トヨタ自動車へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

トヨタ自動車は、世界最大手の自動車メーカーです。dodaが行った「転職人気企業ランキング2019」において、トヨタ自動車は2位を獲得しました

トヨタ自動車は、企業HPにて、中途採用を行っていますが、枠が少なく、人気企業なため、転職難易度は高いです。

この記事では、トヨタ自動車の基本情報から、転職方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、トヨタ自動車への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

『トヨタ自動車』ってどんな会社?

転職を希望するならまずはその会社がどんな会社なのかを知ることからはじめましょう。転職先の会社がどんな職場環境でどんな雇用体系なのかを知ることは転職活動の基本です。

ここではトヨタ自動車の会社概要を簡単にわかりやすくまとめてみたいと思います。

トヨタ自動車の企業概要

トヨタ自動車は、1962年創業の世界最大手、国内でも単一メーカーとしては最大の自動車メーカーです。あとで説明しますがトヨタ自動車には多くのグループ企業、関連会社があります。その事業展開は驚くほど幅広く、知れば知るほどそんなところまでトヨタが関連していたのか!と思うほどです。

そんな多数におよぶグループ会社の中核的存在でもあるのがトヨタ自動車です。本社は、愛知県。2017年3月時点では単体でおよそ1万4000人の従業員が在籍しています。勤続平均17年で、平均年齢は39.4歳と比較的若手の多い企業であることがわかります。

この平均年齢で年収の平均がおよそ800万円と高収入です。これは転職を考える人にとっては魅力的ですね。

トヨタ自動車を支える3つの柱

トヨタ自動車では現在、2020年に向けたビジョンとして3つのユニットを中心に企業の成長を目指しています。トヨタ自動車に転職を考えているなら、基本的な会社の理念については知っておいたほうがよいでしょう。以下に簡単に説明しておきますので面接対策のための参考にしてみてください。

ソリューション

産業車両や繊維機械の開発生産を含むユニット。販売やサービスも一貫して担当していて、トヨタ自動車独自の事業として確立されています。中でも産業車両部門の担当するフォークリフトは国内販売数No.1。繊維機械部門では、エアジェット織機が世界市場シェアNo.1を誇っています。

キーコンポネーション

カーエアコン用のコンプレッサーやエレクトロニクス事業を中心に展開されているユニット。世界の自動車メーカーを中心に幅広い顧客を持ち、トヨタ自動車独自の技術を商品として提供しています。

モビリティ

自社用の車両やエンジンの生産を担当する事業ユニット。生産性が高い点を強みとしており、トヨタ車全体の競争力向上に貢献しています。

『トヨタ自動車』の福利厚生や社内環境をのぞき見!

転職するとなると、やはり企業の福利厚生や雇用体系が気になるところだと思います。また、それ以上に社内の雰囲気や環境がどのようになっているかは重要なチェックポイントですね。

あとで詳しく説明しますが、転職をサポートしてくれる転職エージェントは、求人には表記されることのない現場の雰囲気などについても把握しており、アドバイスをしてくれるケースが多々あります。

ここでは、さまざまな転職エージェントの目線でみたトヨタ自動車の福利厚生、社内環境についての情報をまとめて紹介したいと思います。

福利厚生はどう?

トヨタ自動車に限らず関連グループ会社の福利厚生も含めて、全体的にとても高い評価を得ています。まず、働く上で重要な食事。これは社員食堂が充実しており、低価格でよいものが食べられるという声が多いようです。一部では200〜300円ほどで食べられるとの情報もあります。

また、社員寮や社宅もとても充実しています。独身寮もあります。家賃も安く、ホテルのように綺麗だという声も。住宅手当も充実しているようなので自分で家を借りるよりも経済的に生活することができるのもメリットです。

さらに保養所関連は、会社所有、契約とさまざまな場所にあり、長期休暇には予約を取るのが難しいほど人気となっています。トヨタが経営する保養所関連の求人もあります。

職場の雰囲気はどう?

トヨタ自動車の職場環境を聞いた質問の回答として、一番多く見られたのは、イベントが多いという声です。慰安旅行、飲み会、運動会、駅伝大会、夏祭りなど会社が行うイベントが年間に多数開催されています。

強制参加ではないようですが、部署によっては若手が駆り出されることも。こうしたイベント参加が苦手という人にとっては少し考えどころかもしれませんが、イベントが好きな人にとっては問題ないでしょう。また、家族参加もできますので家族サービスの一環としてイベントに参加するという人もいるようです。

こうしたイベントをきっかけに社内恋愛に発展するというケースもあるようです。会社的には社内恋愛には比較的寛容との声もありますが、これは個々のケースにもよると思いますので一概には言えません。部署が近いと結婚した場合には、どちらかが移動になるケースもあるようです。

気になる年収!トヨタ自動車に転職して年収アップ?

転職で気になるのはなんといっても年収ですね。今の仕事と比べて少しでも年収がアップすればさらに仕事へのモチベーションがアップするでしょう。

自動車業界全体の平均年収とトヨタ自動車の平均年収のおおよその推測値を年代別に見てみると次のようになります。

年齢トヨタ自動車自動車業界
20〜24歳475万円463万円
25〜29歳704万円578万円
30〜34歳822万円663万円
35〜39歳888万円711万円
40〜44歳945万円776万円
45〜49歳1039万円832万円
50〜54歳1101万円883万円
55〜59歳1032万円858万円

一部の情報を元に算出した推測データではありますが、トヨタ自動車と一般的な自動車業界の平均年収を比べるとおおよそこのくらいの差額が生じることになると考えられます。若いうちはさほど差がないようにも思えますが、40代に入ると一気に差が広がり、40代後半ではトヨタ自動車は年収1000万円を超えています。

トヨタの実情を知れるおすすめ口コミサイト

このようにトヨタ自動車、関連グループ会社に関する情報、口コミをたくさん見ることができるのが、キャリコネという企業の口コミ・求人サイトです。トヨタ自動車に関しては、およそ200件の現役、OBの口コミを見ることができます。ただし、口コミを見るにはキャリコネに登録する必要があります。登録は無料なので気になる人は登録してみましょう。

また、キャリコネにはキャリコネ転職という転職エージェントも存在します。トヨタ自動車への転職を希望している場合、口コミサイトで情報を収集するのもよし、転職エージェントに登録して実際にアドバイザーから企業の情報を聞くのもよいでしょう。

『トヨタ自動車』で行われる選考とは

さて、ここからはトヨタ自動車に転職する際に参考になる情報について具体的に見ていきたいと思います。トヨタ自動車に的を絞って転職活動をする上で、企業側の欲しい人材や採用に関する方針などを知っておくことはメリットになるでしょう。

具体的に書いておきますのでぜひ参考にしてみてください。

トヨタ自動車の採用方針

どんな企業に転職する際でも、転職を成功させるには書類選考、面接に対する対策をしっかりと練っておくことが重要です。その1つとして、まず企業側の採用方針を知っておくことが大切です。

トヨタ自動車の採用方針を一言でまとめると「積極性とチャレンジ精神」です。これらがあるかどうかを重視するのがトヨタ自動車の方針です。

この方針は、トヨタ自動車を設立した豊田佐吉の幼い頃のエピソードと絡めて語られることが多いです。これも知っているのと知らないのとでは実際に面接に挑んだ時にいざという時に役立つ可能性がありますので紹介しておきます。

豊田佐吉は、幼い頃から母親が手織の織機で苦労する姿を見て育ったといいます。この母のために「なんとか母の仕事を楽にできる織機を発明できないか」と考えた佐吉は織機の研究を始めました。

当時は決してお金持ちではなかった豊田家。そんな生活環境であるだけでなく、当時は新しい研究開発というのは周りからの理解も得られずに非常に困難を極めたとのこと。つまり新しいことをはじめるには困難はつきものだということですね。佐吉はそんな困難な研究だったにも関わらず、最後まで諦めることなく研究を重ね、結果的に自動織機の開発に成功しました。

こうしたエピソードから、トヨタ自動車ではどんなことがあっても会社の目標、自身の目標に向かって「積極的にチャレンジする姿勢」、これを重要視する傾向にあります。

面接ではどんなことを聞かれる?

「積極性とチャレンジ精神」が採用方針だとわかったところで、では実際に面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか。転職希望者としては、ここが一番知りたいところですね。

現役OBから集めた情報をまとめてみると以下のような内容になります。

  • トヨタ自動車を選んだ理由
  • 自動織機についてどの程度理解しているか
  • 現在の職場でのコミュニケーションの取り方
  • 今までどのようなことに取り組んできたか
  • モチベーションの保ち方について
  • 前職での勤務状況(残業時間など)

これ以外にも技術職への転職では、技術に関する具体的な質問が行われたり、営業職では以前の顧客との関わりについてなどかなり突っ込んだ内容の質問をされることもあるようです。

実際に内定を獲得した人の回答の傾向としては、奇をてらうよりも思ったことを素直に率直に語った方が印象がよいとの声が多くみられました。

特にこれまでの仕事に対する姿勢、これからの仕事に対する姿勢や意欲はしっかりとアピールした方がよいでしょう。特に技術系であれば自分の持っているスキルをトヨタ自動車でどのように活かすことができると考えているのか、どのようなことに挑戦してみたいと考えているのかを明確にしておくとさらによいですね。

『トヨタ自動車』の求人内容

ではこの辺りで、トヨタ自動車の具体的な求人を例に挙げてその内容を見ていきたいと思います。

トヨタ自動車では「キャリア採用」という採用枠を設けています。これまで実績を積んできた人を積極的に採用しようという求人です。ここではこの求人について掘り下げてみたいと思います。

募集要項

「キャリア採用」の応募資格は、大学院、大学卒で募集職種に関する経験があることです。募集職種については豊田自動織機のHPで確認することができます。

募集要項にあるそれぞれの要項について簡単にまとめておきます。

給与これまでの経験・年齢・能力を考慮して決定
諸手当通勤手当、家族手当、役職手当、資格手当、時間外勤務手当など充実しています
昇給と賞与昇給は4月に1回、賞与は7月と12月の年2回
勤務時間基本的には8時〜5時の8時間。ただし、部署によってはフレックスタイム制がある場合もあります
休日休暇完全週休2日制(土曜、日曜、祝日、GW、夏季、年末など)有給、特別休暇制度もあります。
保険雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
福利厚生独身寮、社宅(3DKなど)、社内預金・財形・持株・住宅資金貸付制度、車両購入資金貸付制度、社員クラブ(多目的ホール・レストラン・アスレチックルーム・室内プールなど完備)、総合体育文化センター、グラウンド、テニスコート、保養所、体育クラブ、文化クラブなど

と、かなり充実した内容となっています

応募から採用までの流れ

トヨタ自動車の求人に応募した場合、どのような過程をへて採用となるのでしょう。ここでは「キャリア採用」の応募から採用までの流れについてまとめておきます。

書類選考

まずはどこの企業でもある「書類選考」です。必要な書類は、

  • 履歴書(自筆に限る)
  • 職務履歴書

応募書類については、所定のフォーマットがある場合もありますのでHP上などでしっかりと確認する必要があります。履歴書については一般的なものと変わりはありません。個人情報、学歴、職歴、免許・資格、自己アピールなどを記入します。自筆での記入が必須ですのでフォーマットを印刷してから記入しましょう。

職務経歴書についても同様です。内容は、前職についていた期間、担当製品、担当業務、環境/ツール、活かせる経験・知識・技術、資格、自己PRとなっています。

トヨタのような人気企業では、職務経歴書はかなり質の高いものにしておく必要があります。職務経歴書の質を高めるためのノウハウは、こちらの記事で解説しています。転職の成否を分ける職務経歴書のマナーおさらい

書類選考の合否についてはメールで通知されることもあるようですので、毎日確認するメールアドレスを記入しておきましょう。

一次選考

書類選考に合格した人には、一次選考の通知が案内されます。一次選考では以下の2つのテストが行われます。

  • 職場面接
  • 適性検査

職場面接については、個人か集団かは公表されていませんが、どちらにしてもしっかりと自分をアピールすることが大切です。

一次選考の合否についてもメールで通知されることがあります。

最終選考

一次選考に合格した人には、最終選考の通知が案内されます。最終選考は面接です。ここまでくればあと一歩です。最終選考に合格した場合には、内定となり、内定関係書類を記入することになります。

最終選考を突破する方法が知りたい方は、こちらの記事で詳しくまとめています。

転職の最終面接で絶対やってはいけないこと&よくある質問の全対策

『トヨタ自動車』に転職するには

さて、ここまではトヨタ自動車の職場について、採用についてと順をおって見てきました。ここからはいよいよトヨタ自動車に転職するためのポイントについてまとめていきます。

トヨタ自動車の採用枠

まずはトヨタ自動車にはどのような求人があるのか簡単にまとめておきます。

調達国内外に置ける調達業務及び調達支援業務。部品、材料、生産用設備、IT分野での取引先決定、価格決定、品質向上活動、原価低減活動、サプライチェーン管理等を行います。
品質保証品質保証に関わる全社的な企画、人材育成、顧客の要望や各国の法規をよく理解し、材料、部品機能、車両特性などのあらゆる面を考慮した品質向上活動、製品および仕事の質を監査し改良する活動
サービス企画商品、サービス企画およびビジネスモデルの策定、サービスのラインナップ、展開、導入計画の策定、各国関係事業体との調整等
施設管理トヨタが所有する施設(建築、設備)の保全、改修、新設計画、及び日常運転業務の管理、運営
環境管理トヨタが所有する施設の環境管理業務(法令順守、CO2や廃棄物の管理/削減、地域への環境異常防止等)、EMS(環境管理システム)の運用管理、社内監査対応
システム開発テレマティクス、IoTサービス、データセンター等の各種システム開発業務
生産技術開発 エンジン、ドライブトレーン、ハイブリッド、燃料電池などのユニット生産技術開発及び生産準備業務(生産プロセス、工法、設備)、車両(プレス、ボデー、塗装、内外装、組立等)の生産技術開発や生産準備業務(生産プロセス、工法、設備)

これ以外にも数多くの部門での採用があるのがトヨタ自動車の求人の特徴です。技術開発以外にも経理、法務、営業、マーケティングなども随時募集されています。

転職を成功させるために

トヨタ自動車への転職を希望している場合、自分の力だけで転職しようと頑張るのも1つでしょう。ただ、やはり大手企業というだけあって競争倍率がかなり高いことは覚悟した方がよいです。

実績やスキルがあってもそれをうまくアピールできなければライバルに勝つことはできません。おそらくあなたの持っている実績やスキルと同等のものを持つライバルは多数いるでしょう。その中でいかに光る存在であるかということをアピールするかが重要になってきます。

では転職活動はどのように進めるのがよいのでしょうか?

転職サイトで求人を探して自分で履歴書や職務経歴書を作成して応募する。これが一番オーソドックスな転職活動でしょう。ただ、多くのライバルを抜いて最終選考まで辿り着くには普通の転職活動をしていてはなかなかうまくいかないケースも多いのが現実です。

どうすればトヨタ自動車のような大手企業への転職を勝ち取ることができるのか。それは、プロの力を借りることです。

転職のプロいわゆる転職エージェントです。

転職エージェントは、その企業に関する情報を多数持っています。そのため、書類の書き方1つとってもトヨタ自動車向けのアピールの仕方というものを知っています。せっかく時間をかけて書類を作るのであれば少しでも合格に近い内容の書類を書きたいものです。

つまり、トヨタ自動車への転職を勝ち取るためには転職エージェントの力を借りるのが効率的かつ得策であるといえるのです。ほとんどの転職エージェントは無料で利用できますので、これを利用しない手はありません。

『トヨタ自動車』の転職に強いエージェントはどれ?

ただ、一言で転職エージェントといってもWeb上には数多くの転職エージェントが存在します。トヨタ自動車に絞って転職活動をする場合、一体どこのエージェントを利用すればよいのかと迷うでしょう。

そこでここからは、トヨタ自動車の転職に強い転職エージェントをいくつか紹介してみたいと思います。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

トヨタ自動車グループ会社・関連企業

トヨタ自動車に転職しようと考えて求人を探していると、色々な求人に出会うと思います。トヨタは大きな会社ですので、グループ会社や関連企業も多く持っています。そうした企業の求人も多く出ていますので、転職活動をする中で今まで知らなかったトヨタ関連の企業に出会うこともあるでしょう。

トヨタというと車や機械関連というイメージが強いですが、実はそれ以外にも多くの事業を展開しています。ここでは転職の1つの指標となるようにグループ会社、関連企業について簡単にまとめておきたいと思います。

自動車関連企業

トヨタグループには、愛知製鋼、トヨタ車体、トヨタ通商、デンソー、トヨタ紡績、日野自動車、ダイハツ工業、トヨタ自動車九州などこれ以外にも多くの自動車関連企業があります。

また、GAZOO、T-UP、 TOYOTA Rent a Car、プレジャーボートなどのHP運営も行なっています。

住宅関連企業

トヨタは住宅関連事業も手がけています。主にはトヨタウッドユーホーム、トヨタすまいるライフ、トヨタT&S建設となっています。不動産関係では、東和不動産もあります。

金融関連企業

トヨタ自動車の車をローンで購入したkとがある人は知っているかもしれませんが、トヨタ自動車は独自の金融事業も展開しています。

トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスがその代表です。

情報通信、ITS関連企業

トヨタ自動車が手がける情報通信・ITS関連事業はかなり幅広く展開されています。一部を紹介すると以下のような企業があります。

KDDI、トヨテック、ひまわりネットワーク、ラティス・テクノロジー、エイム、サンリツオートメイション、日本緊急通報サービス、トヨタケーラム、トヨタコミュニケーションシステム

学校法人

トヨタは学校経営をしていることを知っていますか?かなりの数の学校関連事業を展開しています。主には整備など自動車に関連する学校ですが、一部で海陽学園、海陽中等教育学校の経営にも関わっています。

それ以外では、トヨタ学園豊田工業大学、トヨタ神戸整備学園、トヨタ東京整備学園、トヨタ名古屋整備学園、トヨタドライビングスクール、中部日本自動車学校など自動車学校などの経営も行なっています。

さて、いかがでしたでしょうか?トヨタ自動車への転職と一言でいってもかなり幅広い業種があり、色々な方法での転職方法があることがわかって頂けたのではないでしょうか?

トヨタは大手企業であるため、敷居が高く転職するのも難しいと諦めかけている人もいるかもしれませんが、これだけ多くの関連会社やグループ企業があるので自分に合った求人が見つかる可能性は高いです。

あとは、どのように転職活動を進めていくかということになるでしょう。

いきなり自己流で転職を進めるのは難しいと思います。大手だからこそ求人が多いというメリットがある反面、その求人に応募する人も多いというデメリットもあります。つまりライバルが多いということですね。

そんなライバルたちの中でいかに自分をアピールして難関を突破するか、そこがトヨタ自動車に転職するための鍵になるでしょう。

上で紹介したように、トヨタ自動車への転職を希望するならぜひ転職エージェントを利用してみてください。関連会社が多いだけに企業の情報をまとめるだけでも自分ではなかなか難しいでしょう。

面接対策といっても一体どんな角度からどんな内容のことを聞かれるかなどまったく検討がつかないと思います。そんな困りごとを解決してくれるのが転職エージェントです。

このサイトでは、特にトヨタ自動車への転職に強いエージェントをいくつか紹介していますので、うまく利用して効率的に転職活動を進めてください。