ヤフーへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?成功のコツ3つを解説

人気企業のヤフーに転職したいと考えています。難しそうですが転職は可能なのでしょうか?
ヤフーは今でも多くの人材を募集しています。そのため対策をすれば転職することも可能ですよ。

キャリアコンサルタント

具体的にはどのような対策をすれば良いんでしょうか?
企業情報の収集や面接対策が必須です。成功のポイントをこれから具体的にご説明します。

キャリアコンサルタント

ヤフーほどの人気企業だと、初めから中途で転職するのは無理かも、と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、ヤフーへの転職は難易度の高いものではあります。ただ、対策をすれば不可能なものではありません。ヤフーの基本情報と転職法をご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

ヤフーへの転職は可能?データから難易度を検証

ヤフーへの転職は可能なのでしょうか?公開されているデータから転職の難易度を検証します。

幅広い求人はあるものの公開での正社員は少ない

公式サイトを確認してみると、幅広い求人が公開されています。そのため公式サイトからヤフーの転職に応募することは可能です。

ただ、公式サイトに掲載されているのは正社員以外が多数を占めています。契約社員など有期雇用の求人が公開されています。

ここから判断できるのは、正社員で転職したいと考えているのであれば選択肢は絞られて応募が殺到する可能性があるということです。

公式サイトを見ることで求人が多い企業との印象を受けるかもしれません。しかし、実は思ったよりも限られた求人しかありませんので注意しておきましょう。

ヤフーへの応募条件

公式サイトを確認してみるとヤフーへの応募条件は以下の通りです。

採用ポジション応募条件
ポテンシャル応募時30歳以下で、新卒/既卒/就業経験の有無に関わらず、多彩な経験を通じて一緒に成長していける人財を募集しています。
キャリアこれまでの経験を活かして、人々や社会の課題を解決していける人財を募集しています。

求人は大きく分けてポテンシャル採用とキャリア採用に分けられています。このような分け方をしているのはヤフーに限ったことではありません。

ポテンシャル採用では経験者かどうか問われていません。若いうちにヤフーに転職し、そこから新しく経験を積みたい人が求められています。

キャリア採用では今までの経験が求められています。つまり即戦力になる人が求められています。

ヤフーの事業内容や職場環境は?

転職に際して、ヤフーの事業内容や職場環境を確認しておくことは重要です。ヤフーの基本情報について以下ではまとめていきます。

ヤフーの企業概要

四季報などに公開されている情報によるとヤフーは以下のような企業です。

社名ヤフー株式会社
本社所在地東京都千代田区紀尾井町1-3東京ガーデンテラス紀尾井町
代表者宮坂学
設立1996年1月31日
資本金84億28百万円
売上8,537億30百万円
従業員7034名
事業内容インターネット上の広告、eコマース など

ヤフーの事業内容

ヤフーの事業内容は大きく分けると以下の通りです。

  • インターネット上の広告提供
  • eコマース事業の提供
  • 会員サービス事業

ヤフーといえばポータルサイトのYahoo!JAPANの運営などが強く印象に残っていることでしょう。そのためYahoo!JAPANを運営するサイトと捉えられることがあります。

しかし、実際にはインターネット上の広告全般や会員サービス事業を幅広く運営しています。また、eコマース事業も展開しています。

例えばアスクルなどもヤフー株式会社ではないものの、ヤフーと連携して提携されているサービスです。

ヤフーの職場環境

ヤフーはワークライフバランスの適正化に力を入れています。そのため、IT企業ですが比較的残業時間も短く働きやすい環境が整っています。

またIT企業の中でも比較的平均年齢が低いですので、若い世代も活躍しやすい環境が作られています。外資系企業の日本支店扱いですので、ある程度外資系の流れを汲んでいます。

加えてワークライフバランスの適正化など日系企業で重要視されている課題にも取り組んでいます。つまり、外資系企業と 日系企業の特徴を持った企業だと表現できます。

日系企業の特徴を持った企業ではありますが、外資系企業の流れから福利厚生などはあまり充実していません。

しっかりと働きしっかりと給料をもらい、その給料でプライベートな時間を過ごすという考え方がありそうです。

従業員平均年齢や平均年収

従業員平均年齢や平均年収は公式発表によると以下の通りです。

平均年齢35.5歳
平均年収714万円

ヤフーは日本の中でも大手企業ですが、従業員平均年齢は低めです。大手企業は平均年齢が高いこともありますが、ヤフーの場合は異なります。

また平均年収は外資系ということもあり高めに設定されています。ただ、外資系IT企業の全体で考えると、特別ヤフーが高いわけではありません。

ヤフーへの転職を成功させる方法

ヤフーへの転職を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。転職を成功させるためのコツはいくつもあります。

ここではそれらの中でも、特に意識してもらいたいものをご紹介します。

面接で聞かれやすい質問への対応をする

ヤフーは申し込みも多い人気企業の一つです。そのため転職を成功させるためには、面接でより良い印象を持ってもらうことが大切です。

他の人よりも良い人材であることを面接の場でアピールしなければ、面接で打ち勝つことに繋がらず転職が成功する可能性が下がります。

面接の場でより良い人材のアピールをするためには、面接で聞かれやすい質問への対策をしておくことが大切です。

例えば以下のような質問に対して対策をしておくと 面接で有効です。

  • 外資系IT企業の中でもヤフーを選択した理由
  • キャリア採用であれば今までの経験がどのように即戦力になるのか
  • これからのキャリアパスやビジョン

外資系のIT企業は多数存在しています。その中でもWeb系のヤフーを選択した理由は自分なりの言葉で説明できることが望ましいです。

他にも、キャリア採用であればこれからどのように発展に貢献していけるのかも考えておくと良いでしょう。

外資系企業の要素が強いわけでは無いと理解しておく

ヤフーは外資系の企業です。そのため多忙でも実力があればしっかりと給料が高まると考えて転職する人も少なくはありません。

しかし給料面などを踏まえると外資系の要素が全面に出ているわけではありません。給料は外資系IT企業と比較すると低めです。

ただ、その反面で福利厚生は少なめであるなど外資系の要素が出ている部分もあります。

外資系だと思って転職をすると、入社してからギャップを感じる可能性があります。記事上部の会社概要をよく読んで、企業の特徴を理解しておきましょう。

転職エージェントや転職サイトに登録する

ヤフーへの転職を考えている のであれば、転職エージェントや転職サイトに登録することは忘れないようにしましょう。

ヤフーの場合、公式サイトから求人に申し込みすることも可能です。ただ上記でもご紹介した通り、正社員は少なく以外にも選択肢は少ないです。

そのため、公式サイトから申込みをするよりも転職サイトや転職エージェントを利用して、求人を幅広く集めようとすることが大切です。

特におすすめしたいのは、転職サイトよりも転職エージェントを利用することです。転職エージェントは自分で求人を探し出すだけではなく、エージェントの担当者から求人を紹介してもらうことが可能です。

利用に合わせてヒアリングなどもありますので、ヒアリング時にヤフーへ転職したいことを伝えておくと、ヤフーの求人を中心に非公開求人を含めて紹介してもらうことが可能です。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは求人が紹介してもらえるだけではありません。その他にも多くのメリットがあります。 例えば以下のようなメリットが存在しています。

  • 応募から面接の日程調節まで幅広く対応してもらえる
  • 応募書類の添削や面接の対策をしてもらえる
  • 企業の風通しの良さなど、外からは知りにくい内部の状況を教えてもらえる
  • 求人とのミスマッチが減る

転職エージェントに登録するとこれらのメリットを無料で受けられます。有料だと躊躇してしまう人がいるかもしれませんが 、無料ですので気軽に利用可能です。

無料のサービスに登録することでこれだけのメリットが受けられて転職が成功する可能性が高まります。デメリットはありませんので、ヤフーへの転職を考えているのであれば必ず登録しておきましょう。

ヤフーへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト3選

ヤフーへの転職では転職エージェントを利用することがおすすめです。ハイレベルな転職活動が求められますので、転職エージェントでしっかりとサポートを受けましょう。

ヤフーのように大手商社への転職では、それに対応できる転職エージェントを選択しなければなりません。ここではおすすめの転職エージェントをご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ヤフーへの転職は優良エージェントの利用が必須!

ハイレベルな転職活動を自力で続けることは難しいです。ヤフーのように高いスキルが求められる企業への転職では、そもそも一人では歯が立たないこともあります。

一人で転職活動が上手く進まないのはやむを得ないことです。転職に必要な知識が揃っていないだけだと割り切って転職活動を進めましょう。

不足している部分は、転職エージェントを利用することで補えます。転職活動で不安な点も、転職エージェントを利用してサポートを受けながら進めましょう。