IKEA(イケア)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

IKEAの小物や家具を使っているという理由から、転職したいと思っている人も多いでしょう。

ですが、かなり人気企業なので転職難易度は高く、きちんと対策をする必要があります

この記事では、IKEAの基本情報から転職を成功させる方法まで、詳しくまとめています。

記事の最後には、IKEA転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせて確認してみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

IKEAへの転職は可能?データから難易度を検証

憧れのIKEAへ転職したいそう思っている人が多い中、IKEAへの転職は可能なのでしょうか?

人気がある企業だけに難易度は高いのか気になりますよね。

そこでIKEAに転職する場合の難易度やどこに求人が掲載されているのか、求める人物像などを紹介していきます。

IKEAへの転職の難易度は?

IKEAへの転職の選考ではまず、書類審査に通過するとIKEAの人事担当者、現場担当者の2名での面接となる場合が多いようです。

面接での質問は、ありきたりの志望動機を聞くようなタイプのものではなく

  • 最近どのような本を読んで、どの部分が印象に残っているのか?
  • なぜIKEAを希望したのか?
  • IKEAの商品を購入した経験はあるか?どの商品を購入したのか?
  • 生きていく中で一番大切にしたいものは何か?

など、ふとした質問の中からその人の人柄や人間性の本質的な部分を見ようとする質問が多い傾向にあります。

IKEAへの転職の難易度は、人気があるため競争は激しいですが、学歴が高くなければ入社することはできないというものでもなく、IKEAの社風にマッチしているかどうかが重要視されるようなので、「IKEAの商品が好きでIKEAで絶対働きたい!」というような熱い想いを持っている人の方が採用されやすいと言えます。

IKEAの求人情報は公式サイトにも掲載あり!

IKEAの求人情報は、公式サイトの中にも掲載されています。

自分の希望として、

  • 働きたい国(勤務地)に使用したい言語
  • 働き方の選択(フルタイムまたはパートタイム)
  • 職種
  • 契約形態(正社員、契約社員など)

を選択し検索を行うと、現在の求人情報が表示され、そのまま応募することができます。

応募には、履歴書やカバーレターが必須となり、応募書類到着後、書類選考が行われ30日以内にIKEAから連絡が来る仕組みとなっています。

IKEAが求める人物像とは?

IKEAでは、IKEAで働く従業員のことをコワーカーと呼んでいます。そしてコワーカーに求める人物像としてポイントを3つほどあげています。

  • 小売業界に対して強い興味や関心を抱いている人
  • ホームファニシングが好きという人
  • IKEAの理念に対して共感することのできる人

以上のポイント全てに当てはまる人を採用しており、さらにはIKEAの人事理念として

「真摯で前向きな方に、プロフェッショナルとして、人間として成長する機会を提供すること。そして社員全員が協力して、お客様はもちろん自分たちのためにも、より快適な毎日創り出すこと」(IKEAの人事理念)

を掲げています。この点から見てもIKEAで求める人材は、ただ真面目に働くだけではなく、積極的に行動しリードできる人材であることや、新しいやりかたを常に編み出しながら意味のあるものを作り出すことのできる人材であることが求められそうです。

IKEAに転職すべき?年収・口コミ情報

IKEAで現在働いているという人や働いていたという人のリアルな情報をお伝えしていきたいと思います。憧れのIKEAの内部はどうなっているのか。お給料や福利厚生など働く上で気になる点について触れていきましょう。

IKEAの特徴とは?

IKEA(イケア)と言えば、北欧デザインのシンプルな家具や雑貨などが人気の家具販売会社です。IKEAで販売されている商品は、開発から製造・販売と一環して自社生産で作られています。

IKEAはスウェーデン発祥ですが、日本にあるIKEAJapan(イケア・ジャパン)は、2002年に日本法人として設立され現在、日本国内には10店舗運営されています。

IKEAは外資系企業のため、社内の雰囲気はとてもフレンドリですが、この社風にマッチしない人は長続きするのは難しく、年齢に関係なくある一定の裁量に関しては責任を持って仕事ができる環境が用意されていることから、成長していきたい!スキルアップしていきたいという人にとってはやりがいのある環境の中で働くことができると言われています。

IKEAの給料・年収は?

IKEAで働く人の平均年収は約400万円~600万円と言われています。転職時の年収は、年齢や実績によって違いはありますが、約350万円~450万円が平均年収と言われています。

IKEAの給料や年収は、年俸制となっており完全に実力主義となっているため、ある年齢に達したらこのくらいの年収は保証されているというものではありません。そのため、正社員として働いていても実は年収は300万円前後という人も多いです。

業務に関する残業代などはきちんと支払われるものの、残業はしないということを常に求められます。賞与というものはありませんが、ギフトカードが配布されるときもあり不定期となっています。

勤務時間はどのくらい?

IKEAの勤務時間の平均は、約8時間~9時間です。残業は基本的には求められないことになってはいるものの、平均残業時間は10時間~20時間となっていて残業手当はしっかり支給されます。

働きやすい環境が整っている一方で、土日勤務や夜勤という勤務形態もあるため、女性にとっては働きづらいと感じることもあります。正社員としてフルタイム勤務する女性は、子供が就学するまでは時短勤務を選ぶこともできます。

年休など休暇申請は可能?

IKEAは年休などの休暇申請が取りやすく、繁忙期でも理由があれば無理なく休むことができます。有給消化率は100%で、女性の産休、育休はもちろん、男性の育休も取得可能。産休・育休明けの職場復帰は保証されているので安心して必要な休みを取得することができます。

福利厚生など働きやすい?

IKEAで働く魅力のひとつとして福利厚生の充実があります。社会保険はもちろん、IKEAオリジナルの生命保険や長期療養保険、個人年金制度といった保証が充実しています。

IKEAで働く人が気軽に休暇をとり、プライベートも充実させることができるようにと、所定の休日や有給休暇のほかにも、

  • 慶弔休暇
  • 産前産後、育児休業
  • パタニティ休暇(パパのための休暇)
  • 子供の看護休暇
  • 介護休暇
  • 私傷病休暇
  • ボランティア休暇

などがあり、休暇を取りやすい環境整備がされています。また、時短勤務制度や社員割引制度、クリスマスプレゼントなどもあり楽しみも用意されていて魅力的です。

IKEAといえば社員食堂(キャンティーン)が有名で、社食としては珍しいビュッフェスタイルとなっており、内装はすべてIKEAの家具でデザインされています。

休憩時間は、ソファで自宅のようにくつろぐ人もいれば、テレビを見ていたり、喫煙ルームで喫煙を楽しむなど思い思いに過ごすことができます。

このような福利厚生は、勤務形態に限らずIKEAで働くすべてのスタッフが活用することができます。

社内評価制度は半年ごとに

半年ごとに面談を行い社内評価が行われます。評価を表すために点数制を採用。4点満点での採点となり、翌年の年俸とポジションアップなど点数が高ければそれだけ優遇されることとなります。

IKEA社員全員のミーティングなどトレーニング制度も充実

IKEAで働くスタッフ全員で行われるミーティングは定期的に開催されます。また、部署ごとのミーティングも定期的に行われ、IKEAではミーティングはとても重要視される傾向にあります。

IKEAの社員として学びたいことがあった場合、単発的なトレーニングに参加することが可能ですが、学ぶということに関しては自由となっているので、学ぶ姿勢がなければ、誰も教えてくれることはないので自主性がとても重要となります。

IKEAで働いた感想は?

IKEAで働いてる。働いていたという人は、実際にIKEAで働いてどのように感じているのか気になりますよね。そこで、IKEAで働いたという人の感想をキャリコネからまとめてみました。

  • 日々のアクシデントの中で成長できる環境が仲間意識を作ることができやりがいを感じる
  • 本社で決定されたルールの中で働いているので、慣れてしまえば外の世界を知る機会が少なくなってしまう
  • 人間関係は良好
  • 長く働けば働くほど責任と権限を持つことができる
  • 一緒に働くスタッフはみな平等という意識が高い
  • 女性マネージャは、マネージャ職の約半数と多い
  • 労働環境はとても良い

というふうにIKEAは、独特な社風に馴染むことができさえすれば、いきいきと生きがいを持って働くことができる環境が整っていることがわかります。

IKEAのここが嫌だった!

IKEAで働く環境はとても良いというイメージを抱くことができましたが、その一方で、IKEAで働いてみたものの社風に馴染むことができなかった、思っていたのと違って嫌だったという声もあります。

  • マニュアルが徹底されていないので困った
  • 英語が話せないとIKEAでは出世はない
  • 意見は言えるが、その意見が通るかは謎
  • 外資系の自由なイメージはあるものの、実は保守的な企業

というようなものがありました。外資系の面と日本的な面の両方を持ち合わせていることに対する不満を抱えてしまう社員も少なくないのかもしれません。

IKEAへの転職を成功させる方法

IKEAへの転職を成功させるためには、ただ漠然と求人情報を探すのではなく、確実にIKEAの求人を手にするためにできること、そして求人を見つけたら確実に採用を勝ち取るためにできるコツがひとつだけあるのです。

そのコツについてお伝えしたいと思います。

転職エージェントを利用して求人を手に入れよう!

IKEAへの転職を成功させるただ1つのコツは、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントでは、誰でも閲覧し応募することのできる求人以外に、非公開求人と言われるものがあり、IKEAへの転職のための求人として非公開となっている可能性が高いのでは?という説もあります。

非公開の求人を手に入れるためには、複数の転職エージェントを利用するしか方法がありません。だからこそ、転職エージェントを利用することがIKEAの求人を手に入れるコツとなるのです。

また、転職エージェントを利用すると、IKEAの採用担当者が会ってみたいと思うような履歴書や職務経歴書の添削を受けることができ、さらには面接対策などの指導も受けることができるので、求人を手に入れたら採用となるまでの支援も受けることが可能です。

IKEAへの転職のための手厚い支援を受けながら、憧れのIKEAへの転職の実現は転職エージェントを利用するという方法が唯一の方法としてぜひ活用してみましょう。

IKEAへの転職で登録すべき転職サイト・エージェント4選

早速、IKEAの転職におすすめしたい転職エージェントをいくつか紹介していきます。

この中からどれか1社を選んで利用するのではなく、2社~3社同時進行で利用する方が、IKEAの求人を手に入れるチャンスが広がりますので、複数社の利用をおすすめします。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

最後に

IKEAに憧れていつかIKEAで働きたい。そう思っている人にとっては、とても楽しくやりがいのある環境と言えます。IKEAに対する夢と希望を持って転職活動を行えば、きっとIKEAへの転職は現実のものとなると思います。

これまでの学歴や経歴以上に、IKEAに対する夢や希望をたっぷり持っている人こそ実現できる転職と言えます。