転職にハローワークを使うデメリットと注意点は?失敗しない活用法

転職を考えています。転職と言えばハローワークですよね?
たしかに、ハローワークは転職に利用する手段の一つとしてよく知られています。

キャリアコンサルタント

しかし、実はハローワークでの転職には向いている人とそうでない人がいるんです。

キャリアコンサルタント

そうなんですか?どんな人が向いているんですか?
この記事で詳しく紹介します。向いていない人におすすめの転職方法も紹介しますので、参考にしてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えている人の中には、漠然と「転職するならハローワークかな」と考えている人もいるのではないでしょうか。

その中には、「ハローワークってどうやって使うんだろう」「そもそもハローワークで転職が成功するの?」と疑問を抱いている人もいるかもしれません。

実は、ハローワークにはメリットとデメリットがあり、利用に向いている人・向いていない人が大きく分かれてしまいます。

この記事では、ハローワークを利用する流れから、メリット・デメリット、利用に向いている人・いない人まで詳しく解説します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職するならハローワークと転職サイトどっち?メリット・デメリット

自分がハローワークを利用した転職に向いているかどうかは、ハローワークを利用するメリットとデメリットを知っておく必要があります。

まずは、ハローワークを利用した転職のメリット・デメリットを紹介します。

ハローワークを利用するメリット

ハローワークは、正式名称を「公共職業安定所」という、厚生労働省が管轄する国の機関です。

行政が運営していることもあり、さまざまなメリットがあります。

地元の求人が多い

ハローワークは法律に則って運営されている施設であり、紹介する求人の内容も法律で定められています。

そのため、管轄している地域に居住しながら通勤できる求人が中心となっていることから、地元の求人が多いのがメリットです。

求人の量が多い

民間の求人サイトなどは求人を掲載してもらう企業が掲載料を払う必要がありますが、国が運営するハローワークでは掲載料がかかりません。

そのため、掲載料を支払う余裕のない小さな企業でも求人を掲載できるため、求人の量が多いというメリットがあります。

無料で相談や職業訓練などのサービスが受けられる

ハローワークでは、相談員への相談や、職業訓練などが無料で受けられます。

「自分一人では転職できるか不安」「転職できるだけのスキルを磨きたい」という人にはおすすめです。

失業保険の給付手続きが同時に行える

ハローワークでは失業保険の手続きも受け付けているため、利用する際には同時に失業保険の給付手続きも行えます。

ハローワークのデメリット

さまざまなメリットがあるハローワークですが、一方でデメリットも存在します。

求人票の内容と実際の業務に差異があることが多い

「ハローワークの求人票の内容が実際と異なるという申し出が多数あった」というニュースを耳にした人もいるのではないでしょうか。

実際に2016年度に寄せられた申し出は9299件と、ハローワークに掲載されている求人票の内容と実際の業務が異なるケースは少なくありません。

ハローワークでは、労働基準法に違反している企業の求人は掲載してはいけないなどのルールが定められています。

ところが、実際の情報と異なる情報を求人票に掲載し、ルールをクリアしたうえで求人を掲載している企業があるのです。

これらの虚偽の記載をした求人票が、ハローワーク担当者のチェックをかいくぐった結果掲載されているのが現状です。

「転職したら聞いていた話と全く違っていた」という可能性があるというのは、大きなデメリットです。

相談員に当たりはずれがある

ハローワークには複数の相談員が在籍していますが、人によって対応の差が大きく、当たりはずれがあります。

良い相談員に当たれば、的確なアドバイスをもらえたり、企業の詳しい情報を教えてもらえたりすることもあります。

しかし、そのような良い相談員はあまり多くなく、中にはそっけない相談員がいるのも事実です。

頼みの綱である相談員の質が確保されていないという点は、大きなデメリットだと言えます。

営業時間が限られている

ハローワークの営業時間は、おおむね平日の午前8時30分から午後5時15分です。

地域によっては週末や夜間などに営業時間を拡張している場合もありますが、大半のハローワークは平日の日中しか営業していません

それ以外の時間に利用することができないため、平日の日中に時間が取れない人にとってはデメリットです。

転職でハローワークを使うべき?向いている人・いない人

それでは、どのような人がハローワークでの転職に向いていて、どのような人が向いていないのでしょうか。

ハローワークに向いていない人には、その他におすすめできるサービスを紹介していますので、参考にしてください。

ハローワークでの転職に向いている人

ハローワークでの転職に向いている人は、以下のような人です。

  • 地元で働きたい人
  • 正社員以外の働き方を希望している人
  • 未経験の仕事に挑戦したい人

それぞれについて、詳しく説明します。

地元で働きたい人

前述のとおり、ハローワークはその地域の求人を集め、求職者に紹介しています。

そのため、「地元で働きたい」「引っ越しせずに働ける職場に転職したい」と考えている人にはハローワークが向いています

正社員以外の働き方を希望している人

ハローワークの求人には、正社員だけでなく、契約社員やパートなどさまざまな雇用形態の求人も存在します。

さまざまな種類の求人があるので、正社員以外の働き方を希望している人や、雇用形態にこだわりがない人には向いていると言えます。

未経験の仕事に挑戦したい人

ハローワークの求人の中には、さまざまな業種・職種の「未経験者歓迎」の求人が数多くあります。

「未経験だけどこの仕事に挑戦したい」と考えている人には、ハローワークは向いていると言えるでしょう。

ハローワークでの転職に向いていない人

ハローワークでの転職に向いてない人は、以下のような人です。

  • 気軽に求人情報を見てみたい人
  • 平日の日中に働いている人
  • 規模の大きい企業で働きたい人
  • 充実したサポートを受けたい人
  • 30代の人

それぞれについて、向いていない理由と、おすすめする転職支援サービスを紹介します。

気軽に求人情報を見てみたい人

ハローワークで求人情報を確認するには、求職申込書という書類に必要事項を記入するという手続きが必要です。

そのため、「今すぐに転職するつもりはないけれど、ためしに求人を覗いてみたい」という人には向いていません

そのような場合には、インターネット上で気軽に自分のペースで求人情報が探せる求人サイトの利用がおすすめです。

以下の記事を参考に、自分に合う求人サイトに登録し、求人を検索してみてください。

おすすめ転職求人サイトランキング【業種・年代別】600人の口コミを検証

平日の日中に働いている人

ハローワークの営業時間は原則役所などの公共施設と同じで、平日の日中に限られています。

そのため、平日の日中に働いている人はハローワークに通う時間の確保が難しく、ハローワークでの転職には向いていません

働きながら自分で求人を探すのが大変という場合には、希望に合った求人を紹介してもらえる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

以下の記事で転職エージェントについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントとは?転職を成功に導く完全マニュアル【2019年版】

規模の大きい企業で働きたい人

経営基盤が安定している企業は、掲載料を払って転職サイトや転職エージェントに求人を出していることが多いです。

そのため、ある程度規模の大きい企業に転職したい場合、ハローワークではなかなか希望の企業の求人が見つからないかもしれません

経営の安定している大企業や中小企業で働きたい人は、転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。

以下の記事で、数多くの転職エージェントや転職サイトの中からおすすめのものをランキング形式で紹介しています。

転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

充実したサポートを受けたい人

前述のとおり、ハローワークの担当者の対応はまちまちです。

そのため、「転職が不安だからしっかりしたサポートを受けたい」という人にはハローワークは向いていません

サポートに定評のある転職エージェントを利用することをおすすめします。

以下の記事で「履歴書・職務経歴書・面接のサポートをしてほしい」人におすすめのエージェントを紹介していますので、参考にしてください。

あなたが登録すべき転職エージェントが一目でわかる。目的別の転職エージェントの選び方をキャリアコンサルタントが解説

30代の人

30代は、ある程度のキャリアを積み、スキルも持っている人が多い年代です。

ハローワークには、スキルやキャリアの高い人向けの求人やスキルアップが期待できる求人が少ないため、30代にはハローワークはあまり向いていません

30代が転職活動をする際には、基本的には転職エージェントを利用し、必要な場合のみサブとしてハローワークを利用することをおすすめします

以下の記事で30代におすすめの転職エージェントを紹介していますので、参考にしてください。

30代向け求人案件に強いおすすめ転職エージェントを厳選!活用法も解説

転職時のハローワーク利用の流れ|どんな手続きが必要?お金をもらうには?

いざ「ハローワークを利用しよう」と思っても、ハローワークの利用方法が分からず不安な人もいるのではないでしょうか。

利用の際に困らないためにも、ハローワークを利用して転職活動を進める際の流れを簡単に紹介します。

事前に用意するもの・持ち物

初めてハローワークに行く場合、事前に用意すべきものはありません。メモが取れる筆記用具を持っていくことをおすすめします。

ただし、雇用保険の受給手続きを同時に行う場合には、離職票などの必要書類を忘れずに持参しましょう

手順① ハローワークに行く

探している求人の地域を管轄するハローワークに行きましょう。必ずしも自分の地域を管轄するハローワークに行く必要はありません。

ただし、雇用保険の手続きなど管轄のハローワークでしか行えないサービスがあるので、初回は管轄のハローワークに行くことをおすすめします

手順② 求職申込書に必要事項を記入し提出

ハローワークに到着したら、求職申込書を作成し、提出します。記入内容は、これまでの職歴や希望する職業などです。

記入例も用意されているので、それほど作成するのは難しくありません。なお、雇用保険の手続きは、この求職申込書の提出後に行います。

手順③ ハローワークカードを貰う

求職申込書を提出すると「ハローワークカード」を貰うことができ、ハローワークのサービスが利用できるようになります。

このカードはハローワークでの求人検索などに必要となるので、2回目以降は忘れずに持参しましょう。

手順④ 気になる求人の紹介を依頼する

検索した求人の中から気になるものを見つけたら、印刷して担当者に紹介を依頼します。

紹介を依頼する前には、雇用条件などを担当者に質問し、本当に申し込むべき求人かどうかを確認することをおすすめします。

なお、紹介を依頼しても、企業の希望する条件と利用者が合わない場合などは紹介してもらえないこともあります。

手順⑤ 面接を受ける

希望する企業を紹介してもらえたら、担当者が企業に面接の申し込みをしてくれます。日程が決まると、担当者から紹介状を渡されます。

面接当日は忘れずに紹介状を持参し、面接会場に向かいましょう。

手順⑥ 採用通知が来たらハローワークに報告する

企業から採用通知が届いたら、ハローワークに忘れずに連絡をしましょう。直接ハローワークに向かう必要はなく、電話でも構いません。

転職を成功させるために気を付けたいハローワークの注意点

ハローワークにはデメリットもあるため、何も考えずに利用すると後悔してしまうおそれがあります。

転職でハローワークを有効活用するために気を付けたい注意点を紹介します。

求人票の情報だけで決めようとしない

ハローワークの求人票に掲載されている情報は、実際の業務内容と差があることも少なくありません。

そのため、求人票の情報だけで転職先を決めるのではなく、情報収集を行うようにしましょう

気になる求人票が見つかったら、担当者に職場の雰囲気などを細かく質問することをおすすめします。

また、キャリコネなどの口コミサイトを利用したり、実際に働いている知人などから情報を聞いたりするのも手段の一つです。

質問する内容を具体的に決めておく

ハローワークの担当者は当たりはずれが大きく、対応に差があることもあります。

そのデメリットをカバーするためにも、質問する内容はできるだけ具体的に決めておくことをおすすめします。

質問するポイントを絞っておくことで、相談員もアドバイスがしやすくなり、収穫の多い面談が期待できます。

自分に合った方法で転職を成功させよう

世の中にはさまざまな転職支援サービスがありますが、ただ利用すれば転職に成功できるというわけではありません。

この記事を参考に、ハローワークや転職サイトなど自分に合ったサービスを利用して転職を成功に導いてください。