放射線技師の年収は?年齢・職場別に徹底調査!年収を上げる方法も公開

放射線技師は放射線を扱う医療従事者であることは知っていても、具体的な仕事内容や年収について知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、本記事では公式資料や口コミをもとに放射線技師の年収を年齢・職場・地域・男女別に詳しく解説します。

年収1000万円を実現することは可能か、他職種や海外との年収比較、年収を上げる方法、仕事はきついのか、どんな人が向いているのかも紹介します。ぜひ、参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する
STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る

担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する

転職エージェントマニュアル 転職エージェントとは?最高の転職を実現するための完全マニュアル

放射線技師の年収は?年齢・職場別まとめ

まず、放射線技師とはどんな職業なのか紹介してから、年収や中央値を詳しく見ていきましょう。

平均年収は、年齢・職場・男女・地域別にまとめました。年収1000万円を実現することが可能なのかも紹介します。

そもそも放射線技師とは

放射線技師は、医療現場でエックス線撮影などの放射線機器を扱います。医師の指示の下、検査や治療のために必要な放射線を人体に照射できる国家資格です。

放射線を扱って治療ができるのは、医師と放射線技師のみです。

放射線技師の現在の正式名称は「診療放射線技師」です。過去の名称は診療エックス線技師で、通称が放射線技師・レントゲン技師です。

放射線技師の具体的な業務は、下記の通りです。

  • エックス線(レントゲン)検査
  • MRI検査
  • CT検査
  • 血管造影検査
  • マンモグラフィ
  • 骨密度検査
  • 超音波検査
  • 核医学検査
  • 放射線治療(がんの3大療法の1つ)

主な勤務先は、病院やクリニック・健診センターなどの医療機関のほか、研究所、医療機器メーカーなどの企業があります。

放射線技師の平均年収・中央値

令和元年「賃金構造基本統計調査」によると、放射線技師の平均年収は5,019,500円です。

放射線技師の年収を所属する企業規模別にまとめると下記の通りです。平均年収の計算方法は、「きまって支給する現金給与額」×12+「年間賞与その他特別給与額」です。

企業規模別きまって支給する

現金給与額

年間賞与

その他特別給与額

平均年収労働者数
10人~99人367,800円843,800円5,257,400円4,070人
100人~999人336,700円784,500円4,824,900円16,560人
1000人以上351,200円967,500円5,181,900円13,860人
全体合計346,200円865,100円5,019,500円34,990人

賃金構造基本統計調査」に中央値の記載はないので、病院などに所属する放射線技師の労働者数から推定すると、中央値は518万円前後になると考えられます。

放射線技師の年収・年齢別

令和元年「賃金構造基本統計調査」によると、放射線技師の年齢別年収は下記の通りです。男性のみしか記載がなかったため、男性の年齢別年収です。

年齢平均年収
20~24歳3,608,200円
25~29歳4,680,300円
30~34歳4,986,900円
35~39歳5,470,600円
40~44歳5,501,600円
45~49歳6,148,400円
50~54歳6,461,600円
55~59歳6,694,200円
60~64歳4,285,000円
65~69歳4,446,200円
70歳~4,132,000円

新卒・20代前半は平均年収360万円台と低いです。最も平均年収が高いのはの50代の約660万円前後で、キャリアとともに年収が上がることが分かります。

放射線技師の年収・職場別

令和元年「賃金構造基本統計調査」によると、企業規模別の放射線技師の平均年収は下記の通りです。

企業規模別平均年収労働者数
10人~99人5,257,400円4,070人
100人~999人4,824,900円16,560人
1000人以上5,181,900円13,860人

10人~99人の企業は調査対象の労働者数が少ないため誤差が大きく、高くでている可能性があります。大学病院や大企業などの規模1000人以上の企業の平均年収は、約518万円です。

公務員の放射線技師もいます。勤務先は国立病院や県立・公立病院などで、医療職棒給表(二)に基づいて給料が支給されます。

「令和2年国家公務員給与等実態調査報告書」によると、公務員の年収は下記の通りです。賞与額は年間4.45月分で計算しています。

年収
医療職棒給表(二)適用者5,836,575円

公務員として働く放射線技師の年収は約583万円で、どの規模の企業よりも年収は高いです。自治体は給与体系が別ですが、おおむね国の基準と同じです。

放射線技師の年収・男女別

令和元年「賃金構造基本統計調査」によると、男性の放射線技師の平均年収は下記の通りです。

女性の平均年収は「賃金構造基本統計調査」に記載がないので、複数のサイトを参考にしました。

平均年収
男性 放射線技師520万円
女性 放射線技師455万円

女性よりも男性の平均年収が約65万円高いです。女性は子育てなどと両立する一方、男性は当直やオンコールに対処することが多く、夜勤手当などが付くためと考えられます。

また、女性は妊娠・出産で産休や育休・時短勤務を利用したり、仕事を辞めることもあるので、役職に就いたり昇給することが難しいことも理由の1つです。

放射線技師の年収・地域別

令和元年「賃金構造基本統計調査」には地域別年収の記載がありません。そのため、求人サイトをもとに主要都市の放射線技師の年収を表にまとめました。

都道府県年収
北海道294万円~585万円
東京364万円~507万円
神奈川300万円~450万円
愛知316万円~480万円
大阪281万円~450万円
広島270万円~640万円
福岡336万円~528万円

地域で差があるように見えますが、職場による差です

どの地域でも、資格手当や危険手当などの諸手当込みで月給18万円の職場もあれば、月給40万円の職場もありました。平均的な月給は25万円前後です。

経験者は優遇・応相談とほとんどの求人に記載があり、3年以上の経験がある放射線技師であればどの地域でも大きな年収差なく働けるようです。

放射線技師が年収1000万を目指すのは可能?

放射線技師の平均年収は約502万円で、男性の最も年収が高い50代でも約670万円です。

公務員の平均年収も約580万円で、年収1000万円に到達するには普通に勤務しているだけでは難しいでしょう。

年収を増やして年収1000万円を目指すには下記の方法があります。

  • 管理職に就く
  • 放射線技師が1人の職場で働く
  • 外資系医療機器メーカーで働く

まず、放射線技師長などの管理職に就く方法があります。通常業務に加えて部下の管理などの業務も加わります。

放射線技師長の年収相場は700万円~900万円で、年収1000万円も夢ではありません。

管理職に就かない場合、放射線技師が1人の職場で働く方法があります。

業務負担は大きくなりますが、高いスキルを求められ、呼び出しなどがあれば手当もつくので、こういった職場では放射線技師の年収は高い傾向があります。

外資系の医療機器メーカーで働く方法もあります。外資系は国内の医療機器メーカーよりも実力主義で、成果を出していれば年収は上がる傾向があります。

ここで管理職まで昇格すれば年収1000万円にも到達できるでしょう。

放射線技師の年収は高い?低い?他職種や海外と比較

ここまで、放射線技師の年収を職場・男女別など様々な角度から見てきました。

ここからは、放射線技師の年収は高いのか低いのか、他職種の年収や、海外の放射線技師の年収と比較していきます。

放射線技師の年収を他職種と比較

令和元年「賃金構造基本統計調査」から、他の医療系職種の平均年収を表にまとめました。

平均年収の計算方法は、「きまって支給する現金給与額」×12+「年間賞与その他特別給与額」です。

職種平均年収
医師11,692,300円
薬剤師5,616,500円
看護師4,829,100円
准看護師4,030,400円
臨床検査技師4,612,200円
理学療法士・作業療法士4,096,400円
栄養士3,565,000円

放射線技師の平均年収は約502万円で、医師、薬剤師に次いで3番目に高いです。2番目の薬剤師より約60万円低く、4番目の看護師より約20万円高いです。

上記の表より、医療従事者の中でも放射線技師の平均年収は高いです。

放射線技師の年収を海外と比較

日本では全て放射線技師が行う検査でも、海外ではそれぞれ専門の役職がいます。日本とアメリカ・カナダの職種比較を表にまとめました。

検査日本アメリカカナダ
X線放射線技師RadiographerRadiological Technologist
マンモグラフィMammographer
CTCT Technologist
MRIMRI TechnologistMRI Technologist
RINuclear Medicine TechnologistNuclear Medicine Technologist
放射線治療Radiation TherapistRadiation Therapist
超音波Sonographer

アメリカの放射線技師の年収は650万円~670万円です。日本より約150万円ほど高いです。

放射線技師の年収や職場環境についてさらに詳しく!

ここまで、放射線技師の年収と他職種の年収の比較、海外の放射線技師との比較を見てきましたが、まだ気になる点が残っています。

ここからは、放射線技師の仕事はきついのか、将来性はどうなのかなど、年収や職場環境についてTwitterや口コミを用いて詳しく見ていきます。

放射線技師の仕事はきつい?

放射線技師の仕事に関する声をTwitterで集めました。

職場によっては、人手不足や感染症対策、早朝・深夜の呼び出しで多忙だとの声もあります。

現在は新型コロナウイルスの影響で肺炎などの検査数が増えるだけでなく、防護服を着用しなければならず、普段よりも重労働になっているようです。

放射線技師の将来性は?

放射線技師の将来性に関する声をTwitterで集めました。

https://twitter.com/naru_pps1/status/1343908386006421504

https://twitter.com/suzuRadiologist/status/1255471301650759687

医師でも放射線は扱える、求人が少ないので病院が増えない限り就職先も増えない、AIが発展していることから、将来性について疑問視する声が多いです。

ただ、高い専門性が求められるので、経験を積んだ技師の需要はまだ高いでしょう。

放射線技師に向いてる人って?

放射線技師にはどんな人が向いているのかをTwitterで探しました。

患者に接する職業のため、コミュニケーション能力は必要なようです。検査には機械を用いるので、機械の扱いに長けた人が向いているようです。

放射線技師の彼氏ってどう?

彼氏が放射線技師だとどうなのかを口コミから集めました。

  • 国家資格なので転職先に困らない
  • 婦人科系疾患に理解がある
  • ある程度コミュニケーション能力がある
  • 医師ほど給料が高くない
  • 夜勤があると生活リズムが合わない

放射線技師の求人は少ないですが、国家資格であるため転職先には困りません。

検査の中にはマンモグラフィなどの検査もあるので、婦人科系疾患の知識があり、自身が病気になっても彼氏は理解して親身になってくれるでしょう。

検査の際に様々な背景・年齢層の患者と会話するので、コミュニケーション能力も期待できます。

一方、医療従事者は年収が高いイメージがありますが、放射線技師は経験年数を積まないと年収はそれほど高くありません。

夜勤がある職場もあり、生活リズムが合わずすれ違いが生じる可能性もあります。

全体を通して、放射線技師の彼氏はアリとの声が多いです。

放射線技師が年収を上げる方法

ここまで、放射線技師の仕事はきついのか、将来性はどうか、向いているのはどんな人か、彼氏としてはどうかをTwitterや口コミから紹介しました。

ここからは、放射線技師の年収を上げる方法について紹介します。

今より好待遇の職場を探すなら

放射線技師が年収を上げるには、技師長のような管理職に昇格するのを待つか、今よりも年収が高い職場を探すかです。

管理職への昇格は、ポストが空くか分からず、いつになるか予測しづらいです。好待遇の職場を探す方が早く年収を上げられる可能性があります。

ただし、働きながら1人で求人を探し、応募書類を作成して面接日程を調整するのは大変です。年収や入社日の交渉、退職日の調整も自分で進めないといけません。

そこで、好待遇の職場を探す場合は転職エージェントを利用するのが便利です。

医療福祉関係の職種に特化した転職エージェントもあり、自分の希望に合った求人を複数紹介してくれます。

転職エージェントが保有する求人の中には非公開求人もあり、1人で転職活動を進めていたら知ることのできない優良な求人にも出会えます。

ここでは、転職エージェント「マイナビコメディカル」を紹介します。

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、診療放射線技師や理学療法士・言語聴覚士など医療福祉関連に特化した医療従事者用の転職エージェントです。

独占求人を含め3万件以上の求人から、業界に精通したキャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれます。納得いく転職先が見つかるまで、何度でも紹介を受けられます。

求人先の情報をキャリアアドバイザーが実際に足を運んで集めており、求人数だけでなく、質にもこだわっています。定着率が低い医療機関や施設は原則紹介されません。

転職のプロが書類対策・面接対策を行い、面接日程の調整・条件交渉もしてくれるので効率的に転職が進められます。

マイナビコメディカルで転職に成功した人の声を集めました。

  • 親身に話を聞いてもらえたので、転職活動に対する不安が軽減された
  • 自分の中で条件などが定まっていなかったが、ゆっくり考える時間を貰えて自分のペースで進められた
  • 紹介してもらった求人について細かく特色を教えてもらえて、内定後も入社までの不安や疑問にも丁寧に答えてくれた

2021年1月現在、マイナビコメディカルで放射線技師の公開求人は935件あります。

255万円~450万円の求人が多く、非公開求人でさらに年収の良い求人を有している可能性があります。

他職種への転職も視野に入れるなら

放射線技師として転職するのではなく、将来性や仕事のきつさと年収のバランスなどを考えて他職種への転職を視野に入れることもあるでしょう。

放射線技師の資格を活かし、医療機関以外の企業で働くこともできます。馴染みのない他職種に転職するなら、総合型の転職エージェントに登録するのが近道です。

豊富な経験を持つアドバイザーが丁寧にヒアリングを行い、希望に合った求人を複数紹介してくれます。条件の良い非公開求人や独占求人を有している転職エージェントもあります。

企業の将来性を教えてくれる上、応募書類の添削や面接練習などのサポートも受けられます。転職エージェントを利用すれば情報が多く集まり、効率的に転職活動ができます。

ここでは、「パソナキャリア」「リクルートエージェント」「ランスタッド」の3社を紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、2021年にオリコン顧客満足度調査転職エージェント総合第1位を獲得している、利用者満足度の高い転職エージェントです。

取引実績企業は16,000社以上あり、求人件数は非公開求人も含めて5万件以上あるので、様々な求人先を紹介してくれます。若手、30代、ハイクラスなど幅広い層に対応できます。

他社にはない独占求人や、年収・福利厚生が優れている求人の紹介が期待できます。パソナキャリアを利用した人の67.1%が年収アップして転職しています。

Twitterでもパソナキャリアのサポートを評価する声があります。

https://twitter.com/BibleCareer/status/1189830896351711232

2021年1月現在、28301件の求人が公開されています。放射線技師で検索すると、1件の求人が公開されています。

医療機関向けのシステム営業で海外駐在の仕事です。年収は350万~500万円ですが、経験に応じるとも記載があります。

非公開求人でさらに条件の良い求人を有している可能性があります。

パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職支援実績No,1の転職エージェントで、特徴は業界最多の求人数と実績に基づく充実した転職サポートです。

各業界に精通したキャリアドバイザーが多く在籍し、独自の膨大なデータを分析した業界や企業レポートを提供してくれます。

2021年1月現在、公開求人は105,344件以上、非公開求人は136,042件以上あります。様々な分野の求人があるので、転職先を選ぶ際に可能性が広がります。

Twitterでもリクルートエージェントのサポートが良いとの声があります。

https://twitter.com/moniko_dayo/status/1268406276712615936

2021年1月現在、放射線技師と検索すると6件の公開求人があります。放射線技師の資格を活かせる画像解析エキスパート職や、治験コーディネーターなどの仕事があります。

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界最大級の外資系総合人材サービス会社です。特徴は国内各地に拠点があること、高年収のハイクラス求人が多いことです。

拠点を全国各地93カ所に持ち、全国各地から相談に訪れやすいです。都会から地方への転職にも強く、地方の企業の詳細情報も持っています。

キャリアアップやスキルアップ転職、年収800万円以上の求人を扱うハイクラス転職など、様々なニーズに応える求人が幅広く揃っています。

全求人のうち約80%が非公開求人で、年収800万円以上のハイクラス求人を特に多く保有しています。

ランスタッドに関する口コミを集めました。好条件の求人が揃っているとの声が多いです。

  • 待遇や給料など好条件の求人が揃っていた。レスポンスが早くスムーズに進められた
  • 求人が豊富でサポートも万全だった
  • 親切で丁寧で対応が早かった

2021年1月現在、8068件の公開求人があります。放射線技師で検索すると14件の求人が公開されています。アプリケーションスペシャリストの求人が多いようです。

ランスタッドの公式サイト

放射線技師の年収まとめ

放射線技師の平均年収は約502万円で、勤続年数とともに年収が上がる傾向があります。他職種と比べると、薬剤師より平均年収は低いですが、看護師より高いです。

医療従事者の中でも年収が比較的高いものの、放射線技師は経験を積まないと年収が上がりません。海外の同職種の方が年収が高く、現状に不満の方も多いでしょう。

放射線技師が年収を確実に上げるには、転職するのがおすすめです。現職を続けながら良い求人を探すのは骨が折れます。転職エージェントに登録すれば効率よく転職活動ができるでしょう。

本記事で紹介した「マイナビコメディカル」「パソナキャリア」「リクルートエージェント」「ランスタッド」は優良な転職エージェントです。

この4社を上手に活用してぜひ転職を成功させてください。