転職のプロが教えるブランクがあっても不利にならない転職成功術

転職するとき、ブランクがある場合、きちんと転職できるのか不安な方はいませんか?

育児や病気など、何らかの理由で職歴にブランクができてしまって、退職を余儀なくされた人もいるでしょう。

この記事では、ブランクがある人が、転職に成功するために、どういった伝え方をすれば良いのか、どういった履歴書の書き方をすれば良いのかについて詳しく解説しています

記事の最後には、転職のプロが厳選した、ブランクがある人におすすめの転職エージェントも紹介しているので、合わせて確認してみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

転職の際にブランクがあると不利?

ブランクのある人の中には、「どの期間までなら許容されるのだろう」と、ブランクの長さを気にしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、企業にはブランクの長さよりも重視していることがあります

企業がブランクのどこを重視し、どのように認識しているのかを紹介します。

ブランクの長さがそこまで大きな問題ではない理由

前述のとおり、ブランクの長さ自体はそこまで大きな問題ではありません。なぜなら、一言に「ブランク」と言ってもその理由や事情はさまざまで、一概にその長さで評価することはできないからです。

転職などの中途採用を行う際に企業が求めるのは、即戦力です。そのため、ブランクの長さそのものよりも、ブランクができるに至った理由と、企業の懸念材料を払拭できる証拠があるかどうかが重要なのです。

企業が懸念する点と採用担当者の本音

では、ブランクのある転職希望者に対して、企業はどのような点を懸念しているのでしょうか。採用担当者の本音とともに紹介します。

仕事へのモチベーションが維持でないのではないか

御盆や年末年始の連休明けに「仕事に行く気が起きない」と感じるのはよくあることです。それと同様に、働いていない期間が長いと、「モチベーションが維持できないのでは」と懸念する企業は多いです。

企業が中途採用社員に求めるのは即戦力です。このため、ブランクがある転職希望者を、採用担当者は「モチベーションが戻るまで時間がかかり、即戦力にならないかもしれない」と考えてしまうのです。

仕事に必要な「勘」が鈍っているのではないか

仕事には知識や経験が欠かせません。特にITやweb関連の業界では、知識を常に最新のものに更新し続けることが求められます。ブランクが長いと、知識のアップデートが止まっていることが懸念されます。

さらに、長期間ビジネスから離れていると、経験から身につく「勘」が鈍っていることも懸念されます。即戦力を雇用したい企業にとって、採用直後から活躍してくれる保証のない人材を採用するのは勇気のいることです。

転職に対して適切な判断ができていないのではないか

転職期間が長引いてしまうのは仕方のないことではありますが、長引きすぎてしまうと企業から「自己分析が適切にできず、高望みをしているのでなかなか転職先が見つからないのでは」と懸念されてしまうことがあります。

転職に対する姿勢は仕事にも反映されるので、転職で適切な判断ができない人は、仕事の優先順位のつけ方などでも適切な判断ができない可能性が高く、不安要素が大きいというのが採用担当者の本音なのです。

転職の際にブランクで不利にならない話し方

ブランクがあることは企業にとって懸念材料ですが、重要なのは、採用担当者を納得させられる理由を説明し、懸念を払拭できるかどうかです。ここでは、ブランクの理由を納得させ、マイナス評価にさせない話し方を紹介します。

ブランク期間にしていたことを「キャリアに役立った」と説明する

ブランクをマイナス評価にさせないためには、その間にしていたことが自分に役立ったことを説明する必要があります。特に、今後のキャリアにプラスになったことをアピールしましょう。

たとえば、「生活のためにアルバイトをしていた」というのであれば、アルバイトを通じてキャリアにプラスになることを学んだと説明できれば、ブランクが有意義なものだったとアピールすることができます

資格の勉強だけでなく、アルバイトや育児など、一見キャリアに関係のないものでも、今後のキャリアに役立てることは可能です。自分の学んだことをアピールするようにしましょう。

入社後のビジョンを話し、熱意を伝える

「ブランクがある」という過去は変えようがありません。それよりも重要なのは、未来の話です。ブランクをどうカバーしていくのかという入社後のビジョンを話し、熱意を伝えるようにしましょう。

熱意を伝えるためには、実際に自分が行動に移していることをアピールするのもおすすめです。資格の勉強など、キャリアのために行ったことがあれば、積極的にアピールしましょう。

ブランクの長さを引け目に感じずに、真実を堂々と伝える

ブランクのある人の中には、「何か明確な理由があったわけではないけれど、気が付いたらブランクが長くなってしまった」という人もいるのではないでしょうか。そのような場合は、堂々と真実を伝えるようにしましょう。

ブランクを引け目に感じ、自分に自信がない状態で転職活動に臨んでも、魅力的な人材には見えません。ありのままの自分を受け入れ、ブランクの理由を堂々と話せるようになったことで、転職先が決まった例もあるそうです。

特に理由がなくブランクが長くなってしまった場合は、転職活動に専念していたことを伝えるのがおすすめです。どう伝えたらいいか分からない人は、転職エージェントに相談するのもいいでしょう。詳しくは記事の後半で紹介します。

転職でブランクを感じさせない履歴書の書き方

ブランクの理由は人それぞれです。それぞれの理由によって、リカバリーの方法は大きく異なります。ここでは、それぞれのパターン別に、志望動機や面接で使えるポイントを紹介します。

主婦の再就職

主婦の再就職であっても、企業が中途採用で求めているのが即戦力であることに変わりはありません。過去の仕事の経験など、職務能力の高さをアピールするようにしましょう。短期間で戦力になれることをアピールするのも効果的です。

ブランクが長かったり、アピールすべきスキルがなかったりしても、育児やPTAなどの経験がアピールできることもあります。応募職種に生かせる経験と絡めれば、他の転職希望者と差別化することもできます。

アピール材料に不安がある人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。中でも、パソナキャリアは女性の転職に強いため、主婦の再就職には特におすすめです。詳しくは後ほど紹介します。

ニート・フリーターからの就職

これまで社会人として勤務した経験のないニートやフリーターから正社員に就職する場合、履歴書に書ける経歴がないことも考えられます。そんな場合には、過去に努力したことや今後の仕事に対する意欲をアピールしましょう

見栄を張って嘘をつくのは、最もやってはいけないことです。履歴書の空白の期間は、正直にありのままを書き、面接で質問された際にきちんと受け答えができるように対策をすることをおすすめします。

面接対策をしっかりと行うためにも、転職エージェントの利用がおすすめです。特におすすめなのが、フリーターや20代の転職に強いハタラクティブです。詳細は記事の後半で紹介します。

病気によるブランク

病気によるブランクのある人に対し、企業が懸念するのは「また体調が悪くなってしまうのではないか」ということです。配慮してほしい事項があればしっかりと伝え、完治したのであれば、業務に支障がないことをアピールしましょう

療養中にもスキルの習得に努めていたのであれば、大きなアピールポイントになります。「専門誌で情報収集していた」などのささいなことでも構いませんので、業務に対する積極性をアピールすることがおすすめです。

家族の介護・看病によるブランク

家族の介護や看病という事情は、企業側も納得のできるものです。しかし、採用担当者が納得できることと、「採用したい」と思うことは別であるということに留意する必要があります。

転職先を探すということは、介護や看病が一段落ついたということですので、その事情を伝え、今後は全力で仕事に打ち込む気持ちがあることをアピールすることが重要です。

5年・10年などの長いブランク

さまざまな事情でブランクが長くなってしまった場合、自分のスキルがどこまで通用するか不安な人も多いのではないでしょうか。そんなときには、まずは自分のスキルを整理することをおすすめします。

自分の持っているスキルを整理できれば、応募する業務に必要なスキルを持っていることをアピールできるので、志望動機の作成に大いに役立ちます。

とはいえ、スキルの整理は一人では難しいものです。そこでおすすめなのが、転職エージェントです。詳しくは次の章で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

転職でブランクを帳消しにする転職エージェント活用術

ここまで、ブランクをマイナス評価にさせない転職術について紹介してきましたが、「一人で転職するのが不安」、「面接が怖い」など、転職に不安を抱える人も多いと思います。

そこでおすすめするのが、転職エージェントを利用することです。転職エージェントを利用すれば、求人の紹介から面接、企業との交渉に至るまで、担当者がマンツーマンで転職のサポートをしてくれます

ここでは、ブランクがある人も安心して使える、サポートの手厚い転職エージェントを、実際に利用した人の口コミとともに紹介します。転職エージェント選びの参考にしてください。

なお、転職エージェントは複数を併用することでその真価を発揮します。自分に合いそうなものを見つけたら、ぜひ複数のエージェントに登録してみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職の際には伝え方次第ではブランクは前向きな材料に変えられる!

ブランクというとマイナスのイメージが強いものの、伝え方によってはマイナス評価にはならないということをご理解いただけたのではないでしょうか。ブランクのある皆さんの転職が成功することを願っています。