日本GEへ転職は可能?成功のコツ3つ・中途採用・難易度・年収を解説

日本GEへの転職に興味があります。外資系企業ですが転職は可能ですか?
外資系企業の中でも募集ポジションが多いなど日本GEは特徴があります。しっかり対策をすれば転職は可能ですよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。外資系企業の転職では具体的に何をすればよいでしょうか?
外資系企業に強い転職エージェントを活用しましょう。この記事で、具体的な転職法をご紹介します。

キャリアコンサルタント

日本GEはアメリカのゼネラル・エレクトリックの日本支店です。主にゼネラル・エレクトリックの日本展開をビジネスとしている企業です。

多種多様な事業を展開しているということもあり、何かしらの専門分野を得意としている人は興味のある外資系企業でしょう。

ただ、外資系企業ということもあり転職にハードルを感じている人も多いようです。実際に転職することは可能なのでしょうか。

この記事では日本GEへの転職は可能であること。そして、転職するためにはどうすれば良いのかを順番に解説していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

日本GEへの転職は可能?データから難易度を検証

日本GEへの転職は可能なのでしょうか 公開されているデータから転職の難易度を検証してみます。

日本GEでは転職で専門性の高い人材が求められる

公式サイトによると日本GEでは幅広い職種の求人が掲載されています。専門職・事務職を合計すると2019/03現在で1016種類の求人が掲載されています。

これだけ多くの求人が掲載されている理由は、それぞれのポジションで専門性の高い人材が求められているからです。転職ですので即戦力だけを求めています。

日系企業の場合にはまとめて採用をして、そこから必要な部署に配属するようなことがあります。転職時には幅広く専門性のある人を採用しています。

しかし、日本GEではさらに専門性の高い人材を求めています。求人にも細かく専門知識を問うような内容が掲載されています。

より専門性の高い人材が求められていますので、それに合わせて応募することを意識しましょう。

日本GEへの応募条件

応募条件は求人によって異なります。一律の応募条件は定められていませんので事前に確認することが大切です。

転職ですので日本GEが求めるスキルを持っているかどうかが重要です。逆に外資系ですので、スキル面の条件さえ満たしていれば転職できる可能性はあります。

もし自分のスキルがどの職種の条件を満たしているか判断できない場合には、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらうと良いでしょう。

企業の採用サイトに掲載されている求人に応募する流れ

公式サイトを確認してみると日本GEへの応募条件は以下の通りです。

  1. 公式サイトから自分の応募する求人を探す
  2. 応募して書類選考を受ける
  3. 書類選考に通過後に面接を受ける

公式サイトから応募する場合には、自分で求人を探し出してそこから応募します。応募に際して書類審査を受ける必要があります。

書類審査に通過すれば面接へと繋がります。ここからの流れは一般的な転職と同じ流れです。

日本GEの事業内容や職場環境は?

転職に関して日本GEの事業内容や職場環境を確認しておくことは重要です。日本GEの基本情報について以下にまとめていきます。

日本GEの企業概要

日本GEの企業概要は以下の通りです。

社名日本GE株式会社
本社所在地東京都港区赤坂5-2-20  赤坂パークビル
代表者熊谷 昭彦
設立1999年9月
資本金300億円
売上非公開
従業員1,550名
事業内容コングロマリット企業

日本GEの事業内容

日本GEの事業内容は公式サイトによると以下の通りです。

  • IoTシステム
  • 航空機関連
  • ヘルスケア機器
  • 発電事業
  • オイル・ガス
  • エネルギー
  • 照明事業

コングロマリット企業ということもあり、非常に幅広い事業を展開しています。そのため転職で求められている人材も幅広くなっています。

日本GEの職場環境

外資系企業ということもあり若くから積極的に発言することで活躍可能です。自分自身を成長させるマインドのある人は働きやすいでしょう。

基本的に職場環境は外資系企業そのものです。風通しがよく個々がそれぞれ自分を管理して自分で活躍していく雰囲気が強いです。

また、福利厚生などは少ないです。最低限の福利厚生が提供されていて、プライベートなど仕事を取り巻く環境は自分で整備することが求められています。

従業員平均年齢や平均年収

日本GEは非上場企業ですので四季報に情報が掲載されていません。そのため独自に集計した数値をご紹介します。

平均年齢38歳
平均年収800万円程度

平均年齢に対して平均年収は高めです。これは外資系企業の特徴でもあるでしょう。また、外資系企業ですのでボーナス額などによって年収は大きく変動すると考えられます。

日本GEへの転職を成功させる方法3つ

日本GEへの転職を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。成功のためにやるべきことは挙げだすとキリがないでしょう。

そこでここでは対策の中でも特に注力したい3つのことをご説明します。

面接で聞かれやすい質問への対応をする

日本GEではハイレベルな人材が求められています。それに伴って面接でもハイレベルな質問や深堀するための質問をされる可能性があります。

実際に日本GEへの転職で質問される可能性のある質問には以下のものが考えられます。

  • 非常に細かい日本GEの募集職種の中でもなぜその職種に応募したか
  • システムの発展と共にどのような事業を生み出すか
  • どのように成長するキャリアパスをイメージしているか

外資系企業の中でも日本GEは特に細かいポジションに分けて求人を出しています。そのため、なぜピンポイントでそのポジションに応募したのかは重要視されるでしょう。

また、日本GEのようにシステムを軸に様々な事業を発展させている企業では、これらのシステム発展を生かして新しい事業を生み出せるかどうかも気にしていると考えられます。

最後に外資系企業ではキャリアアップが常に求められます。成長しない人=できない人と考えられているのです。そのためキャリアアップについても問われることでしょう。

企業研究を丹念に進める

これは面接対策にも繋がることですが、企業研究を丹念に進めることも転職を成功させるコツです。転職の基本ではありますがより力を入れることが大切です。

日本GEは事業分野が非常に幅広いです。自分が興味の無い分野でも事業を展開していることは十分に考えられます。

転職に際して、それらの事業を全く知らないというのは望ましくありません。転職したい事業部ではなくとも企業研究の一環で興味を持つことが大切です。

もちろん、自分が転職したいポジションに関連する情報は念入りに集めることが重要です。質問に答える際に事実に即して応えることで説得力が増すからです。

企業研究は公式サイトを閲覧する、転職エージェントから情報提供してもらう、口コミサイトを見てみるなど色々な方法があります。

全てを鵜呑みにできない情報源もありますが、幅広く情報を集めて企業研究を丹念に進めることが大切です。

転職エージェントや転職サイトに登録する

日本GEへの転職を考えているのであれば転職エージェントに登録しましょう。そうすることで転職がスムーズに進む可能性が高まります。

転職エージェントは転職サイトとは異なり、自分で求人を探すのではなく求人を紹介してもらうケースが多いです。転職エージェントの担当者から求人が提供されます。

求人の提供にあたり、事前に得意分野を登録したり担当者からのヒアリングを受けたりします。ヒアリングの結果で合致する求人を紹介されたりするのです。

日本GEに転職したいと考えているのであれば、転職エージェントの担当者にその旨を伝えておくと良いでしょう。そうすることで日本GEを軸として求人の紹介を進めてもらえます。

日本GEへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

日本GEへの転職では転職エージェントを利用することがおすすめです。ハイレベルな転職活動が求められますので、転職エージェントでしっかりとサポートを受けましょう。

日本GEのように大手企業への転職では、それに対応できる転職エージェントを選択しなければなりません。ここではおすすめの転職エージェントをご紹介します。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

エージェントが日本GEへの転職をサポート

転職エージェントを利用することで、外資系である日本GEへの転職をサポートしてもらえます。自分ひとりでは難しい転職を強いサポートを受けられます。

外資系企業は独自の対策が必要とされることもありますので、始めて転職する人にはハードルが高いです。また、日本GEのように専門性の高い企業は求人とのアンマッチが起こることもあります。

しかし、転職エージェントを利用するとこれらの問題を解決しやすくなります。転職を成功させるためにも、まずは無料で利用できる転職エージェントに登録しましょう。