マイナビ転職の評判は?500人の口コミ調査の結果

マイナビ転職

マイナビ転職はテレビコマーシャルの宣伝効果もあり、転職活動をする大勢の方が利用していますが、利用者の評判はどうなのでしょうか?

実は、マイナビ転職の良い評判よりも、悪い評判が多いです。

どうしてマイナビ転職の評判は悪いのでしょうか?マイナビ転職の評判が悪い理由が気になりますね。

この記事では、マイナビ転職を利用している人の口コミを紹介し、マイナビ転職の評判が悪い理由を明らかにします。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

マイナビ転職の評判は?悪い評判が多いのはなぜ?

マイナビ転職の口コミで多いのは、スカウトサービスに関するものです。

毎日大量に届くスカウトメールにうんざりしている人がとても多く、狂気を感じると表現する人もいます。

では、マイナビ転職の口コミを見ていきましょう。

マイナビ転職の良い評判:Web履歴書が役立つ

マイナビ転職にはWEB履歴書を作成できる機能があり、プロフィールや職務経歴、資格・スキル、自己PRなどを入力すると、WEB履歴書が完成します。

WEB履歴書を印刷するとそのまま応募できるので、とても便利です。

マイナビ転職の悪い評判①マッチングメール(スカウト)の質が低い

マイナビ転職にはスカウトサービスがあり、企業からスカウトされるとスカウトメール(マッチングメール)が届きます。

いったいスカウトメールのどこが悪いのでしょうか?

スカウトメールの評判が悪い理由を口コミを交えながら説明します。

そもそもマッチングとは?「興味あり」の意思表示

マッチングとは異なるもの同士を組み合わせることで、人材業界では企業と人材をつなぎ合わせる意味で「人材マッチング」という言葉を使います。

マイナビ転職では企業と人材(求職者)をマッチングさせることを目的に「スカウトサービス」を提供しています。

マイナビ転職では、求職者の経歴やスキルなどを記載したWEB履歴書を公開しており、企業の採用担当者は求職者のWEB履歴書を自由に閲覧できます。

求職者のWEB履歴書に書かれた経歴やスキルに興味を持った企業は、求職者をスカウトして「興味あり」の意思表示をします。

スカウトされた求職者から見れば、企業から直接応募のオファーが届くわけです。

直接応募のオファーはメールで届き、このメールのことをスカウトメールやマッチングメールと呼んでいます。

マッチング(スカウト)に関する評判

企業からスカウトされると、書類選考免除などの特典が得られますが、スカウトしておきながら書類選考で落とされると「なんで?」となるのは当然です。

企業はWEB履歴書を見て興味を持ったからオファーしたはずなのに、その後の書類選考で落とすとは意味不明です。

マイナビ転職の悪い評判で最も多いのは、転職を希望していない企業から、毎日おびただしい数のスカウトメールが届くことです。

社員の定着率が悪いブラック企業からのスカウトメールが多く、ブラック企業からスカウトされても迷惑なだけです。スカウトサービスの評判が悪いのは当然でしょう。

マイナビ転職の悪い評判②年収アップにつながらない

年収アップにつながらないという口コミはそれほど多くありませんが、マイナビ転職を利用しても年収アップにつながらないことに不満を持っている人はいるようです。

マイナビ転職の悪い評判③サイトが使いにくい

https://twitter.com/cnpn0517/status/1233221429925040129

https://twitter.com/aautkk/status/1035124470153789440

マイナビ転職の求人検索機能は、条件を細かく絞り込んで検索ができ、条件に合った求人を探せます。

マイナビ転職は都道府県検索が可能な一方で、区市町村検索や駅名検索には対応しておらず、使いにくいと感じる人もいるでしょう。

転職エージェントはキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれますが、自分で求人を探さなければならい求人サイトは、検索や管理機能の使い勝手が生命線で、使いにくいのは致命的です。

【結論】マイナビ転職は使うべき?

マイナビ転職は求人サイトであり、求人は自分で探す必要があります。

スカウトサービスがきちんと機能すれば転職活動に大変役立ちますが、現実は迷惑メールばかり届き、何の役にも立たないと思っている人が大半です。

マイナビ転職は人の助けを借りず自力で求人を探したい人には向いていますが、応募の連絡や面接の日程調整なども全て自分でしなければならず、仕事をしながら転職活動をする人には負担がかかります。

転職エージェントだと、キャリアアドバイザーに希望を伝えるだけで、希望に合致する求人を探してもらえ、企業への電話連絡や面接の日程調整なども全てキャリアアドバイザーがやってくれます。

転職活動で良い求人を探すには時間と手間がかかります。

少しでも楽にするには、求人サイトのマイナビ転職よりも、キャリアアドバイザーのサポートが受けられる転職エージェントの方がおすすめです。

マイナビ転職よりおすすめの転職エージェント

求人サイトのマイナビ転職よりも、キャリアアドバイザーの転職支援が受けられる転職エージェントの方がおすすめです。中でも、評判が良い転職エージェントを選びましょう。

登録者からの評判が良い転職エージェントは次の3社です。

①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する転職エージェントで、登録すると各業界に精通したキャリアアドバイザーによる転職支援が受けられます。

パソナキャリアにもスカウトサービスがあり、パソナキャリアのスカウトサービスはマイナビ転職のような形態ではなく、職務経歴や希望条件を登録すると、キャリアアドバイザーが希望や経歴に合う求人を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは、40,562件の公開求人と非公開求人の中から、プロの目線で登録者に最適な求人を探し、見つかり次第連絡してくれます。

パソナキャリアのスカウトサービスなら、登録を済ませて待っているだけで最適な求人を紹介してもらえるので、マイナビ転職よりも楽に希望する企業に転職できるでしょう。

②リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートグループの転職エージェントで、一般の求人サイトには掲載されていない非公開求人が20万件以上もあり、マイナビ転職よりも有利な条件で転職活動ができます。

20万件以上の非公開求人はマイナビ転職では閲覧や応募ができず、内容を確認して応募ができるのはリクルートエージェントの登録者だけです。

非公開求人は優良企業の求人が多く、20万件以上の非公開求人に応募ができることがリクルートエージェントの強みです。

20万件以上の非公開求人の中から希望に合致する求人を探すのは大変ですが、専任のキャリアアドバイザーが希望に合致する求人を探してくれますので、働きながら楽に転職活動ができます。

③ランスタッド

ランスタッドはオランダに本社がある外資系の転職エージェントで、世界中で年間20万人の転職をサポートしています。

ランスタッドはキャリアアップ転職やハイクラス転職に定評があり、年収800万円~3,000万円以上のハイクラス求人も紹介してくれます。

ランスタッドに登録すると、専任のコンサルタントがハイクラス転職に成功するための履歴書や職務経歴書の書き方などのノウハウを提供してくれます。

退職手続きや入社手続きなどもコンサルタントがサポートしてくれるので、転職支援サービスがないマイナビ転職を利用するよりも有利にハイクラス転職ができるでしょう。

コンサルタントのサポートを受けて、年収800万円~3,000万円以上のハイクラス転職を成功させたい方は、ランスタッドに登録しましょう。

マイナビ転職に関するよくある質問

マイナビグループは数多くの人材紹介サービスを提供しており、あまりにも数が多すぎてサービスの内容などが少々わかりにくくなっています。

ここでは、マイナビ転職に関するよくある質問を紹介します。

マイナビ転職で使える「キャリアパートナー」とマイナビ転職エージェントの違いは?

マイナビグループは数多くのサービスを提供しており、マイナビ転職は求人サイトで、マイナビ転職エージェントは転職エージェントです。

求人サイトと転職エージェントの違いは「転職サポートの有無」です。求人サイトには転職サポートはなく、転職エージェントは転職サポートが受けられます。

マイナビ転職は求人サイトであるため転職サポートは受けられませんが、「マイナビ転職 キャリアパートナー」に登録すると、キャリアパートナーによる転職支援が受けられます。

マイナビ転職だけの登録ではキャリアパートナーによる転職支援は受けられず、新たに「マイナビ転職 キャリアパートナー」にも登録することが必要です。

マイナビ転職フェアはどんなものが開催されている?

マイナビ転職フェアは日本最大級の転職フェアで、多数の優良企業が出展し、求職者は中途採用を行っている企業の採用担当者と直接会って話を聞くことができます。

採用担当者からは、仕事の詳しい内容や社内の雰囲気、人事制度など、普段はなかなか聞けないことを教えてもらえます。

キャリア相談コーナーでは、応募書類の書き方や面接対策などを教えてもらえ、フェアに参加するといろいろな転職ノウハウを習得できるでしょう。

履歴書や職務経歴書を持参すると添削をしてもらえ、採用につながる応募書類の書き方のポイントがわかってきます。

マイナビ転職フェアは入場料は無料で、入退場も自由です。気軽に参加でき、転職活動中の人はもちろん、漠然と転職を考えている人もふらっと立ち寄って参加できます。

マイナビ転職は女性におすすめ?

マイナビ転職は男女問わず利用でき、マイナビ転職には女性向けの求人も数多く掲載されています。

女性向けの仕事で多いのは事務スタッフで、管理・事務職の求人は3,113件あり、営業職に次いで求人が多いです。

厳選した女性向けの求人だけを集めた特集も組まれており、女性の転職ノウハウの習得やキャリアプランの構築に役立つ記事も満載で、転職活動に役立つでしょう。

女性の求人だけに特化した「マイナビ転職 女性のおしごと」という求人サイトもあります。

マイナビ転職から女性の求人だけを抜き出したサイトで、女性は「マイナビ転職 女性のおしごと」の方が求人を探しやすいでしょう。

女性なら「マイナビキャリレーション」がおすすめ

マイナビキャリレーション

正社員として働きたい女性にマイナビ転職はおすすめですが、無期雇用派遣で事務の仕事をしたい女性は「マイナビキャリレーション」がおすすめです。

「マイナビキャリレーション」は無期雇用派遣サービスで、事務の仕事を希望する女性はマイナビキャリレーションの社員になり、無期雇用契約をマイナビキャリレーションと締結します。

マイナビキャリレーションの社員になると、派遣先企業で事務の仕事を行い、給与はマイナビキャリレーションから支給されます。

無期雇用のため派遣先の仕事が終了しても雇用契約は解消されません。登録型派遣や契約社員よりも身分が安定し、長期間にわたって仕事を続けられます。

マイナビ転職には営業案件が多い?

マイナビ転職にはいろいろな職種の求人が掲載されていますが、最も求人数が多いのは営業で、営業の仕事は3,813件あります。

営業の仕事は法人向けと個人向けがあり、マイナビ転職は特に法人向け営業案件が多く、全体の58%が法人向け営業です。

法人向け営業の中ではルートセールスが最も多く、ルートセールスは1,385件の求人があります。

高収入が得られるMR(医薬情報担当者)の求人は33件あり、MRの初年度の年収は550万円~1,000万円程度です。

このように、マイナビ転職にはさまざまな営業の求人が掲載されています。営業の仕事を自分で探して応募したい人はマイナビ転職を利用すると良いでしょう。

マイナビ転職は看護師も使える?

マイナビ転職には看護師の求人は掲載されておらず、看護師の求人はマイナビグループの「マイナビ看護師」に掲載されています。

マイナビ看護師は看護師に特化した求人サイトで、登録すると全国の拠点でキャリアアドバイザーの転職支援が受けられます。

看護師の転職では「看護roo!」(カンゴルー)もおすすめで、看護roo!に登録するとキャリアアドバイザーの転職支援を受けながら転職活動ができます。

他にも「看護のお仕事」は非公開求人が多く、職場の内情に詳しいキャリアアドバイザーの転職支援が受けられ、待遇交渉などは全てキャリアアドバイザーが代行してくれます。

転職を考えている看護師は看護roo!看護のお仕事マイナビ看護師の3つに登録しておくと万全です。

マイナビ転職の評判が悪い理由まとめ

マイナビ転職の評判が悪い理由は、スカウトメールが大量に届くことによるものです。

スカウトメールの大半は社員の定着率が悪い企業からのもので、ブラック企業からスカウトされても迷惑なだけです。多くの方はスカウトメールが大量に届くことにうんざりしています。

マイナビ転職の検索機能の使い勝手が悪いことや案件の年収の低さに不満を持っている人もいますが、マイナビ転職の悪評のほとんどはスカウトメールに関することです、

マイナビ転職は求人サイトなので求人は自分で探さなければならず、面接の日程調整なども全て自分で行うことが必要です。

求人サイトのマイナビ転職よりも、この記事で紹介した転職エージェントの方があらゆる点で有利です。複数の転職エージェントに登録して、効率的に転職活動を進めましょう。