ビルメン転職で後悔しない全知識|職場環境やメリット・デメリット

ビルメンへの転職を考えています。ですが、仕事内容や職場環境などが分かりません…。どうしたら良いですか?
ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント

どの転職エージェントに相談すれば良いんですか?
おすすめの転職エージェントは、この記事でご紹介しています。

キャリアコンサルタント

他にも、ビルメンに転職するのに必要な資格や、メリット・デメリットについてご紹介しているので、合わせて確認してみてくださいね。

キャリアコンサルタント

転職を考えている人の中には、他業種からビルメンの仕事への転身を考えている人もいれば、同じビルメン経験者が他企業への転職を考えている人もいます。

ビルメンは転身先としても人気が高く、未経験の人でも希望者が多い業種です。「新たな環境で頑張りたい」「もう一度、生活を立て直したい」と考えている人にとっても、理想的な職場といえるでしょう。また、「自分の時間を確保したい」と考えている人にとっても、理想的な職種です。

では、そんなビルメンへの転職についてご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

ビルメンへの転職すべき?そもそもの仕事内容は?

ビルメンへの転身に興味を持っている人の中には、詳しい仕事内容を知らない人もいるでしょう。「ビルのメンテナンスの仕事」というイメージはついていても、具体的な仕事内容について知らない人もいるのではないでしょうか。

ビルメンは、ビルの電気や設備、空調などの管理やメンテナンスが主な仕事。電気やガス、水道などのメーターを記録したり、不具合がある設備の保守や点検等を行いますが、場合によっては清掃などを行うところも。

企業の規模によっても、仕事内容が変わってくるため、事前に仕事内容などは確認しておいた方が良いかもしれません。

ビルメン転職に必要な資格とは?

ビルメンへの転身は、何らかの資格が必要と思っている人も多いでしょう。

確かに、ビルメンの仕事をするにあたり、資格を持っていた方が有利。どんな資格かというと、第二種電気工事士などの電機関連の資格やボイラー技士などの熱源に関する資格、ビル管理士と言われる建築物環境衛生管理技術者の資格など。

しかし、企業によっては資格がない人も採用しているところがあります。こういった企業では、資格取得を目指せる環境が整っており、資格取得することで昇給などの制度を設けているところもあります。こういった環境であれば、働きながら勉強するというのも、やりがいを感じることができるでしょう。

ビルメン転職後の職場環境は?

どんなに資格取得が目指せる職場でも、働く環境や待遇が悪ければ、転身後に後悔することになります。転身をするのであれば、当然「転身して良かった」と思えるような環境であることが理想的。

では、ビルメン転身後には、どういった環境が待っているのでしょうか。

残業は多い?

仕事をする上で、残業時間が気になる人も多いはず。今まで、残業に追われ、プライベートの時間が持てなかった人にとっては、「残業の有無が重要」と思っている人もいるでしょう。

ビルメンの仕事は、基本的にほとんど残業はありません。もちろん、ビル火災が発生したり、救急車を要請するなど、緊急事態の際には残業になってしまうこともありますが、基本は次の勤務者に引き継ぐことで仕事が終了となります。

そのため、オンとオフがしっかりと分かれている職種と言えるでしょう。

ただし、配属される場所によっては、夜間勤務や休日勤務がある場合もあるため、事前に配属先などは確認しておく必要があります。

ノルマはある?

営業職を経験してきた人の中には、「営業ノルマに疲れて、転職を考えている」と言う人もいるでしょう。ノルマがあるというのは、目標があるということですから、やりがいがあります。しかし、その分プレッシャーやストレスに感じることもあるでしょう。

その点、ビルメンは現場での作業がメインですから、ノルマを求められることはありません。担当となったビルのメンテナンスが主な仕事ですから、ノルマの心配はないでしょう。

休みはちゃんと取れる?

ビルメンの仕事は、配属先によって働き方が変わってきます。

24時間稼働しているビルであれば、宿直勤務などが強いられることになります。しかし、宿直勤務がある配属先であっても、休日はしっかりと取ることができます。宿直の場合には、基本通常休みに加えて、休み明けも休日扱いとなるため、プライベートの時間は充実させることができるでしょう。

「自分の時間がほしい」と考えている人にとっては、理想的な環境と言えます。

平均収入はどのくらい?

ビルメンテの転職を考えた時、やはり気になるのは収入ではないでしょうか。

ビルメンテの仕事は、残業がほとんどなく、休日もしっかりと取れる理想的な環境でありますが、収入面は決して高いとは言えません。

無資格で転身した場合には、平均年収250万円程度。資格保持者の場合には、270万円から300万円程度が一般的です。

しかし、大手系列の企業で勤務を続けた場合には、年収300万円から400万円になり、更に管理職になった場合には年収500万円から600万円程度まで上がります。

どういった企業に転職するかによって、収入差が出ることになるでしょう。

ビルメン転職のメリットとデメリット

転身後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないためには、何よりも事前に情報収集しておくことが大切。

どんな企業に移っても、必ずメリットとデメリットがあるため、デメリットも理解した上で転身を考える必要があります。

では、ビルメン転身にはどんなメリットとデメリットがあるのか、ご紹介しましょう。

ビルメン転職のメリット

ビルメンへ転身した人の多くは、「自分の時間がもてるようになった」ということが大きなメリットとして感じている様。今まで、残業や休日出勤が当たり前だった人にとっては、自分の時間がもてるというのは、何よりも大きなメリットとなるのではないでしょうか。

大手企業であれば有給消化を率先しているところも多いため、100%有給消化している人も少なくありません。有給もちゃんと取ることができれば、仕事とプライベートを両方充実させることができ、更に仕事への意欲も沸いてくるでしょう。

また、ビルメンに転身したことで、新たな資格取得をすることができ、スキルアップできたと感じている人も多くいます。仕事を続けることで、どんどん新しい知識も身に付きますから、仕事へのやりがいも大きくなるでしょう。

ビルメン転職のデメリット

ビルメン転身へのデメリットとして上げられるのは、収入の減少。残業が少なく、休日もしっかりと取れる分、収入は今までと比べると減ってしまう可能性があるでしょう。しかし、収入面は資格取得や経験が増えることで上げることもできますから、長い目で考えた方が良いでしょう。

また、ビルメンの仕事は配属先によって、様々な仕事を強いられることもあります。場合によっては、トイレの詰まりなどの対応をしなくてはいけないこともありますから、こういった仕事も臨機応変に対応できなければ、「辛い」と感じるかもしれません。

更に、仕事に生産性を求める人にとっては「楽しくない」と感じる可能性があります。ビルメンの仕事は、ビルを維持することが仕事ですから、何かを作りだすことが好きな人にとっては、物足りなさを感じる職種となるでしょう。

ビルメンで転職するなら大手企業がおすすめ

ビルメン転身といっても、数多くの企業があります。「自分の時間をもちたい」「収入は減っても、充実した仕事をしたい」という思いを叶えるのであれば、やはり大手企業が狙い目。

大手のビルメンであれば、昇進や昇給等も叶えることができるでしょう。

NECファシリティーズ

言わず知れたNECグループの企業、NECファシリティーズは、売上高870億円となる大手企業。

大手だけあり、様々な手当などはしっかりしている様。しかし、その分求める人材のスキルは高い傾向にあります。転職を望むのであれば、事前に資格取得などをしてから試験に望んだ方が採用を掴む可能性は高まるでしょう。

NTTファシリティーズ

NTTファシリティーズはNTTグループのため、電電公社時代の体制がまだ残っている様。こういった社風は、向き不向きがあるかもしれません。

しかし、充実した福利厚生や安定した収入、業務はやはり転職先としては魅力的。

組合の力により、社員はしっかりと守られた環境で仕事をすることができます。

オリックスファシリティーズ

オリックスグループとなる、オリックスファシリティーズのビルメンでは、平均年収430万円ほど。大手ならではの安定した収入が魅力的です。

育休や産休なども制度がしっかりしているため、男性だけでなく女性にとっても働きやすい環境といえるでしょう。こういった体制が整っているのは、やはり大手の強みといえるでしょう。

JR東日本ビルテック

JR東日本グループとなる、JR東日本ビルテックはメンテナンスだけでなく、警備も請け負っています。

ビルメンは駅ビルの維持管理と駅の維持管理に分かれており、どちらに配属されるかによって働く環境が変わってくるでしょう。

旧国鉄時代の体質も残っているため、古いしきたりなどがまだまだ守られている環境と言えますが、その分安定した環境で仕事ができます。

大林ファシリティーズ

建設業界の大林組のグループ会社となる、大林ファシリティーズ。スーパーゼネコンによる100%出資会社です。

大手だけあり、勉強会や研修会などが定期的に行われており、スキルアップもしやすい環境。「学びたい」「スキルアップをして、昇給したい」と考えている人にとっては、理想的な環境といえるでしょう。

ビルメン転職を成功するには転職エージェントの活用がおすすめ

「せっかくビルメンに転身するのであれば、大手に行きたい」と思っている人も多いはず。しかし、一人で大手に挑むのは「自信がない」と言う人も多いのではないでしょうか。「このスキルで、大手が目指せるだろうか?」と不安になっている人もいるでしょう。

そんな人は、頼れるエージェントを利用してみませんか。

エージェントでは、大手のビルメン企業の求人も多く抱えており、理想的な転職先を紹介してもらうことができます。また、求人の紹介だけでなく、履歴書などの添削、面接へのアドバイスなども行ってくれ、あなたの強い味方になってくれるはず。

何度も活動に失敗している人は、何が自分に足りないのか、何が自分の強みなのかも引き出してくれ、効率的な活動をすることができます。

一人での活動に自信がない人にとっては、エージェントはきっと頼もしい存在になるはずです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ビルメン転職を成功させるには

ビルメンの仕事は、比較的残業が少なく、休日をしっかりと取ることができ、安定した収入を得ることができる理想的な環境です。しかし、どんな企業で仕事をするのか、どんな場所に配属されるのかによって、環境は大きく変わってきます。

そのため、後々後悔しないためには事前に企業のことをしっかりと調べ、情報収集することが欠かせません。せっかくビルメンへの転職を叶えても、採用された企業、配属先によっては「思った環境ではなかった」と後悔してしまう可能性があるということ。

また、より収入の良い環境に転職したいと思うのであれば、まずは資格取得を目指すことがおすすめ。資格取得していれば、転職活動も有利に働くはずです。