残業のない仕事ってある?さまざまなケース別に残業のない仕事を紹介

「残業のない仕事なんてあるの?」と、考えている人はいませんか。

プライベートの時間を大切にしたい、家事や育児の都合、資格取得の勉強など、様々な理由で残業のない仕事を希望する人は多くいます。

働き方改革によって残業の削減に取り組む企業も増えています。

この記事では、ケース別の残業のないおすすめの仕事やブラック企業の見分け方、残業のない仕事への転職を成功させるために使いたい転職エージェントを紹介しています。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

あなたの会社の残業時間・休日数は一般的に見てどう?日本企業の平均残業時間と年間休日数

日本企業の平均的な残業時間と年間休日数はどのくらいかご存知ですか。

厚生労働省の調査では、一般労働者の残業時間は月14.5時間です。月の勤務日数を20日間とすると、残業がない日は5日間、残り15日間は1日1時間程度の残業です。

ただ、これは企業が厚生労働省に回答した数字のため、実状とは異なる部分もあると考えられます。

年間休日数は全業種でみると107.9日です。これは業種によって97.1日~118.8日と大きくばらつきがあります。

残業の少ない・多い業種を一挙紹介

残業時間は業種によって大きく違いがあります。一般的に残業の少ないとされる業種は具体的にどんな業種でしょうか。

ここでは残業の少ない業種、多い業種の仕事を残業時間や休日数も含め、それぞれご紹介します。

残業の少ない業種

「小売店/専門店」は、比較的残業の少ない業種です。

一般の人に商品やサービスを提供する店舗では、営業時間が決まっています。あらかじめシフトも作られるので、休日が確保でき、決められた時間内で働ける場合が多いです。

「スポーツ/ヘルス関連施設」も、平均残業時間が少ないです。

こちらも決まった営業時間があり、さらに繁忙期と閑散期の差が小さいことから、残業時間が大幅に増える時期もなく、休日も取りやすい業種です。

残業の多い業種

「広告代理店、PR、SP、デザイン」は、残業が多い業種です。

クライアントの要望に合わせて仕事をする必要があり、質の高いサービスを期限内に提供しなければならず、残業時間が多くなり休日も取りにくい傾向があります。

労働者の口コミによる民間調査によると、「広告代理店、PR、SP、デザイン」の業種の平均残業時間は月41.8時間です。

「運輸業」や「建設業」も決まった納期に間に合わせる必要があるため、残業時間が多い業種です。

【ケース・性別】残業のない・定時退社できるおすすめの仕事をご紹介

「残業のない仕事」を業種で紹介しましたが、性別や職種別に応じて、おすすめの残業のない・定時退社できる仕事は異なります。

ここでは、男女別、ケース別のおすすめの残業のない仕事を紹介します。

男性におすすめの残業のない仕事

メーカーのルート営業は、男性におすすめの残業のない仕事です。

営業職は残業が多いイメージもありますが、ルート営業は決められた時間内で仕事ができます。

メーカーのルート営業は、販売した機器のメンテナンスや既存顧客の要望に応じることが主なため、突発的な仕事も少なく、休日も取りやすいです。

扱う製品、営業先の特徴を事前に予習して対策しておけば、さらに効率的に働けます。

女性におすすめの残業のない仕事

女性におすすめの残業のない仕事で、人気なのは事務職です。

ルーティン的な業務が多く、時間の割り振りや段取りを自分で組み立て、勤務時間内に仕事を終了する場合が多いです。

翻訳や経理など専門的な資格や知識が必要な事務職もあれば、一般事務や営業アシスタントなど特別な資格や経験は不要な事務職もあります。

残業はなくても、職場の雰囲気や人間関係によって働きやすさに大きな違いがあるので、社風や離職率を事前に調べておくことをおすすめします。

正社員で残業のない仕事

働き方改革やコンプライアンスが社会の注目を集めているため、正社員でも残業のない仕事は多くなっています。

コンプライアンスを重視する企業は、社員の労働時間を厳密に管理し、やむを得ない残業には残業代をちゃんと支払います。

そのため、一定の時間でパソコンやオフィスの電源を切るなど、残業を極力減らす努力がなされています。

正社員で残業のない仕事を探している人は、法令を遵守している企業を選ぶのがおすすめです。

土日が休みで、残業なしの仕事

土日休みを希望している人には、企業や役所向けのサービスや商品を提供する企業の仕事がおすすめです。

営業職、事務職ともに一般企業や役所関係相手の仕事は、お客も土日休みの場合が多く、土日にしっかりと休みが取れます。

反対にお客が個人の一般消費者である仕事では、土日の方が忙しく休みが取りにくいので、注意しましょう。

企業の受付事務や土日休診の病院の医療事務などは、土日休みで残業なしの代表的な仕事です。

ストレスのない楽な仕事

働くうえで多少のストレスがあることは当然のことですが、やりがいや達成感よりも「ストレスのない楽な仕事」を選びたい人も増えています。

お客や他の従業員と頻繁にコミュニケーションを取る必要がある仕事は、ストレスが大きいと言われています。

反対に、一人で黙々と決まった作業をこなす仕事は比較的ストレスのない楽な仕事です。

例えば、工場のライン作業などは、単調に流れてくる作業を黙々とこなすことが求められる仕事で、ストレスのない楽な仕事をしたい方にはおすすめです。

残業が多いからやめておいた方がいい仕事ってある?

年中無休営業のコンビニエンスストアやレストランなどの外食産業の正社員は、残業時間が多く年間休日が少ないため、残業のない仕事を希望している人は避けた方が良いです。

広告関係やWEB業界などクリエイティブ系の仕事も、時間が来たから終わりにはできないので残業時間が多い傾向があります。

残業が多い、少ないは企業規模や社風によるところも大きいため、業種や職種だけではなく、実際に応募する企業のことをしっかりリサーチすることも大切です。

残業の少ないホワイト企業の特徴は?ブラック企業の見分け方ってある?

「残業が少ないホワイト企業だと思って転職したのに、実際はブラック企業だった」なんてことは避けたいものです。

転職先選びの際、ホワイト企業かブラック企業かを見極めるポイントがいくつかあるのでご紹介します。

社員数が少ない

社員数が少ない会社は、一人当たりの業務量が過重で、残業時間も多くなりがちです。

中小企業の中には、大手企業ほどコンプライアンス意識が高くなく、労務管理が十分でない企業もあります。

そのため、いくら残業をしても残業代が支払われない「サービス残業」をせざるを得ない状況もあるので、注意が必要です。

社員数が少ない会社に応募する際は、会社の組織構成や業務分担、実際の労働環境などを面接時にしっかり確認しましょう。

ずっと求人を出している

ブラック企業は短期間で辞める人が多く、定着しないため、すぐに新たに人を雇い入れます。ある程度の人数を入社させて、ふるいにかけることもあります。

ホワイト企業であれば、採用した従業員に対してきちんと教育をし、長く働くことができるようなサポートがあります。このため、必要な人員が充足したら求人を出さなくなります。

求人サイトを見ていて、「あれ?この会社いつも求人が出てる」と気付くような、常に求人を出している会社は要注意です。

離職率が高い

離職率が高い会社には、2つのリスクポイントがあります。

一つは、離職率が高い会社は、職場環境や業務内容などに好ましくない点があると考えられ、せっかく入社しても、自分自身も短期間で辞めたくなる可能性が大きい点です。

もう一つは、離職率が高いので常に人手不足で、勤務時間内では終わらない量の仕事を任せられてしまうこともある点です。

どちらにしても、離職率の高い会社を選ぶと「残業のない仕事をしたい」という希望には沿わない結果になってしまいます。

ノルマがある

ブラック企業では人を大切にする意識に欠け、「とにかく売上をあげろ」と厳しいノルマが課されることがあります。

一方、掲げたノルマが未達でも、罰則や買い取りが課されない「ポジティブなノルマ」であれば問題ありません。

ノルマの有無とともに、そのノルマは必達なのか、ノルマ達成のための教育やサポートはあるのか、などをチェックしておきましょう。

スタートアップ・ベンチャー企業は、やっぱり残業やノルマに追われている?

スタートアップ企業やベンチャー企業は、従業員を雇い入れることに慣れていないため、労務管理体制が整っていないことも多いです。

創業者が会社の成長しか考えていないような会社は、「会社と自己の成長のため」との名目で、残業やノルマに追われる可能性が大きくなるので、避けた方が良いでしょう。

一方、従業員を大切にする理念を持つ創業者も多くいます。そのような創業者のもとであれば、会社を成長させる面白みと残業のない仕事の両方を得ることも可能です。

残業したくないなら、どうすれば良い?

残業したくない、残業できない事情があるものの、そんなことを言ったらわがままと思われて働きにくくなるからと、我慢をしている人もいます。

残業したくないなら、どうすれば良いのか、2つの方法をご紹介します。

職場異動する

会社内で残業のない仕事ができる部署があるなら、職場異動をする方法があります。残業以外に会社に不満がない場合、おすすめの方法です。

直属の上司や人事部に残業ができない理由を説明し、異動ができないか相談してみましょう。

単に残業をしたくないだけであっても、正当と思える何らかの理由を伝える必要があります。育児や介護などの家庭の事情であれば、認められやすいです。

転職する

今の会社では残業のない仕事ができそうにない場合、思い切って転職するのが一番です。ただ、残業のない仕事かどうか、時間をかけて調べる必要があります。

転職をしたのに、前職と同じ状況となり後悔する人もいます。上に挙げた項目をチェックして、残業のない仕事ができる納得のいく転職先を焦らずに探すことが重要です。

そんな時、ネットの口コミ情報や転職エージェントからの情報を情報源として使いましょう。

残業のない仕事に転職するなら、必ず利用したい転職エージェント3選

残業のない仕事に転職したい人に、おすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

「残業のない仕事がしたい」と思うなら、プロのサポートを得られる転職エージェントを上手に活用することが、失敗のない転職先探しの秘訣です。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは取引企業が業界トップクラスで、求人件数が豊富な転職エージェントです。

キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーという名の専門スタッフがいます。

あなたの希望に沿ってサポートするキャリアアドバイザーと、求人企業と密にコミュニケーションを取るリクルーティングアドバイザーが連携して、あなたの転職を成功に導いてくれます。

豊富な実績と高い専門性を持つスタッフが、転職に関する疑問や不安に対する相談にも応じてくれます。全国に拠点があるのも便利です。

「残業のない仕事」といった条件を優先すると、異業種への転職も視野に入れる必要もあります。そんな時も、異業種への転職ノウハウも蓄積しているパソナキャリアなら、あなたの転職の強い味方になってくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、就職業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

求人数や紹介実績の多さだけではなく、アドバイザーの質の高さにも定評があります。

キャリアアドバイザーが転職先の紹介だけではなく、丁寧なヒアリングであなたの強みやこれまでの経験を聞き出してくれるので、転職の際の面接準備も万端にできます。

一人で理想の仕事を見つけるのは大変ですが、各業界に精通したプロが二人三脚でサポートしてくれるので安心です。

独自に分析した業界・企業情報を持つリクルートエージェントで、あなたの希望にピッタリの転職先を見つけましょう。

マイナビエージェント

20代の方におすすめの転職エージェントは、マイナビエージェントです。新卒者の就職にも強いマイナビが運営しているため、若手の求人件数が豊富です。

求人情報サイトにある求人票からだけでは分からない企業の本音を把握し、入社後のミスマッチを防ぐサポートを提供しています。

初めての転職では、書類の書き方や面接対策など不安や疑問が多く生じます。マイナビエージェントでは、平日夜間や土曜日に担当者と面談して不安や疑問を解消できるので、現職で働きながら転職活動が可能です。

第二新卒や経験年数の短い若手の方は、マイナビエージェントに登録して、残業のない仕事への転職を成功させましょう。

まとめ

「働き方改革」の動きが広がり、社会全体で残業時間は確実に減少しています。以前は当たり前だった「サービス残業」もコンプライアンス上、好ましくないものとなってきました。

そうした影響から、残業のない仕事を選ぶことも可能になっています。

しかしながら、まだまだブラック企業と言われるサービス残業が当たり前の企業や、「残業をしないのはやる気がないからだ」といった古い考えが残る社風の企業も存在します。

「残業のない仕事を求めて転職したのに、ブラック企業だった」といった後悔がないよう、紹介した転職エージェントに登録して、残業のない仕事への転職を実現させてください。