28歳での転職は積極的に進めるべき。その理由と転職を成功させる方法3つ

28歳での転職って、遅すぎませんか…?
そんなことありませんよ。実は28歳というのは、市場価値が高く、転職に向いている年齢なんです。

キャリアコンサルタント

そうなんですか!?
はい。この記事では、そんな28歳の転職を成功させるポイントについて解説しています。利用すべき転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

節目である30歳を前にして、転職を考えている人もいるのではないでしょうか。20代後半は、社会人として複数年経験を積んだこともあり、30歳になる前にステップアップを望んでいる人も多いでしょう。

その中でも、28歳の人の中には「転職できる限界の年齢が28歳だと聞いたことがあるから、早く転職しなければ」と焦っている人もいるかと思います。「もうすぐ30代だし、転職するには遅すぎる」と諦めている人もいるかもしれません。

しかし、それらはすべて過去の話です。30代や40代の転職が一般的になってきた現在では、28歳での転職は全く遅くなく、未経験の業種に転職することも可能なのです。

この記事では、28歳の皆さんが転職を成功させるために知っておきたいポイントをご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

28歳での転職は遅くない!転職市場での28歳の市場価値

前述のとおり、28歳での転職は全く遅くありません。それどころか、企業から見て評価が高く、市場価値が高いとみなされることが多いです。

では、28歳はどのような点で市場価値が高いとみなされるのでしょうか。主な理由を紹介します。

即戦力となるスキルを身につけている

28歳は、高卒なら10年、大卒でも5年ほどの社会人経験を有しています。20代の転職市場では第二新卒の人気が高いものの、28歳は第二新卒にはない社会人としてのスキルがあるので、企業からも歓迎されやすいです。

皆さんも受けたであろう新人研修は、一人あたり100万円以上の高額な費用がかかることもあります。研修費用を削減でき、即戦力として働ける28歳は、企業から見て採用するメリットの大きい人材なのです。

伸びしろが期待できる

30代以上と比較して、28歳はスキルでは劣るものの、若さという武器があります。今後の社会人生活でさまざまなスキルを身につけ、企業に大きく貢献することを期待している企業も多いです。

若いということは、企業に在籍する年数も長くなると期待されます。その分企業への貢献度が高くなると考えられることから、28歳は30代以上と比べても強みがあると言えます。

適応力が高い

5~10年しか会社勤めをしていない28歳は、以前勤めていた企業に染まりきっていたり、固定観念を持っていたりという心配があまりありません。そのため、転職先の企業に適応しやすいと考える企業も多いです。

また、28歳は管理職よりも若いことが多く、管理職から見て指導がしやすいという点からも、企業に好まれる傾向にあります。

28歳での転職を成功させるための3つのポイント

28歳は市場価値が高く、転職するのに適した年齢だということをご理解いただけたのではないでしょうか。

では、28歳での転職を成功させるには、どのような点に気を付ける必要があるのでしょうか。28歳が特に注意したいポイントを紹介します。

転職後のキャリアプランを具体的に考える

転職活動で最もやってはいけないことは、「なんとなく」転職をすることです。「なんとなく」で転職をすると、周囲の意見に流され、自分の希望しない職場に転職してしまう可能性が大いに高まります。

それを防ぐためには、転職後のキャリアプランを具体的に想像することが欠かせません。転職することで何を達成したいのかを考えながら転職活動を行うことをおすすめします。

思い立ったらすぐ動く

前述のとおり、28歳の大きな武器の一つが「若さ」です。30歳までの2年は、何もしなければあっという間に過ぎてしまいます。転職を考えたらすぐに動くようにしましょう。

自分で情報収集をするのもいいですが、転職エージェントを利用すると効率的に転職活動が進められるので、転職までのスピードを上げることができます。詳しくは次項で解説します。

転職エージェントを利用する

大きな仕事を任されていることも多い28歳は、忙しさから転職活動まで手が回らないことも多いです。しかし、将来を左右する転職先選びは妥協できません。そこでおすすめしたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントを利用すれば、求人の紹介や面接対策、企業への交渉にいたるまで、転職に必要なサポートを無料で行ってくれます。おすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

この記事の後半で、利用者の口コミも合わせて詳しく紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

スキルに自信がない場合は?異業種に挑戦するには?28歳のタイプ別転職術

いくら「28歳は転職に適している」と言われても、「武器になるようなスキルがないから…」、「これが初めての転職じゃないし…」など、不安を抱えている人も少なくないでしょう。

ここでは、そのようなお悩みやタイプ別に、おすすめの転職テクニックを紹介します。

スキルに自信がない28歳

自分にスキルがないと思っていても、意外な経験が企業から高評価を得ることもあります。スキルがないと諦めるのではなく、転職エージェントを利用してスキルの棚卸しをしてもらうことをおすすめします

スキルに自信がない人には、マイナビジョブ20'sハタラクティブなど、社会人経験の浅い若年層へのサポートが手厚い転職エージェントがおすすめです。

キャリアアップをしたい28歳

キャリアアップを希望する場合、スキルや経験を武器にして転職活動を行う必要があります。これまでの実績やマネジメントの経験などが大きな武器となるので、どれが武器になるかを精査することをおすすめします。

キャリアアップのためには、それに見合った求人を探す必要もあります。ビズリーチJACリクルートメントなどのハイクラス向けエージェントを利用するのがおすすめです。

異業種に挑戦したい28歳

異業種への転職は、30歳を超えるとかなり難しくなります。異業種に挑戦する場合、28歳はボーダーラインぎりぎりと考えられます。

異業種への転職では、スキルが重要です。同じ職種に転職する場合、業種が違ってもスキルが生かせることが多く、転職活動中の武器できることが多いです。異業種でも生かせるスキルがないかを分析することをおすすめします。

公務員になりたい28歳

公務員試験には、多くの場合30歳前後の年齢制限があります。30代以上が受けられる社会人採用もありますが、枠がとても少ないので、公務員になるなら28歳はラストチャンスと言えます。

とはいえ、公務員試験は倍率が10倍を超えることも多く、誰でも公務員になれるわけではありません。そのため、公務員だけにとらわれず、広い視野で転職先を探すことが必要です

公務員試験対策を行うと同時に、転職エージェントを活用し、自分の条件に合う求人を紹介してもらうことをおすすめします

28歳の女性

28歳は、女性にとって結婚・出産などのライフイベントが重なりやすい年齢でもあります。今すぐに予定がなくても、それを見込んだキャリアプランを立てることをおすすめします。女性が働きやすい企業を選ぶのもいいでしょう。

結婚・出産後も働きやすい職場を選ぶなら、女性の転職に強い転職エージェントがおすすめです。パソナキャリアリブズキャリアtype女性の転職エージェントなどを大手エージェントと併用するといいでしょう。

2回目・3回目の転職をしたい28歳

既に転職を経験している28歳は、「こんなにすぐに転職していいのか」と悩むこともあるでしょう。確かに、短期間で転職を複数回していると、企業からは「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と敬遠されがちです。

そのため、2回目・3回目の転職をしたい28歳には、「なぜ転職したいのか」を明確にし、面接官に自分の言葉で伝えることが求められます。同時に、「この会社で長く働きたい」という熱意を伝えることも必要でしょう。

転職を繰り返さないためにも、転職エージェントを活用し、情報収集と自己分析をじっくり行うことをおすすめします。

28歳の転職におすすめの転職エージェント3選

前述のとおり、28歳の転職には転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、さまざまなパターンの人にもおすすめできるエージェントを、独自に集めた口コミとともに紹介します。

なお、転職エージェントは複数を併用することでその真価を発揮します。前述のタイプ別転職術で紹介したエージェントも含めて、自分に合ったものを併用してください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

28歳の転職では、市場価値の高い時期を逃さずに成功させよう

28歳は転職市場での市場価値が高いだけでなく、異業種への転職などの場合にはラストチャンスになることもあるため、転職に向いている年齢と言えます。

この記事で紹介したポイントを活用して、ぜひ28歳での転職を成功させてください。