医師の転職理由ベスト10|成功・失敗する医師の違いとは?

医師の転職の理由はさまざまですが、どういった理由で転職をする医師が多いのでしょうか?中には「医者をやめたい…」と医者以外の職業を目指す方もいるようです。

医師の転職理由を知っておくと、自分が同じ境遇になった時の対処法がわかります。

この記事では、医師の転職理由ベスト10を紹介し、さまざまな理由で転職を余儀なくされた時の対処法(転職方法)も解説します。

この記事を最後までお読みいただき、いざという時にお役立ていただければ幸いです。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. エムスリーキャリアエージェント ロゴ
  2. リクルートドクターズキャリア ロゴ
  3. マイナビDOCTOR ロゴ
医師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

医師転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
医師転職サイトを徹底比較!本当に使える7サイトをランキングで紹介

医師の転職理由ベスト10|医者やめたい…という人も

医師の転職理由1位:家庭環境の変化

医師の転職理由で最も多いのは家庭環境の変化です。結婚や離婚、親の介護、子供の進学などで遠方に引っ越すことになった場合、転職を余儀なくされます。

遠方に引っ越す医師は、移転先で転職先を探すことが必要ですが、見知らぬ土地で転職先の医療機関を探すのは容易ではありません。

このような場合は、日本全国を対応エリアにしている転職エージェントを利用すると、日本全国どこに転居しても、転職先を紹介してもらえます。

女性医師の場合は仕事と子育ての両立が難しくなると、子育てに理解のある職場に転職しようと考えることが多いです。この場合も転職エージェントへの相談が有効です。

医師の転職理由2位:激務

激務が理由で転職をする医師は増えています。

「激務が続いて体力が持たず、このままだと倒れてしまう」「激務の割に給料が安い」と、現在の待遇に不満を抱いているなら、転職するしかありません。

激務が理由で転職をする場合は、転職先も激務である可能性があるので、転職先の内部情報などをよく調べたうえで転職することが必要です。

知人の紹介で転職をすると、紹介された医療機関も激務である恐れがあります。知人の紹介だと簡単に辞められないので、知人の紹介で転職をするのは避けるのが賢明です。

激務が理由で転職する際は、医療機関の内部事情に精通している転職エージェントの利用をおすすめします。

医師の転職理由3位:医局を離れる

医師の転職理由では、なんらかの理由で医局や大学病院を離れることになり、他の病院に転職をするケースも多いです。

医局の人間関係に嫌気がさしたり、医局人事に不満があるなど理由はさまざまですが、一身上の都合で医局を離れる場合は、医局の上司や教授を頼って転職することは難しくなります。

医局を離れる場合は、医局を離れる前に転職先を決めておくことが望ましいです。一方、医局内の人に知られずに転職活動をするのは大変ですし、転職先が見つかった場合も円満退局するのは難しいでしょう。

このような場合は、転職エージェントを利用すると医局の人に知られずに転職活動ができ、円満退局をする方法も教えてもらえます。

医師の転職理由4位:キャリア・スキルアップしたい

キャリアアップやスキルアップをしたいという理由で転職する医師も多く、転職をすることでキャリアアップやスキルアップを果たせます。

専門医取得を考えていて、現在の勤務先では専門医取得が難しい場合は、専門医取得が可能な医療機関に転職する必要があり、自分で転職先を探すのは容易ではありません。

キャリアアップを理由に転職する場合は、しっかりとしたキャリアプランを立てたうえで転職先を探すことが必要ですが、キャリアプランを立てる際は医療業界に詳しい人に相談することが望ましいです。

転職エージェントに登録すると、医療業界に精通しているキャリアアドバイザーが医師と一緒に今後のキャリアプランを考え、専門医取得やキャリアアップを実現できる医療機関を紹介してもらえます。

医師の転職理由5位:待遇に不満

厚生労働省の「平成29年 賃金構造基本統計調査」によると、職業別の平均年収の第1位は医師で、医師の平均年収は約1,232万円です。

他の職業と比べると医師の年収は高いものの、人の命を預かる責任の重い仕事で、神経をすり減らす毎日が続くので、医師が高年収を得られるのは当然でしょう。

一方、職責に比べて給料が低かったり、激務なのに給料に反映されないなど、待遇に不満を抱く医師は多いです。

待遇への不満が理由で転職をする場合は、現在の勤務先より待遇が良い転職先を探す必要があります。しかし、待遇を改善するには条件交渉をしなければならず、容易ではありません。

そこで、転職エージェントに登録するとエージェントに条件交渉を代行してもらえるため、年収アップにつながる可能性が高いです。

医師の転職理由6位:転科したい

転科を理由に転職をする医師はあまり多くありませんが、後期研修中の若手の医師が転科を考えたり、皮膚科や形成外科の医師が美容皮膚科や美容外科に転科することはよくあります。

臨床医が大企業の産業医を目指すことも広い意味では転科になるため、産業医や保険会社の査定医になるために転職をする医師は多いです。

転科を理由に転職をするのはハードルが高いですが、転職エージェントに登録すると、希望に合致する医療機関をエージェントが探してくれます。

転職エージェントは美容皮膚科・美容外科の求人や産業医・査定医の求人が数多くあるので、転科を理由に転職を考えている医師は、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

医師の転職理由7位:企業勤務したい

臨床医が臨床以外のフィールドで活躍したいと思い、製薬メーカー(製薬企業)やCRO(医薬品開発業務受託機関)への転職を目指すことはよくあります。

産業医や査定医も企業勤務ですので、企業勤務をしたいという理由で転職する医師は多いでしょう。

しかし、患者の診察で多忙の臨床医が企業勤務の転職先を探すのは大変で、日常業務と転職活動の両立は困難です。

企業勤務をしたいという理由で転職を考えている臨床医は、転職エージェントを利用すると、忙しい医師に代わってエージェントが転職活動を代行してくれます。

面接の日程調整なども全てエージェントが代行してくれますので、空いた時間に企業の面接が受けられますし、給料や勤務時間などの条件交渉もエージェントに一任できます。

医師の転職理由8位:移住したい

老後を海外に移住してのんびり過ごしたいという年配の医師は別にして、現役の医師が見知らぬ土地に移住するために転職することは少なく、家庭の事情で移住する方が圧倒的に多いです。

子供の進学などの家庭の事情で見知らぬ土地に移住する場合、転職先の情報が少なく転職は容易ではありません。

特に、東京や大阪などの大都市から地方に移住する場合は、移住する前に転職先を探しておくことが必要です。

大手の転職エージェントは全国展開をしています。地方の転職に強い大手の転職エージェントに複数登録しておくと、移住先で希望に合致する医療機関を紹介してもらえます。

大手の転職エージェントは求人数が豊富で、地方の医師求人も数多くあるので安心です。

医師の転職理由9位:勤務先が閉院する

高齢化で医療機関を受診する人は増えていますが、医師や看護師など医療従事者の不足で閉院する病院が増えています。後継者がいない医療法人で院長が急逝した場合も、突然、病院が閉院になることがあります。

こうした勤務先の病院の閉院に伴い、転職を余儀なくされる医師が増加しています。

勤務先が閉院した場合は急いで転職しないといけませんが、そう簡単に希望に合致する病院は見つからず、下手をすると失業する恐れもあります。

勤務先の病院の閉院が決まった時は、急いで複数の転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは医師の事情を察してくれますので、希望に合致する転職先を急いで探してくれます。

医師の転職理由10位:医者を辞めたい・医師以外の職に就きたい

医師は人から尊敬される職業ですし、他の仕事よりも高収入が得られるため、医者を辞めて医師以外の職に就きたいという理由で転職する人は少ないです。

しかし、研修中の若手の医師が、自分は医師には向いていないという理由で転職する事例はあります。

医師が他の病院に転職する場合とは異なり、医者を辞めて医師以外の職に就きたい場合の転職は難しく、自分で未知の業界の仕事を探すのはとても大変です。

医師が医療以外の業界で働く場合は、面接で医師を辞めた理由を必ず聞かれるため、面接対策が重要になります。

転職エージェントに登録すると、面接対策や書類添削などを無料で受けられ、自信を持って面接に臨めるようになるでしょう。

医師が転職に成功する方法・失敗して病院を転々とする医師との違いは?

これまで説明してきたように、医師が転職する理由はさまざまですが、転職に成功する人もいれば、転職に失敗して病院を転々とする医師もいます。

転職に成功する医師と失敗する医師の違いは、転職する理由と今後のビジョンを明確にしているかです。

例えば、企業勤務を希望する場合、なぜ病院ではなく企業勤務なのかを明らかにすることが必要です。

「病院勤務よりも企業勤務の方が楽そうだから」といった漠然とした理由だと、転職成功は難しいでしょう。

もし、漠然と病院を辞めて企業勤務をしたいと考えているのであれば、転職エージェントに相談すると、企業勤務の実態や仕事の内容などを詳しく教えてもらえます。

成功する医師はプロに転職相談し、失敗する医師は知人に相談する

転職に成功する医師と失敗する医師の違いは、転職の方法によることも大きいです。

転職に成功する医師はプロに相談し、転職に失敗する医師は知人に相談します。

知人に相談すると転職に失敗する理由は、知人に紹介された職場が必ずしも希望に合致するとは限らないからです。

転職先が希望に合致していなくても、知人の紹介だと簡単には辞められませんし、早く辞めたら知人を裏切ることになってしまい、今後の人間関係にひびが入る恐れがあります。

転職のプロである転職エージェントに相談すると、キャリアアドバイザーが希望や条件に合致する医療機関を探してくれますので、転職に成功する可能性が一気に高まります。

医師が相談すべき転職エージェント5選

転職に成功するには転職エージェントの利用が欠かせませんが、信頼できる転職エージェントに登録することが大切です。

数ある転職エージェントの中から選んだ「医師が相談すべき転職エージェント5選」は次の通りです。

医師の転職におすすめ①エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは28万人以上の医師が登録している転職エージェントで、転職希望医師の登録実績は7年連続で第1位を獲得しています。

常勤・非常勤とも求人数は多く、常勤医師の公開求人数は15,100件(令和2年1月22日時点)もあり、会員限定の非公開求人を含めると圧倒的な求人数を誇ります。

エムスリーキャリアエージェントに登録すると、経験豊富な専任コンサルタントが医師の転職を無料で支援してくれるため、希望に合致する医療機関に転職できる可能性が高まります。

いかなる理由の転職にも対応可能です。何らかの理由で転職を考えている医師は、エムスリーキャリアエージェントに登録することをおすすめします。

医師の転職におすすめ②リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、医師専門の転職エージェントとして30年以上の実績があるリクルートグループの転職エージェントです。

医師や医療機関からの信頼度は抜群で、全国から厳選した多種多様な医師の求人が多数あります。常勤医師の求人数は12,404件(令和2年1月22日時点)と多く、これに加え10,000件以上の非公開求人にも応募できます。

リクルートドクターズキャリアに登録すると、日本全国の医療機関の中から転職先を探せるようになるため、家庭の事情で遠方に転居する医師は重宝するでしょう。

その他、あらゆる理由での転職にも対応し、企業勤務をしたい医師や転科を考えている医師などは最適な医療機関を紹介してもらえます。

医師の転職におすすめ③マイナビDOCTOR

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、マイナビグループが運営する医師専門の転職エージェントで、医療系転職支援サービスの中ではトップクラスの実績を誇ります。

年収2,000万円以上の求人や日給12万円のアルバイトなど優良求人が多く、現在の勤務先の待遇に不満があるという理由で転職を考えている医師は、高待遇の医療機関に転職できる可能性が高まります。

希少な産業医の求人も数多く寄せられており、企業勤務を希望する医師はマイナビDOCTORに登録することをおすすめします。

激務が理由で転職を考えている医師は、専任のキャリアパートナーが残業が少なめの求人を探してくれ、余裕を持って働けるようになるでしょう。

医師の転職におすすめ④民間医局

民間医局は約124,000人の医師が登録している医師専門の転職エージェントで、豊富な医師求人の中から最適な転職先やアルバイトを探せます。

求人数は令和2年1月22日時点で、常勤求人10,767件、定期非常勤アルバイト求人6,214件、スポットバイト4,292件もあり、医師求人は日本全国の医療機関から寄せられています。

民間医局は約13,000の医療機関と契約しており、エージェントは契約している医療機関のことは知り尽くしています。

転職先の医療機関の内部情報などをしっかり確認してから応募できるため、雇用のミスマッチによる転職の失敗を未然に防ぎ、転職を成功へと導いてくれるでしょう。

医師の転職におすすめ⑤DOCTOR VISION

ドクタービジョン

DOCTOR VISIONは東証一部上場の日本調剤グループが運営する医師特化型の転職エージェントで、日本全国の医療機関から寄せられる膨大な求人の中から、希望に合致する転職先を探せます。

キャリア相談が充実しており、漠然とした理由で転職を考えている医師は、専任のコンサルタントと一緒に今後のキャリアプランを立てられ、自分に合った転職先をコンサルタントが探してくれます。

DOCTOR VISIONのコンサルタントは質が高いことで知られており、いかなる理由の転職であっても相談に応じてもらえるでしょう。

北海道から九州まで各地に拠点があり、家庭の事情などで転居やUターンをする医師は、転居先の拠点に在籍しているコンサルタントからの支援が受けられます。

医師の転職に最適なタイミングは?

何らかの理由で転職を考えた時から転職活動は始まっていますが、転職に成功するには入念な準備が必要になってきます。

後任者への引き継ぎなどもあるため、準備期間は数カ月~半年程度を目安にすると良いでしょう。

転職するタイミングで最適なのは、新年度が始まる4月ですので、4月に入職するには前年の秋頃から転職の準備を始めることが必要です。

前年の秋頃に転職エージェントに登録し、新年度が始まる4月に入職したいと希望を伝えると、その段取りで転職先を探してくれます。

勤務先を円満退職する方法も転職エージェントがアドバイスしてくれますので、辞め方についてあれこれ悩まずに済むでしょう。

医師が転職するなら必ずエージェントに相談を

医師の転職の理由はさまざまですが、いかなる理由の転職であっても、転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

家庭の事情で遠方に転居する場合は、この記事で紹介した転職エージェントは全て全国展開をしているので、転居先で希望に合致する医療機関を紹介してもらえます。

企業勤務を考えている場合は産業医や査定医の求人を紹介してもらえます。激務が続いて倒れそうな場合は、残業が少なめで勤務時間が短い医療機関を紹介してくれます。

理由の如何を問わず、あらゆる医師の転職に対応できることが医師専門の転職エージェントの強みです。

何らかの理由で転職を考えている医師は、この記事で紹介した転職エージェントに複数登録して、転職の成功につなげてください。