医師の転職・よくある失敗例5つ|成功に導く方法をプロが解説

医師が転職で失敗しないためには、失敗例を反面教師にして、同じ轍を踏まないようにすることが必要です。

この記事では、医師の転職でよくある失敗例を5つ紹介し、医師の転職で多い失敗例と対処法・防止法を明らかにします。

この記事を最後までお読みいただき、医師の転職の成功につなげてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

医師の転職・よくある失敗例5つ

医師の転職で失敗しやすい例として、いくつかのパターンが存在します。

失敗例を知って背景を分析すれば、転職の失敗を防げます。

ここでは、医師の転職の失敗でよくあるパターンを5つ紹介します。反面教師としてお役立てください。

医師の転職失敗例①勤務形態が聞いていた内容と違った

医師の転職の失敗で多いのは、勤務形態の実態が事前に聞いていた内容と違っていたというものです。

知人からの紹介や、ノルマ優先で評判が悪い転職エージェントを利用すると、聞いていた内容と実態が異なることはよくあります。

常勤と聞いていたのに実際は非常勤だった、逆に非常勤と聞いていたのに実際は常勤だった、といったことが典型例です。

勤務形態が聞いていた内容と違っても、雇用契約を締結すると本意ではない働き方を余儀なくされてしまいます。

この失敗例から学べることは、知人から紹介された勤務条件・仕事内容を鵜呑みにせず、自分でしっかり確認することが必要なことと、評判が悪い転職エージェントの利用は避けることです。

医師の転職失敗例②キャリアアップに繋がらない仕事内容だった

医師はキャリアアップを目指して、より高度な医療・研究ができる病院などに転職することがあります。しかし、紹介された医療機関の仕事内容がキャリアアップにつながらないという転職の失敗例があります。

専攻している診療科目を究めて専門医になろうと思っていたのに、転職してみるとこれまでのキャリアを全く活かせなかったり、転職先の職場が忙しすぎて専門医試験を受験できないようなことが典型的な失敗例です。

このような医師の転職の失敗を防ぐには、転職先の仕事の実態や設備概要、研究内容を事前に確認しなければなりませんが、現職の診察などで多忙を極める医師が自分で確認することは容易ではありません。

信頼できる転職エージェントを利用することで、このような失敗は防げます。

医師の転職失敗例③年収があがると思ったら下がってしまった

年収アップのために転職する医師は多いですが、転職してみると上がるはずの年収が逆に下がってしまう失敗例もあります。

求人票に掲載されている給料はあくまでも一例で、一定の条件を満たした時に得られる最高額です。求人票に掲載された給料がその通りに支払われるとは限りません。

実際に支給される給料は、雇用契約締結前に条件交渉をして決めます。交渉しなかったり交渉力が弱かったりすると、不本意な給料になってしまうことがあります。

このような失敗を防ぐには、入職前に自分で譲れない線を決めて条件交渉をするか、信頼できるエージェントに条件交渉を代行してもらうことが必要です。

実績が豊富で信頼できる転職エージェントは条件交渉を得意としており、年収アップにつながる交渉を医師に代わって行ってくれます。

医師の転職失敗例④イメージと違ったが知人の紹介なので辞めにくい

知人の紹介で転職すると、転職先の仕事内容や職場の雰囲気がイメージと違っていた場合でも、簡単には辞められません。

特にお世話になった人や上司の紹介で転職すると、辞めたくても辞められないことはよくあります。

短期間で辞めると紹介してくれた知人の顔に泥を塗る結果になり、今後の人間関係に悪影響が及んでしまいます。

このような医師の転職の失敗を防ぐには、知人からの紹介で転職するのはなるべく避けるしかありません。

もちろん、大変お世話になっている方からの紹介は無下に断ることはできませんが、そのような場合は先手を打って転職先を早く決めてしまいましょう。

信頼できる転職エージェントを利用すると、早く転職を決められます。

医師の転職失敗例⑤激務だった

医療機関は人手不足が深刻で、現場の医師や看護師が激務になっています。

医療機関は人手不足解消のために医師を募集するので、転職後の職場が激務であることは予想ができます。

しかし、転職先を紹介してくれた知人や転職エージェントの話では「それほど忙しくはない」と聞いていたのに、実際は食事も満足に取れないほど激務であった場合は「話と違う」と思ってしまいます。

このような失敗例は最近特に増えており、とにかく早く医師を確保しようと思い、激務であることを隠して募集をかける医療機関は多いです。

このような転職の失敗を避けるには、現場の実態を知り尽くしている転職エージェントを利用するしかありません。

医師が転職に失敗しないための方法

医師が転職で失敗しないためには、医師の転職に特化した信頼できる転職エージェントを利用するのが最善の方法です。

ここでは、医師が転職に失敗しないための具体的な方法をいくつかご紹介します。

知人のツテで転職しない

知人の紹介だと転職しやすいのは事実ですが、紹介された転職先が必ずしも自分の希望と合致しているとは限りません。

転職先が希望と合致していなくても、紹介してくれた知人の手前もあり、簡単に辞められずに後悔してしまいます。

知人のツテを頼って転職をすると、人間関係のしがらみで思い通りにならないことが多いので、転職先は自分で探すのが賢明です。

自分が探した転職先であれば、人間関係に縛られることはなく、自分の責任で自由に辞められます。

ただし、日々の仕事が忙しく、自分で転職先を探す暇がない医師は多いでしょう。

そのような医師にとって頼りになるのが、医師の転職に特化した転職エージェントです。

まずはアルバイトで職場を見るのも手

医師の転職に限ったことではありませんが、転職先の職場の実情は、実際に働いてみないとわかりません。特に職場の人間関係などは、実際に内部に入ってみないと分かりません。

医師が転職先の実情を知るには、まずはその職場にアルバイトとして働いてみるという方法があります。

アルバイトで組織の内部に入れば、仕事内容や職場の人間関係などが肌で実感でき、自分に合っている職場なのか確認できます。

医師がアルバイトをする場合も知人からの紹介は避けた方が良く、信頼できる転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、時給や勤務時間などの希望に合致するアルバイトを無料で紹介してもらえます。

医師専門転職エージェントに相談するのが一番おすすめ

転職エージェントは、転職を希望する医師と医療機関の間を取り持つ仲人のような存在で、医師の希望に合致する医療機関を無料で探してくれます。

転職エージェントは数多く存在しますが、医師の転職に特化した転職エージェントがあり、医療業界を知り尽くしているキャリアアドバイザーが医師の転職をサポートします。

医師専門転職エージェントは、忙しい医師に代わって希望に合致する転職先を探し、面接の日程調整や気が重い条件交渉なども代行してもらえます。

医師専門転職エージェントを上手に活用することで、仕事を続けながら転職活動を同時に行えるようになるでしょう。

転職に失敗しないためにも、まずは医師専門転職エージェントにご相談ください。

医師専門転職エージェントで確認すべき事項は?

医師が転職活動する際は、数ある医師専門転職エージェントの中から信頼できる医師専門転職エージェントを選ばなければなりません。

見当違いな転職エージェントに当たらないために、医師専門転職エージェントは選び方が大事です。

医師専門転職エージェントの選び方のポイントは以下の5点です。

  1. 実績が豊富
  2. 公開求人の件数が多い
  3. 非公開求人の件数が多い
  4. キャリアアドバイザーの質が高い
  5. 運営会社の信用力が高い

この5つの条件を全てクリアしている医師専門転職エージェントは信用しても良く、医師の転職をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

なお、医師専門転職エージェントは無料で利用できるので、1社だけでなく複数のエージェントに登録することを強くおすすめします。

医師の転職を絶対失敗させない転職エージェント5選

医師の転職の失敗を防ぐには、医師の転職に特化した転職エージェントの利用が最善の方法です。

医師が転職で失敗しないようにするには、以下の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

できれば全てに登録することが望ましいですが、最低でも3社に登録することで医師の転職の失敗を防止できるでしょう。

医師の転職におすすめ①エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは医師専門転職エージェントの代表的な存在で、28万人以上の医師が登録しています。

運営会社のエムスリー株式会社は、長年にわたって医師紹介事業を展開している東証一部上場企業で、運営会社の実績と信用性は抜群です。

エムスリーキャリアエージェントの求人数は15,114件(令和2年1月20日時点)もあり、全て医師に特化した求人です。非公開求人も含めると医師求人の多さは中小のエージェントを圧倒します。

在籍しているキャリアアドバイザーの質は高く、医療業界コンサルに特化した経験豊富な専任コンサルタントが医師の転職を成功に導いてくれます。

登録すると専任コンサルタントが非公開求人を含んだ求人の中から、条件に合致する仕事を探してくれますので、必ず登録しておきましょう。

医師の転職におすすめ②リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、株式会社リクルートが100%出資して運営している医師専門転職エージェントで、求人数は17,556件(令和2年1月20日時点)もあります。

リクルートドクターズキャリアは30年以上の実績があり、医療業界との間に太いパイプを構築しており、医療関係者からの信頼性は抜群です。

非公開求人は10,000件以上もあり、登録すると医師転職専門のキャリアアドバイザーが希望に合致する転職先を紹介してくれ、条件交渉も代行してもらえます。

リクルートドクターズキャリアは非常勤の求人が多いことが特徴ですので、条件の良いアルバイトを探している医師は登録をおすすめします。

医師の転職におすすめ③マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは大手人材サービスのマイナビが運営する医師専門転職エージェントで、20,000社を超える医療機関との間に太いパイプがあります。

マイナビは医師だけでなく、看護師や薬剤師、介護士など医療に関係するあらゆる仕事の人材サービスを展開しており、職業紹介優良事業者の認定を受けています。

マイナビDOCTORは運営会社のマイナビが信頼性の高い会社であるため、ブラックな転職先に誤って転職することがなく、安心して利用できる医師専門転職エージェントです。

医師からの人気が高いクリニックや産業医、老健などの求人が充実しており、専任のキャリアパートナーが忙しい医師の転職を支援してくれます。

非常勤の求人数も多いので、良い条件のアルバイト先を探している医師はマイナビDOCTORに登録すると良いでしょう。

医師の転職におすすめ④民間医局

民間医局は医師や看護師の職業紹介をしている株式会社メディカル・プリンシプル社が運営する医師専門転職エージェントで、約124,000人の医師が登録しています。

約13,000の医療機関と契約しており、常勤の求人数は10,753件(令和2年1月21日時点)もあります。非常勤の求人も豊富で、非公開求人が多いです。

民間医局に登録すると、各種日程調整や条件交渉など面倒なことは全て担当のエージェントが代行してくれるので、普段の仕事を続けながら転職活動やアルバイト探しができます。

民間医局に登録して会員になると、医師賠償責任保険の提供やお得な福利厚生サービスなども利用できるため、登録しておいて損をすることはありません。

医師の転職におすすめ⑤DOCTOR VISION

ドクタービジョン

DOCTOR VISION(ドクタービジョン)は東証一部上場の日本調剤のグループ企業で、高額給与求人や人気エリア求人などの情報に強みがあります。

職業紹介優良事業者認定を取得しているので安心して利用でき、登録すると経験豊富なコンサルタントが医師の転職やアルバイト探しを全面的に支援してくれます。

日本調剤グループの強みを活かし、医療機関と徹底的に情報共有していることが特徴で、正しい情報を提供しているので、雇用のミスマッチの防止につながっています。

コンサルタントの質は高く、正確な情報を提供してくれますので、知人の紹介などで転職をして苦い経験をされた医師は、DOCTOR VISIONに登録すると転職の失敗を防げるでしょう。

医師が転職に失敗しないためにはまず転職エージェントに相談を!

医師の転職の失敗を防ぐには、信頼できる転職エージェントを利用することに尽きます。

知人の紹介や信頼性が低い転職エージェントの紹介で転職をすると雇用のミスマッチが発生する可能性が高く、転職してから後悔することになるでしょう。

この記事で紹介した転職エージェントは、運営会社がしっかりしており、求人数が多く、キャリアアドバイザーの質が高いエージェントばかりです。

5社全てを登録することが望ましいですが、最低でも3社登録しておくと、医師の転職やアルバイト探しの失敗を防ぐことに役立ちます。

信頼できる転職エージェントの力を借りて、転職の成功につなげてください。