていなければそもそも企業へ応募することができないため、企業からどれだけ求人が公開されているのかというのはその企業へ転職する難易度の指標となります。

TOTOは営業職から管理系の事務、ショップアドバイザーなど多くの求人が公開されており、公開求人の観点から見ると非常に幅広い業種の中から選んで転職しやすい企業であると言えるでしょう。

転職の倍率や難易度は高い

多くの公開求人が掲載されているTOTOですが、転職者ランキングでは常に上位に位置している人気企業です。

具体的な数値や倍率などは公開されていないものの転職者が多い企業であることから、多くの転職者がTOTOに応募していることが分かります。

つまりそれだけ強い意識を持ってTOTOに転職しようとしている方が多く、転職の難易度は非常に高いと言えるでしょう。

転職するなら確認したい!TOTOの事業内容や職場環境は?

TOTOは転職の難易度が高いということが分かりましたが、だからといって絶対にTOTOに転職できないということはありません。

TOTOという企業がどのような企業理念を持っているのか、事業内容に対して自分はどういったことができるのかなどをアピールすることでTOTOに採用される可能性も高くなります。

このように難易度の高い企業により採用されやすくなるためには、転職を希望している企業について詳しく情報を集めるのが近道になります。

まずこの項目ではTOTOの事業内容、そして転職した際に気になる職場環境をご紹介いたします。

TOTOの事業内容

TOTOといえばトイレに関する事業のイメージが強いかもしれませんが、他にも幅広い業種の事業を手掛けています。そんなTOTOの詳しい事業内容から確認してみましょう。

トイレだけではない水まわりの製品を提供する

TOTOの製品というとトイレの便器を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかしトイレ以外にもTOTOでは衛生陶器という分類で製品を開発・製造しています。衛生陶器はトイレの便器だけではなく、洗面器、手洗い器なども分類されます。

浴槽、システムキッチンなども製造しているほか、水回りにある金具やアクセサリーなども製造しており、水まわりに関する様々なアイテムをユーザーに提供するのが主な事業となっています。

環境建材も提供している

TOTOでは水回りの商品だけではなく環境建材の提供も行っています。例えばトイレや洗面器などの汚れがつきにくくなる技術を建材に応用したタイル材やハイドロテクト塗料が開発されています。

また陶磁器の技術を応用したセラミック素材の提供や光通信部品などの開発も行っています。ですのでこれらのジャンルに対して詳しい知識やスキルを持っている方もTOTOに入社しやすいと言えるでしょう。

TOTOへ転職する場合の業務内容

TOTOへ転職する際、主に求人で募集されている業務内容は以下のようなものが掲載されています。

ショールームの営業スタッフ

TOTOの公開求人の中で最も多いのがショールームの営業スタッフとなっています。主にショールームに来店したお客様に商品を案内し、販売から購入手続きまでを一手に請け負うのが主な業務です。

ただお客様に商品を案内するだけではなく、お客様がどのような製品を求めているのかをお客様の相談内容から判断し的確にお客様の要望に合った製品を提供する観察力や洞察力が必要となるお仕事です。

ただ販売ノルマなどはありませんし、入社して1ヶ月半から2ヶ月半の間はTOTOの商品に関する知識や接客スキルを身に着ける研修期間があり、それが終わり次第業務を開始できるのでTOTO商品への知識が少なくても安心して働くことができます。

ショールーム営業スタッフの仕事内容

仕事は事前に予約したお客様の担当アドバイザーとして1~2時間かけてお客様の要望を聞きながらショールームをまわります。

お客様の要望をデータ入力したら希望に近い商品を紹介し、購入が決定したら見積もりなどのデータ入力や購入手続きを行ってお客様に商品を提供します。

またお客様への商品提供だけではなく、ショールームの整理整頓やお客様アンケートから今後より良い商品提供をするにはどうしたら良いかなどのミーティングも行います。

勤務地は北海道から九州までの各地に点在しているため、全国ほぼ全ての方がTOTOのショールームで働くことが可能です。

待遇が非常に良いのが特徴

勤務時間は9時45分から18時20分までの約8時間、残業は1日1時間以下で月20時間以下、繁忙期は最高でも月30時間程度とかなり残業の時間が少ない企業となっています。

給与は地域によって変わりますが、176,000円から256,000円の間となっています。

休日は週休二日制で平日2休であり、土日祝の休日は月1回程度となっています。

雇用保険や労災など各種社会保険を完備しており、交通費は全額支給、時間外手当や業績に応じてボーナスが年2回支給されるなど福利厚生もしっかり用意されています。

大手企業なだけあって待遇はかなり良く、それもTOTOの難易度を上げている要因なのかもしれません。

店舗スタッフと事務作業を行う契約社員

TOTOでは契約社員として店舗のスタッフとして事務作業も行う業務も求人で募集しています。

主な業務は前述のショールームの営業スタッフとほぼ同じで、それに加えて見積もりの作成や図面の作成、電話応対などといった事務作業も行います。

最初は契約社員としての雇用ですが、年2回ボーナスが貰えますし、正社員登用を前提とした採用であるためそつなく仕事をこなしていれば必ず正社員に昇格することができるお仕事です。

確実に正社員として働きたいという方はこちらの求人に応募してみるのが良いのではないのでしょうか。

地域正社員としての求人も

地域正社員とは勤務地を限定して企業から絶対に転勤の命令が出されない社員のことを指します。

上記求人のうち、特に関東圏から中国地区、北九州エリアなどは地域正社員としての中途採用の募集に力を入れており、採用率も高いと言えるでしょう。

地域に定着して働き続けたいという方には地域正社員という働き方もとてもおすすめですので、こういった求人もチェックしてみてはいかがでしょうか。

TOTOで働く方の平均年齢

TOTOのショールームで働く方のほとんどが20代から30代の女性となっています。

接客業となると女性のイメージが強いかもしれませんが、男性も求人に応募することが可能となっていますので男性の転職者も諦めないようにしましょう。

TOTOで働いた場合の平均年収

TOTOで働いた場合の平均年収は、ここ5年のデータだと約650万円程度となっています。ですが近年ではTOTOの平均年収は低くなっていると言われています。

これは、新規採用により従業員の平均年齢が下がってきたことが背景にあります。

TOTOの詳しい労働時間

先ほども紹介したようにTOTOの労働時間は主に9時45分から18時20分となっていますが、本社や工場で働く場合は8時30分から17時10分、営業所の場合は8時50分から17時25分など職場によって労働時間は変わってきます。

また職場によっては労働時間を選べるフレックス制を採用している場所もあり、コアタイムの10時から15時を含んで時間を設定すれば、自分の好きな時間に出勤退勤をすることができる嬉しい職場も存在しています。

残業時間の短縮に力を入れているTOTO

TOTOは社員がプライベートと仕事をバランスよく行うことで、より高いパフォーマンスでクオリティの高い仕事を行えるようにワークライフバランスの推進に力を入れています。

例えば通常日単位で取得することがほとんどである有給ですが、それを時間単位で取得することができる時間有給休暇制度を導入するなどの取り組みを積極的に行っています。

その取り組みの1つとして行われているのが残業時間の短縮です。

残業が社会問題となっている昨今ですが、TOTOはノー残業デーの定着を目標に、介護が必要な家族がいる従業員のための短時間勤務制度などを行っています。

また結婚や出産、配偶者の転勤などで中途退職をしなくてはならない従業員へ求人案内を行う人材登録制度を導入しており、従業員が就業中だけではなく退職後のケアも行うなど、従業員を大切に扱う企業となっています。

TOTOの取り組みは国からも評価されている

このように従業員の生活を第一に考えたワークライフバランスの取り組みは国からも高く評価されており、良い労働環境であることが国からも保証されています。

ですので給与などよりもストレスが少なく働きやすい環境で働きたいという方はTOTOの情報を集め、しっかりと対策を立ててTOTOに採用されるように転職活動を進めていくのが良いでしょう。

TOTOへの転職を成功させる方法

転職難易度が高いと言われているTOTOへ転職を成功させるためには、どういった転職活動を行っていくのが良いのでしょうか。

この項目ではTOTOへの転職を成功させるための方法をご紹介いたします。

正攻法の直接応募では採用率は低い

TOTOは先ほども記載したように多くの転職者が応募を行っている人気企業です。

未経験者はもちろん、TOTOの業務内容に関連するスキルやキャリアを持ち合わせている方でも、ライバルが多く、倍率が高いのが現実となっています。

倍率の高さゆえに面接までも行けず、書類選考の時点で落とされてしまうこともTOTOへの応募では多々あるのだそうです。

「TOTOが評判も良く人気企業だから」という理由だけで履歴書を書いて応募するだけでは、どうしても採用率が低くなりがちであるため、TOTOに採用されたいのであればそれなりの戦略や対策を持って転職活動に臨むのが必要です。

TOTOへの理解を深める

先ほども記載しましたが、TOTOへの採用率を高めるためにはTOTOという企業がどういった業務を行っており、それに対して自分は何ができるのかという風にTOTOに対して理解を深めていくことが大切です。

そうすることで志望理由やそれに見合ったキャリア、スキルを持っているかで書類選考も通りやすくなりますし、面接でも面接官から好印象を持たれ、採用率が高まる可能性がアップします。

TOTOの情報を集める

ではTOTOへの理解を深めるにはどうしたら良いのでしょうか。それはとにかくTOTOという企業がどのような企業なのか情報を集めることが一番の近道となります。

TOTOの業務内容や経営理念はこの記事でも先述していますし、それによって必要なスキルやキャリアなども見えてくるかと思います。

またそれ以外にも面接ではこういう質問がされやすい、TOTOの面接官が好印象を抱く受け答えなどの情報も持っておくのが良いですが、そういった企業の内部事情は一般の転職者では手に入れづらいものです。

転職を有利に進めるなら転職エージェントがおすすめ

一般の転職者では知り得ることが難しい企業の内部事情から転職したい企業の基本情報まで様々な情報を手に入れたいのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

基本的に転職エージェントは様々な転職企業に所属しており、転職企業が運営している転職サイトに登録することで1人が転職者を担当し、転職活動のサポートを行ってくれます。

最初のカウンセリングでは具体的な情報伝達を

転職エージェントはまず担当についた転職者がどのような企業で働きたいのか、そして今までどのようなキャリアやスキルを身に着けてきたのかをヒアリングするカウンセリングから業務を始めます。

その際にTOTOにこういった理由で転職したいといったことや、そのために自分が行ってきたこと、自分のキャリアを転職エージェントにできるだけ具体的に伝えるようにしましょう。

カウンセリングでの情報伝達が曖昧だと、その後の転職活動にも支障をきたします。必ず具体的で詳細な情報を転職エージェントに伝えるようにしてください。

TOTOの情報を調査してもらいながら転職活動を進める

カウンセリングが終了し、TOTOへの転職活動を本格的に進めることになった場合、転職者が希望することで転職エージェントにTOTOの基本情報から内部事情までを詳しく調査してもらうことが可能です。

転職エージェントは今まで担当した転職者の成功体験や他の転職エージェント、時には繋がりのある企業から直接情報を聞き出すなど様々なパイプから情報収集を行います。

それによって信憑性のある情報を転職者に提供してくれるため、転職エージェントからもたらされた情報は信頼して参考にしながら転職活動を進めるのが良いでしょう。

転職エージェントからの情報を基に履歴書の作成や面接のシミュレーションを行えば、採用率も大きくアップします。

また履歴書の添削や面接の基本的なマナー、よりTOTOへの採用率を高める方法なども転職エージェントがサポートしてくれます。

履歴書や面接は転職活動においても重要で大きな壁となりがちな作業です。どちらも自信があるという方も、1度は転職エージェントにチェックしてもらったうえで転職活動を進めるのがおすすめです。

内定後の条件交渉で年収アップの可能性も

TOTOから内定を貰った後でも転職活動はまだ終わったわけではありません。内定後にTOTOと主に給与について交渉を行うことで、年収を少しでもアップできることもあります。

素人が企業と交渉しても成功させられる可能性は少ないですが、常に交渉に関するスキルを磨き、交渉の経験も豊富な転職エージェントであれば交渉成功の確率も非常に高まります。

慣れている転職者でも見落としていることがある内定後の交渉を転職エージェントに依頼して、より良い待遇で働けるように行動してみましょう。

複数の転職エージェントを利用するのが吉

一口に転職エージェントといっても数多くの転職サイトが存在しているため、どの転職エージェントを利用するのが良いのか迷ってしまうという方も居るかと思います。

しかし転職エージェントは複数利用することで転職活動の効率が上がり、より転職しやすくなります。では転職エージェントを複数利用するメリットとは何なのでしょうか。

求人の選択肢が増える

TOTOを強く志望している方も多いかもしれませんが、必ずしもTOTOが自分にベストマッチした企業であるとは限りません。

複数の転職エージェントを利用すれば求人の選択肢も増え、自分によりマッチした企業が見つかることもあります。結果的にそちらの企業に転職したことで定着して安定した仕事を獲得できたということも珍しくありません。

固定観念に囚われず広い視点で転職活動を進められるのが、複数の転職エージェントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

複数の転職エージェントの視点からより良い転職活動が行える

同じ転職エージェントでも違う転職サイトに所属している転職エージェントによって、サポートの内容は異なります。転職エージェントも人間ですので必ず転職者にとって有益なことを言うとは限りません。

1つの転職エージェントの視点だけだとその転職エージェントの情報だけが全てとなってしまいます。しかし複数の転職エージェントの視点があれば、様々な角度から集まった情報を取捨選択し、より良い転職活動を行うことができます。

転職するのはあくまで転職者である自分ですので、転職エージェントの言うことを全て鵜呑みにせず、有益だと思ったものは拾い、そうではないものは捨てる判断を怠らないようにしましょう。

TOTOへの転職には欠かせないおすすめの転職エージェント

ここからはおすすめの転職エージェントをご紹介します。自分の需要や転職活動の進め方に合った転職エージェントを複数登録してみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

TOTOへの転職は難易度が高いが待遇が良い

TOTOは求人を掲載している転職エージェントが多く選択肢の幅は広いものの、多くの転職者が希望している人気の企業であるため、転職する難易度は高くなっています。

しかし努力して転職活動と向き合えば非常に良い待遇で働くことができ、国からも評価されているワークライフでプライベートと仕事の両立をしっかり行いながら働けます。

そんなTOTOへの転職活動を少しでも有利に進めるのであれば、数ある転職エージェントを複数登録して様々な転職エージェントの視点から自分の転職活動を精査していくことが大切となります。

転職エージェントからの情報を鵜呑みにせずしっかりと取捨選択し、自分にとって合っていると思ったものを参考にしながら転職活動を進めていくことで、TOTOへの転職成功率が高めることができます。

転職エージェントを上手に活用してTOTOへの転職活動を成功させ、仕事とプライベートを両立させて充実した生活を送りましょう。